名門中の名門と誉れ高いスパルタ英語スクール PINESマネージャー

こんにちは、フィルイングリシュの新井です。この度、立地水準・施設面・フィリピン英語講師の質・学習カリキュラムの完成度・英語使用環境において他の英語スクールを一切寄せ付けない存在感を放つ名門中の名門、バギオのスパルタ英語スクールPINESを訪問致しました。その際、日本人マネージャーであるHIDEさんに突撃インタビューを敢行致しました。HIDEさんは颯爽とした身のこなしと物腰の柔らかさが特徴的なイケメンで、インタビューの節々から英語スクール運営をサポートする人間としての情熱を実感した次第です。

 

baguiopinesvisitinterview
(写真左:由緒あるホテルをそのまま利用しているクイサンキャンパス、右:PINESマネージャーHIDEさん)

1.どうしてマネージャーになったのですか?
もともとは、インドネシアで働きたいと思っていたんです。そのためには英語力がどうしても必要となりますので、フィリピン英語留学に興味をもったんですね。安く英語の勉強ができるという面にも魅力を感じたんのですが、東南アジアの空気感を知りたかったという面がむしろ大きかったです。それで、PINESに留学生としてやってきて、その後はマネージャーとして今に至るという流れですね。

 

2.実際マネージャーになってみてどうですか?
フィリピンの英語スクールで運営側に立ってみて感じたことは、やはり日本を取り巻く英語教育環境はまだまだ遅れているのではということですね。だからこそ、まだまだ発展の余地があるわけでして、私としては、常に危機感を忘れずに日々の仕事に取り組んでいきたいと考えています。

 

3.この英語スクールの魅力を教えて下さい。
良くも悪くも「ストイック」という部分でしょうか。誰もが真剣に英語に取り組める環境がPINESにはあります。私は留学生の皆さまによく、「英語で思いっきり遊んでください」と言うんです。折角手に入れることができた大切な留学期間ですので、最高の環境で、人生で一番英語を学んでほしいと考えているんですね。しかもただ英語を学ぶだけでなく、文化とか価値観とか、外国でしか学べない多様なものに英語を使って触れてほしいと考えています。そのような英語学習に特化している点がPINESの魅力なのではないかと考えています。

 

pines_hide003
(最高の英語使用環境をつくるために厳格に適用されているチャピスキャンパスEOPの罰則者一覧)


4.どのように学生ケアを行っていますか?

まずは、日本人留学生の物理的なケア体制を強化中です。例えば、以前は1名体制だった日本人スタッフを学生マネージャー含めて4名体制に増員しました。私以外には、生活面を担当するマネージャーと各種アクティビティを担当するマネージャーを配置して、その他オプションクラスでは日本人講師が日本語で英文法を教えています。今後もこの体制は続ける予定で、日本人留学生が満足して学習できる環境、英語学習だけに集中することができる環境づくりを促進していきたいと考えています。


5.最近あった困った問題があったら教えて下さい。

これは私たちの完璧なミスなのですが、1人部屋で申込みをしていた男の子を誤って2人部屋に案内してしまい、その男の子が泣いて親に連絡されるという事態が発生しました。原因はスタッフ間の連絡ミスです。PINESでは韓国人・フィリピン人・日本人スタッフが働いているため、このような伝達事項に関するミスを可能な限り減らしていくことは重要なテーマのひとつですね。


6.留学生の満足度はどうですか?

まずフィリピン英語講師とカリキュラムの面については、留学生から不満を聞いたことがありません。この点に関しては、やはり大きな自信を抱いていますね。生活面については、「普通」という評価を頂いております(笑)。生活面での評価を上げるためにも、食事面については現在様々な角度から味付けやメニューバラエティーの改善を試みています。例えば、ジャパニーズフードデーと称して、豚の生姜焼きとか日本のカレーライスを提供したりなどを始めています。また、同じ料理でも少しずつ味付けを調整しながら、大多数の留学生が満足することのできる中間地点を現在模索したりしています。

 

pines_hide005(もともとデザインの勉強もしていたHIDEさん。このような広告デザインも担当されています)

 

7.入学前の注意事項と覚悟しておいた方が良い事を教えて下さい。
基礎文法だけは必ず復習してきてください!何もない状態でフィリピンに来たってペラペラにはなれません。そもそもフィリピン英語講師と会話をすることも難しくなります。だから、せめて見直しだけでもしてきていただけたらと思います。また、その学んだ英語を使って次になにをするかという部分を事前に考えておくことはとても重要なことだと思います。英語学習には、やはり目的意識が必要です。目的のある人は、そもそも勉強する時間量が違ってきますしね。
入学後については、とにかく英語学習に集中してもらえたらと考えています。どういう風に英語を勉強すれば良いかの枠組みは私たちが提供できます。PINESには14年におよぶ長い歴史があり、カリキュラムだけでなく、カウンセリングなどを通して、伸びている留学生の学習法やノウハウ、教材をお知らせすることも可能です。


8.最後に、この英語スクールに留学を考えている方に一言お願い致します。

PINESには本当に「真面目なヘンタイ」が多いですよ(笑)。私たちと一緒に真面目なヘンタイの仲間入りをしてみませんか。

"pines_hide004/
(チャピスキャンパスの留学生御用達のカフェで写真撮影。この度は誠にありがとうございました!)

 

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijap@phil-english.com
Line : philengvictor