TALKスパルタ校 ヤンコセンター講師に聞いてみました。

baguiotalkyangco01

徹底的に英語を勉強したい方におすすめのESL Spartaコース!
バギオTALK Yangcoセンターのヘッドティーチャーインタビュー

baguiotalktutor
Jobelle Agtani
Program coordinator /Head Teacher
TALK in Yongco Center

 

1.まずは、TALK英語スクールのYongcoセンターにおける「ESL Spartaコース」についての説明をしていただけますか?

まず、TALK英語スクールYangcoセンターのESL Spartaコースでは、「英語は単なる履歴書の飾りで終わらせるものではない」という目標があります。

この目標はYALK講師の心に深く刻み込まれていて、講師は留学生の今だけでなくその将来も見据え、日々教育を行っています。

 

ESL Spartaコースのカリキュラムについては、英語を様々なシーンで使うために必要なすべてのスキルが含まれています。マンツーマンクラスによるSpeaking・Writing・Grammar・Reading・TOEICなどが5時間、留学生数4名以下のグループクラスによるPronunciation・Discussionが2時間という構成になっており、夕食後には、すべての留学生は1時間のVocabularyテストと、2時間の自習/特別夜間クラスへ参加が必須となります。

 

また、ESL Spartaコースのカリキュラムの特徴としては、シミュレーション訓練・英会話パターン練習・英語を用いたゲームなど、留学生の積極的な参加と英語使用を促す、様々なコミュニケーション重視のクラスを用意しています。 また、クラス内で使用する教材により、英語運用能力のコアとなるボキャブラリーも同時に獲得することができます。
なお、各学習領域におけるESL Spartaコースの狙いは、次の通りになります。

 

Speaking, Pronunciation and Discussion
これらの領域で、留学生はスピーキングスキルと発音スキルを向上させ、英語で自分を表現する方法を学びます。 留学生は、どんな状況でも自分の意見を述べられるよう、また相手に自分の意見をよりよく理解してもらえるよう、論理的で明確な話し方を学習します。 初級者レベルでは、まずは日常会話としての英語力を鍛え、より高いレベルに進むにつれ、高度な英会話のスキルと、アカデミックな英会話スキルを学習します。

 

Writing and Grammar

これらの領域で、留学生はライティングスキルを向上させ、正確な英文法を学びます。
留学生は、正しい文法規則を用いた、明白でわかりやすい文章を書く方法を学習します。
初級者レベルでは、まずはセンテンス単位での文章力を鍛え、より高いレベルに進むにつれ、パラグラフ単位、さらにはエッセイ単位での文章力を鍛えます。

 

Reading and Vocabulary
これらの領域で、留学生はリーディングスキルとボキャブラリーの量を向上させます。
留学生は、様々な種類のテキストを読み、テキストを理解するために必要な読解力と、未知のボキャブラリーに対する効果的な記憶法を学習します。
初級者レベルでは、まずはシンプルな文章に対する読解力を鍛え、より高いレベルに進むにつれ、さらに複雑で、アカデミックな文章に対する読解力を鍛えます。

 

TEST OF ENGLISH FOR INTERNATIONAL COMMUNICATION (TOEIC)
この領域で、基本的な英語コミュニケーションにおける留学生の学習の進み具合を、TOEICテストを用いて確認します。
TOEICはリーディングパートとリスニングパートで構成されていますので、留学生は特定のシーンでの会話や文章などに対する、注意力や集中力を鍛えることができます。
テストは毎月末に行われ、留学生のモチベーションを喚起させるため、スコアは張り出されます。

 

Special Programs (夜間特別クラス)

Survival English
スピーキング・ディスカッション・リーディング・ライティングを組み合わせたプラグラムで、英語が使われる現代社会で戦い抜く留学生を想定した特別クラスです。
グローバル社会の成功者の一員となるため、どんな状況でも対処できる英語力の獲得を目指します。

 

Movie Class
様々なジャンルの映画を題材にして、対話と表現の仕方を学びます。
留学生は俳優や女優の表情や、彼らが何を感じているのかを研究し共有することで、コミュニケーション方法を学びます。

 

Pop Song Class
英語のポップソングなど、様々なジャンルの音楽を用いて、その中で使われているイディオムやパターンを学習します。
ノンネイティブスピーカーにとって、曲を用いた教育は、日常的な英語の使いまわしを学び、暗記するための最適な方法です。
ギターなどの楽器の演奏も同時に学べることが、このクラスの特典となっています。

 

Advanced Grammar Class
複雑なセンテンスパターンを理解するための高度な英文法を学びます。
一般的に使われる機会の多い法助動詞と前置詞によりフォーカスを合わせています。

 

Advanced Pronunciation Class
リスニングとスピーキングのスキル向上を目的に、より高度な発音テクニックを学習します。

 

Speech Communication
スピーキングスキル向上を目的に、ディベート、スピーチ、プレゼンテーションについての高度なテクニックを学習します。

 

Job Ready Program
オーストラリアでの就職や移住を検討している留学生への特別プログラムです。

 

もちろん、ESL Spartaコースのカリキュラムは、TALK講師の努力なくしては成り立ちません。
Yangcoセンターは、研修・セミナー・バディーシステムなどを用いて、TALK講師の講師間同士による積極的なスキルアップを促しています。
また、TALK講師に対する勤務評価を毎月行っており、TALKの講師であるためには、常に留学生の求める水準に達している必要があります。
Yangcoセンターは、教育は単なる仕事を超えるものであり、情熱をもって取り組むべきものであると信じています。

 

2.TALKには、別校舎であるENEセンターに「General ESLコース」がありますが、Yongcoセンターにおける「ESL Spartaコース」との違いはどこにあるのでしょうか?

 

両センターの特徴としては、ENEセンターは日本人の好みやすいセミスパルタセンター、Yangcoセンターはよりハードな学習量のスパルタセンターという位置づけとなり、最も明確な違いは、取り組む勉強時間と授業数の量になります。

YongcoセンターのESL Spartaコースでは、1時間のVocabularyテストと、2時間の自習/特別夜間クラスへ参加が必須ですので、平日の外出は禁止され、休日の門限も徹底されています。一方のENEセンターはセミスパルタスタイルになりますので、平日も午後6時から外出が可能で、自由度が高いです。
また、授業数についても、ENEセンターではマンツーマン5時間・グループクラス1時間の授業時間数を減らすことが場合によっては可能ですが、Yangcoセンターでは、マンツーマンクラス5時間・グループクラス2時間の授業時間数を増やすことはできても、減らすことはできません。

 

さらに、Yangcoセンターでは、教科ごとにより専門化されたフィリピン英語講師を用意しています。もちろん、TALK講師には専門とする教科以外についても積極的に学習させるなど、留学生の講師に対する総合的な満足度を高められるよう常に気を配っていますね。


3.Yongcoセンターの「ESL Spartaコース」には、どんなタイプの留学生が適していますか?

 

Yangcoセンターでは、ESL Spartaコースのカリキュラムに合わない留学生はいないと信じています。なぜなら、留学生が英語を真剣に学びたいと望む限り、どんな留学生でも私たちは歓迎しているからです。そういう意味では、誰よりも英語力を伸ばしたい方に、このESL Spartaコースは適しているのかもしれませんね。

 

さらに、TOEICのスコア向上も同時に望まれる方には、最初の4-8週間はYongcoセンターのESL Spartaコースで勉強し、その後ENEセンターのIntensive TOEICコースに進むことを私たちはお薦めしています。
応用的なテストコースに進む前に、スパルタな環境で、徹底的に日常英語の勉強をして基礎を固めることができるからです。

 

4.最後に、TALK英語スクールYongcoセンターの「ESL Spartaコース」に興味を持っている日本人の留学生へ一言おねがいします?

 

すべての日本人の皆さま、皆さまが今どんな英語力をお持ちであれ、TALK英語スクールESL Spartaコースは、皆さまを迎え入れられるカリキュラムをもっています。
もし皆さまが初心者レベルであれば、皆さまの英語学習を始めるにあたって、最高の基盤を築くことができます。
もし皆さまが中級者以上のレベルであれば、皆さまの英語学習の地平線を広げる、最高の機会を得ることができます。
Yongcoセンターは、すべての皆さまのご入学をお待ちしております。

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijap@phil-english.com
Line : philengvictor