コロナウイルスに関するフィリピン政府と学校の最新情報を毎日更新中!

CIP 日本人マネージャー & アカデミックスタッフへのインタビュー

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。本日はフィリピン・クラーク地域に位置しており多くの欧米ネイティブ講師陣が在籍している英語留学スクールCIPの日本人マネージャーであるリョウタさん、およびアカデミックオフィサーのトリスタンさんにインタビューをさせて頂く機会に恵まれました。CIPは2016年に入ってからIELTSやTOEICの資格対策コースに力を入れてきた学校です。既に多くの卒業生が資格対策コースにて高スコアを取得されていますので実績も確かです。今回は通常のインタビューとは異なり、CIPの学校システム、フィリピン人講師の質、人気コースに焦点を当てて質問をぶつけてみました。

左がトリスタン、右が<i>Ryota</i>” src=”http://phil-english.com/wp-content/uploads/2016/12/CIP-japanese-manager-1.jpg” data-src=”/wp-content/uploads/2016/12/CIP-japanese-manager-1.jpg”></p>
<p>(左)アカデミックオフィサーのトリスタンさん 愛称 “タンタン” (右)正規日本人マネージャーのリョウタさん</p>
<h2>“日本人マネージャー <i>RYOTA</i>さんへのインタビュー”</h2>
<h3>ネイティブ指導について</h3>
<p><img class=

ネイティブ講師より、英語独特の「ニュアンス」を学ぶことも可能とされておられますが、英語を教えるという点において慣れておられないというケースをよく耳にすることがあります。ネイティブ講師における採用条件、また独自で実施されておられるトレーニングなどがございましたらご教示ください。

Ryota: CIPではただ話せるだけのネイティブスピーカーは採用しません。テストも行い、経験のあるフィリピン人講師を採用致しますが、一番の特徴はTESOLの資格を有していることです。採用後にTESOLアジアに派遣し、トレーニングを受けて、英語教育者としての自覚、資格を取得してもらっています。
またIELTS公式試験のスピーキング試験官の資格を持ったネイティブアカデミックスタッフがネイティブ講師のトレーニングを担当しています。学生の間違いなど正すこと、意義のある授業を行うようになっています。また定期的に授業の観察も行います。なお、CIPでネイティブ英語に近いスピーキング力を身につける留学生のほとんどは、海外で活躍出来るポテンシャルを持つことができています。

初級者用プログラムについて

英語初心者の留学生向けコースであるStart Learner の留学プログラムの詳細、また英語初心者に英語学習をしていただく際にどのようなアプローチをされておられますか。グループクラスにおいて初心者の方は話すことに戸惑いを頂くことがあると存じます。その際にどのような配慮をされておりますでしょうか。

Ryota: 英語初心者の留学生の方への英語学習方法ですが、文法、語彙から始めるようにサポートしています。
もちろん日本で文法をある程度勉強してきている人にもです。
日本で覚えた文法は、皆さん日本語訳だけで覚えている人が特に初心者の留学生に多く、本来の意味やニュアンスを理解されていないと思います。そのような訳だけで覚えている文法は英語スピーキングの中で本当に使えないんです。なので、最初は英語で英語文法をCIPの教科書を使用して勉強してもらいます。訳は全て忘れて頂き、シチュエーションごとに英語文法の本来の意味をイメージで覚えてもらうようにしています。そうすることで、スピーキングの際に正しい文法をつかえるようになり、英語の正確性を向上させることが可能です。
またライティングの勉強も推奨しています。話せないけど、書くことが出来る留学生もいます。毎日繰り返しライティングをすることで、文章で綺麗に自分の言いたいことを纏められるようになり、それに慣れることでスピーキングにも活かすことが出来ます。
初級者の留学生の方は何に集中して勉強して良いのかわからない方が多いので、自習を含め、文法とライティングを先に集中してやるようにアドバイスしています。

グループクラスで初級者が話すことを拒むのは、間違いをつくることに慣れていないからです。
ですので、間違いを恐れずにしっかりと発言しようというように伝えています。

短期集中Rapidコースについて

Rapid 35/70コースについての留学プログラム詳細に加え、フィリピン人講師、またネイティブ講師の授業を取り入れ留学生様へもたらす利益をご教示ください。

RyotaRapidコースはフィリピン人マンツーマンが3コマ、ネイティブマンツーマンが3コマ、ネイティブ小グループが1コマあります。これに加え、無料オプションクラスが2コマ追加可能です。
このコースはCIPのコースで一番マンツーマンが多いコースとなり、短期間で集中したい留学生様に適しています。またネイティブマンツーマンが多いことから、ビジネス科目も対応可能となり、会社の休暇で来られる際にもお勧めです。短期間で成果を出すことは難しいですが、フィリピン人とネイティブ講師の両方から沢山学ぶことで、より自然な英語力をつけることが可能で、またネイティブ英語はとても楽しく、今自分自身に足りないことがわかるので、これからの英語学習のモチベーションアップや学習計画にとても有益と思います。

Rapidコースの補習システムについて

Rapid 35/70コースでは、1週間に35時間の講義を保証され、満たさない場合補講が行われると存じております。補講の実施において、留学生様が通常時に担任しておられるフィリピン人講師の授業を受けることができるのか、またいつ補講は実施されるのか教えてください。

Ryota: 受講される週に祝日がある場合は補講が行われます。入学時にお渡しするスケジュールに予め補講クラス分の数の授業が組み込まれています。
講師は通常通り卒業まで同じ講師が担当致します。(クラスごとに講師は異なります)

英語初級者ネイティブ指導のメリット

英語初級者が、ネイティブマンツーマンの講義が含まれるIntensive A、B、C、Premiumコースに参加することは可能でしょうか。また、ネイティブ講師の講義を受ける上で留学生様にとって有益となすと考えるのはどのような理由からいえるでしょうか?

Ryota: 英語レベルに関係なくネイティブ講師の授業は有効と考えています。
フィリピン留学ではネイティブマンツーマンは上級者への一歩と考えられがちですが、私は異なる認識を持っています。ネイティブマンツーマンでは主にスピーキングや発音矯正などを勉強します。
英語初級者の方でも発音トレーニング(イントネーションやアクセントを含む)を受けると一つ一つ綺麗な音を出せるようになります。綺麗な発音で英語を話せるようになると、スピーキングの面白みが更に広がり、英語を話している自分自身が好きにもなります。これがやる気や英語がまた好きになる要因へと繋がります。
更に、自分が正しく発音出来ない音は聞き取ることが大変困難になります。ネイティブは単語と単語を繋げて話したり、本場の発音なので、もし、その音を話せないとネイティブ講師の英語がわからなくなる時があります。初級者は文法や語彙の知識が足りない面もありますが、発音などはしっかりと学ぶことができ、色々と聞き取れるようになると、今度はそのスキルをテスト対策にも活かすことが出来ます。

フィリピン人講師は文法、ライティングをお手本通り教えてくれますが、ネイティブ講師は現地でよく使用する表現や、使わなくなった英語(有名なイディオムなども実は古くて実際使われないなど)、英語を勉強する上で興味深い知識が沢山学べます。またネイティブと話すことで自信にも繋がります。ワーホリなどフィリピン留学後に英語圏に行かれる方は、フィリピン人のみのクラスで勉強された方はネイティブ英語に慣れていないと現地で戸惑うと思います。

TOEICスパルタ、IELTSスパルタについて

最近開設されたTOEICスパルタ、IELTSスパルタコースを拝見させていただき、講義編成や留学カリキュラムがスパルタ校のような雰囲気を受け取りました。以上2つのコースの詳細を教えてください。

TOEICスパルタについて

CIPのスパルタ試験対策コースは様々な英語スクールの留学カリキュラム、実績を研究してつくられました。

RyotaTOEICスパルタコースはほぼ毎日模擬テストがあるのですが、毎日ずっと違う内容のテストではなく、2週間ルーティンを採用しました。高得点を狙う留学生は、テスト受験を繰り返していくことが重要ですが、間違いの数や在学留学生のレベルによりその日に受験した模擬テストのレビューがどんどんたまっていき、結局レビューが出来ないパートも出てくるなど、時間を無駄にしてしまうことがあります。CIPでは毎日のテスト内容は違いますが、1週目と2週目のテスト問題を同じにしています。

そうすることで確実に見直しが出来るようになり、またTOEIC試験の理解度をより深めていくことが出来ます。問題を徹底的に理解する、これが2週間ルーティンの強みです。
模擬試験の時間は毎朝8時20分からで、ほぼ公式試験の時間と同じにわざと設定しています。
朝に問題を解くというルーティンを身につけ、時間的余裕を向上させる狙いがあります。
またリーディング、リスニングのスコアアップを徹底的に狙いますが、それだけではなく、CIPのTOEICコースにはTOEICスピーキングも含まれています。ビジネスシーンにおけるスピーキングが同時に学べるので、TOEICで学習した単語なども使用出来ます。TOEIC高得点者であってもスピーキングに弱いという世間の厳しい評価を心配される留学生様にも適したコースとなりました。
ネイティブの小グループクラスで発音も学べるので、発音が上達することで聞きこれなかった音が聞こえてくるようになります。
総合的にパワーアップしたCIPのTOEICコースはフィリピン屈指の素晴らしいコースになったと思います。

IELTSスパルタについて

cip-japanese-manager-10 cip-japanese-manager-9 cip-japanese-manager-11 cip-japanese-manager-12

Ryota:CIPでは近年のIELTS需要にお応えする為にIELTSコースを徹底的に強化致しました。
名づけて「IELTSスパルタコース」です!
IELTSスパルタコース概要は以下の通りです。

  • 月~木まで毎日リスニングとリーディングの模擬試験を実施(授業外で)
  • 夜19~22時まで義務自習
  • 毎週金曜日の朝は単語テスト

★IELTS専門講師によるマンツーマン4コマ

  1. スピーキング
  2. リーディング
  3. ライティング (タスク1)
  4. ライティング(タスク2)

★IELTS小グループクラス

  1. IELTSリスニング
  2. IELTSスピーキング/発音矯正

IELTSでハイスコアを取得する戦略は?

IELTSで高いバンドスコアを取るにはリスニングとリーディングの得点が鍵になります。
この2つの科目は比較的に早期に得点を伸ばすことが可能です。
CIPでは毎日の模擬試験と授業で徹底的にスコアアップに集中していきます。

苦手なライティングはタスク1と2でマンツーマン授業が別々になりました。
ライティングのスコアアップがとても難しいと言われる中、CIPではマンツーマン授業でタスク1と2を分けて合計2コマのライティングクラスでそれぞれの弱点を克服していきます。
毎日の課題による練習も含まれています。

スピーキングに強いのがCIP!
IELTSスピーキングの点数項目には発音や流暢さがあります。
CIPではネイティブ講師のIELTSスピーキング、発音の授業が行われるので、より自然な英語力を身につけることが可能です。また多国籍の環境の中、英語の使用度も高く、スピーキングを伸ばしたい方に最適です。

リスニングはグループ授業で復習!
毎日の模擬試験に加え、グループクラスでIELTSリスニングの復習を行います。
問題の傾向や聞きとりの訓点がスコアアップに直接関わってきます。

IELTSスパルタコースもこのようにIELTS試験を徹底的に理解しているからこそつくられた留学カリキュラムになります。

在学生のサポートについて

留学生様が講師と問題があり変更日以外での変更依頼をしたいとオフィスに立ち寄られた際に、オフィスでどのような措置を取られますか。また、その他の留学生サポートに関するオフィスで実行されておられることを教えてください。

Ryota講師変更は毎週木曜日に受付しています。他校よりも比較的多いと存じます。
ESL講師を含め全ての講師が毎朝トレーニングを受けておりますので、何か問題があり、すぐに変更したいという申し出はほぼございません。また講師が3日間病欠で連続して休む場合はすぐに新しい講師が割り当てられます。
それ以外の日に講師変更を申し出る場合は、まずカウンセリングを行い、理由を徹底解明を行います。こちらの判断で、変更が必要となれば柔軟に変更致します。(講師に問題がある場合や緊急)ですが、好きな講師が今空いているから先に取りたいなどの理由は留学生の公平性を欠くので一切受付していません。

留学生サポートは非常に手厚いと思います。
各国ごとにLINEグループがあり、毎朝その日のお知しらせをお伝えしています。
また在学留学生達は私達スタッフへ直接メッセージを送ることが出来ますので、何か質問などがあれば気軽に連絡をして頂けます。こちらはフィリピンでCIPだけではないでしょうか?
生徒さんとの距離も近く、仲良く生活しています。
またカウンセリングも行っておりますので、学校の評価や講師について聞き取りをしたり、学習プランのサポートもしています。こちらは全留学生が対象となっております。

講師のトレーニングについて

試験対策コースの講師達の質を保つためにどのような事を行っていますか?明確な詳細をお教えください。どの様な基準で講師を採用しているのか、そしてどの様にしてトレーニングを行っているかもお教え頂けると幸いです。

RyotaCIPではESL講師と試験対策専門講師をチームで明確に分けています。基準としてはIELTSバンドスコア7.5以上、TOEIC940点以上となります。講師の質を保つ、向上させる為にCIPでは月~金まで毎日講師トレーニングを1時間行っています。内容はIELTS、TOEICトレーニング、発音トレーニング、またTESOLトレーニングなど様々です。トレーニングはCIPアカデミックチームにより遂行され、IELTSスピーキングの公式試験官の資格を保有するネイティブ講師も活躍しています。また一つの大きな特徴としては、毎日のトレーニング時間も勤務時間として認めていることです。沢山の英語留学スクールが定期的に講師トレーニングを行っていると思いますが、勤務時間外や休み時間に短く済ますことも多いと聞きます。また毎日トレーニングを行う英語留学スクールはCIPだけでしょう。

アカデミックオフィサートリスタンさんプチインタビュー

試験対策ネイティブ指導のメリットについて

アカデミックオフィサートリスタンさん

CIPは資格対策コースのIELTSやTOEICに今年から力を入れており多くの留学生が実際に結果も出されていますね。ここで質問なのですがIELTSコースやTOEICコースにてフィリピン人講師だけでなく欧米のネイティブ講師の授業を受けるメリットを教えてください。

トリスタン:まず、公式IELTS試験のスピーキングの点数項目には発音・流暢さがあります。これはネイティブ講師が最も効果的に教えることの出来る科目です。IELTSのスピーキングで高得点と取得する為には、ただ答え方の練習をしても途中で上げ止まりが懸念されます。それがバンドスコアアップの障壁となり、結局スコアを全体的に上げることが難しくなるのです。また海外で活躍する為には的確な発音の習得も必要です。CIPではIELTSコース全生徒がネイティブから発音やIELTSスピーキングを学ぶ留学カリキュラムとなっており、真の英語スピーカーを目指せます。
TOEICではリスニング対策に非常に有効です。自身で正しく発音出来ない音、また単語と単語を繋げて話すリンキングのスキルをネイティブから学ぶことで、今まで聞こえてこなかった音が聞こえるようになります。リスニングがより明確に理解出来るようになるでしょう。その他にTOEICはスコアアップの勉強ですが、少しでもスピーキングも向上出来るように、ネイティブから様々な表現を学ぶ留学カリキュラムを設けています。
試験対策校として、テストのスコアの仕方を研究し、より効率よく成績を上げるれるように工夫されています。

TOEICスパルタ、IELTSスパルタについて

トリスタン:では各スパルタコースに定員を設けています。TOEICスパルタコースは定員6名、IELTSスパルタコースは定員12名です。これはグループクラススケジュールやテスト会場の確保の為に制限しています。毎月待ちが出来る程の予約があり、IELTSスパルタコースは現在11名、TOEICスパルタコースは5名在籍しています。メリットは、毎日の模擬試験でよりテストへの理解力、慣れを集中的に身につけることが出来ます。特に高得点を狙う留学生は模擬試験の繰り返しが必要です。短期間しか滞在出来ない人も、集中して学べるので、時間に制限がある方、高得点を本気で狙う方、フィリピン初のネイティブスパルタ学校で学びたい人など様々な方に向いています。タイトなクラススケジュールとなりますので、ご自信のペースで進めたい方や、公式試験の受験予定のない方は途中で中断したくなるかもしれません。どちらのコースも本場のスパルタ式留学スクールよりもスパルタといえます。ただネイティブ+スパルタはフィリピンでCIPだけなので、この機会に是非CIPで留学してスコア取得を皆さんに目指してほしいです。

講師のトレーニングについて

10名のCIPネイティブ講師たち

試験対策コースの講師達の質を保つためにどのような事を行っていますか?明確な詳細をお教えください。どの様な基準で講師を採用しているのか、そしてどの様にしてトレーニングを行っているかもお教え頂けると幸いです。

トリスタン:CIPではESL講師と試験対策専門講師をチームで明確に分けています。基準としてはIELTSバンドスコア7.5以上、TOEIC940点以上となります。講師の質を保つ、向上させる為にCIPでは月~金まで毎日講師トレーニングを1時間行っています。内容はIELTS、TOEICトレーニング、発音トレーニング、またTESOLトレーニングなど様々です。トレーニングはCIPアカデミックチームにより遂行され、IELTSスピーキングの公式試験官の資格を保有するネイティブ講師も活躍しています。また一つの大きな特徴としては、毎日のトレーニング時間も勤務時間として認めていることです。沢山の英語留学スクールが定期的に講師トレーニングを行っていると思いますが、勤務時間外や休み時間に短く済ますことも多いと聞きます。また毎日トレーニングを行う英語留学スクールはCIPだけでしょう。

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor