クラークCIP校長インタビュー

03e83805_cip_office

こんにちは。フィルイングリッシュです。
お忙しい中ご質問にお答え頂き、誠にありがとうございます。日本国内では、英語学校の基本的な情報は多いのですが、学校長や関係者の方々による正確かつ信頼のおける情報は多くありません。そこで、学校とその周辺環境を知らない方々のために、詳細な情報をお願い致します。以下の返答は、原文そのままを日本語に翻訳して貴校に関心を持っている方々が気楽に閲覧できるようにしてあります。

・CIPが位置している都市と学校に関してお願い致します。
– CIPはルソン島の中部のクラーク-アンヘレスシティにあります。クラーク-アンヘレスシティはマニラから1時間30分の距離に位置しており、スービックまで約1時間です。マニラ、セブほど都市化は進んでおりませんが、バギオ、バコロドなどの地域に比べると、発展した地域です。ショッピングモールやゴルフ場、リゾートはセブの次に多く存在します。8〜12月は涼しい気候です。
クラーク-アンヘレスシティは、かつてアメリカ空軍駐屯地が存在し、リトルアメリカと称され様々な国から来た人々が居住しています。学校設立前にフィリピンマンツーマン授業の短所を補填しようと考え、アメリカ、オーストラリアなどのネーティブが多いクラーク-アンヘレスシティを選択しました。

・CIPはどのような学生に適していますか?そして、学校の特徴を教えてください。
– CIPの大きな特徴は、ネーティブスピーカー中心でコースが運営されていて、英語の環境が作られているということです。すべてのグループ授業はネーティブ講師によって行われ、希望によってネーティブマンツーマン授業を選択することもできます。ネーティブの割合は学生9人に1人で、欧米圏の英語学校よりも高い割合です。そのため、フィリピン人講師もネーティブスピーカーから良い影響を受けています。こういった理由から、フィリピン英語学校の中では最初に(現在もフィリピンでは唯一)IALCアメリカ国際言語協会から認定を受けており、LCCI国際ビジネス公認試験センターとして運営されております。
– CIPを希望する学生は、より正確な英語と実用的な英語表現法に関心が高い方が多いです。英語初心者から中級者がおり、他のフィリピン英語学校と比べて初中級〜中級レベルの学生の割合が高いです。

・貴校の最も人気のあるコースと授業編成、科目は?
– 初心者に最適なインセンティブCコースが最も人気があります。1日にマンツーマン授業5時間+グループ授業3時間が行われます。授業編成はスピーキング、発音、単語、ライティングなど7科目が運営され、アカデミックマネージャーとの相談や学生の意見に基づいて科目は変更されることもあります。
– 英語能力が初中級以上の方なら、ネーティブマンツーマン授業があるインテンシブAコースをお勧めいたします。欧米圏の英語学校もネーティブマンツーマン授業を行っておりますが、学費を考えるとCIPの方が安く、欧米圏への留学を希望される方に適していると思います。
– 試験対策コースのTOEIC、IELTS、TOEFL、LCCIコースは、フィリピン最高の名門大学であるUP英語教育博士のJANE講師によって少数で行われます。コース別で5〜6人のみの入学ができますが、少数精鋭で運営され、専門英語センターに比べて成績の向上が早いと言えます。

・テストの種類と評価後の措置について知りたいです。そして、英語実力が向上しない方にはどのような措置を取っていますか?
2週間に1回、実力テストを実施しています。テストはスピーキング、リスニング、ライティングを第2金曜日に、リーディング、グラマー、単語を第4金曜日に実施しています。テスト後にマネージャーと担当講師によって足りないところを把握し、強みを活かせるように対応しています。継続的な英語能力の向上が見られない生徒はスペシャルチュートリアル(Special Tutorial)の対象となり、義務自習を行うことになります。
試験対策コースの対象者は、テストの回数が多くなります。学生のレベルに応じて異なる場合があります。

・学校を運営する上で、最も重要視する点は何ですか?
私は校長としてマネージャーの意見を重要にしていますが、学生との面談にも気を使っています。入学生との面談は、正式なものではなく、自然な会話でコミュニケーションを取っています。何が彼らに必要なのかを更に早く見つけることができるからです。最近は安定的な留学生活に重要な寮施設や食事メニューの改善に気を使っています。

・講師の構成と人気講師などを教えてください。
CIPはフィリピン講師60人とネーティブ講師13人で構成されています。ネーティブのうち6〜7人とフィリピン講師20人は、CIPの中で人気講師です。(各学校の人気講師の割合は平均20〜30%以内だと思います)人気講師を希望される方は、授業変更申請(毎週1回)を通して変更することができます。

・行政職員の構成と、どのような役割をしているのかを教えてください。
CIPは月曜日入学制をとっています。新入生は主に土曜日または日曜日に学校に到着します。学校に到着すると、最初に日本人学生担当スタッフから月曜日の朝までの日程を案内されます。校内の職員について紹介させて頂きます。
– 校長(Louie):学校内の業務総括。
– マーケティング室長(Rebecca):学校の広報及びプロモーション進行。学生入学管理。エージェントとの協力。
– ESL、アカデミックマネージャー(Daniel):インテンシブコースの学生を主に管理。講師トレーニング、学生の講師変更申請などを管理。
– 試験対策コースマネージャー(Ralf):IELTS、TOEIC、TOEFLなどの試験対策コース講師の選抜とコースの運営を担当。元IELTS Examiner。(試験公認査定官)
– 講師の管理及びサービスマネージャー(Alex):講師の評価、寮や食事の管理、苦情処理。
– その他の国家別スタッフ

・学生の英語能力を向上させるための方法や環境はありますか?
– 学校ごとに英語の環境作るために努力していると思います。 CIPはネーティブ講師の割合が高く、英語を母国語として使わないフィリピン講師もその影響を受けています。これは学生にも何が実質表現法であり、発音の正しさが分かるようになるので、良い影響を与えていると思います。
– その他、韓国、ベトナムなど外国人学生との寮の使用、英語ゾーン(EOP)の設定、担当講師(Buddy Teacher)による英語能力の向上点検とケアも学生英語能力向上に繋がる機会を提供しています。

・学生の年齢層はどのくらいですか?
– 学生は主に20代中盤から30代前半が多いです。 CIPは4週間以下の短期留学も可能で、30代後半や40代の割合も15%ほど占めています。

・学校施設、寮について説明してください。
マンツーマン講義室80室、グループ講義室6室、自習室、カフェテリア、事務所があります。寮は3棟で、中央にはプールとジムがあります。寮の各部屋にはフラットテレビ、棚、DVDプレーヤー、冷蔵庫、エアコン、ベッド、サイドテーブル、机、ランプ、シャワールーム(温水器設置)があります。安全のためにCCTVが設置されており、夜間に警備が定期的にパトロールをしています。その他の施設としてはバスケットボールコート、ビリヤード台があります。

・学生は平日(月〜木)授業後、どのように時間を過ごしていますか?
– 夕食後は自習をしたり、オプション授業に参加することができます。オプション授業はグループ授業と同様にネーティブ講師によって行われ、TOEIC / TOEFL単語、リスニング、文法、発音などのカリキュラムが8週間ごとに開講されます。自習は自習室を利用することができ、個人的に話す練習が必要な方のためにマンツーマン講義室を利用することもできます。
– 外出を希望される方にはクラークのショッピングモール(3ヶ所)まで無料シャトルバスを提供しています。シャトルバスはセンディングとピックアップを行っております。
・学事と生活規定の中で主要項目について説明してください。
– CIPはスパルタ英語学校ではありませんが、他の学生の生活や学業を妨げる行為には厳重な処罰を課します。夜間に他の部屋への出入りや異性間の部屋出入り、門限違反に対しては警告を受けることもあります。
– TOEIC、TOEFL、IELTSなどの試験対策コースはもっとタイトに行われています。出席とテストには義務的に参加し、必要な時は土曜日や祝日にも補講に参加する必要があります。

・授業や生活の中で困ったときはどのように対応されますか。
– 講義室がある建物の中には掲示板が設置されています。また、カフェテリアの前にも必要なところや不便事項をメモして提出できるペーパーが貼ってあります。提出されたペーパーは特別な事項がない限り、24時間以内に解決しています。

・提供される食事メニューは何ですか?
– 韓国料理、フュージョン和食、洋食のメニューを提供しています。韓国料理の場合、辛い食べ物が苦手な方のために辛くない料理も必ず出るようにしています。
– 特定の料理にアレルギーがある方は学校側にお知らせいただければ、厨房で別途の料理を用意することもできます。

・授業、生活を含めた顧客サービスはどのようなものがありますか?
フィリピン留学はマンツーマン授業が基本なので、学生のニーズも様々な場合が多いです。そのため、授業と生活での不便事項や改善事項について話を聞くのが一番正しい顧客サービスの第一歩だと思います。学生からの意見は可能であれば24時間以内に処理することを目標としています。
– 毎週月、木、土曜日にはSM、Marquee Mall、両替所まで無料シャトルバス(45人乗り)でセンディングとピックアップを行っています。平均2ヶ月に1回のバーベキューパーティーがあり、希望者に限ってアエタ地域でボランティアをすることもできます。

・近くでお薦めの場所や旅行先、運動できるところはありますか?
クラーク-アンヘレスシティはピナツボ(Pinatubo)火山のトレッキングや火山温泉が有名です。ゴルフが好きな方はミモザ(mimosa)など10ヶ所ほどのゴルフ場の利用が可能です。フォンタナ(Fontana)リゾートは宿泊と様々な施設を揃えており、若い学生がよく利用しています。
学校から1時間離れたスービックではホッピングツアー、サファリ、イルカショーや動物園があります。校内にも運動施設がありますが、より大きなところを希望される方は、車で5分離れたジムを利用することもできます。

・貴校に入学する方が準備する点は?
– 一般的なフィリピン英語学校と違って、CIPにはネーティブ講師が多いです。そのため、英語初心者は心配をする傾向があります。大丈夫です。英語が全く出来ない方や初級者のためのケアがありますので、お気軽に勉強に集中するという覚悟さえ持っていらっしゃれば良いと思います。

・最後に、CIPを考えていらっしゃる方に一言お願いします。
CIPを選択された方が後悔されないように、とCIPのすべての職員が頑張っています。このようなインタビューの機会をいただき、誠にありがとうございます。

BESA(バギオ英語学校協会)マニラ空港ピックアップ

BESA(バギオ英語学校協会)マニラ空港ピックアップ バギオ地域にある語学学校のほとんどがバギオ英語学校協会(以下BESA)に所属しており、新入生のピックアップを一斉に行っております。マニラ空港ピックアップは2週間に1度行われ、各学校スタッフとBESAスタッフが一緒にお出迎えします。(学校やBESAのT-シャツやプラカードを持っています。) 【待ち合わせ場所】 BESAと学校の待ち合わせ場所や時間は同じとなります。 マニラ空港ターミナル1 Duty Free 前 マニラ空港ターミナル2 Jolly Bee 前 マニラ空港ターミナル3 Burger King 前 【ピックアップ場所/指定日】 バギオ地域のほとんどの学校が2週間に1度入学を許可しているので、それに合わせてマニラ空港ピックアップも2週単位で行われます。2週間1度土曜日&日曜日、マニラ空港ターミナル1,2,3で実施。 MONOL, PINES, A&J, CNS2, WALES 2週間1度 土曜日 BECI, HELP, TALK, JIC 2週間1度 日曜日 各学校、混乱を避けるために入寮日を指定していますが、基本的には土日どちらでも問題はありません。ただし、HELPロンロン校は日曜日のみのピックアップと決められています。 2019年下半期のマニラ空港ピックアップ日程は以下の通りです。  [7月] 20日(土)、21日(日) [8月] 3日(土)、4日(日)、17日(土)、18日(日)、31日(土) [9月] 1日(日)、14日(土)、15日(日)、28日(土)、29日(日) [10月] 12日(土)、13日(日)、26日(土)、27日(日) [11月] 9日(土)、10日(日)、23日(土)、24日(日) [12月] 7日(土)、8日(日)、21日(土)、22日(日) 【その他注意事項】 1. バギオまで行く方法 マニラ空港で指定ピックアップを利用 クラーク空港で指定ピックアップ利用 タクシーやバスを乗り継ぎ個人で移動 バギオ地域へ留学される学生の90%以上が①を利用しています。 2. 学校によっては毎週入学を許可していることがあります。その場合は、個人でバギオまで行く必要があります。(弊社ではバギオまでの安全な行き方をお教えいたします。)

>> More
無料で語学勉強と宿泊施設が提供されるフィリピン留学!(インターン生募集)

無料で語学勉強と宿泊施設が提供されるフィリピン留学!(インターン生募集)   フィルイングリッシュのフィリピン支社では、インターン生を募集しています。 海外のグローバルな環境で働く貴重な経験をしながら無料で英語を勉強することができます。 また、1日三食の食事と宿泊施設もご提供、更にビザの延長費用無料など様々な特典がございます。 生活費はこちらで負担いたしますので、往復の航空券代のみで留学を開始することが可能です。   募集人数:2名 資格 年齢、英語力は問いません。 パソコンでのタイピング作業に苦を感じない方、文章作成能力に優れた方は優先的に採用いたします。 フィリピンで少なくとも5ヶ月以上滞在が可能な方。   業務内容 顧客の空港送迎スケジュールの管理や雑務等 指定された記事の作成と翻訳   営業時間 午後1時〜6時(月〜金)。午前10時〜午後2時(土)   メリット 毎日の英語学習4時間を提供する。マンツーマン授業3時間、グループレッスン1時間(フィルイングリッシュ クラーク支社近くの英語学校CIPまたはAELCへ通うことができます) 宿泊施設と一日三食の食事を提供します。 SSP費用、ビザの延長費用は弊社にてお支払いします。 月に30,000円のお小遣いを支給。(フィリピンの物価は安く、単純に生活するだけなら問題ない金額です。)   お問い合わせおよびサポート フィルイングリッシュのインターンに関するお問い合わせは弊社代表メールまでお願いします。 info@phil-english.com メールには履歴書を添付くださいますようお願い申し上げます。適正に審査した後、合否に関わらずお返事をさせて頂きます。

>> More
【重要‼】- PINES一部運営変更のお知らせ(8月から施行)

PINES一部運営変更のお知らせ(8月から施行) バギオに位置するPINES International Academy(メイン・チャピスキャンパス)では8月1日より下記内容を変更することを発表致しました。入学予定者の方は必ず必読ください。 1.入学申請後、渡航日までに開始日の変更 → 変更手数料が発生(金額は学校より後日発表) 2.メインとチャピスキャンパスのレベル内訳変更 → PINESはLevel1(完全初級者)~10まででレベル分けをし、現在ではLevel1~5まではメインキャンパス、Level6~10まではチャピスキャンパスで運営しています。初級でメインキャンパスに入学しても、8~12週ほどでLevel6になりチャピスキャンパスへ移動できます。しかし、今後はLevel 7以上がチャピスの入学条件に変更になります。 Level 7以上ってどれくらい? コースにより基準が異なりますが初級から英語を始めた方だと留学12~16週ほどしっかりベースができてる方。ESL・TOEFLコースは審査が厳しいです。 IELTSコース申請者は上記より少し合格レベルは低いですが最低でも英語環境に慣れてい自由に意思疎通ができるレベル、TOEICコース申請者は更に基準が低く、TOEIC350点(PINESレベル4程度)で入学が可能です。 3.コースの移動 →チャピスキャンパスで運営していたPre-IELTSとPre-TOEICコースが今後メインキャンパスへと移動になります。 4.キャンパス間移動時のお部屋について → メインキャンパスからチャピスキャンパスへ移動する場合、メインで1人部屋だったとしてもチャピスで一人部屋の割り当てができなくなります。  ※今後チャピスでは1・2人部屋を削減する計画の情報も…。 5.Premium ESL 7コースについて → 本コース申請者は、PINESの人気講師を2人まで予約可能でしたが、今後は1人だけに変更となります。

>> More
セブEV 年末年始特典

セブEV 年末年始特典 なかなか休みが取れず年末年始を利用して短期留学を希望する方がいますが、実はフィリピンも国の祝日の為授業が開催されません。2019年に公表された年末年始の休日は以下の通りです。 12月24日(火) 12月25日(水) 12月30日(月) 12月31日(火) 1月1日(水) セブのEVアカデミーでは、そんな方のために年末年始もお得な【年末年始特典】をご用意しています! 《特典内容》 現地費用無料サービス : 約2万円相当の全ての現地費用を無料でサポート(SSP、Pick-up、管理費、電気代、教材代など) 初日の授業提供:事前テストをご送付頂く方は初日午後からクラス参加可能(最大4時間) 補講クラス マンツーマン①:期間中の祝日毎にマンツーマン4時間補講クラス提供 ※ 12/22 ~ 1/4の2週間の生徒さんの場合、5日間の祝日、合計20時間マンツーマンクラス提供 マンツーマン②:月~木までの9限目のオプショナルクラスのお時間に補講マンツーマンクラス提供 ※ 祝日は除く グループクラス:12/30、31日2日間、毎日4時間のグループクラス提供 ※ グループクラスの日程は状況により変更される可能性もございます。 土日のマンツーマン追加レッスン申し込み可能:2時間800Peso(約1700円) 《条件》 上記祝日を含む短期留学の方(1~2週間)

>> More
7~8月に入学希望の方必読‼フィリピン語学学校事情

7~8月に入学希望の方必読‼フィリピン語学学校事情 こんにちは、フィルイングリッシュです! 最近ではフィリピンの語学学校は留学ラッシュでほとんどの学校が7月末まで定員が埋まっている状態です。ただし、4週間未満の短期留学者は、場合によっては学校側で突然キャンセルが出て運良く入学ができることもあります。現在では1日判断が遅れただけでも空室がなくなるほど登録が難しい状態です。 7月~8月までに入学希望の方はこちらの記事を是非参考にしてください! 6~7月に入学可能な学校は以下の通りです。(5月16日更新) 【Cebu】 ZA English UV、Cebu Study、NILS 【Manila】 CNNケソン 【Baguio】 A&J、CNS2、MONOL 【Clark】 HANA 【Iloilo】 We Academy、GITC 【Bacolod】 ILP、OKEA 【Davoa】 E&G、EDA 上記学校の空きも多くはありません。ご希望の際はまずは入学予定日をカウンセラーへお伝えいただければ空き状況を確認致します。 クラークに位置する語学学校HANA(旧AELC)は、改名後、コース・カリキュラムなども合わせて改定され、5月より新入生を受け付けている為、定員までまだ余裕があります。 イロイロのWe Academyは先週より新キャンパスに移転し、多少定員までに余裕があります。 ほとんどの語学学校は8月の第2週以降空きが増え入学が可能になります。ただし、以下の学校は人気校の為8月以降もまだ入学が容易ではありません。 寮のタイプによっては12月まで満室となっているところもあります。以下の学校へ入学を検討している方はまずは空き状況をお問い合わせくださいませ。 【Cebu】 SMEAGクラシック、CPI 【Clark】 CIP 【Baguio】 WALES、PINESチャピス 2019年のフィリピン留学は、例年になくオフシーズンがありません。その為、現在フィリピン留学を検討中の方は、ギリギリに慌てて学校選定するのではなく、3~4ヵ月前から余裕を持って相談して頂く事をおすすめします。留学予定日の数ヵ月前に登録したとしても学費をすぐに支払う必要はありません。先の予定が不確かで早く登録する事に不安がある方でも、弊社では【学費後払い制度】を設けている為費用に関する不安は解消できます。 学費後払い制度に関する情報はこちら https://phil-english.com/news/payment/ まずはお気軽に弊社までご相談くださいませ。

>> More

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube