Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール
2017/02/27

ILPの近くにある無料フィットネスセンター

フィリピン・バコロドのILP英語スクールは、英語スクールのポリシーとして、留学生の方をルールで厳しく縛るのではなく、学生の自主性を大切とする事を方針としています。学校側も放課後のフィリピン人講師と留学生の交流を勧めており、外出/旅行/スポーツを一緒に楽しんでいます。

そして新たに、ILPではスポーツアクティビティの面でお客様サービスの質を高めようと2015年からバコロドの最高級フィットネスセンターと提携を組んで、学生が無料でご利用いただけるようにしました。ヘルスウェイト、ヨガ、エアロビクス、ボクシング、スクリーンゴルフなどをILPの留学生の方は無料でご利用いただけます。

○対象者:4週間以上の留学期間登録者は無料

(4週間未満の学生は利用料金1,800ペソ)

○距離:徒歩で約7分

○利用時間:6:00時~22:00時まで

安い留学費用で多めのマンツーマン英会話バコロドILP

ILPはバコロド(Bacolod)のメイン・ストリートに位置した小規模フィリピン英語留学スクールで、コースによってフィリピン英語講師から5~8時間のマンツーマン授業が受講できます。2012年から本格的に日本人留学生も増え始めました。バコロドには約10個のフィリピン英語留学スクールがあり、フィリピン内でもダバオやイロイロとともに治安が良いところです。

>>>ILP語学学校の詳細を見る

バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて

こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。

>>>ILP学生レポーター記事を見る

心に余裕のある留学ならバコロド地域で

バコロド地域はセブ島やマニラの大都市にある様な大規模の語学学校とは違い、アットホームな環境を特徴としている留学先です。バコロドへの移動は、日本からマニラ、マニラから国内線に乗り継ぎ約1時間。フィリピン留学の留学先としては認知度が低いバコロド地域ですが、学費や物価が大都市と比べると安いです。

>>>バコロドの語学学校一覧を見る

・2017 – 2018年末年始休校案内

2017 – 2018年末年始休校案内 年末年始はクリスマスとお正月が重なりますのでフィリピンも他国同様、国家休日が増えます。 2017年-2018年の年末年始公式国家休日は以下となります。 12月25日(月)、2018年 1月1日(月)、1月2日(火)  2017年7月現在公表されているのは上記3日間です。今年の年末年始は例年に比べ他の公休日と週末が重なっているので休みが少ないです。フィリピン政府は今年10月~12月初旬にかけて新たに休日を新設し公表する可能性が十分にあります。 4週以下の短期留学をご検討される方はご決定前にご自身のフィリピン渡航スケジュールとフィリピン祭日休日の兼ね合いをご確認お願いいたします。但し数は非常に少ないですが一部語学学校では休日祭日に関係なく正規授業を提供してくれます。効率のよい年末年始1週~2週のフィリピン短期留学をお考えの方には有力候補になります。 10月以降の国家休日も申し上げます。 特に10月31日(火)・11月1日(水)は2連休となり、授業が行われるのが月曜日・火曜日・金曜日の3日間のみとなります。 ・10月31日(火)Additional special non-working day ・11月 1日(水)All Saints Day ・11月30日(木)Bonifacio Day 詳細は留学カウンセラーにご相談くださいませ。

>> More
・インターンシップ募集(フィリピン・クラーク支社勤務)

インターンシップ募集(フィリピン・クラーク支社勤務)   弊社フィルイングリッシュのフィリピン現地サポートセンター(クラーク地域)にてインターンシップ生を募集します。半日英語の授業、半日は現地オフィスで勤務というフィリピン留学+海外インターンシップを希望される方に是非、ご検討いただけますと幸いです。 ■フィルイングリッシュインターンシップの詳細 項目 内容 勤務地 フィリピン・クラーク地域、フィルイングリッシュ現地お客様サポートセンター *オフィスは治安の良い高級住宅街内に位置。クラーク地域の治安は他地域と比べ良好です。 *現地オフィスのスタッフの国籍は、日本、韓国、中国、ベトナムとなっています。 待遇 1.毎日3時間の近辺の語学学校での授業を無料で受講。(マンツーマン授業3時間) 2.宿泊場所と3食の食事を無料で提供(食事は韓国、フィリピン、日本食などのフージョン料理) 3.現地費用のSSP費用無料(約15,000円) 4. 生活支援金支給(お小遣い)毎月2~3万円 *仕事具合によって額に変動あり。 5.ビザ延長費(月平均8,000~13,000円)、ACR-Iカード費(約7,500円) 業務内容 1.顧客情報の管理 2.弊社HPのコンテンツの作成 3.SNS関連の作業 4.メールの対応 5.カウンセラーのサポート 6.学校訪問 7.その他雑務 採用人数 2名 採用条件 1.日本国籍または日本語を母国語としていること 2.6ヶ月以上勤務が可能な方 3.勤務開始日が2017年7月~2018年2月であること 4.年齢及び性別問わず、弊社の為に勤務して頂ける方 優遇条件 Web並びにSEOのノウハウをお持ちの方は一般応募とは異なり、特別な労働条件となりますのでその際は別途弊社までご連絡下さい。 個人負担費用 往復の航空券、生活必需品 ■お問い合せ フィルイングリッシュインターンシップに興味のお持ちの方は、弊社メール([email protected])または弊社電話番号:担当、高居(02‐6869-5004)までご連絡下さいませ。

>> More
・セブCPI 学生インターンシップ募集案内

セブCPI 学生インターンシップ募集案内 英語を使った仕事に挑戦してみませんか! リゾートホテルのような豪華な施設で充実したカリキュラムの英語学習ができるセブCPI(Cebu Pelis Institute)が学生インターンシップを募集します。授業料、寮費用、1日3食の食事が無料になる特典があります。 ●業務時間と内容: – 毎日4~5時間勤務(授業のない時間帯) – 簡単な事務作業及び学生ケア、ブログなどSNS管理、学校ニュースなど記事作成 – 学校の事情に応じて休日にも出勤することあり ●勤務条件: – 最低6ヵ月間の勤務が可能な人 – 25歳以上の方。 – 明るく前向きな性格の方 – 海外での仕事を通じ、自分を成長させようという思いがある方 – 最低限のword, Excelなど基本的なパソコン知識がある方 ●待遇: – マンツーマン授業4時間(平日) – 宿泊施設(相部屋)、食事3食無料 -SSP費用免除(約13,000円) ●その他: – 航空券代、ビザ延長費用、ACR-Iカードの費用などは個人負担(月平均8,000~13,000円) – 諸事情などにより勤務期間が6ヵ月間未満である場合、SSP費用も個人負担となります。 – 寮での毎月の電気代は基本的には学校負担となりますが、指定使用料を超えた場合、差額は個人負担となります。 – 日頃の業務が認められれば、更に良い待遇になる可能性あり。 セブCPI語学学校のインターンシップに興味がある方はお気軽にお問い合わせください。 [email protected] セブ留学CPI*1:1リーディングクラスについて こんにちは!セブ留学CPI学生レポーターの一ノ瀬です。 今回は1:1のリーディングクラスについて紹介していきたいと思います。IELTSのリーディングについてまず、初めにみなさんにテスト形式をざっと紹介していきたいと思います。 >>>学生レポーター記事の続きを読む

>> More
・語学学校学生レポーター募集!

語学学校学生レポーター募集! 語学学校とフィリピンの情報を伝えながら!格安で留学しませんか?? こんちにはフィルイングリッシュ顧客管理部門でございます。現在、フィルイングリッシュでは留学をしながら、レポートを月2回のペースで書いてくれる学生を募集しています。学生レポーターには謝礼として、学費の40%を弊社負担で割引させて頂きます。(親子留学の場合、保護者の方は50%割引させて頂きます。) ■学生レポーターの対象となる語学学校 対象の地域は、セブ、バギオ、クラークとなっております。 一般留学:4~8週間の留学をご希望の方。留学コースは自由に選択可能。 セブ GENIUS ロシア資本の語学学校でありアジア圏だけでなく、ロシアやヨーロッパ方面からの留学生が多数いる学校。本物の国際色豊かな学校を希望の方におすすめな留学先。 CIJクラシック セブ地域で1、2番目に施設のクオリティが高い学校。高級コンドミニアムにジム、プール、サウナ等など通常の留学では味わえない施設環境がここにはあります。 CIJスパルタ セブ郊外の海の目の前に位置しているちょっとしたリゾートをイメージした学校。初心者を対象としたスパルタ式の語学学校であり朝早くから夜遅くまで勉強漬けにしたい初心者にオススメ! NILS セブ市内で最も有名な日本人資本の学校の1つ。初心者から中級者レベルの日本人に英語を教えるのが得意の講師ばかりが集まっている学校。多くの日本人スタッフによって学生へのケアにも定評あり。 CELLA UNI 多くのセブの語学学校でも特にESLコースに定評のある留学先。今年の1月に建てられたばかりの校舎と寮が一体化しているCELLA UNIは施設環境のクオリティが高い。学生にって勉強しやすい環境あり。 UV ESL 大学付属の語学学校の為に授業で学んだ英語を実際に現地の大学生たちに使用できる環境あり。コースによっては留学後にインターンシップなどを行う事が出来る実践式英語を学びたい人におすすめ バギオ HELPロンロン バギオ地域の伝統的な初心者専門のスパルタ式学校。初心者をわずか8週間で中級者もしくは中上級者にしてしまう学校独自のカリキュラムに定評あり。講師陣や学生ケアも安定している人気校。 HELPマーティンス 英語力中上級者以上の方しか通えない語学学校。圧倒的に高い講師陣の質に加え徹底された母国語禁止ルールが特徴であり強み。IELTSコースなども強い上にIELTS公式試験センターである。 A&J バギオ地域の学校の中で最も安価な費用設定の学校。アメリカ人の副校長が学生と同じ寮内に住んでおりどのコースを選んでも夜のナイトクラス1時間はアメリカ人講師により行われる。 CNS2 IELTSコースを学ぶ留学先としては、弊社がご紹介している学校の中で最も実績の高い学校。過去多くの卒業生が目標スコアもしくは目標スコア以上の結果を叩き出している学校。施設と食事のクオリティは底辺レベルの為、繊細な方や潔癖症にはおすすめ出来ません。 親子留学:期間2~8週間の留学のご希望の方。 セブ CPI 今年、最も人気の高い留学先として注目を集めているCPI。講師陣の質、豪華な施設、ビュッフェ式の食事、学生ケア等などの総合的な評価が高い学校です。親子留学先としても力を入れ始めているのでおすすめ。 CIJジュニア 親子留学やジュニア単身留学専門の語学学校。留学する子供は朝早くから夜遅くまで英語漬けになるので確実に英語を身に着ける事が可能。また、親子に対してのケア力に関しては他校と比べ圧倒的に高い。 IMS 韓国ではセブでの親子留学と言えばCIJジュニアはIMSと言われているほど親子留学の実績が高い学校。日本マーケットは始めたばかりの為に日本では認知度が低いですが韓国での実績は確かです。日本人の学生も少ないのでサバイバル環境を子供に味わってほしい場合はおすすめ。 クラーク AELC親子留学センター クラーク地域の親子留学最強の語学学校。高級コンドミニアム内に寮や学校が配置。また、強度のセキュリティに守られている上に入りピンで最も治安が良い地域であるクラーク経済特区に位置。カリキュラムには他の親子留学先では味わえない欧米ネイティブ講師の授業も含まれています。 学生レポーターの詳細 各学生レポーターの記事一覧 レポート提出における注意点 ● 留学期間内に8週留学の場合は16個以上(週2回以上)のトピックを指定Webページに写真付き(一つの記事につき最低3枚)で更新して頂きます。 ● コンテンツ作成時の留意事項 – タイトルの前に [都市+スクール名] を入れる。 – 各レポートにはキーワードとして[フィリピン留学]、[スクール名]を少なくともそれぞれ1回以上使用すること。 […]

>> More
・英語初級者のためのIELTS点数保証コース開設

英語初級者のためのIELTS点数保証コース開設 IELTSは難易度が高い試験です。ハイレベルの英語と論理性のある考え方が要求されます。 このレベルの高さゆえに英語初級者のIELTS保証コース設置はフィリピン留学業界では敬遠されてきました。IELTS保証コースへの入学条件としてかならずと言っていいほどIELTSかTOEICの点数が要求されます。 しかしこの慣例を破りバギオのCNSIIとA&Jは英語初心者から入学できる点数保証コースをオープンいたしました。両校への点数保証コース入学者は入学前の公認試験点数が要求されません。英語力にかかわらずだれでも保証コースに入学できるようになりました。 12週のセットコースで保証される点数はCNSIIが5.0点、A&Jが5.5点です。 但し名前は『点数保証コース』ですがフィリピン語学学校の点数保証コースは期間内にかならず目標点数を保証する事を約束する事ではありません。点数が取れなくても延長期間の授業料を免除するというシステムです。通常の保証点数設定は学校がその期間自校で勉強させれば○○点までは育て上げる事ができると判断している数字になります。 延長期間中の寄宿舎および食費、現地費用は個人負担となります。 CNS2 A&J コース IELTS 5.0点数保証 IELTS 5.5点数保証 留学期間 12週 12週 対象 IELTS, TOEIC公認点数を持たない英語初級者 特徴 フィリピン唯一のIELTS専門学校。 マンツーマン4時間+小グループ3時間+IELTSスピーキングテスト+義務自習2時間で1日10時間のプログラム。 入学後の校内テストでIELTS4.0を獲得できなければ獲得できるまで授業料を免除する先行保証方式。 マンツーマン6時間+オプション2時間で1日8時間のプログラム。 留意点 入学は2週に1度の隔週指定日限定。 留学エージェントと相談の際にはご自身の英語レベルをカウンセラーに通知する。必要と判断されれば学校主催のSkypeテストを実施。 入学は2週に1度の隔週指定日限定。 バギオCNS2校長インタビュー:IELTS専門校の秘密 CNS2は2006年にフィリピンで初めてのIELTS専門校としてバギオ中心地に設立されました。開校され、10年以上の歴史がある語学学校です。バギオで一番大きいメインストリートであるセッションロード沿いのビルの5階分をCNS2の校舎と寮として使用しています。バギオは留学生活には非常に便利な街なので、SMモールやスーパー、レストランなど生活に必要なものは全てあり不便は感じないと思います。 >>>インタビュー記事の続きを読む

>> More
・フィリピン大統領、ミンダナオ島に戒厳令

フィリピン大統領、ミンダナオ島に戒厳令 *上記のマップをご確認頂ければ分かりますが、留学先として人気のセブ地域はとミンダナオ島より結構離れておりますのでご安心ください。 ロシア訪問中のデュテルテ大統領は5月23日に南部ミンダナオ島に戒厳令を布告しました。背景には同島では最近活発化してきたイスラム系反政府勢力と軍との衝突があります。 戒厳令によりミンダナオ島では令状なしで人を拘束できるようになり、警察や軍にこれまで以上の強い権限が与えられます。戒厳令の効力は60日。 フィリピンには多島構成国。大きな島で約40。小さな島を含めると7,000以上ありますがそれぞれ独立色彩が強いです。過去の歴史的背景や経緯からみて衝突が他の島にも飛び火する連鎖反応的な動きは考えにくいです。 但しこの何ヶ月の間に他の大きな都市でも治安強化措置がとられています。セブでは空港はもちろんの事、港、ショッピングモール、行楽地など人が集まるスポットでは警察官や警備員の増員配置がはっきりとわかります。 現在バギオ、バコロド、クラークなど主な留学地域の生活環境を調査し、普段と何らかわらない状況である事を確認いたしました。今回の戒厳令処置やここ数ヶ月の治安強化措置が留学生を含む滞在者や全フィリピン国民の安否を一層気遣う処置であると理解して頂ければ幸いです。 フィルイングリッシュ現地お客様サポートセンターはすべての取引語学学校に連絡し、安全で快適な留学生活をお客様が送れるよう学校側で細部にわたる管理と指導をされるよう要請し、お客様の不便に対し迅速に対応していただけるようお願いいたしました。 戒厳令の具体的な対象地域や,その具体的内容については現在のところ必ずしも明らかにされていませんが,今後,在留邦人,旅行者の皆様の日常生活や滞在に影響が及ぶ措置が執られる可能性もあります。フィルイングリッシュでは戒厳令の続くこれから60日間はミンダナオ島への渡航や滞在をお控えになされたほうがよろしいかと判断いたします。

>> More
・4月27日(木)セブ島の特別祝日、Special Non-Working Holidayのお知らせ

4月27日(木)セブ島の特別祝日、Special Non-Working Holidayのお知らせ ご留学中の皆様、突然のご連絡ではございますが、04/25(火)付けでフィリピン政府より、 04/27(木)がセブ島ラプラプシティでのみKadaugan Sa Mactan という、特別な労働記念日に決定いたしました。つまり、セブ島ラプラプシティでは04/27(木)が祝日となります。 この度の祝日により、一部セブ地域の語学学校は休校となります。 学生の皆様には急な変更になりますが。ご理解いただけるようお願い致します。 一部セブ地域の語学学校が休校となるため、木曜日の全ての授業はありません。 この度の祝日に関しましては、フィリピン政府より正式な公文章で告知されております。 そのため、授業時間の減少などの学校側へのお問い合わせは残念ながら弊社では受け入れることはできませんのでご了承くださいませ。 この度のフィリピン政府からの突然の告知により、学生の皆様には事前にお知らせすることができず、誠に申し訳ございませんでした。 学生の皆様には大変ご迷惑をお掛けすることにはなりますが、何卒ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

>> More
・GW中のフィリピン留学相談について

GW中のフィリピン留学相談について フィリピン留学相談窓口オープンのお知らせです! こんにちは。フィルイングリッシュ留学相談デスクです。 2017年ゴールデンウイーク期間中もフィリピン留学相談、お受付しています! 但し、5月5日(金)~7日(日)は、高田馬場オフィス訪問相談が出来ませんのでご注意ください。 その他の留学相談は通常通りにご利用可能です。詳細は、以下をご参考下さい。 【Eメール・お電話で留学相談】 Eメール・お電話の留学相談は通常通りご利用いただけます。 月~金10時~19時、土10時~14時 【高田馬場オフィス留学相談】 2017年5月5日(金)~5月7日(日)を除き、通常通り予約順でご案内しています。 ※スピーキングレベルテストは2日前までのご予約が必要です。 ⇒高田馬場オフィスで留学相談のご予約はこちらから 【LINE留学相談】 LINE留学相談は5月5日(金)~5月7日(日)を除き、通常通りご利用いただけます。 ⇒LINEで留学相談はこちら 【2017年、夏のフィリピン留学を検討される方へ】 ・2017年は例年より、夏休みシーズンのセブ島留学の予約が早くなっています。 語学学校の入学申請は、お申込み順に埋まっていきますので、直近になりますとご希望の語学学校、お部屋タイプのご案内が難しくなります。 一部セブ島の人気校は7月末からの3~4人部屋が既に満室になっております。7月から留学を検討される方は、5月中旬を目途に留学プランを立てられることおすすめします。 ・バギオ留学、クラーク留学、その他の地域は5月~6月の直近で入学希望の場合は要問合せ、7月からの留学はまだ余裕があります。傾向的にはGW明けからの問合せ・入学申請が多くなりますので、5月末までを目途に留学プラン(語学学校・コース選びなど)、入学申請を完了されることおすすめします。 【2017年、秋以降のフィリピン留学を検討される方へ】 ・フィリピン留学は日韓、台湾、中国、ベトナムからの留学生がメインとなっており、これらの国々の夏休みである 7月~8月最終週がピークシーズンとなります。ピークシーズンを避けてご留学を検討される方は、9月1週目~9月2週目に留学を開始されることおすすめします。 ・フィルイングリッシュ東京事務所では、フィリピン留学開始前までの事前学習のサポートとしています。 留学前の英語力UP説明会、TOEIC・IELTS模擬テスト、おすすめ事前学習書のプレゼントなど、不定期でシーズンにより内容が変わりますので詳細は担当カウンセラーまでお問い合わせください。 フィリピン留学の語学学校選び 英語留学の目的から探す 英会話力アップ、テスト対策、ビジネス英語、ワーホリの英語対策など、フィリピン留学の目的は人さまざま。留学目的を叶えてくれる語学学校を選びましょう。 >>>フィリピン留学プラン一覧 フィリピンの地域から探す 地域によって色々な魅力があるフィリピン留学。セブ島留学、バギオ留学、マニラ、クラークなど自分にぴったりな留学先を見つけましょう。 >>>フィリピン語学学校一覧

>> More

よく読まれている留学体験記