コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

セブSMEAG 最新インタビュー

スケジューラ(アカデミック・スーパーバイザー)の自己紹介

レベル判定テストを元に全新留学生の学習スケジュールを組んでいる Ms.Cherrybeth。 一人ひとりのレベルに合うようにフィリピン人講師や授業を組みます。

Introduction: Cherrybeth I. Corbo
I am Cherrybeth Corbo, the Academic Supervisor of SMEAG Education Inc. Campus 1- Sparta. I have been working with SMEAG for eight (8) years now. Majority of my task is to supervise the Academic Department. The how’s and why’s of the Academic System, services rendered to students, take care of our teachers’ welfare and of the academic staff as well. I take charge of Students and teachers schedule. In coordination with the R&D Team, as far as, the assessment of students, test progress and academic reports which will be explained later. I also take care of the employment of teachers, application, evaluation and continuity of service. Overall, I make sure the rules and regulations set for Students and Teachers will have to be implemented and observed.

英語講師歴9年、今はSMEAGフィリピン英語スクールの各種公式試験を担当しているMr.Eugene。カリキュラムや日々の授業の向上も主な仕事です。

Cambridgeコースへ移行など、コース変更を考えている留学生はまずはMr.Eugeneとフィリピン留学のカウンセリングをし、自分にあった学習プランやコースをアドバイスしてくれます。

eugene


Introduction : Eugene A. Oplado

I am Eugene, the Research and Development Officer in Sparta Campus. I have been in the ESL world for 9 years. My main job is to make sure our curriculum is properly executed and administered based on each students` level and learning needs. I also find systematic ways combining basic and applied linguistic research with intense language training for future academic developments. Also, I target solutions for every academic concerns and provide strict implementation of each program through personalized instruction and academic counseling for optimum enhancement.

新入生のレベルテスト、時間割が組まれるまでのこと

【初日(月)スケジュール】
※SA・・・Student Assistant teacherの略で、留学生一人ひとりがSAを持ちます。週間テストの結果に対し、アドバイスをくれます。また、常時声がけをし、何か困りごとがある場合、気軽に相談できる存在の先生です。

~08:30

朝食

08:30~12:00

レベル判定テスト
パスポート・ID写真提出(5cm*5cmサイズの背景真っ白)

12:00~13:00

ランチ、担当SAと面会

13:00~

オリエンテーション:英語スクールの概要説明、フィリピン留学生活安全教育
アヤラショッピングモールツアー:両替(現地支払い費用の準備)、ID写真の準備(持ってきていなかった人のみ)、日用品買い出し、各自アヤラ内レスト ランにて夕食

【二日目(火)スケジュール】

~08:30

朝食

08:30

SA から時間割表受け取り・授業の受け方説明

08:40~

授業開始

※2日目の自分の空きコマの時間内にオフィスへ現地費用支払い・学生ID受け取りに来てください。

1日のスケジュール例

【ESL2の留学生の1日のスケジュール例】

Morning Sparta

06:40~08:00

STEP UP(単語・熟語)

08:00~08:40

BREAKFAST
1st

08:40~09:25

ESL2 (苦手科目/伸ばしたい科目)
2nd

09:30~10:15

3rd

10:25~11:10

1:1 LISTENING / SPEAKING
4th

11:15~12:00

12:00~13:00

LUNCH
5th

13:00~13:45

1:1 READING / WRITING
6th

13:50~14:35

7th

14:45~15:30

1:4 GROUP CLASS
8th

15:35~16:20

9th

16:30~17:15

POWER SPEAKING
10th

17:20~18:05

18:05~19:00

DINNER
11th Evening Sparta

19:00~19:45

STEP UP(単語・熟語)
12th Evening Sparta

19:50~20:35

【Cambridgeコースの留学生の1日のスケジュール例】

Morning Sparta

06:40~08:00

CAMBRIDGE (実際の試験で使える熟語や表現を学ぶ)

08:00~08:40

BREAKFAST
1st

08:40~09:25

1:8 LISTENING
2nd

09:30~10:15

3rd

10:25~11:10

1:4 READING
4th

11:15~12:00

12:00~13:00

LUNCH
5th

13:00~13:45

1:1 WRITING
6th

13:50~14:35

7th

14:45~15:30

1:2 SPEAKING
8th

15:35~16:20

9th

16:30~17:15

POWER SPEAKING
10th

17:20~18:05

18:05~19:00

DINNER
11th Evening Sparta

19:00~19:45

CAMBRIDGE (リーディングやスピーキングを試験方式で 練習)
12th Evening Sparta

19:50~20:35

※モーニング・イブニングスパルタはキャピタルキャンパスでは入学後4週間参加義務、スパルタキャンパスでは留学スクール卒業まで義務となっており、スパルタ授業を月に4回以上欠席するとワーニングが1つ与えられます。

【週間テスト】

ESLコース・各種テスト対策コースの留学生とも毎週(土)に模擬テスト(レベル判定テスト)を受験していただきます。初日のレベル判定後、毎週ごと自分の成長が各スキル(L/R/W/S)ごと点数になって結果をもらえるので、自分の苦手分野を把握でき、更に、担当SAが客観的視点で学習のアドバイスをくれます。 今後の学習計画へ役立ちます。
日々の学習の大きなモチベーションにもなります。

授業・フィリピン人講師変更の手続き、申請方法など

2週間に一度、フィリピン人講師の変更希望を提出することができます。(ただしワーニングを持っている留学生は更に2週間変更禁止になっています。)

cebu_smeag_teacher_change_permission

まずは自分の担当SAに相談して、フィリピン人講師変更の用紙(PERMISSION SLIP)をもらいます。そこに変更前フィリピン人講師と担当SAからサインを貰い、もし希望のフィリピン人講師がいれば、第3希望まで記入します。最後にフィリピン人講師を変えたい理由を記入します。それをアカデミックオフィスに木曜の18時まで提出します。翌週から、フィリピン人講師が変更になります。

フィリピン人講師によって得意科目や教えるスタイルが違うので、自分の担当SAやスーパーバイザーに相談すると、自分にあったフィリピン人講師を紹介してくれます。

追加マンツーマン授業

もし、もっと追加で授業を受けたい場合、どのコースの学生も、一週間P1750で追加マンツーマン授業を自分の時間割の中に追加することができます。一ヶ月はP7000です。申込期間は問いません。受講したいフィリピン人講師とのスケジュールが合えば、講師の指定もして頂くことが可能です。

このようにSMEAGでは自分の学習スタイルに合うように授業・先生のカスタマイズができます。

学業に関する規定、ペナルティー(欠席、遅刻、課題提出の規定など)

授業は5分以内に教室内に入ることがルールです。週間テストは1分でも過ぎたら欠席扱いとなります。
授業・週間テストの欠席の回数に応じて、ワーニングがつけられ、ワーニングの数によりペナルティが与えられます。(フィリピン人講師変更不可・スパルタキャンパスの場合外出禁止にもなります。)
正当な理由があり事前にオフィスにてマネージャーの許可を得られた場合、公欠扱いとなります。
病欠は医師の診断書がある場合のみ認められます。

コース別課題の内容、サンプル

“For student`s homework, we encourage teachers to give homework to students for additional class inputs. The homework given revolves on the topic given that day in addition to class reviews for self-studying and also the red diary or journal writing.”

その日の学習した内容の定着のため、主に復習としての課題が出されます。
また、ESLの留学生は”RED DIARY”という日誌を毎日の課題として出される場合が多いです。
日記だけではなく、フィリピン人講師がライティングのトピックを留学生に与え、その内容で、英文を書く練習をします。文の構成の仕方、文法、スペル、文章表現などを翌日の担当フィリピン人講師の授業にて間違った箇所を確認します。

homework_reddiary_sample1
homework_reddiary_sample2

英語初心者脱出プログラムSTEP UPの週間テスト(スパルタキャンパス)

初日のレベル判定テストの結果、ビギナーのレベルに在籍した留学生は、時間割の朝晩のスパルタ授業に”STEP UP”というものが組み込まれます。

stepup_teacher_tedz

STEP UPでは、単語と熟語、イディオムを中心に学習します。朝晩スパルタクラスで合計4名のフィリピン人講師が担当しています。それぞれの先生がユーモアとアイディアに富 んでおり、単語・熟語の使い方をわかりやすく面白い例えを使って教えます。留学生の興味を引き出す授業で、留学生から好評です。

そして毎週金曜日朝スパルタの授業にて、一週間の学習した内容の中から、テストが出題されます。

STEP UPの学生はこのテストにて60%の基準点に達していない場合、金曜日の外出が禁止されます。

stepup_text

講師の紹介

※ESL コース・CAMBRIDGEコースからそれぞれ1名ご紹介いたします。

jocelyn
ESL TEACHER: Jocelyn D. Ladra
My name is Jocelyn D. Ladra. I have been teaching in SMEAG for 8 years now. With the years I have rendered in this company I can now handle all three ESL classes namely: 1:1 listening and speaking, 1:1 reading and writing and 1:4 or the group class. Surprisingly, students find me strict but a funny teacher. I am authoritative yet giving them academic freedom to apply what they have learned in class. My teaching style and approaches vary from each student in accordance to their learning needs to maximize use of time and achieving learning goals every day. I strongly believe every student is unique and their learning speed is varied so I set different time frames in class. However one method is always present and it is a guided learning. It is unavoidable problems arises in class however I see this as an opportunity to learn. Taking time to pause and think of what student thinks is needed. Knowing the learners weaknesses and assisting them is an effective way. Being in this field for several years, it is the professional improvement and satisfaction that has anchored me to stay here. It is in teaching where “give and take” exists .We impart knowledge and on the contrary are fed with lessons professionally and in life as a whole. Lastly, seeing my students improved is indeed a great fulfillment.

filbert_teaching

CAMBRIDGE TEACHER: PHILBERT SALVE
I’m Philbert A. Salve. I was hired by SMEAG way back October 2006. I have been in the field of ESL for almost ten years not to mention my previous experience I had had when I was employed in SME. In so many ways, the work of a Cambridge teacher entails a lot of hard work and sacrifice. The work mainly covers three parts. First, you need to provide a lot of inputs for the students to digest and ready themselves in the test. Next to that is to teach them how to take the test. You have to show them from technicalities to techniques and grammar to vocabulary. That’s all in. Finally, you need to appraise their performance in a frequent basis so as to keep track of their strengths and the areas that they need to enhance. However, your responsibility as a teacher does not end there as you need to tap them with moral support and encouragement, cultivating every fiber to the bit to mold them not just to have good scores but to be globally competitive English speakers. It takes an unflappable spirit to be an effective Cambridge teacher. Before you go to class, make sure you’ve read the reading passage, answered the listening test, prepared inputs for writing and honed your art of questioning for the speaking. Plan your strategy and make sure you have prepared and anticipated answers to questions the students might raise in the class. Get ready with you every grammar and vocabulary input. In short, planning is the key to being an ideal teacher. Most importantly, being passionate is such a prerequisite to be a Cambridge teacher. Yes, academic background is a plus but it pales in comparison with passion. It is passion that takes you to the paramount of your career and your growth as a professional teacher and as a person. I contemplate that I have gone so far for the post I am holding now. I am a tried and tested person seasoned with time and experience. With all humility, I may say that I have been doing well as a Cambridge teacher and as a person through the support of the people in SMEAG, my students, my experience and my passion.

その他

SMEAGは3キャンパスあり、キャンパス変更・コース変更が入学後も可能!

セブ市内に3キャンパスあるSMEAGは、各留学スクールキャンパスごと違ったコースを学ぶことができます。ESLコースは全キャンパスにて受講可能、各種テスト対策はキャンパスごとコースが設けられています。(キャピタル:TOEIC/ TOEFL・ビジネス英語、クラシック:IELTS、スパルタ:Cambridge)

3キャンパスは留学スクールの規則(門限や授業の欠席のルール)、雰囲気もそれぞれです。例えば、スパルタキャンパスにてESLで入学後、途中からTOEICコースに変更したくなった、なども可能です。(キャンパス・コース変更に関する規定あり)そのため、SMEAGでは一度入学したあとでも、さらに自分にあった学習スタイルを追求することができます。

徹底して英語のみ話す環境!(スパルタキャンパス)

SMEAGスパルタキャンパスにはEOP(English Only Policy)というルールが有ります。
(※平日は学生ドミトリーの建物以外の場所での英語以外の言語は禁止。母国語を話して違反者となった場合は金曜の全授業が終わったあと(7:00pm~8:35pm)までEOP違反者のペナルティクラスに参加必須。二回目以降の違反となってくると、罰金が発生してくる。)

このルールのおかげで授業以外の時間も完全に英語で話す環境がSMEAGスパルタキャンパスにはあります。授業以外の時間はずっと日本語を話しているより環境よりも格段にスピーキング力が上がります。

フィリピン人講師と暮らして夜はティータイム授業!(スパルタキャンパス・プレミアム寮)

SMEAGスパルタキャンパスの外部寮、ブレミアム寮は、各ユニットにフィリピン人講師が2名ずつ住んでいて、一緒に日常生活を送ることができます。

月曜~木曜まで授業後、プレミアム寮に帰宅後、ティータイム授業という授業が行われています。文法・表現方法を勉強したり、会話をします。多国籍の留学生が住む寮でアットホームで心を許せる仲間ができます。

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor