コロナウイルスに関するフィリピン政府と学校の最新情報を毎日更新中!

安いフィリピン留学!格安留学費用のバコロドILP

 

安いフィリピン留学!格安留学費用のバコロドILP

格安留学費用とマンツーマン授業!バコロド ILP English Academy

こんにちは。 お忙しい中ご質問に応対して頂き、誠にありがとうございます。日本国内では、英語スクールの基本的な情報は多いですが、学校長または関係者の方々による正確かつ信頼性のおける情報は多くありません。そこで、ILPとその周辺環境を知らない方々のために、可能であれば詳細な情報をお願い致します。以下の返答は、原文そのままを日本語に翻訳して貴校に関心を持っている方々が気楽に閲覧できるようにしてあります。


安いフィリピン留学!格安留学費用のバコロドILP1

 

・ILPが位置している都市とILPに関してお願い致します。
ILPはフィリピンのバコロド南部のネグロス島に位置し、主な砂糖黍生産地で有名な地域です。フィリピンのマニラ、セブ島に比べて物価が安く、国家レベルの計画都市として交通渋滞が少なく、静かな町が特徴で、最近は留学地域で脚光を浴びている地域です。年平均気温は23〜26度を維持し、湿度が低く、快適な環境で勉強ができるいい気候です。バコロドの大きな利点は、清潔で安全そして安価でフィリピンの他都市に比べて良い留学環境を提供するという点です。 2005年6月1日に開院したILPは、バコロドの最高の中心地であるラクソンストリートに位置しています。


・ILPはどのような留学生に合いますか?そして、他のフィリピン英語留学スクールと差別される点などを教えてください。

ILPは70人定員の規模の英語スクールとして、大型学校と比較すれば長短所はありますが、利点としては小規模で家族的な雰囲気と先生との親交が厚いことが挙げられます。静かな場所で人を意識せずに英語の勉強に集中したいと思われる方にお薦め致します。留学生はいつでもオフィスを訪ねて簡単に助けを求めることもできるなど、すべてのスタッフと留学生が家族的な雰囲気の中で生活をしています。


・貴校の最も人気のあるコースと授業編成、教科は?

ILPは一般英語コースであるESL英語留学カリキュラムが代表的なコースです。TOEIC、TOEFL、IELTSなどを希望される場合は、定型化された授業より準備の概念でESLコースのグループ授業を通して間接的に提供されています。 実際の英語研修の最初の目的は、英語を通したコミュニケーションに必要な英会話の学習が重要になります。 英会話の学習は、会話に使われる必要な文章を勉強するよりは、簡単な単語や文章から英語会話を繰り返して訓練することで、英語の発音とスピーキングに自信を得て、発音の問題を抱えている留学生の弱みを改善することを原則としています。 主な教材ごとの科目は文法、単語、会話のフレーズが統合的に構成された教材がほとんどであり、声を出して読むことと読解のための教材、そして書き込みやビジネス英語会話などがあります。


・テストの種類と評価後の措置について知りたいです。そして、英語実力が向上されない方にはどのような措置を取っていますか?

ほとんどの留学生は知らない英語から学習を始めようとする習慣があります。これは今まで暗記する英語学習をしてきた方に多いです。英語レベルとすぐに言うことができることは全く別の問題だと思います。英語実力に裏打ちされるため、まず強く進める英語学習は、英語を声に出して発する学習が先行されなければなりません。 当校では毎月実施する定期レベルテストで筆記試験と会話試験を実施してレベルを算定しています。すべての留学生のレベルは常にILPと寮のロビーに公知されており、1等生と最高向上留学生に対してはお祝いのメッセージと一緒にILP記念T―シャツをプレゼントしています。留学生がスランプに陥るほとんどの場合は文法の学習のみに没頭しているためです。多くの時間を投資したことにもかかわらず、肝心の本人の会話力が向上されていない事に対する失望感が大きくなる為です。レベルテストの後、英語に自信が持てるような方向に行くべきです。どのレベルの留学生であれ、自信を持って話す学習を開始するために、ILPでは留学生のレベルに合って分かりやすい単語で構成された教材を選択するように案内しています。教材の選択は校長の私が直接選定し、必要に応じて留学生との話し合いを行います。


・ILPを運営しながら、最も重要視する点は何ですか?

団体と組織を運営してみると、公平性のある措置が最も重要だと思います。これは留学生だけでなく、ILP講師、行政職員にも適用されるべきことです。 ILPの規定やマニュアルも重要ですが、それよりは留学生一人一人に気を使って学校生活や寮生活において、より良い対策をとることも重要だと思います。学生が留学生活に満足と幸福感を感じれば、英語学習への自信を持つようになり、他の留学生やILP講師との関係も良くなると思います。これが良い勉学雰囲気を作ると思います。 留学生一人一人の面倒を見るということは一番難しくて悩ましい事ですが、立ち止まってはならない事でもあります。


・ILPの英語講師の構成と人気フィリピン英語講師などを教えてください。

正社員ILP講師は40人、パートタイムの講師は約20人となります。留学生に人気のあるILP講師は、ほとんどが文法とスピーキングをよく教える講師です。 ・行政職員の構成と、どのような役割をしているのかを教えてください。 校長である私は、ILP運営のすべての管理と最終的な決定をしています。副校長は留学生相談と共にILPの管理と運営に関与しています。室長は留学生の生活管理と学生相談をして、不便事項などの確認を担当する学生マネージャーが留学生とオフィス間で窓口の役割をします。 その他、パスポートとビザの延長を担当するオフィスのスタッフとILP講師評価と育成を担当するトレーナー、留学生の授業スケジュールを調整するスクールマネージャーがいます。


・留学生の英語能力を向上させるための方法や環境はありますか?

すべての留学生のレベル公知を通じて、レベルと英語学習に対する興味や競争心を持つようにしています。また、週2回の夜間に視聴覚教育を別途に実施しています。


・留学生の年齢はどうなりますか?

ILPは20代の留学生が約75%であり、30代は20%、そして40代が約5%に達しています。


・ILPの校内施設、便宜施設、寮について説明してください。

ILPは学校と寮が近い位置にあります。寮は総3階建てで1階は食堂とグループ講義室、2階は男子寮、3階は女子寮で構成されています。寮の1階には外部賃貸の商店とコーヒーと軽食ができるカフェ、マッサージショップがあります。 ILPも総3階建てです。1階はロビー、カフェテリア、自習室、2階はILPオフィス、マンツーマン講義室(20箇所)、3階にもマンツーマン講義室(34箇所)があります。 プールやジムはILPが直接運営していませんが、近隣のリゾートプールとジムを利用することができます。


・留学生は平日(月〜木)授業後、どのように時間を過ごしていますか?

夕方には自主学習や、外出をしています。外出の場合、ほとんどの留学生は公共交通機関であるトライシクルやジプニを利用しています。費用は7〜10ペソぐらいです。


・学事と生活規定の中で主要なところについて説明してください。

寮の門限が最も重要な規定です。翌日の学業のために門限時間を厳密に守っています。平日は夜12時まで、週末や祝日には、午前2時まで寮に戻らなければなりません。違反した場合、警告が加算されます。


・授業や生活の中で不便事項の応対はどのように行われますか。

学生マネージャーが一次的に留学生の不便事項を確認し、報告によって直ちに是正措置を行います。まれに、他の留学生との公平性に合わない要求がある場合には、事案によって受け入れる場合もあります。


・提供される食事メニューは何ですか?

韓国料理80%、西洋とフィリピン式20% 1食3菜[キムチ含み]+汁 平日2日の朝食はサンドイッチやスパゲティを提供 台湾の留学生と日本の留学生の場合、辛い食べ物が食べられない留学生が多い方です。それなので、辛い食べ物はほぼ提供しません。

 

・授業、生活を含めた顧客サービスはどのようなものがありますか?

授業や講師を変更したい方は、毎週金曜日にオフィスで申し込みができます。フィリピン英語講師の変更申し込みに関しては、私に直接報告が入って来て、どのようなILP講師で変更されたのかを確認します。(頻繁に変更される講師は授業から排除されます)。ILPでは、近隣の旅行情報などを案内しています。多くの留学生が留学中、ボラカイ(Boracai)旅行に行きます。旅行を計画する際、車両、宿泊、ガイドなどの情報と予約を代行しています。


・近くの郊外でお薦めところや旅行先、運動できるところはありますか?

ILPから車で1時間30分の距離にマウンテンリゾート[屋外温泉プール] 学園から車で2時間の距離にラカワンアイランド[ビーチ]などが代表的です。 ほとんどの留学生が近くの旅行先よりはボラカイ旅行を好む場合が多いです。


・貴校に入学する方が準備することとあらかじめ念頭すべき点は?

来られる前に基礎文法と単語の勉強を準備しておけば、より早く英語力の向上につながります。 生活費としてドルや円で持って来ることが最も良い方法です。バコロド地域でも両替ができます。ただし、日本トラベラーズチェックは、現地での使用ができませんのでご参考ください。 やむを得ず現金が足りない場合、学園の口座を利用して送金して探すことを支援しています。


・最後に、ILPを考えていらっしゃる方に一言お願いします。

ILPは暖かいスクール運営をしています。すべてのILP講師とスタッフが親切で快適な留学生活を支援させていただきます。複数の人が一緒に過ごす団体生活やILPの雰囲気は、みなさんが親しみやすく居心地の良い場所であると思います。規模は小さいですが、良い思い出と情があふれる場所であると言えます。

 

ILP スピーキングとマンツーマンが強み  ILP ILP スピーキングとマンツーマンが強み ILP

フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。

>>>取材レビュー全文を見る

バコロド留学訪問記:マンツーマン重視、スピーキング重視のILP

バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて

こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。

>>> ILP留学レポーター記事を見る

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor