philenglish
レポーター
array(3) { ["data"]=> array(4) { ["permalink"]=> string(52) "https://phil-english.com/alumni/2018-10-23 05:37:40/" ["thumbnail"]=> string(0) "" ["title"]=> string(26) "CG ESL Center Inc(Talisay)" ["excerpt"]=> string(4011) "2018/10/23 名前: I 期間: 3ヶ月 コース: sparta course 件名: CG ESL Center Inc(Talisay) 学校選定でまず自分に重要だったポイントは、 ・日本人が少ない ・スパルタ ・施設よりも授業に力を入れている学校 と、休みの日を考えた学校周りの環境や暮らしやすい施設よりもとにかく授業に特化した学校選びでした。 ここでは朝8時~20時までは休憩時間以外は強制学習となっており、毎晩単語テストとESSAYも全員強制で行います。もし欠席や未提出の場合はペナルティポイントが与えられ、且つ単語テストで合格点を取らなければ週末の外出も禁止になります。(この学校は週末のみ外出可ですがそれができなくなります) それに加え上記に記載したペナルティポイントに関しては、例えば ・EOP(イングリッシュオンリーポリシー) ・過剰欠席、遅刻 ・外出時門限に遅れた場合  etc… など細かいルールが多数あり、上限を超えると退学。ペナルティの内容によっては1回で退学もあります。(実際に退学になっている人見ています) 話しが反れましたが、20時以降は自由時間になりここから私は宿題や復習、予習をしていました。その為いつも23~0時くらいまで勉強をしていました。宿題は先生によって量や有無は変わります。これは自分自身が『宿題=予習・復習』と思って私は自分からもらってたのですが、ある程度予習していないと特にグループクラスは少し差が出てしまいます。 慣れてくるとマンツーマンの先生は生徒のやりたい授業を優先してくれるので、 「昨日グループクラスで習った内容が分らないからもう一度やりたい」 「会話を沢山して間違えてる文法や発音をその場で訂正してほしい」 「この授業は自分自身でもできるからこれをやってほしい」 と言えば快く授業内容も変更してくれます。 グループクラスは4人の少人数制で月1行う授業のレベルに合わせて組まれます。授業の内容も様々なので慣れてきてレベルや授業内容が合わない場合は週に1度授業の変更もできます。(マンツーマンの先生も変更可)常に自分に最適な授業のプランを組めて良かったと思います。 学校全体に関しては、施設は改善すべき点がいくつかあります。食事やドミトリーが合わない方もいると思います。私は少し値段は高くなりますが自分一人の時間が欲しかったため1人部屋にしました。(中には国籍の違うルームメイトと生活スタイルが合わないとゆう人もいました) しかし、学校自体が少人数の為生徒同士、先生、施設内で働いているフィリピ―ノとも密に交流ができるためみんな仲が良く雰囲気はとても良いです。 他国の友達を作ったり母国以外の人と日常会話をするだけでもそれも十分勉強になります。 学校周りの環境も、トライシクル(バイクタクシー)で行ける距離にスーパーがあり、車で大きなモールや飲食店にも行ける為不自由はないです。 TOTAL的に自分が求めていた学校に行くことができとても満足しています。 ただし満足するかどうかは、「ただ英語を覚えたい」という気持ちだけでなく、弱いポイントや自分が英語を習得するにあたり必要なポイントを自身で把握すること、せっかく留学に行くのだからこの環境をどう生かすかが重要だと思います。期間はあっとゆう間に過ぎていくので今後留学に行く方も軸を定めて行くことをおすすめします。" } ["pageno"]=> int(1) ["maxPage"]=> float(1) }
 /