フィリピン留学は8月からをおすすめ! コロナウイルスに関する最新情報はこちらから!

スパルタ式留学スクールセブEV マネージャーインタビュー

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。今回はフィリピン・セブシティの中心地に位置するフィリピン英語留学スクールEVに訪問させて頂く機会に恵まれました。

留学スクールEVは創立してから約14~15年の伝統のある留学スクールです。定員は200名の大規模な学校です。朝の6時の点呼の際は起床して外に出ていなければペナルティを出す厳しいスパルタ式留学スクールです。留学生は朝の6時から夜の9時あたりまで英語勉強に身を浸す事となります。多少厳しいと思われますが英語学習の為のハードスケジュールがあるからこそ効率的な英語力の向上を望めるんだと思います。

今回は留学スクールEV訪問時に日本人マネージャーの方にインタビューをさせて頂きましたので、そちらの様子をご紹介させて頂きます。

cebu_ev_interview01右の美人なお姉さんがEVのマネージャーのNicoleさんです。

1、まずは自己紹介をお願いいたします。
日本人マネージャーとして働いていますNicoleと言います。4月から2か月間EV academyで生徒として学んだ後、1か月間の学生マネージャーを経て、フルタイムのマネージャーとして働き今現在に至っています。生徒の期間は、TESOL、TOEICのコースを受講していました。

2、EVが位置する場所とEVの特徴を教えてください。
EV Academyは、フィリピンの数ある英語留学スクールの中でも古い歴史を持つスパルタ校になります。毎日8時間の授業に加え、2時間の自習時間と単語テスト、文章テストがあります。しかしながら広い敷地の中に、プールやジム、シアタールームやマッサージルーム等の娯楽施設が充実しており、週末は旅行の斡旋も行うなど、留学生によって勉強に集中できる環境と、息抜きが出来る環境がバランスよく整っています。アヤラモールやSMモール、ITパークなど、主要な商業施設からも近く、比較的治安が良い場所に位置しています。

3、どの様なお客様がこれまでにEVにて学ばれていましたか?
主に日本人の留学生様は20代から30代の方が、学校の休みや転職期間を利用して学びにきたり、欧米圏への留学の準備段階として学びに来るというケースが多いですが、夏休みは団体のサマープログラムとして小学生や中学生などの比較的年齢の低い留学生様も団体で学びに来られます。

cebu_ev_interview02<通われる学生達の様子>

4、御校の学習方針といたしまして、留学生様のTOEIC点数獲得や就職、大学入学のサポート、ワーホリ準備など英語を学び、未来でどのような自身を描くのかということが既にはっきり描かれているようなイメージを浮かべます。実際にどのような生徒様が入学され、卒業時にはどのように成長されるのでしょうか。
当校はリゾート地であるセブの中でも屈指のスパルタ式留学スクールです。そのため、「英語力を向上させたい」という意欲のある生徒様、目的意識を明確に持った留学生様が多くいらっしゃいます。ESLコースでは、スピーキングやリスニングに力を入れていることもあり、英語で話すことに自信を持てるようになる留学生様が多いです。資格取得のコースでは、英語力を上げることと、点数を上げることの両方を重視しているため、バランスよく英語力を身に付け、卒業される生徒様が多いです。

5、人気のコースや科目を教えてください。
多くの留学生様はESLのコースを受講されますが、ESLの中でも人気なのがListeningとpresentationの授業です。Listeningは、CNNニュースを聞き取り、ディクテーションを行い、内容理解をした後で、テーマに沿ったプレゼンテーションを行います。Presentationの授業は、与えられたテーマに沿って、人前でテーマに関する情報や自分の考えを人前で発表する授業になります。どちらも厳しい授業ですが、Speaking, Listening力を鍛えるのにとても効果的な授業です。

6、セブでの珍しいスパルタ式留学スクールを運営されておられ、授業以外でのEOP制度を適応されていることと存じております。徹底するにあたり、学校側が実施をされていること、また留学生様はきちんと従われている状況でしょうか。
なかなかプライベートでの会話まで管理するのは難しいところではありますが、オフィスに来る留学生様には英語で話すことを奨励するなどの呼びかけを行うなどをしています。また過剰に母国語を話すようなことがある場合、ペナルティを適用される場合があります。

7、レベルテスト方法と評価後の処置を教えてください。
レベルアップテストは、4週間に1度行われます。TOEIC, TOEFL,IELTSのコースを受けている在学留学生様は、模擬の試験を受けて実力を測ります。ESLを受けている在学留学生様は、マンツーマンの授業から100点、Grammarの授業から100点、Presentationの授業から100点、合計300点で実力を測ります。220点以上で合格、昇級となりますが、一つでも50点未満のものがあると、昇級することが出来ません。

また、英語学習に困っている学生へのカウンセリングはどのようにしてますか 
出来る限り在学留学生様のニーズに合わせた形で学習をしていただきたいと願い、相談は随時受け付けています。生徒様が今現在何につまずいているのかを把握し、対応、改善を図っています。フィリピン人講師となかなかうまくいかず、フィリピン人講師講師変更をしたい、またはコースを変更したい、などと言う要望は随時受け付けています。

8、在学留学生様へのケアで最も大切なことは?
在学留学生様一人一人の希望や状態を把握し、それぞれの在学留学生様に合わせて対応をしていくことではないかと思います。また日本との違いを受け入れ、不便さも含めフィリピンを楽しんでいただくようにご理解いただくよう努めることも大切なことだと思います。

9、施設、便乗施設、寮について説明してください。
敷地の中に、学習用の棟、寮、カフェテリア、売店、自習室、シアタールーム、ジム、マッサージルーム、ビリヤード、卓球台、バスケットコートがあります。寮は1人部屋、2人部屋、3人部屋に分かれています。

cebu_ev_interview03<プール、シアタールーム、2人部屋、マッサージルーム>

10、朝一番に寮の前で点呼を行われ、点呼で出席を確認出来なければペナルティーが科せられると存じております。点呼を行う目的に加え、どのようなペナルティーが行われるのでしょうか。
当校で生活を行う上でのルールに対し、それぞれ点数があり、そのルールを犯すとその点数がペナルティポイントとして加算されていきます。それが一定の点数を超えてしまうと、退学処分と言う形をとらせて頂いております。

11、留学生の授業や生活の中で発生したトラブルはどの様に対応されていますか
授業の中でのトラブルは、フィリピン人講師と在学留学生様との調整役に回り、公正な目を持って解決するよう話し合いをしていきます。また、各国のマネージャー同士連絡を取り合い、情報を共有し、多数の人間でトラブル解決に当たるよう努めています。

12、留学生達は週末にどの様に過ごしていますか
友達と買い物や食事をするのに恵まれた立地ですので、クラスメイトとご飯を食べに出かけ、EVでツアー旅行の斡旋もしていますので、事前に申し込まれた生徒様はフィリピン観光を週末に楽しみ羽を伸ばしていただいています。

cebu_ev_interview04<EV学生達の旅行時の様子>

13、学校スローガンとして「よく学び、よく遊び、よく学ぶ」を掲げられておりますが、留学生様は休日どのようなことで平日の疲れを取られておられますか。休日における1日のスケジュールをご教示いただけますと幸いです。
人によりそれぞれの過ごし方が全く異なります。休日は外に出て買い物や観光地を訪れて遊ぶ留学生様が多いですが、校内でゆっくり過ごす留学生様もいらっしゃいます。当校では、学内にジムやシアタールーム、マッサージルームやプールを併設しているため、そこを利用して留学生様は思い思いにリラックスされているようです。また当校では旅行の斡旋も行っているため、そちらを利用してアイランドホッピングなどを楽しまれる留学生様も多いです。

日帰りのアイランドホッピングツアーを利用した休日の過ごし方の例
8:50EV出発
10:00アイランドホッピング、シュノーケリング
12:00Floating Restaurantで昼食
13:00シュノーケリング
15:00EVに向けて出発
16:00EV到着

14、フィリピン人講師陣のレベルを保持するために何か行っていることはありますか
フィリピン人講師陣は、採用後に必ず研修を受け、教授法について学んでいただいています。当校はTESOLの資格をフルタイムとして働いていただいていることが挙げられます。

15、最後にEVを検討中のお客様にひとことお願いします。
当校は朝5時55分に起床の点呼が始まり、夜は9時近くまでみっちり勉強していただく環境にあります。この厳しい環境は決して万人に受け入れられるような留学カリキュラムではありません。しかしながら、その厳しさを乗り越えて、「語学力が身についた」と身をもって感じる喜びは、何物にも代えがたいものがあります。その喜びを分かち合えるようサポートさせて頂きますので、是非英語留学スクールEV Academyでの留学をご検討いただけたら幸いです。

セブEV マネージャーインタビュー

セブ留学訪問記:外国人と接する心構えを鍛えるEV

いろいろな学校を訪問しているとたまに自分の学校や地域がいかに優れているか延々と営業トークする校長に出くわします。長い話に具体的な統計や尺度はありません。あるのはマンツーマン授業物量数のアピールと自画自賛のオンパレードです。そしてそういう学校に限って大したレベルではありません。どうやって嫌な顔をせずに話を聞き流すか苦労する時があります。

>>>EV留学訪問記を見る

セブEV マネージャーインタビュー

セブ留学 EV Academy

EV Academyはセブ島に位置した短期集中コース専門スパルタ校です。しかしスパルタ方式の留学生管理の必要性を感じて、2004年からスパルタ校として運営方針を変えました。ただし、通常のスパルタ式とは異なり『よく学びよく遊びよく学ぶ』が学校のコンセプトの為にただ、勉強漬けの生活に浸るのではなくスクール内の様々なアクティビティにより留学生の勉強で溜めたストレスや疲れを癒します。

>>>EV Academyの学校詳細を見る

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor