セブ・ニュース(2020年1月)

フィルイングリッシュは2019年12月~1月にセブを訪問し20数校の語学学校を訪問いたしましたので滞在中に入手した情報を簡単にご紹介いたします。(セブ滞在期間はコロナウィルスが発生する直前でしたのでウィルスに関する情報はカバーしていない点ご了承くださいませ。)
弊社では年間2~5回ほどセブを訪ねますがその都度街が整備され発展していっている印象を持ちます。まだまだ粗削りで手を入れなければならない荒地も多いですが行く度に新しい建物が完成され、外国人滞在者の数も増えている印象です。

横の連携の強化

セブには語学学校を束ねる連盟がいくつか存在いたしますが、その中でCARA(セブ語学学校協会)、DAEAA(セブ地域英語学校協会)の役員たちとお話をする機会がありましたので報告させていただきます。
自慢話も多かったですが二つの組織が共通して目指すものは①利益追求の団体ではなく、②各学校のいい部分を共有し、③弱点をどのように補うか討議、解決法を見出し、その結果所属学校の全体レベルを上げ、④最終的にはセブ留学を盛り上げていきたい、とする意気込みがよく伝わりました。
貴重なお話をしていただいたEV, CELLA, CPILS, QQ English, CIJ語学学校の校長の皆様にこの場をお借りして感謝いたします。

交通渋滞は改善ならず

セブはマニラよりも規模も人口もだいぶダウンサイズですが、マニラに引けを取らない悪名高い交通渋滞は今もなお健在です。前より悪くなっている印象すら持ちます。以前は少し混んでいてもタクシーで20分で移動できた場所まで35分かかりました。セブ島とマクタン島の往来もかなりストレスを感じるものになっています。早朝か深夜くらいしかすんなり移動できません。
人や物が増えても道路が改善されていないので当然の結果かもしれません。国家、自治体レベルでなんとかしてほしいものです。

CIAがマクタンキャンパスを3月にオープン

セブシティのASフォーツナ通りに学校を構えるセブ留学の老舗CIAが2020年3月にマクタン島で新キャンパスをオープンいたします。
学生収容力700~800名の超大型学校です。最初は200名くらいの学生から受け入れを始めて徐々に受け入れ枠を拡大していくそうです。場所はQQ English, First English, Cebu Blue Ocean, Geniusなどが密集するリゾート地域マリバゴエリアです。現在セブシティとマクタン島をつなぐ道の交通渋滞が激しく、セブ島に住む講師を確保しづらい状態なのでいかに有能な講師を揃えるかが当面の大きな課題になっているようです。新キャンパス構想は3年前。いろいろなプロセスをへていよいよ2020年3月オープンの運びとなりました。

セブのスパルタ校は規則ゆるめに勢い

セブで一番ルールが厳しいと言われていたEV。朝起床の点呼から始まって就寝まで徹底管理型スタイルが売りでした。
2年前新キャンパスを設立し移転したタイミングで平日外出可能なセミスパルタシステムの学生も一部受け入れると宣言。従来のスパルタシステムを運営の柱に置きながらも厳しすぎる校風を嫌う学生たちのために一定の自由を与える抜け道を設けました。
しかしいざ蓋を開けてみると学生たちはセミスパルタコースに殺到。2020年1月の比率はスパルタコース受講生2割に対し、セミスパルタコース8割。もう後戻りできない段階に来てしまっています。

セブ・ニュース(2020年1月)

セブのゆるめスパルタの先駆者的存在はCPI。外出はさせないが放課後の行動に関しては一切強制しないという新スパルタを4年前から展開。
現在昔ながらのバリバリのスパルタシステムをセブで守っている学校としてはCIJスパルタ、 CPILS、 CG スパルタ、SMEAGスパルタがあります。

グローバル規模で最大手のIMS

フィリピン語学学校は全土で600~700校くらいあると言われていますがその中で資本力ランキング第一位は日本市場の雄QQ Englishでも老舗HELPでも日韓共同運営SMEAGでもありません。IMSです。フィリピンではセブのIMSバニラッドとIMSアヤラの2校のみの運営ですが、ハワイ、フィジーをはじめ南太平洋諸島と韓国国内で語学学校や語学関連事業を展開。展開規模と資金力ではフィリピンライバル校たちの十数倍と言われています。
ネットワークがグローバルである利点はいろいろな国での英語指導方法を吸収して実践で試せる事。IMSグループはカリキュラムが優秀な事で定評があります。それと英語の最新資料が世界中のいずこで発刊されてもすぐに入試して利点を取り入れられます。
今回IMSバニラッドキャンパスを訪問しましたが老巧化した施設を大幅にリノベーションしておりました。世界規模での英語指導教育では老舗ですがフィリピンへの展開は3~4年前と後発組に属します。
IMSの魅力を一人でも多くの日本人に知ってもらうため弊社フィルイングリッシュと合同で大幅割引キャンペーンを展開しております。
IMSはバニラッド校、アヤラ校ともに立地が抜群にいいです。

セブ・ニュース(2020年1月)

日本資本3校の訪問

今回の訪問先にはQQ English, C2UBEC, CEGAの日本人経営学校が含まれます。
QQ Englishは現在在学生の多国籍化を一番重要な課題の一つに据えていて年内に日本人比率を4割まで引き下げると校長は力説されておりました。
QQ Englishは英会話指導に特に光るものがあります。
C2UBECは日本人経営校としては学費が安くコストパフォーマンスが高い学校ひとつです。
この学校は日本人比率が5割前後と多国籍学生比率では日本人経営の学校の中では先端を行きます。
施設の老巧化が若干目につき場所もセブから車で30分ほど離れた地方小都市タランバンの外れに位置するので利便性もあまりよくないマイナス部分はありますが廉価な学費というのは魅力です。
日本人学校としては規則が厳しめです。
こじんまりとした家庭的な雰囲気ならCEGA。学生規模は40名の小規模学生ですがその暖かい雰囲気からリピーターは3割を超えます。学生は全員日本人。ルールは極めてゆるく自由度が高いです。指導歴5年以上のベテラン講師の比率が高いです。マンツーマン授業多めで英会話指導を主導とする学校。
場所はセブ旧市街繁華街の近く。お店が多く利便性は抜群にいいですが治安にはある程度注意が必要。

セブ・ニュース(2020年1月)| Phil English

夏の親子留学は間に合う

毎年夏になるとラッシュになる親子留学。人気学校では2月くらいにはすべて予約受付締め切りという状況が近年続いておりました、今年はそうでもありません。コロナウィルスの発生および新たに設けられた厳密な入国基準により中国人学生たちのキャンセルが続いておりその枠が空いているからです。

親子留学、ジュニア単独留学、英語幼稚園留学の指導や受け入れ態勢いろいろな変化を観察する事ができました。これらの細部情報は下記リンクにまとめてありますが今回の訪問で得た収集情報をこれから追加反映させていただきます。

キャンセル時のペナルティ保証

留学開始2週間前まではキャンセル料ゼロ!本来かかるキャンセル料は弊社が全て負担致します!

>> More
無料で語学勉強と宿泊施設が提供されるフィリピン留学!(インターン生募集)

留学エージェントのフィルイングリッシュでは、クラーク支社でインターン生を募集しています!海外のグローバルな環境で働く貴重な経験をしながら無料で英語を勉強することができます。

>> More
在日中国・ベトナム人の方の割引について(バギオ留学)

【朗報‼】在日中国・ベトナム人の方の割引について(バギオ留学) 講師の質とプログラムのレベルが高いバギオには多くの名門校が集まっています。バギオのほとんどの学校は、バギオ語学協会(BESA)に登録されており、学校の入学手続きや割引規定が厳格に守られています。 弊社はBESAと取引をすることができる限られたエージェーンとの一つであり、BESAの規定に沿って割引率も遵守しています。 日本に滞在している中国・ベトナム人の国籍の方も同様、BESAの規定に基づき【入学金 + 授業料の5%割引】と定められていましたが、 2019年7月28日から在日中国・ベトナム人の方は【入学金 + 授業料の10%割引】 ができるようになりました‼ これは、前述したように日本のエージェントでは5%の割引と定められているのですが、 弊社では中国・ベトナム支社も運営しているので10%の割引が可能なんです‼本内容は弊社だけの特権となっております! 在日中国・ベトナム人の方は是非お見逃しなく♪ ▽バギオ語学学校の詳細はこちら https://phil-english.com/school/baguio/

>> More
BESA(バギオ英語学校協会)マニラ空港ピックアップ

BESA(バギオ英語学校協会)マニラ空港ピックアップ バギオ地域にある語学学校のほとんどがバギオ英語学校協会(以下BESA)に所属しており、新入生のピックアップを一斉に行っております。マニラ空港ピックアップは2週間に1度行われ、各学校スタッフとBESAスタッフが一緒にお出迎えします。(学校やBESAのT-シャツやプラカードを持っています。) 【待ち合わせ場所】 BESAと学校の待ち合わせ場所や時間は同じとなります。 マニラ空港ターミナル1 Duty Free 前 マニラ空港ターミナル2 Jolly Bee 前 マニラ空港ターミナル3 Burger King 前 【ピックアップ場所/指定日】 バギオ地域のほとんどの学校が2週間に1度入学を許可しているので、それに合わせてマニラ空港ピックアップも2週単位で行われます。2週間1度土曜日&日曜日、マニラ空港ターミナル1,2,3で実施。 MONOL, PINES, A&J, CNS2, WALES 2週間1度 土曜日 BECI, HELP, TALK, JIC 2週間1度 日曜日 各学校、混乱を避けるために入寮日を指定していますが、基本的には土日どちらでも問題はありません。ただし、HELPロンロン校は日曜日のみのピックアップと決められています。 2019年下半期のマニラ空港ピックアップ日程は以下の通りです。  [7月] 20日(土)、21日(日) [8月] 3日(土)、4日(日)、17日(土)、18日(日)、31日(土) [9月] 1日(日)、14日(土)、15日(日)、28日(土)、29日(日) [10月] 12日(土)、13日(日)、26日(土)、27日(日) [11月] 9日(土)、10日(日)、23日(土)、24日(日) [12月] 7日(土)、8日(日)、21日(土)、22日(日) 【その他注意事項】 1. バギオまで行く方法 マニラ空港で指定ピックアップを利用 クラーク空港で指定ピックアップ利用 タクシーやバスを乗り継ぎ個人で移動 バギオ地域へ留学される学生の90%以上が①を利用しています。 2. 学校によっては毎週入学を許可していることがあります。その場合は、個人でバギオまで行く必要があります。(弊社ではバギオまでの安全な行き方をお教えいたします。)

>> More
EV – 短期留学者への特典

EV – 短期留学者への特典 セブ島で人気校の一つ『EV Academy』は半年先の予約でも取りづらい学校です。建物・カリキュラム・食事どれをとっても最高レベルを提供いたします。 社会人や中高生など短期留学を検討している方も多いと思いますが、EVでは下記のようなサービスを行っています。 【対象者】 1~2週間の短期留学生 【特典】 月曜日午後から正規授業を開始 マンツーマン授業の無料追加(9コマ目に実施/希望者のみ/月~木) 平日に祝日が被る場合マンツーマン授業4時間実施(無料) ☝短期留学におすすめ学校 【セブ島】CELLA UNI、CELLA Premium、QQ English ITパーク校となります。

>> More
期間限定‼ 特別レポーター募集 – 最大学費80%免除

特別レポーター募集 – 最大学費80%免除 フィリピン留学を調べていくと昔に比べて高くなっていると感じる方もいるかもしれません。フィリピンの経済成長と学校競争に伴い、人件費や広告宣伝費の値上げが影響し2013年に比べて確実に高くなっています。「安い価格で留学がしたい!」そんな方に嬉しいニュースをお届けします。 フィリピン留学の第2の人気都市「バギオ」、地元の大学が多くあり別名「学生都市」とも呼ばれています。質の高い講師の指導力と勉強に集中出来る環境で人気を博しています。そこに学校を構える『WALES』と『CNS2』で、勉強をしながらレポートを書いてくれるレポーターを募集します。 ≫≫特別レポーターはフィルイングリッシュ独自の募集となります。 学校紹介☝ WALES・・・ 大人留学に人気の学校で、バギオ地域にありながら比較的自由な校風。講師の8割が教員資格を取得しているため、常に質の高い教育を受けることが出来る。 学校ページはこちら≫≫≫https://phil-english.com/school/baguio-wales/ CNS2・・・ フィリピン語学学校では珍しいIELTS専門学校で、IELTSのスコア1点を上げるために集中して勉強が可能。集まる学生も志が高い方ばかりで、モチベーションを保った状態で留学生活を送ることが出来る。 学校ページはこちら≫≫≫https://phil-english.com/school/baguio-cns2/ 対象者 フィリピン留学8週間( WALES 4 週 + CNS2 4 週 ) 日本国籍 1名、ベトナム国籍 1名 開始日:2020年5月1日までにスタート 年齢・性別:制限なし 文章作成能力がある方 能力を図るために課題レポートを実施予定 レポーターの仕事 毎週2本のレポート提出、合計16本執筆 文字数は1,000文字以上(レポートは母国語で可能) 写真は最低4枚挿入 テーマは弊社が入学前に連絡 特典 WALESは学費(寮費 + 食費) 100%免除 CNS2は学費(寮費 + 食費) 70%免除 現地費用は個人負担となります。 その他 WALES 4週 + CNS2 4週 トータル8週間の留学プランです。8週以上も可能ですが、その場合8週以降は通常料金を請求します。 宿泊施設はすべて3人部屋を割り当て 現地費用(VISA延長費・教科書代・電気代・SSP費など)は個人負担。8週間の場合は約3万円前後 英語初心者の場合、WALESでESL(一般英語)コースを選択し、CNS2でIELTSコースを選択することをおすすめします。学校で運営しているいくつかのコースから選択可能です。 特別レポーターとして入学しても、授業編成や講師の割り当て等の学校サービスは他の学生と違いはありません。 […]

>> More
セブ・ニュース(2020年1月)

弊社では年間2~5回ほどセブを訪ねますがその都度街が整備され発展していっている印象を持ちます。まだまだ粗削りで手を入れなければならない荒地も多いですが行く度に新しい建物が完成され、外国人滞在者の数も増えている印象です。

>> More
コロナウイルスに関してフィリピンの現状

報告 – コロナウイルスに関してフィリピンの現状 複数の国で感染が確認されているコロナウイルス。先日フィリピンでも感染が確認され、これ以上感染を拡大しないために、フィリピン政府や語学学校協会、各語学学校では様々な措置を実施しております。 2020年2月6日現在の状況をお知らせします。 1. 中国に滞在歴がある方や中国を経由しての入国を禁止 中国全土(香港・マカオ・上海を含む)を入国前2週間以内に訪問した場合は、入国禁止の措置を受けます。 本件は、すべての国籍の方に適用されます。 フィリピンへ留学を予定している場合は、中国全土を経由する航空券の購入されないように気を付けてください。またすでに購入されている場合は、航空会社に問い合わせて航空券の払い戻しや経路の変更手続きを行ってください。 2. フィリピン語学学校の約8割が中国国籍の学生の受け入れの停止 1月末から、ほとんどの語学学校では中国国籍の学生の入学を見合わせています。また、3~4週間前に中国への訪問歴のある韓国人や日本人の入学同様に禁止としています。 いくつかの学校では中国人学生が見受けられますが、詳細については弊社スタッフがご案内いたします。 学校管理者は、入学後にお客様のパスポートより入国 3. 健康診断書の提出 SMEAGなどの一部の学校では、学校へ健康診断書(6ヶ月以内に限る)を義務づけています。診断書には血液検査の結果が含まれていることが条件となります。 健康診断書は学校到着後にスタッフへ提出ください。 4. 予防グッズの提供 マスクの配布やアルコールの設置などを実施しております。しかし、フィリピン国内でもマスクの入手が困難となっているため、事前にご準備をお願いいたします。 コロナウイルスの影響で、相談件数や語学学校への入学者が前年に比べて減っていることは事実ですが、ほとんどの方がフィリピン留学を予定通り実施しています。 フィルイングリッシュではお客様が安心して留学出来るように責任を持ってサポートいたします。また、フィリピン政府や学校の方針を随時発信してまいります。 自然災害等は誰にも予想することは出来ません。やむを得ず留学をキャンセルしないといけない場合に、留学費用のが戻ってくる【後払い制度】を利用することを強くおすすめいたします。 利用にはいくつかの条件があります。  

>> More
コロナウイルスについてのお知らせ

コロナウイルスについてのお知らせ 現在、様々な国で感染が確認されているコロナウイルス。ここフィリピンでも感染が確認されています。フィリピン留学を予定されている多くの方が心配をしていると思います。フィリピンの現在の状況をご報告いたします。 2020年1月28日(火)、フィリピン政府は中国国籍のVISAの発給を一時的に停止する判断をいたしました。また、セブやクラークを中心とする語学学校(CPI、SMEAG、QQ English、CIP)は、中国国籍の学生の受け入れ(すでに登録済みのお客様も含む)を事態が収まるまで停止を決定しております。本日バギオ英語学校協会もコロナウイルスに関するガイドラインを公表いたしました。今後その他の学校も同じような対応をすると予想されます。 現在までにコロナウイルスの感染拡大については報告されておりませんが、政府も学校も拡大を防ぐために尽力しております。 以下は、バギオ英語学校協会が公表したガイドラインとなります。 中国·武漢を発生源とするコロナウイルスに対して、

>> More
タール火山の弱体化、そして授業の再開

Face to Face語学学校は、最近マニラ近郊で起こったタール火山発祥地に隣接する地域であるタガイタイに位置する学校です。去る1月12日から一時授業を停止しておりましたが、14日から通常運営しております。

>> More

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor