フィリピン留学は8月からをおすすめ! コロナウイルスに関する最新情報はこちらから!

フィリピン・セブPhilinerの英語コース及び英語スクール紹介
Cebu Philinter英語スクールのスケジュール担当

cebu_philinter_01

T.Mel 普段はとてもお茶目なフィリピン人スタッフです。

管理方法
T.Melが毎日午前8時から午後4時半まで逐次チェックしています。
BGCやSGCの定員は守られているか、1on1で時間の被っている留学生はいないかなど毎日チェックしています。
Philinterでは希望すれば簡単に、そしてすぐに自分の時間割を変更することができます。
それは毎日留学生のスケジュールを管理しているT.Melのおかげです!
火曜日と金曜日に授業変更の手続きが行われます。

どういった留学生が変更するのか?

・今の授業では物足りなくなってきた留学生
英語力が伸びてくると、今の授業では物足りなくなってきます。そんな留学生が、より難しい授業へ参加したいとレベルの高いクラスへ変更します。

・発音や文法、会話などを重点的に補強したい留学生
英語を本格的に学び始めると、今まで気づかなかった自分の弱点に気づくことがあります。その弱点は留学生によって様々。弱点を克服するために、留学生たちは授業を変更します。
Philinterでは留学生のレベル、どんな点を改善したいのかなど留学生の希望にピッタリの授業が用意されています。

・今の授業が難しすぎる、自分に合わないなど
ただ単につまらない、面白くないといった理由でも変更することができます。モチベーションが無いことには勉強に身が入りませんからね。

簡単に授業変更ができるのもT.Melのおかげです。
どの授業に変えれば良いのか自分で決めかねている留学生にはT.Melからのアドバイスも。Philinterにある200以上の授業を全て把握しているので、自分にピッタリの授業を勧めてくれます。

人気の時間帯は?
午前中の1限目(8時から)と午後最後の授業以外の時間帯が人気です。
朝はゆっくりしたい留学生が多く、最後の時間帯は頭を休めたいのではないでしょうか?

最近の人気コース
フィリピン人講師たちに聞きました!!
T.Mel スケジュール担当
cebu_philinter_02
Q: 最近どのコースへ変更する留学生が多いですか。
A: 全体的に見て、Intensive Power Speaking(以下IPS)に変更する留学生が多いです。

Q: どの国籍の留学生がIPSへ変更していますか?
A: 特に日本人が多いと思います。

Q: なぜ日本人にIPSコースが人気があると思いますか。
A: 日本人は基礎的な文法はできるが、話せない人が多い。そのため、文法の授業が無く、カンヴァセーションに特化したIPSコースの人気が高いと思います。

T.Dan IELTSのフィリピン人ヘッドティーチャー
cebu_philinter_03

Q: 最近IELTSを受講する留学生が増えていますが、どんな留学生がIELTSを受講していますか。
A: 台湾人が多いです。

Q: なぜ台湾の留学生がIELTSのクラスを受講すると思いますか。
A: 台湾の学生は他の国の大学を受ける留学生が多く、入学試験をパスするためにIELTSのスコアが必要な英語スクールが多いからだと思います。 また、オーストラリアの英語スクールに通うためにもIELTSは必要な資格の1つです。日本人の留学生にもIELTSに興味を持つ学生が増えてきているので、日 本人にもぜひ受講してほしいコースです。

T.Garrick ビジネスコースのヘッドティーチャー
cebu_philinter_04
Q: 最近、ビジネスコースを受講する留学生は多いですか
A: はい、とても多いです。ここ1カ月でビジネスコースを受講する留学生が2倍ほどになりました。

Q: どの国籍の留学生が多いですか。
A: 全体的に見て、韓国の留学生が多いです。日本人の学生は会社員の留学生が多いですね!

Q: なぜ韓国の留学生から人気があると思いますか。
A: 韓国では仕事に対する意識がとても高く、多くの人がよりよい職を手につけようとしています。そのため仕事で使えるビジネス英語はとても汎用性が高く、多くの韓国人留学生がビジネスコースを受講するのだと思います。

新入生のテスト、授業割り当てまでの日程

時間

項目

内容

08:00~11:30

レベルチェックテスト

スタディーホールにてレベルテスト
①パスポート
②帰りのe-ticket
③証明写真(5㎝×5㎝ )背景:白/6枚
(無い場合は、午後のショッピング時に撮影可能)
④筆記用具

11:50~12:30

昼食

学校の食堂

13:00~14:30

ショッピング&両替

Philinterスタッフが同行し、両替及び生活用品購入
(Save More:学校から車で約5分程度の場所or GAISANO MALL)

14:30~15:00

現地費用支払い

Philinter 2Fアカウントoffice

15:00~17:00

オリエンテーション

Philinterの案内・Philinterでの生活全般の説明
参加時オリエンテーション資料、筆記道具を持参

17:30~18:00

夕食

Philinterでの食堂

18:00~22:00

個人休憩 & 自由時間

自由時間及び休憩

★翌朝7時50分にSTUDY HALLでレベルテストの結果及び時間割表を受け取ってください。

授業変更の手続き
はじめに決められたタイムスケジュールから、ご自身で授業の変更を行って頂けます。

《変更の流れ》
① 自身のタイムスケジュールをオフィスまたはスタディーホールの共有PCで確認。
② 校舎ロビーにある【Student class form】に必要事項を記入し、バディーティーチャーからサインをもらってオフィスに提出。
※毎週火曜日・金曜日の17:00までに提出すること!
※事前許可なしに、無断で他人の授業に参加はできません!

cebu_philinter_05
授業に関するルール

《欠席》
・体調不良や、家族の訪問等で授業に参加できない場合は、事前にマネージャーに相談すること。
・欠席申請書(Confirmation of absence)に必要事項を記入し提出すること。
・1週間の間に無断で2回以上授業を欠席した場合は、ペナルティーとして4週間分の授業が削られる。
・授業開始から10分以上経過した場合は、欠席扱いとなる。グループ授業は10分過ぎると参加不可。
・出席率90%未満の留学生には修了書の発行が不可。

《コース変更》
Philinterのマネージャーと相談してコース変更が可能か確認をする。
・コース変更は遅くとも3週間前までに申し出ること。
・差額分が発生する場合は、コース変更した授業開始前までに支払うこと。
※変更したコースの価格が安い場合は、返金不可。

《期間延長》
フィリピン英語スクールのマネージャーと相談して延長が可能か確認をする。
・延長申請は留学最終日から遅くとも4週間前までに行うこと。
・延長費用は、延長開始日から2週間前までに支払うこと。

《テスト》
1、パワーテスト:毎月第2金曜日の最後の授業の代わりに実施。
▪ Grammar, Listening & Speaking, Vocabulary 3 科目の中から 1 科目が出題される。
2、プログレステスト:毎月最後の金曜日の午前中に実施。
▪受講しない留学生は、すべての授業が削除され、修了書の発行が不可。

《その他》
・原則、祝日(臨時祝日を含む)には授業はなく、補習授業も行われません。
・強制退学の場合は、一切の返金なし。

コース別課題の内容(General ESL、Intensive Power Speaking、ビジネス英語)

General ESL
ジェネラルESLコースは15歳(高校生)以上の全ての留学生が受講可能であり、初日に行われるレベルテストの結果に基づきカスタマイズされています。
学生は101(ビギナー)から601(アドバンス)のレベルに分けられていて、一日にマンツーマンクラスを4コマ、スモールグループクラス(2~8人)を2コマ、ビッググループクラス(~20人)を2コマで全8コマを受講することができます。
科目は各レベルに合わせたリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、グラマーの基礎科目で構成されています。

特徴

・授業はレベルテストの結果を基に自分の希望に合った授業をフィリピン人のバディティーチャー(担任)と相談してカスタマイズする。
・1日4コマ、4週間で80コマのマンツーマン授業あり。

ジェネラルコース授業(Sample)

スモールグループ

科目

Grammar Intermediate/文法中級

レベル

201-301

内容

・例文をいくつかプリントで配布し、同じ文法を様々な文章を使って頭に入るように何回も練習。
・留学生が聞き取れなかったときは必ず数回ゆっくり発音。
・文法をわかりやすく吸収できるようにさまざまな例文で説明。
・教科書やプリントに難易度の高い単語が出てきたら他の簡単な英語で再度説明してくれる。
※例
【lamp】という単語が登場。

「Do you know what the lamp is?」と留学生に質問する。

「It is 【handy light】.」教室の蛍光灯を指し、「これはlightで持ち運び出来ないですよね?」

「持ち運び(handy)出来るのがlampです。」

ビッググループ

科目

基礎リスニング/スピーキング

クラス

BGC(ビッググループクラス)

レベル

100-201+

内容

・Conversation(会話)重視の授業。
1.テーマに沿った会話のダイアログをペアで作成し、みんなの前で発表。→スピーキング。
2.聞いている留学生は発表者の会話内容をメモに取る。→これがリスニングの練習になる。
3.聞き取れなかった単語などをフィリピン人講師が英語で説明。
4.ダイアログの中で文法が間違っているところがあればどこがどう間違いだったのか細かく例文を出して説明してくれる。
・この授業で大事なのはまずはある程度の人数の前で【英語】で話してみるということ。
・文法が間違っていないかとか、単語が間違っていないかを気にして人の前で英語を話すことに抵抗感のある日本人はまずこの授業でみんなの前で英語で話す経験を積むことができる。

スモールグループ

科目

発音-アメリカン アクセント トレーニング

クラス

SGC(スモールグループクラス)

レベル

301

内容

大事なポイントが3つ!
1.PPP→Practice proper pronunciation.【正しい発音を練習しよう!】
母国語の発音に影響された英語を話す留学生が多いが、正しい発音を意識して練習すれば必ず正しい英語が話せるようになる!練習あるのみ!
2.Don`t be abcent!【休まないこと!】
フィリピン人講師から直接発音のトレーニングを受けられるのは授業内だけ!貴重な時間を大切に!
3.Only have to speak in English.【英語以外使用禁止!】
留学生同士お互いにお互いの英語を相乗効果で伸ばすことができる。
・教科書の文字にアクセントが付くところが太字になっていてわかりやすい。
・フィリピン人講師が文字を見せながら発音してくれるので目で見て発音を認識する。
※例
regret it ( リグレットイット ) ×   regret it (リグレッリ ) ○
・イントネーションの違いによって意味が変わることがあるので英語の発音(アクセントやイントネーション)の重要性がわかる。
※例
Hot ( / ) dog→ホットドッグcebu_philinter_06
Hot dog ( / ) →怒った犬 cebu_philinter_07

ビッググループ

科目

上級サイエンス

クラス

BGC(ビッググループクラス)

レベル

301

内容

・理科の単語などを全て英語で講義を受ける。
・欧米の大学の授業を受けている感じ。
・モニターに図や写真を写して説明してくれる。
※例
【何も食べないとお腹が空く】その一連の体の働き方を英語で教えてくれる。
・担当のフィリピン人講師が看護師出身なのできちんと医療現場の知識が基盤としてあるので
フォーカスされた内容の英語を身に付けることができる。

ビッググループ

科目

ニュース&トレンド

クラス

BGC(ビッググループクラス)

レベル

201

内容

・まずアニメーション、ニュースなどの映像を鑑賞。
・鑑賞後、単語などを解説しながら内容に関して説明。
・映像には英語字幕が付いていて、目で見て読みながら耳で聞くのでわかりやすい。
※映像例
【65歳を過ぎてゲイに目覚めたアメリカ人のニュースドキュメンタリー】
【動物を愛する少年の鳥との友情のアニメーション】など

Intensive Power Speaking (IPS)
インテンシブ パワー スピーキングコースはレベルに関係なく全ての留学生が受講可能です。マンツーマンクラスを5コマ、スモールグループクラス(2~8人)を2コマ、ビッググループクラス(~20人)を2コマで全9コマを受講することができます。
IPSコースは留学生のスピーキング能力向上のために特別に訓練を受けたフィリピン人講師が授業を担当するため、定員は約20人までとなっています。
発音矯正や口語表現などに重点を置いた科目で構成されており特にスピーキングの実力を伸ばしたい留学生におすすめのコースです。

特徴

・国籍別に苦手な発音が違うため、各国籍の留学生に合った発音矯正の授業を受けることができます。
・高度な訓練を受けたフィリピン人講師が受け持っているため、予約制です。(定員約20名)

IPS コース授業 (Sample)

スモールグループ

科目

パワーマルチメディア

クラス

SGC(スモールグループクラス)

レベル

内容

・映画を鑑賞して映画内に出てくる表現や慣用句、熟語、スラングなどを学ぶ。
・ネイティブのスピーキングのボキャブラリーを映画から学ぶ。
・メインはボキャブラリーを増やして自分のものになるように吸収させること!
・マルチメディアや現代英語、日常会話、ネイティブスピーキングのためのボキャブラリー習得が目的。
・日本の学校で学ぶような教科書英単語ではないネイティブボキャブラリー!
・週ごとに映画を観たり、リスニングのテストもある。

スモールグループ

科目

発音-基礎アクセントトレーニング(日本人)

クラス

SGC(スモールグループクラス)

レベル

101-201

内容

・日本人特有の発音の苦手部分を一つ一つ細かく取り上げて直す。
※例
★【n】と【ng】
日本では【n】と【ng】全て【ん】と発音するため、例えばJapanをジャパン(Japang)と発音する人が多い。英語では【n】と【ng】はまったく違く、【n】は舌で音を止め、【ng】は止めない。
上記のような感じで日本語の発音にはない英語の発音を一つ一つできるようになるまでトレーニングしてくれる。

スモールグループ

科目

ディスカッション

クラス

SGC(スモールグループクラス)

レベル

101-201

内容

★今年開設された新しい授業。
1.留学生一人一人にディスカッション内容が渡され、テーマに沿った意見を英語で考えてノートに書く。
2.全員書き終えたらディスカッション内容の紙を回収。
3.くじ引きでテーマを選び、選ばれた順番にディスカッションの意見を発表する。
4.発表が終わったら、他の学生も順番に即興で意見を考えて発表する。
・いろんなテーマに沿ってそれぞれ意見交換ができる。
・その日の覚えるべき文法や言い回しが決められているため、必ずその言葉を使って意見を言う必要があるので表現力を伸ばすことができる。

ビジネス英語コース
海外で働きたい、国際企業に就職したい、海外で看護師として働きたいなど、多様なニーズに合わせてビジネス英語を学ぶことのできるコースです。英語圏でのプレゼンテーションのノウハウや、様々な場面で役に立つビジネストークなどを身に付けることができます。

◎ ベーシックビジネス
・Philinterレベル201/IELTS 3.0/TOEIC 250以上の生徒のみ受講可能なコースです。
・基礎のビジネス英語を学ぶことができます。
・ビジネスのみならず、丁寧な英語表現が必要な場面での英語での対応の仕方も学ぶことができます!!

アドバンスビジネス
・Philinterレベル301+/IELTS 5.0/TOEIC 600以上の生徒のみ受講可能なコースです。
・マンツーマンで希望の職種などに応じて選択科目を2つ選べます。

フォーカスインダストリー
・Philinterレベル201+/IELTS 3.5/TOEIC 400以上の生徒のみ受講可能なコースです。
・マンツーマンで選択科目を1つ選べます。
・長期間の研修が難しい会社員、看護師、エンジニアなどそれぞれの分野に必要な英語を短期集中的に身につけることができます。

ビジネスコース授業(Sample)

スモールグループ

科目

ビジネストーク

クラス

SGC(スモールグループクラス)

レベル

201

内容

★聞いた話を別の相手に伝達するとき
1.月曜日、新しい留学生がいる場合自己紹介をする。(居なければ週末に何をしたか聞いたりする。)
2.他の留学生は自己紹介内容を 英語 ( ・・ ) でノートにメモを取る。(英語で聞き取りした内容を英語でメモを取る練習になる。特に英語圏の大学に留学したい人は習得しておくとかなり役に立つ!!)
3.次に英語でメモした内容を直接説話法や間接説話法などの伝達法を用いて他の留学生に説明。
★動詞をアクセントの場所で名詞として使う(特にビジネストークでよく使われる)

スモールグループ

科目

プレゼンテーション

クラス

SGC(スモールグループクラス)

レベル

301+

内容

・この授業ではパフォーマンスではなく、スキルアップを目標にしているのでスクリプトを用意して丸覚えするのではなくテーマに関してきちんと調査し、英語で説明できるように連取することが大事。
・パワーポイントの進め方や質問の投げかけ方など細かく教えてくれる。

スモールグループ

科目

調査&リポート

クラス

SGC(スモールグループクラス)

レベル

301+

内容

1.オーディオから流れる英語を聞く。
2.聞き取った情報を 英語 ( ・・・ ) でノートにメモを取る。
3.聞き取った内容を直接説話法や間接説話法などの伝達法を用いて伝える練習をする。
※例
オーディオ内の語り手が「Today I will talk about~」と言ったら
聞き取って相手に伝える場合
「He said~」×  「According to the radio, he will talk about~」○
・また、英語圏の大学の講義などで役に立つ英語でのノートのとり方も教えてくれる。
※例
・英単語の文字数が多いときは短縮して書くと便利
・長文を全て書き取るのは難しいので矢印などを使ってメモを取ることが大事。

スモールグループ

科目

BBC/CNN/ドキュメンタリー

クラス

SGC(スモールグループクラス)

レベル

201

内容

・毎週2つの映像を鑑賞する。
1.映像を見る前に、映像内に登場する語彙の意味や情報の聞き取り方などを学ぶ。
2.学んだ語彙などを使ってみんなで例文を出し合い、頭に染み付くようにする。
3.語彙などが頭に入ったら遂に映像鑑賞!
4.鑑賞後、先生から内容に関して質問が投げられる。
5.正しい文法、正しい発音などを意識して質問に答える。

◎ ビジネスプレゼンテーション

そしてビジネス英語コースは卒業する前に留先生と学生40名以上の前でプレゼンテーションをしなければなりません。これがビジネスコース最大の難関です。

cebu_philinter_08

概要
プレゼンテーションでは、先生が用意したいくつかのトピックの中から自分が使用するものを選びます。自分の好きなトピックを選べるわけではないので、学生にとって、資料作成は困難を極めます。

詳細
学生に25分間が与えられ、学生はこの時間内に自分のプレゼンテーションを行います。大勢の先生や学生が視線を送るなか、1人壇上に上がり演説をすることは大変緊張しますが、その分英語を披露するので度胸がつくと学生たちは言います。
残りの25分間では先生や留学生からの鋭い質問が飛び交います。先生たちはプレゼンテーションの中で使われた単語をランダムに抽出し、その単語の発音を何度 も確認したり、単語の意味をプレゼンターに確認したりします。また、取り扱ったトピック全体を通しての質問も行われ、留学生は何も準備していない状態で質問 に答えなければなりません。これは留学生にとって非常に難しい場面となります。


放課後学業関連プログラム

Philinterでは平日授業後、夕食までの時間(17:00~17:30)を利用して様々なアクティビティを開催しています。
授業とは違った面から英語を使用することで、楽しみながら英語を学び、また、先生たちや他の留学生との交流の時間にもなっています。

cebu_philinter_09
cebu_philinter_10

Philinter人気フィリピン人講師(プロフィールや担当授業等)

T.Nino
cebu_philinter_11
間違えた瞬間に訂正が入る、とても厳しい先生。しかしその分、この先生の授業を受けると英語力が確実に伸びる。冗談もウェットに富み、Philinter で間違いなく1,2を争う素晴らしい先生。GEコースのヘッドティーチャー。この先生の授業はほとんどがビジネスコースの学生。Philinterの音響 設備もこの先生が管理している。Philinter自慢の動画もこの先生が作成。ITスタッフのヘッドでもある。

T.Lovery
cebu_philinter_12
発音、表現力、面白さ、どれをとってもトップクラスの先生。
各国の訪問者に対してプレゼンテーションができる先生の1人。授業は映画を使って日常表現や使い勝手の良いスラングを学ぶものから、スピーキング、発音矯正までなんでもできる先生。
各国のブログやフェイスブック向けにコンテンツを配布するのもこの先生。

T.Ken
cebu_philinter_131
とても明るく面白い先生。音楽をこよなく愛する先生で、暇さえあれば音楽を聴いている。ダンスも上手。この先生の授業には音楽を扱うBGCもあり、楽しみながら英語を学ぶことができる。留学生からの人気も高い。

T.Dan

cebu_philinter_141
日本のミニカーが大好きな先生。きっと日本人よりもトミカについて詳しい。日本の文化にも興味があるようで、日本人留学生のことをよく理解してくれる、冗談 が好きで、よく留学生を笑わせている。学生からの信頼が非常に高く、学生が困っているときにはその悩みが解決するまでずっとそばにいてくれる心優しい先生。IELTSコースのヘッドティーチャー。
T.Shelsa
cebu_philinter_151
この先生がメインで教えているのは発音。Philinterで最もレベルの高い発音の授業を受け持っている。この先生の持つアメリカンアクセントの授業を受けるためには事前にテストを受けてそれに合格しなくてはなりません。それほど厳しいクラス。

しかしこの授業を受けた学生は飛躍的に発音が上手くなります。
厳しい先生ですが、それだけ得るものが大きい有意義な授業を展開している。


T.Garrick

cebu_philinter_161
ブラックジョークが好き。表面的な英語だけではなく、留学生の深い意見を英語で引き出すことができる先生。この先生の用意する教材は敏感な話題や国際問題、 できれば耳をふさぎたくなるようなものまで。ときに留学生の心を深くえぐるような質問もする。しかしその分、英語だけではなく、物事の本質まで学べるところ がこの先生の良いところ。
この先生の授業を受けた留学生が手に入れられるものは英語力だけではない。
ビジネスコースのヘッドティーチャー。

最近のテストの進行方式
研修期間による一定水準の英語力の評価のために週/月単位でテストを実施し留学生の英語レベルを把握します。これに伴い、教育相談や効果的な教育方法を提案していきます。

POWER TEST
▪毎月2回目の金曜日の最後の授業に代わり Power Test を行う。
▪Word/Grammar/Listening 3 科目の中から 1 科目が出題される。
▪全校生徒を対象として実施

PROGRESS TEST
▪毎月最後の週の金曜日の午前中に全校生徒を対象に行う。
▪ Grammar, Listening, Speaking, Reading, Vocabulary 5科目のテストを実施。
▪結果を元にレベルアップや授業スケジュールをレベルに合わせて調整。
▪全校生徒を対象として, 参加必須とする。

cebu_philinter_171

留学生レビュー

English name: NATHAN(日本)
期間:12Weeks
コース:General ESL

cebu_philinter_181

なぜフィリピンに決めたのか?
元々英語の勉強がしたくて留学を考えてたんですけど、フィリピンがカナダやオーストラリアに比べて安かったし、マンツーマンの授業が多かったのでここにしました。

カリキュラム?
マンツーマンが4コマ、SGCが2コマ、BGCが2 コマで1日8コマの授業です。

授業やフィリピン人講師について
満足しています。
特にティーチャーLIAの授業は文法の授業なんですが、とても分かりやすいです。
また、Speaking Group ClassのティーチャーBRYANもいつも学生が自然に会話に参加できるようにしてくれるし、いつも話しを優しく聞いてくれて自分がしゃべってる英語に自信を持つことができました。

また、VocabularyのティーチャーTESSはフィリンターでとても有名な先生なんですが、授業がすごく面白くて説明をする時に色んな例文をつくってくれて勉強しやすいです。

Philinterの雰囲気
とてもいいです。
みんな仲がよくて、夜には一緒にPhilinterのプールに入って泳いだり、ご飯を食べに行ったりしています。
僕は夕方によくスタディーホールに行って宿題をするか勉強をしてるんですけれども、スタディーホールはいつも勉強熱心の人がいっぱいで自分もより頑張って勉強することができます。
それと最近校内にEnglish Zoneという場所が指定されたんですけど、そこでは英語でしかしゃべれません。
最初はキツイと思ったんですが、それをきっかけに色々な外国の友達とよりしゃべることができたと思います。
今では日本人同士でも英語で普通にしゃべれる場所があって良かったと思います。

何か問題が起きた際のPhilinter側の対応は?
財布を紛失して大変困ってた時があったんですけれども、その時にオフィスのマネージャーさんや現地のスタッフさんと一緒に警察署に行ってもらいました。
海外だったのですごく心配してたんですけれども、オフィスの皆さんが頑張ってくれてとても助かりました。

校内の施設などについて

良かったです。ここに来る前にパンフレットで見た写真通りの施設でした。
また、僕は今3人部屋なんですけど、ルームメイトがタイ人と韓国人と僕(日本)です。
すごくインターナショナルな部屋で英語がいっぱい使えます。

週末の過ごし方
僕はあまり外に出ることが好きな方ではないので(笑)、
週末に友達はよく近くの島に1泊か日帰り旅行をしてましたが、僕はアヤラモールとか、SMモールに行きました。
どちらもとても大きいモールでレストランやショップもいっぱいあって、なんでもあるイメージがあります。
そこにいたら日本を思い出せるのでよく行きます(笑)。
また、友達と出かける時はPhilinterの近くにあるローカルのBBQ屋さんに行ってビールを飲んだりしました。
値段も安いし現地の人たちと接するいい機会にもなったと思います。
あと、キャンバスからジプニーで5分ぐらいのヨットバー(Yacht Bar)にもよく行きました。
海辺で雰囲気がいいところです。
またRadisson Blue Hotel Buffetにも行ってたんですが、高級感がすごいのに値段が日本に比べたらとても安かったので良かったです。

これから来る人へのアドバイス。
まず、言いたいことはとりあえず「友達や先生とひたすら話す」こと!
また、授業も宿題も頑張って、スタディーホールを積極的に活用すれば絶対英語力が伸びると思います。
努力を重ねて頑張りましょう!

English name: Ann(台湾)
期間:4Weeks
コース:General ESL

cebu_philinter_191

私はスピーキングの授業で多くのボキャブラリーと発音を学びました。ライティングの授業では日記と記事を書く事を学びました。

グラマーでは現在形と関係代名詞を学びました。どのように注意深く聞き落としがちな単語を聞くかも学びました。
ビッググループでは感情について勉強しました。様々な状況で生じる様々な種類の気持ちがあります。
私はまだ “Match Made in Heaven” と言うトピックについて覚えています。
これはどのように理想的な関係のカップルになるかと言う事についてでした。
私は一緒の時間を過ごしたいと思える人の性格を知らなくてはならないということを学びました。
また、生まれた月によって星座があり、性格も違います。
スモールグループ授業では、留学生が興味のあったテーマ:デートについて話し合いました。
なぜなら私たちはデートによって相手と親密な関係を築くと知っているからです。
ほかにも旅についても話し合いました。
多くの人が旅に行くことを夢見ていました。
それは私たちに他の国の人と出会い、新しい文化を知り、知らなかった食べ物に挑戦する機会を与えます。
全てにおいて、Philinterで学んだことは素晴らしかったです。
この経験は私にとって次の旅への一つのステップとなりました。

English name: Harry(韓国)
期間:4Weeks
コース: General ESL

cebu_philinter_201

私は毎年夏と冬の休暇でPhilinterに来ています。フィリピン・セブは私にとって第二の故郷です。

私はPhilinterでABCからIELTSまですべてを学んできました。
Philinterに来るたびに有り難く感じます。
よく他の留学生からなぜ何度もPhilinterで学ぶのかと尋ねられます。
理由はPhilinterがまるで唯一無二の我が家のように感じるからです。
またスクールの質も私が知っている限り最高のESLスクールの一つです。
もし誰かがまたPhilinterに帰ってくるかと尋ねたらこう答えるでしょう。
“はい、もちろん!!”

English name: ADAM(ポーランド)
期間:4Weeks
コース: General ESL

cebu_philinter_211

私の名前はADAMです。ポーランド出身です。

私は英語を勉強したいと思っていて世界中のいい英語スクールを探していました。
一度、フィリピン・セブにあるラプラプシティの英語スクールをインターネットで見たことがありました。
それがPhilinterだったのです。
Philinterにはいいレビューがたくさんありました。
新しい校舎、きれいなスイミングプール、素敵な設備、そして素晴らしい教育システム…それで私はPhilinterで勉強することを決めました。
今、私はPhilinterでの勉強を終え、とても幸せな気持ちです。
私にとって素晴らしい時間でした。私は親切で素晴らしい先生と出会い、楽しい友人と美味しい食事を共にしました。
良い時間はいつも短いものです。人生で素晴らしい出来事は一時的なもの。
だからこそ、一瞬一瞬をかみしめなければなりません。
この一か月は素敵な一日のようでした。

English name: CAROL(スペイン)
期間:4Weeks
コース: General ESL

cebu_philinter_221

Philinterに対する最初の印象はとてもいいものでした。

よく知らない場所についた時というのはいつでも少し緊張するものだけれど、空港の受付は親切でしたし、到着時のフィリピン英語スクールスタッフもとても優しかったです。
Philinterの寮や施設も私にはとても居心地がよかったです。
食事については最初、私の国のものと全く違うと感じました。
でも私たちはそれぞれ滞在するその環境に適応しなければなりません。
慣れることは難しいです。もし自分だけが彼らの習慣を少ししか理解できなかったり、知らなかったりした場合は特にそうです。
初日はとても混乱しました。覚えておくべき多くのルールがありました。オリエンテーションがスペイン語であったならもっとわかりやすかったとも思います。授業や勉強法方に関しては丁寧に指導してもらったと思います。
でもビッググループ授業はみんなが参加するような簡単なゲームなどがあればもっと良かったかもしれません。

English name: SUZAN(ベトナム)
期間:24Weeks
コース: General ESL/IELTS Full-Time

cebu_philinter_231

私はベトナムから来た、スーザンといいます。フィリピンで勉強し始めて6ヶ月となりました。

英語を基礎から始めましたが、熱心な先生方の教えのおかげで、もう前よりもはるかに成長しスピーキング力とライティングに自信を持つようになりました。こ こで出会った多くの外国の友人には本当に感謝して、また多くの文化や多様性が分かるようになって嬉しいです。フィリピン・セブには本当に良い思い出があります。友達と ショッピングも行ったりしたし、フィリピン・セブの近くの島にフェリーで旅行にも行きました。
色々なレストランにも行ったりしてフィリピン現地の料理と雰囲気を楽しみました。また、セブの路上祭りにも参加しました!
私は自分の勉強と、また多くの美しい瞬間のためにも必ずまたPhilinterで勉強したいです。

English name: Jessica(モンゴル)
期間:4Weeks
コース: General ESL

cebu_philinter_241

私の名前はJessicaです。私はモンゴル出身です。私はここで一ヶ月学びました。そしてPhilinterが好きになりました。

私は多くの違う国から来た人たちと出会いました。
そのことは彼らと交流してみたいという興味を抱かせるきっかけとなりました。マンツーマン授業では先生と話すことが楽しかったです。
授業以外でも留学生同士で様々なことができました。
なぜならキャンパスの近くにはショッピングモールなどが多くあり、とても便利だったからです。
私は先生たちが留学生にとても親切に英語を教えてくれたことで、英語スクールにはいい経験と思い出が残るのだと思います。
一ヶ月の留学は英語を習得するのに十分とは言えません。しかしながら、私は滞在中に多くのことを学びました。
この経験は私に違う国で家族から離れてどのように生活をするか、そして違う文化を学ぶということについても教えてくれました。

English name: Kate(日本)
期間:4Weeks
コース: Advanced Business

まず、ビジネスコースのカリキュラムは素晴らしかったです。
私は一日に幅広いジャンルの授業を受けることができました。
授業を通して、私は自分の強みと弱みを知ることができました。それは私にとってとても良い機会になりました。
また、ビジネスコースの先生は素晴らしかったです。彼らはそれぞれの分野の深い知識と経験を持っています。
私は彼らからビジネスにおけるとてもためになる貴重な知識を得ることができました。
私は4週間のビジネスコースで学んだ全てが私にとって大きな財産になったと信じています。

English name: YO(日本)
期間:13Weeks
コース:General ESL/Advanced Business

Philinterで過ごした最後の4週間、Business Courseでは期待以上のものを得ることが出来ました。
Generalコースの授業ももちろん充実していましたが、Business Courseでの授業内容はひと味違ったものでした。
ビジネス文書、履歴書、インタビュー、ミーティング、そしてプレゼンテーション。
どれも英語を使って行うのは初めての経験で、学んだことを定着させるのに必死な毎日でした。
特に、プレゼンテーションには非常に苦戦しました。
最初のリハーサルは全く言葉が出てこなく、全く成功するビジョンが見えませんでした。
ですが、本番をやり遂げた今、達成感で満ちあふれています。
忙しい毎日でしたが、Business Courseで学ぶことが出来て本当に良かったと思っています。
今後、私は北米でのインターンシップの参加を目指して面接を受けることになります。
Business Couseでの経験は、インターンシップ参加を目指す上で、非常に有意義なものでした。
この経験を活かして、今後も別の国で納得のいく留学になるように頑張りたいと思います。

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor