Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール
2017/07/01

バギオの語学学校は9月1日より学費割引を制限


いつもご愛読ありがとうございます。フィルイングリッシュカスタマーサポートセンターです。

フィリピン北部バギオを地域の学校協会BESAは2017年9月1日より留学エージェントが実施するお客様への学費割引サービスを学費総額に対する上限5%以内に制限すると発表いたしました。

すこしややこしい話になりますが、今まで留学エージェントが行っていた10万円に対する学費割引が1万円だったとすれば上限が5千円までに引き下げられるという事です。
フィリピン留学エージェントは学校にお客様を紹介する事により学校から紹介手数料を受け取ります。そして手数料の中からいくらかを学費割引という名目でお客様に還元しております。従来はこの割引部分の自由競争が容認されておりましたが、9月からどのエージェントも一律最大5%になります。15万円の学費ですとエージェントはその5%である7,500円までは割引していいという事になります。

今回の措置は日本人に対してのみ適用されますが、その他国の学生に対しても広がっていく見込みです。

学費割引制限地域はBESA管轄のバギオ地域だけに限定され、セブやマニラなどの他都市での学費制限の動きは見られません。

BESAに加盟している学校はPINES、MONOL、HELP、CNSII、TALKなどの名門校です。

9月1日までは従来の自由学費割引制度が容認されてますのですでにバギオ留学を決心されておられる方は8月31日までの学校登録が金銭的にはお得になります。

以下BESA発表内容の骨子となります。

  • 割引率 : 学費の上限5%まで割引可能

  • 実行日 : 2017年 9月1日以降のお見積書発行対象者

ちなみにお客様は学校へ直接申請登録する事は可能ですがエージェントを通さない申請の場合には学校は一切の学費割引をしてはいけない決まりになっています。

バギオ留学プログラム解剖:HELP ロンロンのESL-5コース

先日、フィリピン・バギオ地域に所在する伝統のあるスパルタ式語学学校HELPロンロンに訪問いたしました。HELPロンロンはバギオの山の中にあり早朝から夜遅くまで英語学習漬けになる超スパルタ式の学校です。

>>>留学プログラム解剖記事の続きを読む

バギオの語学学校一覧

バギオ留学はフィリピンスパルタ留学の発祥地。

英会話特訓はもちろんIELTS、TOEIC、TOEFLテスト対策コースに特化した語学学校が多く、英語講師のクオリティーが高いのが特徴。

>>>バギオ語学学校一覧ページへ

 バギオ留学MONOL*IELTSコースについて

Hello!!フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです。
先週末…まさかのダウンで金曜日末のテストも受けれず、ずっと寝てばかりの週末を過ごして居ました。さて、オフィシャルテストも申し込みできなかったので、わたしは帰国した月の29日に日本で受けることにしました!!

>>>留学レポーター記事の続きを読む

バギオ留学PINES チャピス*フィリピン人講師陣について

バギオ留学はフィリピンスパルタ留学の発祥地。
英会話特訓はもちろんIELTS、TOEIC、TOEFLテスト対策コースに特化した語学学校が多く、英語講師のクオリティーが高いのが特徴。

>>>留学レポーター記事の続きを読む

・インターンシップ募集(フィリピン・クラーク支社勤務)

インターンシップ募集(フィリピン・クラーク支社勤務)   弊社フィルイングリッシュのフィリピン現地サポートセンター(クラーク地域)にてインターンシップ生を募集します。半日英語の授業、半日は現地オフィスで勤務というフィリピン留学+海外インターンシップを希望される方に是非、ご検討いただけますと幸いです。 ■フィルイングリッシュインターンシップの詳細 項目 内容 勤務地 フィリピン・クラーク地域、フィルイングリッシュ現地お客様サポートセンター *オフィスは治安の良い高級住宅街内に位置。クラーク地域の治安は他地域と比べ良好です。 *現地オフィスのスタッフの国籍は、日本、韓国、中国、ベトナムとなっています。 待遇 1.毎日3時間の近辺の語学学校での授業を無料で受講。(マンツーマン授業3時間) 2.宿泊場所と3食の食事を無料で提供(食事は韓国、フィリピン、日本食などのフージョン料理) 3.現地費用のSSP費用無料(約15,000円) 4. 生活支援金支給(お小遣い)毎月2~3万円 *仕事具合によって額に変動あり。 5.ビザ延長費(月平均8,000~13,000円)、ACR-Iカード費(約7,500円) 業務内容 1.顧客情報の管理 2.弊社HPのコンテンツの作成 3.SNS関連の作業 4.メールの対応 5.カウンセラーのサポート 6.学校訪問 7.その他雑務 採用人数 2名 採用条件 1.日本国籍または日本語を母国語としていること 2.6ヶ月以上勤務が可能な方 3.勤務開始日が2017年7月~2018年2月であること 4.年齢及び性別問わず、弊社の為に勤務して頂ける方 優遇条件 Web並びにSEOのノウハウをお持ちの方は一般応募とは異なり、特別な労働条件となりますのでその際は別途弊社までご連絡下さい。 個人負担費用 往復の航空券、生活必需品 ■お問い合せ フィルイングリッシュインターンシップに興味のお持ちの方は、弊社メール([email protected])または弊社電話番号:担当、高居(02‐6869-5004)までご連絡下さいませ。

>> More
・2017 – 2018年末年始休校案内

2017 – 2018年末年始休校案内 年末年始はクリスマスとお正月が重なりますのでフィリピンも他国同様、国家休日が増えます。 2017年-2018年の年末年始公式国家休日は以下となります。 12月25日(月)、2018年1月1日(月)、1月2日(火)(* 1月2日、いくつかの学校は通常授業) 2017年7月現在公表されているのは上記3日間です。今年の年末年始は例年に比べ他の公休日と週末が重なっているので休みが少ないです。フィリピン政府は今年10月~12月初旬にかけて新たに休日を新設し公表する可能性が十分にあります。 4週以下の短期留学をご検討される方はご決定前にご自身のフィリピン渡航スケジュールとフィリピン祭日休日の兼ね合いをご確認お願いいたします。但し数は非常に少ないですが一部語学学校では休日祭日に関係なく正規授業を提供してくれます。効率のよい年末年始1週~2週のフィリピン短期留学をお考えの方には有力候補になります。 10月以降の国家休日も申し上げます。 特に10月31日(火)・11月1日(水)は2連休となり、授業が行われるのが月曜日・火曜日・金曜日の3日間のみとなります。 ・10月31日(火)Additional special non-working day ・11月 1日(水)All Saints Day ・11月30日(木)Bonifacio Day 詳細は留学カウンセラーにご相談くださいませ。

>> More

よく読まれている留学体験記