お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2018/04/14

EVアカデミー6ヶ月留学の学費はどれくらい?

EVアカデミーの学費はどれくらい?

qaIconQ

セブのEV校で 6ヶ月間の長期留学を検討しています。学費はどれくらいでしょうか?
私は 今年8月からEV校の留学を検討しています。現在の英語力はTOEIC300点台の初級レベルで、放課後の外出が可能なセミスパルタコースを希望します。

[toc]

qaIconA

お問い合わせありがとうございます。
フィルイングリッシュでございます。

当社は、フィリピン留学の専門エージェントであり、
低コストでお客様のご要望に合った最適な学校をご案内することを運営方針としています。

お客様は、現在TOEIC300点前半の英語力(ビギナー)をお持ちであるとのことですので、
総合的な英語教育プログラムを受けることのできる大型の学校が望ましいかと存じます。


EV Academyの詳細


EVアカデミーの建物

ご興味頂いております、EV校はセブ地域を代表する有名な大型学校で、
スパルタプログラム(平日外出不可)とセミスパルタプログラムを一緒に運営しています。

今年の初めに新築キャンパスが完成し、洗練された設備と素晴らしい学習環境を提供しています。
先日、当社カウンセラーが訪問した記事を添付致しますのでご参照下さい。

>>>[セブ語学学校訪問記]原則を守り進化するEV新キャンパス


コース設定について


EVアカデミーのクラス

6ヶ月(約24週)という留学期間であれば、具体的な学習目的があるのもお勧めです。
単に「会話力を向上させる」ことではなく、 “会話力を向上させた後、
TOEIC 800点以上の取得」または「IELTS 6.0取得」という具体的な目標を持たれた方が良いと思います。

長期留学では、滞在期間が長くなるにつれ留学最初の心構えを忘れてしまうことがあるので、
具体的な目標設定をお勧めしております。

初級者の方の場合は最初の12週間を一般英語コース(ESL)にして英語の基礎を学びます。
そうすることによりご自身の英語に自信を持てるようになります。

その後、初級者には勉強すること自体が難しいと言われている、
TOEIC、IELTSなどの試験コースに変更することが最善だと思います。

もちろんESLコースで登録し、留学中に現地でコースを変更することも可能です。
ご自身の英語力の伸び具合に応じてその場で決めて頂いて構いません。

EV校のセミスパルタコースをリクエストして頂いておりますが、
本コースは放課後の外出が可能であり、
メインコースはESL ClassicコースとPower Speakingコースです。
両コースは選択できる科目や授業内容は同じで、授業数だけ異なっています。


見積もりと留意点


今回は ESL Classicコース の見積もりお送りいたします。
しかしながら、割引につきまして1点ご留意頂きたい点がございます。

実は学校(EV)側から割引することを禁止されております。
これは他社も同様であり、 割引を受けたことが学校側に知られた場合、
学生様は入学取り消しなどの懲戒を受けることになります。

出来る限り留学に際してフォローさせていただきたいと存じますが、
本校に関しては一切割引ができないという点をご了承ください。

EVアカデミーの見積もり例


学費後払いサービス


尚、当社のサービスの一つである学費後払いサービスについては利用が可能です。
本サービスは他社にはない独自サービスですので、ご興味があれば仰って下さい。

>>>学費後払いサービスの詳細はこちら


その他のオススメ学校


セブブルーオーシャンの外観

お客様が長期留学において学費割引を利用されたい場合は、
他の学校も併せて検討されることをお勧め致します。
他に優秀なセブ地域の学校としましては、
セブCPI、セブブルーオーシャン等がお勧めでございます。

これらの学校は、学校自体のキャンペーンも進行中であり、
なおかつ弊社の割引サービスも適用出来るため、経済的に大いに役立つものと存じます。

以下に学校情報URLを記載致しますので、ご確認頂ければ幸いでございます。

>>>セブCPIの学校詳細はこちら

>>>セブブルーオーシャンの学校詳細はこちら
その他、お問い合わせはいつでも承っておりますので、お気軽にご相談下さい。
この度はお問い合わせ下さり誠にありがとうございました。

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ