コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

セブ島留学 日本人経営のCEGA 

"cebucega01
日本人経営のセブ島 CEGA校長インタビュー
こんにちは。フィルイングリッシュです。

お忙しい中ご質問にお答え頂き、誠にありがとうございます。日本国内では、英語留学スクールの基本的な情報は多いのですが、学校長や関係者の方々による正確かつ信頼のおける情報は多くありません。そこで、学校とその周辺環境を知らない方々のために、詳細な情報をお願い致します。以下の返答は、原文そのままを日本語に翻訳して貴校に関心を持っている方々が気楽に閲覧できるようにしてあります。

 

cebucega02CEGAが位置している都市とCEGAに関してお願い致します。
CEGAはセブ市の中心部を縦断する、Osmena Blvdという大通りのビルの中にあります。町中なので、徒歩圏内にはコンビニ、ファーストフード、各種レストランやバー、病院、銀行などがあります。キャンパスは、ブライテック大学という大学の中にあり、地元の大学生達が、好奇心いっぱいの目で歓迎してくれます。

 

■ CEGAはどのような留学生に適していますか?そして、CEGAの特徴を教えてください。
CEGAは、小規模スタイルの日本人経営英語留学スクールの為、留学に不安をもっている方でも、まるで民宿にいるかのように、アットホームな雰囲気で留学生活を送ることができます。授業カリキュラムだけでなく、生活全般におけるカウンセリングを日本語でご案内しております。また、大学の英語の授業にも出席できるなど、現地大学生と相互交流し、できるだけ英語に触れる機会を増やす努力をしております。
そしてCEGAのカリキュラムの中で特筆すべき点は、通常の4分の1の時間でスピーキング力が上達する、DMEメソッドというフィリピン初の英語教授法を採用し、短期間の留学でも、効率よく英語脳に近づくことを目指せます。

 

■ 貴校の最も人気のあるコースと授業編成、科目は?
もっともポピュラーなコースはレギュラーコースで、4時間マンツーマン、2時間グループクラス、フリークラスの大学の英語授業となっています。マンツーマンクラスはDMEメソッドを中心にスピーキング力を伸ばすカリキュラムを採用し、留学生の伸ばしたい部分や弱点補強に、発音やイディオムなどの他の教材を使用します。ビジネス英語や旅行英語カリキュラムを組み合わせるなど、個々のコースをカスタマイズできるのもCEGAの特徴です。

 

■ テストの種類と評価後の措置について知りたいです。そして、英語実力が向上しない方にはどのような措置を取っていますか?
テストはまず入学時にレベルテストを行い、writing, reading, listening, speaking の各項目の点数と総合点を出し、留学生の9段階中のレベルを判定します。それをもとに日本人カウンセラーと面接をし、学習カリキュラムを決めてゆきます。各カリキュラムごとの小テストを担当教師にて毎週末行い、上達具合を見てゆきます。また4週間ごとまたは、卒業前にレベルテストを行い、入学時のテスト結果とグラフを使った比較をし、留学生にフィードバックします。その際、上達できていない場合は、再度カウンセリングを行い、学習カリキュラムや授業の進行方法などを再検討します。

 

■ CEGAを運営する上で、最も重要視する点は何ですか?
cebucega03英語スクールの運営上、最も重要な点は、留学生に英語力の上達を実感してもらい、留学してよかったと感じてもらえるよう、日々、教師の教授法やカリキュラムの向上に努力を惜しまないことです。また、留学生活は海外生活を通じて、異文化体験をし、留学生の世界観を広げる機会でもありますので、留学生同士だけでなく、現地の人達と交流しやすい環境を、安全に提供することにも力を入れております。

 

■ CEGA講師の構成と人気フィリピン講師などを教えてください。
CEGA英語講師はすべて大学卒業し、なおかつ5年以上の教育経験のあることを条件に採用しております。各英語講師はそれぞれ得意分野をもっており、発音に特化した英語講師、グループ授業進行の得意な講師などバリエーションにとんでいます。当校は、フィリピン英語講師の教え方に大きなばらつきが出ないようには心がけていますが、人気フィリピン英語講師はやはりその中でも、教え方が上手で授業を飽きさせない人です。

 

■ 行政職員の構成と、どのような役割をしているのかを教えてください。
フィリピン人1名と、日本人2名でCEGAの経営上のマネージメントを行っております。また、経理担当やキッチンスタッフ、CEGAの安全を守るガードマン、清掃係員、そして英語講師陣という構成になっています。英語講師はカリキュラムの作成、英語講師の採用などを統括する人など、役割があり、ヘッドティーチャーが授業に関わるすべてを管理します。

 

■  留学生の英語能力を向上させるための方法や環境はありますか?
個々の留学生が最も効果的に英語能力を向上するために必要なことは、各留学生に最も適した学習カリキュラムや教材を提供することです。そのため、当校はすべての留学生に同じプログラムを提供するという方針はとっておりません。文法や語彙の知識はしっかりあるのにスラスラ話せないという方にはDMEメソッドをすすめたり、表現力がとぼしい留学生にはwritingやイディオムの授業を取り入れるなどです。また、英語力向上において、予習、復習は大切ですので、自室でも自己学習できるような設備や環境配備をしております。

 

■ 留学生の年齢層はどのくらいですか?
当校CEGAの留学生年齢層は20代前半から70代となかり幅広いですが、20~30代の年齢層が多い傾向にあります。親子そろって留学される方もいるので、お子様がおられることもあります

 

cebucega04

■ CEGAの施設、寮について説明してください。
CEGAの施設は、Angelica Buildingというビルの大半が、ブライテック大学の使用スペースとなっており、その一部を当校CEGAの教室として使用しております。授業を受ける教室以外は大学の施設となり、図書館や会議室などを共有しております。
寮は、校舎施設から徒歩3分ほどの距離にある、ペンションハウスというホテルを小規模にした施設を学生寮として使用しております。寮の宿泊者は、CEGA留学生以外に多国籍な宿泊者がおられ、寮の従業員もフレンドリーなので、英語をつかってどんどんコミュニケーションをとってください。

 

■ 留生は平日(月〜木)授業後、どのように時間を過ごしていますか?
平日授業は18時に終了し、その後、宿泊施設にて夕食となります。その後の過ごし方は留学生によりますが、自室にて予習復習などの自習をされるか、ショッピングセンターに行かれたり、マッサージやお茶、飲みに出られる方もおられます。当校CEGAは、留学生の自主性を尊重したいので、門限等の決まりごとは出来る限り設けない方針でおります。

 

■ 学事と生活規定の中で主要項目について説明してください。
当校独自の規定というのはありませんが、建物内は禁煙など、常識的な範囲の生活規定はございます。

 

■ 授業や生活の中で困ったときはどのように対応されますか。
当校CEGAは、日本人経営者が常駐しておりますので、相談や困ったことなどあれば、いつでもお聞きすることができます。
授業に関する相談も、初回カウンセリング後のフォローアップカウンセリングにて、対応させていただいております。授業の留学カリキュラムは実際に授業を受けてみて初めて、自分に合ったものがみえてくることが多々ありますので、その都度、相談にのらせていただいております。

 

■ 提供される食事メニューは何ですか?
食事メニューは1週間ごとに献立を決め、日本食、フィリピン料理、イタリアン、スペイン風料理など、飽きないバリエーションで提供しております。当校シェフは、日本料理屋をはじめ、インターナショナルなレストランでのコックを歴任していますので、味には自身をもっております。

cebucega05
■ 授業、生活を含めた顧客サービスはどのようなものがありますか?

授業に関しては、大学付属語学学校ならではの英語留学カリキュラムである、大学の授業にも無料で聴講できるというのが、ユニークな点です。英語を勉強するだけにとどまらず、地元の留学生達と相互交流し、異文化体験できる良いチャンスを提供することに力を入れております。
生活面では、会員制リゾートクラブで送別会を開いたり、たまの休日には、アイランドホッピングなどのアクティビティも企画しております。

 

■ 近くでお薦めの場所や旅行先、運動できるところはありますか?
CEGAから徒歩圏内で利用できる施設は、セブスポーツコンプレックスという公営のスポーツ施設があり、オリンピックサイズのスイミングプールや400メートル競技場など、本格的に運動できます。またビリヤード場も近くにあります。その他、レストラン、地元食堂、ファーストフード、デパート、マッサージ屋なども徒歩圏内に点在しています。

 

■ CEGAに入学する方が準備する点は?
入学する上で、必ず必要なものは、6ヶ月以上有効なパスポート、セブまでの航空券、海外旅行保険、現地で必要な現金くらいです。生活する上で必要なシャンプーなど生活用品は、現地でも購入することができるので、準備するものはそれほど神経質にはならなくていいかと思います。

 

■ 最後に、CEGAを考えていらっしゃる方に一言お願いします。
語学留学というのは、いままで敷居が高く、強い決意がないと決断できないイベントでした。しかし時代は変わり、誰でも一歩海外に出る小さな勇気と、わずかな予算さえあれば誰でもかなうものとなりました。フィリピン英語留学の動機やきっかけは様々だと思います。私が大切にしたいのは、フィリピン英語留学という手段によりCEGAの門をたたいていただいた皆様に、英語の習得のみならず、自分を見直す機会、新たな人生観に出会う機会、次の一歩を踏み出す機会として、CEGAの留学生活を新たな人生の出発点となるような場にしてもらうことです。個性豊かな先生たちと毎日顔を突き合わすことで、英語でコミュニケーションすることの楽しさを覚え、もっと英語の習得に励みたいと思って帰っていただけるよう、皆様に最良の留学環境をすべく、日々努力してまいります。

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor