IELTS、TESOL対策も評判のセブ島留学CELLA

IELTS、TESOL対策も評判のセブ島留学CELLA01

こんにちは。
まずはお忙しい中、ご質問に応対してくださったこと、誠にありがとうございます。日本国内では、英語スクールの基本的な情報は多いですが、学校長または関係者の方による正確で信頼性のある情報は多くはありません。CELLAとその周辺環境を知らない方々のために、可能であれば詳細な情報をお願い致します。以下の質問に対する答えは、原文そのままを日本語に翻訳して貴校に関心を持っている方が気楽に閲覧できるようにします。

 

IELTS、TESOL対策も評判のセブ島留学CELLA02・CELLAが位置している都市とCELLAに関してお願い致します。
CELLAは世界的な観光都市であるフィリピンのセブにある名門スクールです。周辺にはセブ市役所とセブの代表的な観光名所であるサントニーニョ大聖堂、セブ教育大学をはじめ8つの大学がある程、教育都市の中心地と言えます。

・CELLAはどのような留学生に適していますか?そして、他のフィリピン英語留学スクールと優れている点などを教えてください。
CELLAの最大の特徴としてはマンツーマン授業が多いことが挙げられます。(CELLA ONEコースは1日60分単位で6時間を授業を進行)スパルタシステムではありませんが、マンツーマン授業時間が多く授業強度は非常に高い方です。もちろんCELLAはセミスパルタのスクールとして1日の授業日程が終わった後、自由に外出ができます。ただし、マンツーマン授業時間が多いため、1日の予習と復習に集中する必要があります。そのため、外出が可能だとしても翌日の授業のために外出を避けて自習する留学生が多いです。CELLAはESLコースだけでなく、TESOL、IELTS、航空乗務員コースなども運営されており、ある程度のレベルに達したらコースの切り替えを通してマンネリズムや倦怠期を解消することができます。

・貴校の最も人気のあるコースと授業編成、教科は?

マンツーマン授業が多いCELLA ONEコースとIELTS集中コースが留学生から良い評判を受けています。日本人の留学生の場合、CELLA ONEコースの方がより良い評判を受けています。 60分単位(セブにある英語学校のほとんどが50分単位で進行)で1日6時間のマンツーマン授業とグループ授業1時間が行われます。

 

・テストの種類と評価後の措置について知りたいです。そして、英語実力が向上されない方にはどのような措置を取っていますか?
毎月行われるProgress testの結果によって特異点がある留学生は校長、あるいはマネージャーとの個別相談が行われます。どの部分が脆弱であるか、個人的な問題がどこにあるのか、必要によってCELLA講師や教材を変更し、留学生に適したカリキュラムを再適用しています。

 

IELTS、TESOL対策も評判のセブ島留学CELLA03

・CELLAを運営しながら、最も重要視する点は何ですか?
最も重要な点は、CELLAでフィリピン留学される留学生が目標とするところを達成させるために、CELLA職員と講師が最善を尽くしております。
留学生が勉強のみ専念できるように、施設や食事、洗濯、掃除など提供しており、授業の満足度を高めるために基本的なテストと面接、靭性検査、予備実習などを基にして先生を選別採用しています。そしてフィリピン英語スクールの慢性的な問題と言える講師勤怠のために不誠実な英語講師は非常に厳しく措置しています。これらの運営が留学生の満足度を高め、留学本来の目的を達成するようにすると思います。

 

・CELLA英語講師の構成と人気講師などを教えてください。

基本的にCELLA ESL / CELLA ONEコースの講師が約120人、IELTSコースの講師が約40名、TESOLコースの講師が3人、ACEコースの講師約10人が活躍しています。各コースを管理するヘッドティーチャーがおり、各コースのヘッドティーチャーを含むすべてのCELLA講師とスーパーバイザーを管理する統括ヘッドティーチャーがいるので、CELLAの学習スケジュールを有機的に管理しています。

 

・行政職員の構成と、どのような役割をしているのかを教えてください。
校長、室長と5人のマネージャーが留学生をサポートしています。マネージャーは学習スケジュールを管理するアカデミックマネージャー、ピックアップ及びオリエンテーションを行っているピックアップマネージャー、施設管理や食事を管理する施設マネージャーなどがそれぞれの役割を担っています。

 

・留学生の英語能力を向上させるための方法や環境はありますか?
夜12時まで図書館を運営しており、席が足りない場合を備えて同じ階にあるマンツーマン講義室も自習室として運営しています。スピーキングの自習が必要な方にはマンツーマン講義室の利用を勧めています。

 

・留学生の年齢はどうなりますか?
ほとんど20代の大学生の割合が高いですが、昇進の準備や、休憩、留学/移民を準備する30代の方もいます。30代以上の割合は約10%程度です。

 

・CELLA施設、便宜施設、寮について説明してください。
7、8、9階は家族ルーム、女子ルーム、男子ルームで運営されており、10階はオフィスと図書館、11階にはレストランがあります。10階から14階までは講義室です。また、11階にあるスカイラウンジでは授業時間中の息苦しさから抜け出して英語講師との野外授業も行われています。
スカイラウンジには小さなプールと簡単な運動器具、卓球やビリヤードもあるので授業が終わった留学生が多く利用しています。

 

・留学生は平日(月〜木)授業後、どのように時間を過ごしていますか?
ほとんどの留学生が図書館で自習をしたり自由に外出をしています。外出をする場合、平日は午後11時、週末及び祝日の前日は午前2時まで学校に復帰しなければなりません。

 

・学事と生活規定の中で主要なところについて説明してください。
平日にも外出が可能なので、門限を守らなければなりません。また、CELLAは高層ビルを使用しているため、火災予防に注意をしています。寮の中でバーナーおよび危険物の使用は禁止されています。また、寮内の男女の区別が厳しいので、異性間の部屋への出入りも禁止となります。

 

・授業や生活の中で不便事項の応対はどのように行われますか。
留学生が不便を感じている場合は、各フロアに常駐しているマネージャーに申し出る事が出来ます。もし直接顔を見て話すことが苦手であれば、各フロアにある提案、苦情を受ける事が出来るボックスを利用可能です。

 

・提供される食事メニューは何ですか?
朝は、韓国料理はもちろん、パンやお粥などのメニューが提供され、昼食と夕食は韓国料理を提供しています。主に韓国料理ですが、辛い食べ物中心ではないので、日本、中国、タイの学生も安心して食事をすることができます。

 

 

・授業、生活を含めた顧客サービスはどのようなものがありますか?
授業の満足度が低い場合、留学生マネージャーとの相談を通してクラスや講師を交替したり、教材を新たに選定するなど、各学生に適した学習スケジュールを組むための努力をしています。

 

・近くの郊外でお薦めところや旅行先、運動できるところはありますか?
近所にセブの代表観光地であるサントニーニョ大聖堂、マゼランの十字架があります。そして、タクシーで約15分〜20分距離にアヤラ、SMショッピングモールがあります。運動が好きな人ならCELLAからタクシーで10分距離にあるホテルのジムを利用することもできます。

 

・入学する留学生が予め準備することと念頭すべき点は?
CELLAは基礎を中心としたマンツーマン授業のCELLA ONEコースと上級英語コースであるIELTS、TESOLコースを運営しています。CELLAへ入学される方なら、本人が目的としている事を明らかに認知してコースを選択すればより充実した語学研修になると思います。完全に初心者である方は、基本的な文法と単語を研修開始前にあらかじめ勉強すれば、より効率的な留学になれると思います。

 

・最後に、CELLAを考えている方に一言お願いします。
フィリピンのセブは日本とは大きく異なる環境です。気候的にはもちろん、周辺環境も日本と多くの違いがあります。フィリピンの暑さ、立ち遅れた環境とインターネットの早さなどが留学生の立場としては苦情になりやすい環境かと思います。しかし、このような生活環境の違いを最初からよく理解していくことで現地に適応することが出来ます。目標に達成できるような英語留学のためにCELLAの全スタッフは全力を尽くしてサポートします。皆様が成功できる素晴らしい留学を応援致します。

 

CELLAの日本人マネージャーと人気講師インタビュー

セブ留学プログラム解剖: CELLAのExpresser 1&2コース(1~2週間専門)

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。先日、フィリピン・セブ市内の中心地に位置しておりESLコースの留学先としては抜群の人気を誇る英語スクールCELLAに訪問させて頂きました。今回の訪問ではCELLAが2016年4月頃から行われている1~2週間留学の専門コースのExpresser 1および Expresser 2のコースに関して解剖いたしました。

>>>CELLA 留学プログラム解剖記事を見る

セブ留学 – CELLA UNI

セブ留学 – CELLA UNI 

セブにあるCELLA語学学校の2つめのキャンパスであるCELLA Uniキャンパスはマンツーマン授業を中心にカリキュラムが組まれおり、基本的に本校のPremiumキャンパスと同じ内容の教育プログラムを提供いたします。CELLA Premiumキャンパスが学生の自習性を尊重するマイペースな気風であるのに対し、UNIキャンパスは学習雰囲気が重視されます。

>>>CELLA UNI 学校詳細を見る

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor