お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2017/05/25

フィリピン大統領、ミンダナオ島に戒厳令

フィリピン大統領、ミンダナオ島に戒厳令

*上記のマップをご確認頂ければ分かりますが、留学先として人気のセブ地域はとミンダナオ島より結構離れておりますのでご安心ください。

ロシア訪問中のデュテルテ大統領は5月23日に南部ミンダナオ島に戒厳令を布告しました。背景には同島では最近活発化してきたイスラム系反政府勢力と軍との衝突があります。

戒厳令によりミンダナオ島では令状なしで人を拘束できるようになり、警察や軍にこれまで以上の強い権限が与えられます。戒厳令の効力は60日。

フィリピンには多島構成国。大きな島で約40。小さな島を含めると7,000以上ありますがそれぞれ独立色彩が強いです。過去の歴史的背景や経緯からみて衝突が他の島にも飛び火する連鎖反応的な動きは考えにくいです。

但しこの何ヶ月の間に他の大きな都市でも治安強化措置がとられています。セブでは空港はもちろんの事、港、ショッピングモール、行楽地など人が集まるスポットでは警察官や警備員の増員配置がはっきりとわかります。

現在バギオ、バコロド、クラークなど主な留学地域の生活環境を調査し、普段と何らかわらない状況である事を確認いたしました。今回の戒厳令処置やここ数ヶ月の治安強化措置が留学生を含む滞在者や全フィリピン国民の安否を一層気遣う処置であると理解して頂ければ幸いです。

フィルイングリッシュ現地お客様サポートセンターはすべての取引語学学校に連絡し、安全で快適な留学生活をお客様が送れるよう学校側で細部にわたる管理と指導をされるよう要請し、お客様の不便に対し迅速に対応していただけるようお願いいたしました。

戒厳令の具体的な対象地域や,その具体的内容については現在のところ必ずしも明らかにされていませんが,今後,在留邦人,旅行者の皆様の日常生活や滞在に影響が及ぶ措置が執られる可能性もあります。フィルイングリッシュでは戒厳令の続くこれから60日間はミンダナオ島への渡航や滞在をお控えになされたほうがよろしいかと判断いたします。

フィリピン大統領、ミンダナオ島に戒厳令

セブ語学学校 8月度の入学可能な学校案内

セブ語学学校 8月度の入学可能な学校案内 こんにちはフィルイングリルシュお客様相談窓口でございます。 今年は特にセブエリアの語学学校の予約締め切りが速いです。 沢山のお客様からお問い合わせを頂いておりますが、多くの学校がすでに予約受付を締め切っている為、ご希望の学校のご案内が難しい状況です。 CPI、EV、SMEAG、CELLA UNI、セブブルーオーシャン、PHILINTERなどの人気学校は、8月27日(月)から登録が可能となっております。 8月6日(月)から入学可能なセブの語学学校 (2018年5月末日時点) [スパルタ語学学校] – CIJスパルタ – CPILS – ELSA ほとんどスパルタ語学学校は、8月初めには、入学が不可能ですね。 CIJスパルタ、CPILS、ESLAはいくつかの部屋が未だ入学可能な状況です。 [セミスパルタ語学学校] – CIJクラシック – CG BANILAD – GENIUS – IMS AYALA – CELLAプレミアム – CEBU STUDY – JIC – NILS – CEGA – BAYSIDプレミアム – CDU ESL – KEA 放課後平日外出が可能なセミスパルタタイプはやや余裕がある状況です。 上の学校の中で、GENIUS、CELLAプレミアム、CIJクラシック、CG Banilladは、現在の状況から来週中に予約が締め切られるかと予想されます。 より詳細な情報をお求めの場合は、当社代表メールアドレスまでご連絡下さい。 [email protected] お問い合わせ頂きありがとうございました。

>> More
  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0
フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ