コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

格安価格でも的確な情報とケアを提供

際価格でも留学ケア

「フィリピン留学費用をなぜ安くできるのですか?」
「格安だと学校側のサービスに差があるのでは?」

弊社には度々同じような質問が寄せられます。大幅の割引を歓迎しつつも、一抹の不安を感じる方もいらっしゃるのでしょう。
その事と関連して改めてご説明いたします。

▲フィリピン留学費用をなぜそんなに安くできるのか?

周知のとおり弊社はフィリピン英語短期留学を廉価でご案内しています。
目標として最低価格を目指しています。
一般的にエージェント業は、
1)相談及び情報提供、
2)ご予算と目的にマッチした学校 のご案内、
3)決定した学校への入学手続き、
4)入学後のケア
を主な業務としています。

そして入学手続きをする事により学校から紹介手数料(コミッション)を頂く事になります。コミッションは学校や留学期間により差がありますが、一般的に学費の約20~30%に該当いたします。

弊社はそのコミッションの中から少なからずの金額を学割という名目で返金する営業を行っております。
お客様に案内する割引率はケースにより差がありますが12~20%程度です。

弊社の学費割引方式はほとんどのアジア圏留学ビジネス業界で知れ渡り慣例となってお ります。
しかし既存の留学エージェントは割引をあまり行いませんでした。その結果、弊社の割引幅が大きいと受けとめられているのです。
どのエージェントであっても、同じ学校に同じコース、同じ部屋スタイル(1人部屋等)で申請した場合、全く同額を支払うようになっています。
違うのはお客様を紹介する事により学校から頂く手数料から割引という名目でお客様に還元する額の差です。当社は学校から受け取る手数料の60~70%を格安という名目でお客様に返しています。これが当社の格安の正体です。


▲格安なのに学校のサービスに差はないのか?

フィルイングリッシュが高い割引率を通してる事と関連して、学校側から提供されるサービ スに何ら差があるのではないかという質問が時たま寄せられます。

なかには、弊社の名を挙げながら入学自体を拒絶される学校もあるとのうわさを流す業者もいます。(そのような事実は無いにもかかわらずです)業界の内実は残念ながら、その学校などに圧力をかけるエージェントがいるとの話も聞きます。
弊社のスタンスはあくまでもお客様の利益が優先されるべきだと考えており、そのためには自由競争が一番だと認識しております。

弊社は現時点でお客様にとって一番適していると判断する学校を紹介しています。例えば『厳選ベスト語学学校』コー ナーでは満足度が低下したと判断する学校はリストから削除し、逆にいい学校と学生から評判が上がれば積極的に宣伝紹介しています。弊社は内容を度外視して『特定の学校へ導く営業』は一切いたしません。お客様の意見を傾聴し、ご希望と方向性にマッチした学校を紹介するのみです。

割引しているから入学後提供される教育サービスが違うのではないか、との不安に対する答えは否です。
エージェント別で教育サービスや現地費用を差別化する事は学校の運営上不可能です。

第一、入学許可証を発行している学校は学生に対し分け隔てなく公正に接しなければならない義務があります。学校の入学許可書は学生の名前、入学期間、選択コース、発行日、入学日を除き一文字一句全 て同じです。どこのエージェントから入学しようと同じです。ですから差はありえません。
あらためて申し上げますが、当社を通じて入学手続きを行い入学ができなかった事は唯の一例もなく、お客様の留学に支障をきたしたという事も全くありませんのでご了承ください。


▲弊社の最大の特徴は最適の学校選びと現地サポートです。

よく弊社を「割引のエージェント」「格安のエージェント」と評する方たちがいらっしゃいます。それはそれで事実ですが、すべてではありません。
当然ですが価格を下げることが弊社の目的ではありません。弊社は評判がよく信頼できる語学学校をできるだけ廉価でご案内する、日頃のモニタリングを通じて顧客満足度が低くすぎると判断し た学校はご案内しないという原則を打ち立てています。
入学の段階に入ると学校のケアとエージェントのサポートが非常に重要になってきます。多くの方々が今まで弊社の割引率に対して驚かれました。ですがフィルイングリッシュの最大の力は有効な学校選びと現地サポートにおいて発揮されてます。
実を言うと一部のお客様の中には、「もっと安くならないのか」という問い合わせもあります。
なるべく安くあげたいというお客様の気持ちはわからなくはないのですが、ぎりぎりまで格安のサービスを提供している弊社にとっては値段もさることながら、より重要なのは絶え間ない情報収集と、お客様へのアフターケアなのです。
的確な情報提供やアフターケアーの質を落とすこ とはできません。なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。
弊社のその他業務内容などについては、弊社ホームページの『運営ガイドライン』と『学費保証及び現地サポート』等をご覧ください。

営業時間変更のお知らせ

営業時間変更のお知らせ コロナウイルスが収束し留学の再開の目途が立つまでの間、弊社では営業時間の短縮を9月1日から下記のように実施し、フィリピン留学が再開された時点で通常営業へ移行する予定となっております。 お客様には大変ご不便をおかけしますがご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 《9月1日より変更》 ■営業日:毎週火~木曜日 ■営業時間:10~15時 ※営業時間短縮の間はリモートワークを導入しているため、お問合せはメールにてお願いいたします。

キャンセル時のペナルティ保証

留学開始2週間前まではキャンセル料ゼロ!本来かかるキャンセル料は弊社が全て負担致します!

フィルオンライン設立キャンペーン!

フィルオンライン設立キャンペーン! 従来の一般的なカジュアルなオンライン英会話でなく、本気で英語学習を求める方達に向けて、語学学校の素晴らしい教師によるオフライン同様のカリキュラムを自宅でそのまま体験して頂けるフィルオンライン。初めてオンライン英会話を開始する方へお得なキャンペーンをお届けいたします! 4週 8 ~ 12週 16週間以上 海外送金手数料 海外送金手数料 + 授業料の10%割引 海外送金手数料 + 授業料の15%割引 ■キャンペーン内容 1. 学費とは別に請求される海外送金手数料(4000円)無料 2. 最初の申請期間により授業料の最大15%割引適用 ■期間 2020年7月15日~9月30日までに登録申請の方 (*授業開始日は12月末まで) ■その他 ※本キャンペーンは、学校独自で行なっているキャンペーンと同時に適用されます(現在卒業生割引・期間限定キャンペーン実施中!) ※ 本キャンペーンは新規登録に限ります。延長時は適用不可となります。 ※ 学校により海外送金手数料がかからない学校があります。対象学校は、国内送金手数料の免除+授業料の10%割引を適用(4週間登録時) ※学校の規定により割引を禁止されているまたは登録時の期間により一部学校は本キャンペーンの対象外となります。その場合学校のキャンペーンだけが適用となります。 ⇩オンラインについての詳細はフィルオンラインのホームページをご覧下さい⇩ www.philonline.jp

コロナウイルスに関する留学情報ガイド

コロナウイルスによるコミュニティ隔離措置以降の重要な留学情報についてはこちら!

オンラインレッスンでベスト教師に会おう!

フィリピン留学を控えてる方、フィリピンの教師ってどうなんだろう?と思っている方、または今回計画していた留学を断念してしまったそこのあなた!選抜された人気教師の授業を是非試してみませんか?

フィリピン入国の際に健康状態申告書が必要

フィリピン入国の際に入国審議官に提出するものはパスポートと青色の入国申請書の2点でしたが新たに健康状態申告書(Health Declaration Card)の提出も求められるようになりました。

I.Breeze – 2020年春キャンペーン

I.Breeze – 2020年春キャンペーン 日本人の学生が極めて少ない学校『I.Breeze』。英語の環境にガッツリ浸かりたい学生にはおすすめの学校です。校舎は新築のためとても綺麗で、ビュッフェスタイルの食事は英語を学ぶ活力になります。通常よりも安く留学にいける「2020年春のキャンペーン」を実施中です。 【キャンペーン名】2020年春キャンペーン 【対象者】I.Breezeへ5月末までに留学を開始かつ4週以上の登録の学生 【キャンペーン内容】 ▼4~7週間の登録   セブ空港ピックアップ費用無料 入学金の免除 ▼8週以上の登録   セブ空港ピックアップ費用 無料入学金の免除 授業料$100割引(8週間で$100、それ以降は各4週ずつ$100割引き) ※他のプロモーションとは併用ができません。 詳しい学校情報はこちら

コロナウイルスに対する学校の対策

日々情勢が変わる「コロナウイルス」。中国・日本・韓国・イラン・イタリアと様々な国に猛威をふるっています。フィリピンでの感染者は、1月末に感染確認された3名以降出ておりません。日本・韓国・台湾などの学生を多く受け入れているフィリピン留学業界は、常に最新の情報に注意し迅速な対応を心がけています。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor