お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

TOEFLで100点を目指す

davao_toefl_shoya1(2013年8月)

Q:私の目標は海外のロースクールに入学することですので、TOFLE100点を目指して勉強したいと考えています。また、期間としては1年間を考えておりますが、同じ語学学校でなく、目標に合わせて転々とすることも視野にいれております。

フィルイングリッシュ梶野章と申します。さきほどはお電話ありがとうございました。

さて○○様のためにフィルイングリッシュ英語実力者たちでミニ会議を開きました。

最初の基礎部分の学校をEVかPINESで迷ったんですけどね。やはり○○○大学院修了生なので周りとのレベルが焦点になります。EVは初級を中初級、中 級を導くプロ中のプロです。講師のレベルも高いです。ですが初心者、超初心者が多く集まる学校なので○○様には合わないと判断いたしました。

やはり最初はPINESですね。

まずはここで肩慣らしをする。期間はレベルから考えて8週間とします。

バギオという町

PINESのあるバギオという町は高地にあります。天空の城ラピュタ見たいな感じで美しい町です。でもこの町の魅力はなんと言っても安全な治安ですね。バ ギオに行く留学生の日本人女性が口を揃えて賞賛するのは治安の良さです。かと言って決して田舎ではありません。繁華街には人がわんさかいて、スターバック スやマクドナルド、KFCなどもあります。バギオは学生の町です。総合大学だけでも6つあります。茨城のつくば見たいな感じです。夜の歓楽街もありませ ん。気温は26度を上回る事はないので日本の秋に近いです。朝、晩は肌寒いので長袖は必需品です。マイナス点はこの町までたどりつくのにマニラからバスで 7時間北上しなければならないところです。

さてPINESの次はTOEFL専門校であるSEATTLE校に移ります。

SEATTLEの4週TOFLE点数アップ率は12~15点です。センスがいい方、一生懸命勉強される方は平均よりもっと高い点数を得ています。

どれくらいで100点とれるか吟味しました。答えは16週間でいけるという結論です。何がなんでも16週で100点と覚悟を決めてください。やれるはずです。

ダバオという町

南国のでっかい太陽、青い海と空、ヤシの実と亜熱帯高気圧。南国の楽園といえばダバオです。物価が安くダイビングなどのマリンアクティビティならセブの半 分の料金くらいでいけます。又はフィリピンで一番治安がいい場所で犯罪率も東京以下です。しかし全く田舎だというわけでもなく、マニラ、セブに続きフィリ ピン第3の都市です。

最後の選択

もしSEATTLEで点数が望めなかったらクラークのCIPに行きましょう。最後の砦です。

クラークCIP:ネイティブスピーカー学生9名につき1名の比率。現在学生が100名ですが、ネイティブが12名います。ネイティブ(アメリカ人、イギリ ス人)が多いので当然フィリピン人講師も刺激を受け、全体的に水準があがります。セミスパルタ学校ですので、正規授業後に自習も外出も自由です。受付の締 切が早いので1人部屋をご希望であれば早めのご予約が必要です。宿所内WI-FI可能です。

この学校にジェーンというTOEFL専門講師がいます。かなり優秀です。点数にこだわります。英米文学博士号を持っています。最後はここしかないですね。もしSEATTLEがだめならここで8週勉強しましょう。

日本人に超人気でラーメン屋の行列状態になっているCIPには日本人の比率は多く6~7割はいます。マイナス点です。それとフィリピン最大の夜の歓楽街であるバリバゴもすぐ近くにあります。男性にはちょっと誘惑があります。

CIPに行くかどうかはSEATTLEの出来次第だと思いますが、SEATTLE在学中12週目くらいで決めればいいと思います。もしその時点で100点 とれているのであれば、CIPでネイテイブのマンツーマン中心クラスであるIntensiveAを取ってアメリカ留学に備えるという考え方もあります。

以上当社スタッフが集まってひねり出したプランです。

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube