コロナウイルスに関するフィリピン政府と学校の最新情報を毎日更新中!

バギオ留学で最も有名な名門校「PINESメインキャンパス」を独占取材!長年勤めているPINES日本人マネージャーより様々なインタビューに真剣にお答え頂きました!

を独占取材 PINES メインキャンパス

※ この記事はフィルイングリッシュがPINESの日本人学校担当者 Oishi Yuki様へインタビューさせて頂いものとなります。 — を独占取材 PINES メインキャンパス

qiestion まず、PINES学校の簡単な説明お願いします。

answerパインスインターナショナルアカデミーはバギオという街にある15年以上続く、由緒ある語学学校です。現在約350名の職員と韓国、日本、中国、韓国、ベトナム、モンゴル等の様々な国からの学生が集っています。国際色豊かな学生だけでなく、優秀なパインス講師陣が一人一人の英語学習を全力でサポートしています。また、パインスはスパルタカリキュラムのパイオニアとも呼ばれているのですが、短期間で集中して勉強したいという方には是非お勧めです。2018年5月26日より新メインキャンパスがオープンし、施設面でも更にパワーアップした新

築キャンパスとなっています。

qiestionこの間メインキャンパス(初級、中初級レベルの専門)がオープンして、学校の施設クオリティが高くなったと感じています(笑)。今回の新築キャンパスの移転で最も改善された点はどこでしょうか?

answerそう言って頂けてありがとうございます!笑1番はやはり学生寮ですね。学生寮が格段に綺麗になりましたし、非常に快適に過ごして頂けるようなお部屋を提供出来ていると思います!さらに言えば、立地もとても良くなりましたね。閑静なエリアで騒音が少ないので学習により集中出来る環境になったと思いますし、タウンまでのアクセスもグンと良くなりました。

qiestion個人的には、4人部屋、6人部屋のユーザーが相部屋にもかかわらず、プライベートな空間が設けられた点が良と思います。トイレも大きく、授業前の混雑する時間でも問題ないと思います。つきましては4、6人部屋のご説明をお願い致します。

answer来るような質の高い寮を作る事でした。なので当時の日本人スタッフが何度もチェックし、何度も手直ししています。お陰様で日本人学生の方からかなり好評頂いております。他校の大人数部屋って正直詰め込まれている感があるし、シャワートイレ一緒だしで色々と不便が多いんじゃないかと個人的に感じています。ですがパインスの4・6人部屋は本当に快適だなと感じますよ。実際にスタッフの私も6人部屋に住んでますしね!笑

qiestionPINESは伝統のスパルタプログラムの学校ですが、希望する方は平日も外出が可能となるセミスパルタコースの選択も可能ですね。この制度について詳細な説明お願い致します。

answerはい、セミスパルタコースですがコースというよりは、全てのコースに対して100%の出席状況等の条件を満たせば平日に2度まで外出来ますよって選択制のオプションみたいなものですね。それとオプションクラスの受講義務が無いので、例えばセルフスタディーの時間を確保したいとか、レッスン後は部屋で他の事をやりたい!という方にお勧めです。今は約50名程の学生がセミスパルタオプションを選択しています。

qiestion現在のPINESメインで最も評価の高いコースがどれでしょうか?そしてコース内容についてご説明をお願いします。

answerやはり1番受講者数が多いコースはPower ESLコースですね。元祖スパルタコースとしても有名ですし、1番価格も安いんです。
コース内容としては、4時間のマンツーマンレッスンと4時間のグループレッスンです。
レベルごとに使用テキストやグループメイトが変わるので、同じくらいのレベルの学生同士で切磋琢磨している様子をよく見かけます。レッスン内容はリーディング、スピーキング、リスニング、ライティング等全ての基礎技能を身に付けて頂けるようなものになっています。

qiestion Power ESL、Intensive ESLは会話中心でバランス良く英語力の向上させるプログラムだと存じております。小グループクラスでは割り当て人数が最大4人と会話能力の向上に焦点を置いていることが分かりますが、その他のカリキュラムや他の点で会話能力を引き上げるためにされている工夫などございますでしょうか?

answerその他のカリキュラムとして日本人学生に人気なのはPremium ESL7コースですね。グループ授業が一切なく、マンツーマンレッスンのみ7時間受講出来ます。これがなかなか人気なんです。テキストやレッスン内容を自由に選べますし、講師も指名出来るんです。
会話能力を引き上げるための工夫としては、やはりインプットとアウトプットを良いバランスでカリキュラムに組み込むことですね。それこそが学習効果を大きく引きあげます。

qiestionPINESはバギオに二つのキャンパスを運営していますね。初級〜中初級者のためのPINESメインキャンパス、中級以上の方のためのPINESチャピスキャンパス。初級者がメインキャンパスへ入学後、通常ではどのくらいでチャピスキャンパスへ転校されているのでしょうか?

answerはい、そうですね。。入学時の英語レベルにもよりますが、早い人は1ヶ月!遅い人でも大体4ヶ月くらいでチャピスキャンパスに入学されますよ!学生さん皆に等しくチャンスは用意されています!

qiestionIELTS入門コース、TOEIC入門コースの簡単な説明をお願い致します。

answerPre-TEST 対策コース(IELTS / TOEIC)は、英会話の能力はまだ低い、またまだテストがどんなものなのか分からないけど経験してみたい!とにかく直近でTESTの対策をしたいという学生にオススメのコースです。要はお試しのテストコースみたいな感覚でしょうか。但し、カリキュラムはしっかり作り込まれているので安心して学習頂けます。それと前提として、英語能力に関して初級者向けのカリキュラム編成となっており、1カ月で満了できてしまうような内容となっていますので1カ月以上ご留学を検討しているかたは2か月目以降のコースの変更をお勧めしています。

qiestionPremium ESLコースはマンツーマン授業でIELTS、ビジネスなどの科目選択が可能であると聞きました。実際、このコースを選択されている方はどの科目を選択される傾向にありますか?

answerPremium ESLは150種類以上のテキストの中から自分の学習目標に合ったテキストを選択し、全マンツーマンレッスンで授業スケジュールを組むことが出来ます。ですが実はこのコース、2018年4月からテストコースの受講が出来なくなってしまったんです(泣)とはいえ、弱点補強や集中的に何かを伸ばしたい!という方にはおススメのコースです。
科目選択に関しては様々ですね。ライティングを中心にやりたい方は半分以上ライティングのクラスを取っていますし、最近多いのが英語面接対策コースとプレゼン演習。海外でこれから就職しようと思っているので、面接の練習をしたいんです。という方にも是非お勧めのコースです。

qiestion現在、各国のマネージャーは何人ずつ在籍されているのでしょうか?また、生徒様より苦情や相談があった場合はどのようにして対応しておりますか??

answer現在は日本人スタッフ3名、韓国人スタッフ5名、中国人スタッフ2名、台湾人スタッフ1名、ベトナムスタッフ1名が在籍しています。学生から苦情や相談等あった際には各国のスタッフが国籍毎に対応に当たっています。各国の

qiestion正規授業外で午前と夕方に特別(オプション)の授業と義務自習が行われているかと存じます。特別授業と自習についてご説明をお願い致します。

answerパインスでは朝と夜のオプションクラスを各1時間ずつ提供しており、種類は様々です。リスニング演習からスピーキング対策、更にはビジネス英語クラス等多種多様です。夜には1時間半の強制自習がありますが、講師が常に待機しているので何か質問等があればいつでもアプローチ出来るようになっています。

qiestion外出ができないスパルタコースの学生たちも昼食時間などは学校近くのスーパーやコーヒーショップまで外出することはできますか?

answer新キャンパスに移転し、少しルールが変わりました。昼食、夕食時の1時間は外出できるようになり、近隣のカフェや雑貨店等で外出が出来るようになりました。
休憩時間には、トトロの森に負けないくらい綺麗な雑木林を散歩している学生さんもちらほら見かけます。

qiestion放課後や自由な時間に主に学生たちが何をしているかご存知ですか?学校側では運動アクティビティやその他の催し物を開催したりすることはございますか?

answerパインスでは朝7時~22時30分までレッスン+オプションクラスで拘束されているので自由時間はそこまで無いのですが、空き時間ではキャンパス内のカフェテリアでコーヒーを飲んで休憩したり、ジムを利用したり、、、空き時間全ての時間で自習に励んでいる熱心な学生さんもたくさんいるのがパインスならではという感じもしますね。
学校ではOwl Night という卒業式兼、ナイトイベントを毎ターム開催しています。
そこでは各国の学生さんが伝統的なダンスやパフォーマンスを披露しています。学生さんからはこんな貴重な体験が出来るとは思わなかった!との声をたくさん頂いております。

qiestion週末や休日には、外出、外泊が可能かと存じますが、いつまでに申請すれば良いのでしょうか?

answer週末や休日にバギオ外に出る際、そこで宿泊する際に関しては、その週末金曜日の17時までに旅行計画書を提出してもらっています。

qiestion週末、生徒様は主にどこに行っていますか?

answer週末はバギオ最大のショッピングモール、SMモールや市内の人気レストランやカフェ、またはバー等でお酒を飲みに行ってる方も多く見受けられます。週末も自習室に籠って1日中勉強している学生もいるんですよ! 本当、見習いたくなります。。

qiestion最近PINESメインキャンパスは予約が埋まるのがとても早いですが、最も締め切りの早い人気の宿泊施設のタイプは何でしょうか?人気順に教えてもらえますか?

answerそうですね。嬉しいことに最近はお問い合わせも延長学生も、また再入学されたいという学生さんもたくさんいらっしゃるので。人気の部屋タイプはやはり4人部屋ですね!特に女性の4人部屋がかなり人気で2か月先まで今は埋まってしまっています!その後に1・2部屋はやはり人気で、6人部屋が最後に来る感じでしょうか。

qiestionEOP英語使用規定を維持するために、学校はどのような規則、モニタリングをしていますか?また、母国語の使用可能な場所や時間はありますか?

answerそうですね。EOPに関してはカフェテリアでの食事中、電話中、部屋の中、もしくはスタッフとのコンサル中のみ母国語で喋る事が許されています。その他の時間はスタッフが休憩時間中に等、常にキャンパス内を巡視しているので徹底されています。もしそれを犯してしまった場合は、宿題1ページ、ターム中に3回までは同じく宿題、4回以上が8時間の週末スタディとなっています。

qiestion最近PINESの食事が大幅に改善されたものと存じますが、朝食、昼食、夕食の食事メニューを教えて頂くことは可能でしょうか?また、食事が提供されない曜日も教えてください。

answer韓国料理を始め、日本食や、美味しいフィリピン料理等がローテーションで提供されております。コーヒーやココア、お茶等。更にはフルーツやヨーグルト等も提供されています。
(写真送ります)日本人からはかなり美味しい!との声を頂いています!

qiestion最後の質問ですが、卒業生の大半が認めているPINESの利点とは何かでしょうか?

answerやはり講師の質ですね。これは自負しても良いんじゃないかというくらいのパインスの自慢です。卒業生全員からいつもアンケート形式でフィードバックをもらうんです。その中でも8割以上の学生の最初のコメントが先生が素晴らしかった!!と言って頂けます。他の学校やセブの学校から来た学生は最初からパインスに来たらよかった!!との声もたくさんあります。カリキュラムはかなり大変ですし、平日も基本的には外出出来ません。
けれど、短期間で英語を絶対に伸ばしてやる!!という学生様には本当にお勧めの学校なのではないかと思いますよ!


学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor