コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

お知らせ&ニュース

キャンセル時のペナルティ保証

留学開始2週間前まではキャンセル料ゼロ!本来かかるキャンセル料は弊社が全て負担致します!

コロナウイルスに関する留学情報ガイド

コロナウイルスによるコミュニティ隔離措置以降の重要な留学情報についてはこちら!

オンラインレッスンでベスト教師に会おう!

フィリピン留学を控えてる方、フィリピンの教師ってどうなんだろう?と思っている方、または今回計画していた留学を断念してしまったそこのあなた!選抜された人気教師の授業を是非試してみませんか?

フィリピン入国の際に健康状態申告書が必要

フィリピン入国の際に入国審議官に提出するものはパスポートと青色の入国申請書の2点でしたが新たに健康状態申告書(Health Declaration Card)の提出も求められるようになりました。

I.Breeze – 2020年春キャンペーン

I.Breeze – 2020年春キャンペーン 日本人の学生が極めて少ない学校『I.Breeze』。英語の環境にガッツリ浸かりたい学生にはおすすめの学校です。校舎は新築のためとても綺麗で、ビュッフェスタイルの食事は英語を学ぶ活力になります。通常よりも安く留学にいける「2020年春のキャンペーン」を実施中です。 【キャンペーン名】2020年春キャンペーン 【対象者】I.Breezeへ5月末までに留学を開始かつ4週以上の登録の学生 【キャンペーン内容】 ▼4~7週間の登録   セブ空港ピックアップ費用無料 入学金の免除 ▼8週以上の登録   セブ空港ピックアップ費用 無料入学金の免除 授業料$100割引(8週間で$100、それ以降は各4週ずつ$100割引き) ※他のプロモーションとは併用ができません。 詳しい学校情報はこちら

コロナウイルスに対する学校の対策

日々情勢が変わる「コロナウイルス」。中国・日本・韓国・イラン・イタリアと様々な国に猛威をふるっています。フィリピンでの感染者は、1月末に感染確認された3名以降出ておりません。日本・韓国・台湾などの学生を多く受け入れているフィリピン留学業界は、常に最新の情報に注意し迅速な対応を心がけています。

CIP 2020年変更点

2020年2月にクラークのCIPへ訪問してきました。今回は2020年の変更点をご紹介致します!

EV – 短期留学プロモーション案内

セブで大人気のEVで普段は受けることのできないプロモーションを期間限定で実施します!

ZA English – 学費割引キャンペーン

ZA English – 学費割引キャンペーン 毎年実施している「シーズンオフキャンペーン」ですが、今年は前倒しで実施いたします!! その名も「春休み駆け込みキャンペーン!割引期間前倒し10%OFF」 期間: 2020年3月1日(日)~ 7月4日(土) 特典: 授業料・滞在費から10%割引 大学生以下の学生または18歳未満のお客様はYOUNG割引でさらお得に!! リピーターは割引率がアップ☝☝ 詳しくは下記の資料をご確認ください。  

EV – 短期留学者への特典

EV – 短期留学者への特典 セブ島で人気校の一つ『EV Academy』は半年先の予約でも取りづらい学校です。建物・カリキュラム・食事どれをとっても最高レベルを提供いたします。 社会人や中高生など短期留学を検討している方も多いと思いますが、EVでは下記のようなサービスを行っています。 【対象者】 1~2週間の短期留学生 【特典】 月曜日午後から正規授業を開始 マンツーマン授業の無料追加(9コマ目に実施/希望者のみ/月~木) 平日に祝日が被る場合マンツーマン授業4時間実施(無料) ☝短期留学におすすめ学校 【セブ島】CELLA UNI、CELLA Premium、QQ English ITパーク校となります。

期間限定‼ 特別レポーター募集 – 最大学費80%免除

特別レポーター募集 – 最大学費80%免除 フィリピン留学を調べていくと昔に比べて高くなっていると感じる方もいるかもしれません。フィリピンの経済成長と学校競争に伴い、人件費や広告宣伝費の値上げが影響し2013年に比べて確実に高くなっています。「安い価格で留学がしたい!」そんな方に嬉しいニュースをお届けします。 フィリピン留学の第2の人気都市「バギオ」、地元の大学が多くあり別名「学生都市」とも呼ばれています。質の高い講師の指導力と勉強に集中出来る環境で人気を博しています。そこに学校を構える『WALES』と『CNS2』で、勉強をしながらレポートを書いてくれるレポーターを募集します。 ≫≫特別レポーターはフィルイングリッシュ独自の募集となります。 学校紹介☝ WALES・・・ 大人留学に人気の学校で、バギオ地域にありながら比較的自由な校風。講師の8割が教員資格を取得しているため、常に質の高い教育を受けることが出来る。 学校ページはこちら≫≫≫https://phil-english.com/school/baguio-wales/ CNS2・・・ フィリピン語学学校では珍しいIELTS専門学校で、IELTSのスコア1点を上げるために集中して勉強が可能。集まる学生も志が高い方ばかりで、モチベーションを保った状態で留学生活を送ることが出来る。 学校ページはこちら≫≫≫https://phil-english.com/school/baguio-cns2/ 対象者 フィリピン留学8週間( WALES 4 週 + CNS2 4 週 ) 日本国籍 1名、ベトナム国籍 1名 開始日:2020年5月1日までにスタート 年齢・性別:制限なし 文章作成能力がある方 能力を図るために課題レポートを実施予定 レポーターの仕事 毎週2本のレポート提出、合計16本執筆 文字数は1,000文字以上(レポートは母国語で可能) 写真は最低4枚挿入 テーマは弊社が入学前に連絡 特典 WALESは学費(寮費 + 食費) 100%免除 CNS2は学費(寮費 + 食費) 70%免除 現地費用は個人負担となります。 その他 WALES 4週 + CNS2 4週 トータル8週間の留学プランです。8週以上も可能ですが、その場合8週以降は通常料金を請求します。 宿泊施設はすべて3人部屋を割り当て 現地費用(VISA延長費・教科書代・電気代・SSP費など)は個人負担。8週間の場合は約3万円前後 英語初心者の場合、WALESでESL(一般英語)コースを選択し、CNS2でIELTSコースを選択することをおすすめします。学校で運営しているいくつかのコースから選択可能です。 特別レポーターとして入学しても、授業編成や講師の割り当て等の学校サービスは他の学生と違いはありません。 […]

セブ・ニュース(2020年1月)

弊社では年間2~5回ほどセブを訪ねますがその都度街が整備され発展していっている印象を持ちます。まだまだ粗削りで手を入れなければならない荒地も多いですが行く度に新しい建物が完成され、外国人滞在者の数も増えている印象です。

コロナウイルスに関してフィリピンの現状

報告 – コロナウイルスに関してフィリピンの現状 複数の国で感染が確認されているコロナウイルス。先日フィリピンでも感染が確認され、これ以上感染を拡大しないために、フィリピン政府や語学学校協会、各語学学校では様々な措置を実施しております。 2020年2月6日現在の状況をお知らせします。 1. 中国に滞在歴がある方や中国を経由しての入国を禁止 中国全土(香港・マカオ・上海を含む)を入国前2週間以内に訪問した場合は、入国禁止の措置を受けます。 本件は、すべての国籍の方に適用されます。 フィリピンへ留学を予定している場合は、中国全土を経由する航空券の購入されないように気を付けてください。またすでに購入されている場合は、航空会社に問い合わせて航空券の払い戻しや経路の変更手続きを行ってください。 2. フィリピン語学学校の約8割が中国国籍の学生の受け入れの停止 1月末から、ほとんどの語学学校では中国国籍の学生の入学を見合わせています。また、3~4週間前に中国への訪問歴のある韓国人や日本人の入学同様に禁止としています。 いくつかの学校では中国人学生が見受けられますが、詳細については弊社スタッフがご案内いたします。 学校管理者は、入学後にお客様のパスポートより入国 3. 健康診断書の提出 SMEAGなどの一部の学校では、学校へ健康診断書(6ヶ月以内に限る)を義務づけています。診断書には血液検査の結果が含まれていることが条件となります。 健康診断書は学校到着後にスタッフへ提出ください。 4. 予防グッズの提供 マスクの配布やアルコールの設置などを実施しております。しかし、フィリピン国内でもマスクの入手が困難となっているため、事前にご準備をお願いいたします。 コロナウイルスの影響で、相談件数や語学学校への入学者が前年に比べて減っていることは事実ですが、ほとんどの方がフィリピン留学を予定通り実施しています。 フィルイングリッシュではお客様が安心して留学出来るように責任を持ってサポートいたします。また、フィリピン政府や学校の方針を随時発信してまいります。 自然災害等は誰にも予想することは出来ません。やむを得ず留学をキャンセルしないといけない場合に、留学費用のが戻ってくる【後払い制度】を利用することを強くおすすめいたします。 利用にはいくつかの条件があります。  

コロナウイルスについてのお知らせ

コロナウイルスについてのお知らせ 現在、様々な国で感染が確認されているコロナウイルス。ここフィリピンでも感染が確認されています。フィリピン留学を予定されている多くの方が心配をしていると思います。フィリピンの現在の状況をご報告いたします。 2020年1月28日(火)、フィリピン政府は中国国籍のVISAの発給を一時的に停止する判断をいたしました。また、セブやクラークを中心とする語学学校(CPI、SMEAG、QQ English、CIP)は、中国国籍の学生の受け入れ(すでに登録済みのお客様も含む)を事態が収まるまで停止を決定しております。本日バギオ英語学校協会もコロナウイルスに関するガイドラインを公表いたしました。今後その他の学校も同じような対応をすると予想されます。 現在までにコロナウイルスの感染拡大については報告されておりませんが、政府も学校も拡大を防ぐために尽力しております。 以下は、バギオ英語学校協会が公表したガイドラインとなります。 中国·武漢を発生源とするコロナウイルスに対して、

タール火山の弱体化、そして授業の再開

Face to Face語学学校は、最近マニラ近郊で起こったタール火山発祥地に隣接する地域であるタガイタイに位置する学校です。去る1月12日から一時授業を停止しておりましたが、14日から通常運営しております。

BECI Main 新4人部屋増設

英会話力の向上にとても強いBECI Mainキャンパスですが、現在4人部屋の改装工事を進行しております。既存の4人部屋とはデザインが異なり、各ロフトベッドにカーテンを設置したことで個人空間の確保が可能となりました。すべての4人部屋をリニューアルするには、まだ時間がかかりますがお部屋が空き次第、改装工事を実施していきます。

EVアカデミー 2020年変更事項

実にセミスパルタを選択する学生は7割を超えているようです。そんな時代に変化できる人気校の2020年変更点をご紹介します。

バギオMONOL 2020年変更点

MONOLは今後1人部屋・2人部屋の低コスト化を目指しています。そのため部屋の設備、空間や価格など再検討し、バギオ地域で最も低コストの個人部屋を提供出来るように学校も努力しています。

フィリピン首都近郊の火山で噴煙 マニラ国際空港発着停止に。

マニラ国際空港は火山灰の影響で、一時的にマニラ国際空港を発着するすべての航空機の運航を停止しています。

I.Breeze 校舎移転1周年記念プロモーション

清潔でクオリティの高い施設を兼ね備えているのに低価格な費用の「I.Breeze」。特にESLとIELTSのコースの評判が良く、これまで多くの学生を受け入れてきました。

2020年1月 – セブITパークの現状

若者や外国人観光客が多く見受けられます。先日、フィリピンでとても有名なショッピングセンターであるAYALA第2センターがオープンし、ますます便利なエリアになりました。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor