日本人少なめリゾート型英語スクール クラークGS

clarkgsstaff
(写真左:英語スクール正門前、右:Clark GSマネージャーPATRICKさん)

こんにちは、フィルイングリシュの新井です。この度、クラークのリゾート型英語スクールGS(Global Standard)訪問時に、唯一の日本人マネージャーであるPATRICKさんに突撃インタビューを敢行致しました。(顔出しNGとのことで、斜め後ろからの写真を頂戴致しました。)

 

まずは簡単な自己紹介をお願い致します!
名前はPATRICKというイングリッシュネームを使っています。23歳男性で、出身は東京の高田馬場になります。学生マネージャーとしての滞在期間は2ヶ月半になります。
私はフィリピン料理が本当に好きで、特にシシグ(フィリピン風豚肉の炒め物)がお気に入りです。GSからジプニーで15~20分ぐらいの場所にあるNEPOモールにとても美味しいシシグ屋さんがあり、よく通っています。通称「シシグの女王」と呼ばれている店で、GSに入学された際はぜひご紹介させて頂きますね(笑)。

 

1.どうしてマネージャーになったのですか?
実は、もともと勉強があまり好きではありませんでした。中学受験および進学校に入った影響がとても強く、特に英語の先生の授業スタイルについていくことができませんでした。周囲の生徒はみんな優秀で、英語の時間も基礎的な内容よりかは問題演習が中心で、あまり英語が好きになれませんでした。でも、本当に偶然、大学入学を機に未知の領域である経理のアルバイトを始めることになり、仕事をしながらの勉強は苦ではないことに気付いたんですね。そこで、英語の勉強も、学生マネージャーの仕事なら、働きながらなら伸ばせるのではないかと思い、GSのマネージャー職に応募させて頂きました。

 

2.実際マネージャーになってみてどうですか?
忙しいときは本当に忙しいです。日本人留学生のケアだけでなく、エージェント対応、メール対応やブログ作成など、業務は多岐に渡ります。韓国資本の英語スクールですので、上司は韓国人で、上司に対する各種問い合わせの調整・確認も重要な仕事です。
学生マネージャーになって良かった点としては、「留学生」と「スタッフ」両方の立場で、誰とも分け隔てなく接することができることですね。特に留学生の方は、いろいろな社会経験を持った方が多く、刺激を受けることが多いです。GSは韓国人の多い学校となりますので、韓国人文化とフィリピン人文化の両方を学べる点も非常に面白く感じています。

 

3.この英語スクールの魅力を教えて下さい。
英語スクールの魅力としては、GSは本当に真面目な日本人留学生が多いと思います。やはり平日は運動目的での2時間の外出のみしか許されていないという環境と、そもそも周囲に誘惑の多い娯楽施設が少ないということが影響しているのかもと考えています。
フィリピン人講師のキャラクターもとても豊かです。特に人生経験の長いフィリピン人講師はその傾向が顕著で、そのようなフィリピン人講師たちと英語でコミュニケーションをとれることは何事にも変えがたい喜びだと感じられます。

 

clark-gs-staff01
(爽やかなフィリピン人講師陣の写真。右側のネイティブ講師はグループクラスを担当しています。)

4.どのように留学生ケアを行っていますか?
もちろん留学生の方から話しかけてこられる場合もありますが、私の方からも積極的に話しかけるよう心掛けています。そこで得られた学習面・英語スクール運営面に対する相談や改善要求をオフィスに提案することもあります。
最近の留学生からの改善要求としては、食事とWi-Fiに関するものが多かったです。実は、ちょうど1週間前に落雷による大規模な停電があり、その影響で敷地内のすべてのWi-Fiルーターがおかしくなったことがありました。ただ、現在のところ、ほとんどのルーターを復旧させることができました。留学生の声を受け、すべてのスタッフが迅速に対応した結果だと思います。
食事の面では、まだまだ改善の余地がありますので、現在努力を続けているところです。

 

5.最近あった困った問題があったら教えて下さい。
私事ですが、風邪をこじらせてしまいました。今も継続中です(笑)。やはり慣れない外国での生活ですので、最初はどの留学生も、体調管理がとても大変かと思います。特に日本の病院の水準に慣れてしまうと、フィリピンの病院の対応はあまり丁寧なものと感じないかもしれません。コストも高くなりますし。ですので、病院にかかる前に、体調管理は特に気をつけるべきだと思います。

 

6.留学生の満足度はどうですか?
留学生の帰国時に点数式と記述式のアンケートを実施していますが、総合的な点数としては高い数字が出ており、ある程度は満足してくれているのかなと感じています。
特に学習面については、フィリピン人講師の授業態度でたまに低い点数が出るときもありますが、フィリピン人講師そのものへの点数評価は総じて高い傾向にあります。
反対に食事面については、短期滞在者の方はそうでもありませんが、長期滞在者の方ほど点数が低く出る傾向にあります。日本人留学生に合った味付けやレパートリーの数など、まだまだ改善の余地があると私は受け止めています。

 

7.最近変わった出来事はありましたか?
最近、特に大きく変わったことはありませんが、これからもGS公式ブログやフィルイングリッシュさんを含むエージェントさんへの定期的な情報発信は心掛けていきたいですね。

 

8.入学前の注意事項と覚悟しておいた方が良い事を教えて下さい。
GSは英語の勉強をしにくるために来るべき場所だと思います。バカンス半分、勉強半分ぐらいのバランスで学習されたい方には、もう少し規則の厳しくない、セブかどこかにある英語スクールの方が宜しいかと思います(笑)。3~4割ぐらいのバカンス気分でも留学中に苦しくなるかもしれません。でも、ここでの英語の勉強は本当に楽しいですよ。

 

clark-gs-staff02
(GSでは平日は毎日、午後8時から10時までの義務自習があります。)

9.最後に、この英語スクールに留学を考えている方に一言お願い致します。
これは私の実感でもあるのですが、英語は最終的には「慣れ」だと思います。とにかく慣れることが上達の一歩だと思います。その点では、豊富な英語使用環境にあるGSはとてもお勧めですよ。

 

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor