2016/03/27

アメリカ大学志望、事前英語学習を日本かフィリピンかで悩んでいます。

america_university

qaIconQ 私はアメリカの大学で国際関係を学びたいと思っています。そのために一年で海外大学を目指す語学学校に入ろうと思っていたのですが、お金が一年でそこだけで300万くらいかかってしまいます。今とても悩んでいます。アメリカに直接行く英語もできないし、お金も高いということ。それだったら2年ぐらいフィリピンやマレーシアでしっかり学び、その後アメリカの大学に編入しようかと。みんなと一年や二年遅れをとってしまいますが。なにかいい方法はあるでしょうか。

qaIconA フィルイングリッシュ梶野章と申します。ご連絡ありがとうございます。

フィリピンと言っても今は円安などもありそんなに安くはないです。
1年ですと生活費、航空券も込みで安い学校で200万円くらい、高い学校で300万円かかると思います。

問題はでも金額だけではないですよね。仮に200万円使って、あるいは日本で300万円使ってどこまで自分を引き上げられるかです。

現在英語の規格世界基準はIELTSです。就職も就学も永住もIELTSが要求されます。アメリカやカナダの留学では依然としてTOEFLが強いです。ですがアメリカとカナダの半数以上の大学で入学条件の前提条件としてIELTSも認めています。ヨーロッパではIELTSのみ認められています。

日本で人気のTOEICですが海外ではあまり認められておりません。

フィリピンでいい学校(高いという意味ではありません。安くてもいい学校もたくさんあります。もちろん高くていい学校もたくさんあります。)で英語ビギナーが1年勉強した場合目標とするIELTS点数は6.0から6.5です。

仮に1年で6.0取得とペースが遅かったとしてもあと12週あれば6.5圏内に届きく人が多いです。

それでは6.5という数字はどういう意味を持つのでしょうか?

世界中で6.5保有者は英語実力者として認定されます。ほとんどの大学や大学院で入学を認めてくれますし、海外就職活動でも大きな武器になります。ドイツの大学院ではIELTS6.5を持っていれば学費免除になるという話をお客様から聞いた事があります。

ですから欧米圏を想定して長期留学や日本での集中学習を目指すのであれば6.5獲得を目的としたほうがいいです。(もし念頭におくアメリカの大学がTOEFLしか認めてないのであれば、ターゲットはTOEFLになりますが。TOEFLは学術的に非常に優れた試験です。難易度もIELTSより若干難しいです。ただアメリカ、カナダの大学、大学院専用です。他につぶしが効かないのがこの資格の弱点です。)

日本で一年300万円かけて6.0~6.5 あるいはそれに匹敵する実力を引き上げられる見込みが高いのであれば、その学校での学習も十分アリだと思います。

最初にアメリカに行くという方法はあまりお勧めいたしません。英語ビギナーがいきなり欧米圏に行っても挫折する可能性が高いからです。

欧米圏ではフィリピンのように英語初心者のためのしっかりした制度ができている語学学校が少ないからです。実際アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアの日本人留学生から頻繁にお問い合わせがあり、『引越し留学』しています。『引越し留学組』の皆様は英語初心者あるいはIELTS学習者がメインとなっています。

アメリカなどでは大学や専門学校で学ぶべきだと思っています。どこよりも実践的で最先端の情報で素晴らしい教育を提供してくれます。ついていくには大変ですが、IELTS 6.0を持っていれば英語的には問題ないと思います。語学学校で学ぶのももちろん役に立ちますが、基礎力はフィリピンで蓄えたほうが早いと思います。ちなみにアメリカに関する記述は私の実体験に基づく感想となります。

qaIconQ  わかりやすい説明ありがとうございました。ちなみにアメリカの大学生活はどうでしたでしょうか。なにかアドバイスがありましたら教えてください。また私におすすめするフィリピンの語学学校を教えてください。

qaIconA フィルイングリッシュ梶野です。ご返信ありがとうございます。

私の母校はアメリカ中部の片田舎にある私立大学です。そこで学士過程を終えました。

私の時代はIELTSはまだなかったです。在学中にTOEFL受験をし学校に提出するというスタイルでした。アメリカの大学は入学が結構簡単です。その当時の英語力ですが入学前にほとんどの本は辞書なし読めるくらいのリーディング力はありました。ですがライティング、スピーキング、リスニング力は弱かったです。

america_english大学生活はものすごく辛かったです。金曜日夜以外朝から晩まで勉強していました。それくらいしないと卒業できないからです。

フィリピン留学される方で英語ビギナーの9割以上はスピーキング力up狙いです。とにかくしゃべれるようになりたいという願望を果たすためにフィリピンに行きます。

ですがお客様がフィリピン留学を目指す場合にはそういう目的ではだめです。
英語力全般を高めるカリキュラムの学校でなければなりません。

アメリカ大学を卒業するために必要なのは全般的な英語力です。スピーキング力は後ろ回しにする部分です。(大学で真面目に勉強していればスピーキングは自然とうまくなります。)

一番必要なのは読解力です。読解力と言っても日本で習うような文章毎の翻訳ではありません。
ざーっと辞書を引かずとも読んで大体の大意を把握する事です。

授業前にその日に習う分量をざーっと目を通して授業に望みます。すると先生が何を言っているか理解できますし、先生の独自の解釈部分もノートに書き留める事ができます。ここが試験にでます。

私の場合予習をやっておかないで授業に出てれば先生の言っている事が理解できませんでした。ですから予習は必ず必要だと思っています。

1科目1時間につき教科書20~30ページくらい進みますから一ターム15単位取るのであれば毎週200~400ページくらい読んどかなければならなくなります。

そして書かなければならない事が多いのでライティング力も必ず必要です。

アメリカの大学を卒業する上で特に重要となるのはリーディング力、ライティング力、リスニング力です。

そしてそういう基礎固めの教育が一番適しているのはフィリピンのスパルタ学校です。スピーキング力向上に力を入れながらも英語力全般を引き上げてくれます。マンツーマン授業が多めのセミスパルタですとスピーキング特化の傾向が強いです。

アメリカを想定したプランですと最初の基礎固めでスパルタ16週から24週、次がIELTSに強い学校で24週。これでIELTS 6.0から6.5を目指します。

ハーバード大のMBAはIELTS 7.0を要求しています。ですが普通のアメリカ大学でしたら大体どこでも6.0点持っていれば入れてくれると思います。そして6.0あれば大学に十分ついていけるとも思います。

フィリピン留学TOEFLスコアUPプラン

 フィリピン留学TOEFLスコアUPプラン

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は、一言で申し上げますとアメリカやカナダなどアメリカ大陸の教育機関に強い非英語圏外国人向けの英語力認定資格です。TOEFLのスコアはアメリカやカナダのほぼすべての大学で認められています。

>>>TOEFLEスコアアッププランを見る

IELTSスコアアップガイドライン

IELTSスコアアップガイドライン

IELTS(アイエルツ、International English Language Testing System)とは非英語圏の人間が英語圏で生活するのに必要な英語力を計る検定試験の一つです。IELTSは創設からの歴史は浅いですが、その実用性と審査基準の公正さから世界各地で急速に普及され、国際英語力認定基準の大きな柱となりつつあります。

>>>IELTSガイドライン記事を見る

【リピーターの方よりお問い合わせ】

【リピーターの方よりお問い合わせ】 マンツーマン多めでスピーキングを集中的にできる学校の紹介をお願いします。 以前ご利用頂き誠にありがとうございます。 まずはご指定頂いたMONOLについてご回答いたします。 ■ MONOL 全てマンツーマン授業をご希望なのでOne on Oneコースをおすすめ致します。 正規授業はマンツーマン5時間で構成され、午前と午後に行われるオプション授業3時間半は参加自由となっております。 本コースですと課題も少なく全体的に学業強度は高くない為、授業以外の時間を自分のペースで予習や復習の時間に割り当てられます。 平日の外出も時間は決まっていますが可能で、比較的ゆるい校風です。 マニラ空港への指定ピックアップ日が決まっており、指定日以外ですとピックアップができない為個人で学校へ向かって頂きます。 以下スピーキングに特化したセブ島の学校をご紹介致します。 ■ EVアカデミー スパルタコースとセミスパルタコースの両方を運営。スピーキング中心であればPower Speaking コースに定評があります。 ほとんどがマンツーマンで構成されスピーキングを中心とした授業です。 Power Speaking6はマンツーマン6時間+グループ2時間で構成されますが、グループが必要でなければ参加しなくてもペナルティはありません。(事前要相談) スピーキング、発音矯正、ディスカッション、リーディング(会話力のためのリーディング授業)、プレゼンテーションなどの授業があります。 ライティングとリーディングの授業はほとんどありません。 〇 授業構成に関してはコチラ https://phil-english.com/wp-content/uploads/2016/07/Power-Speaking.pdf 綺麗な施設、管理者の対応、食事のクオリティは他の学校とその差は別格であり、フィリピン語学学校の中で最も優れていると言えます。 今年の予約はすでにほぼ埋まっている状態なほど人気校です。 セブの中心地までも車で10~15分程なので気軽に出かける事ができます。また、外出しない場合でも付帯設備が整っており、室内でも充実した時間をお過ごしいただける事でしょう。 〇学生レポーターが調査!施設とWifi環境は? 学校施設とインターネット環境について ■ CPI EVと同レベルの学校。違いはEVは放課後の外出が可能ですが、CPIは月~木曜日は外出禁止のスパルタ校です。 ただし顧客サービスを重視する学校なので、ルールに縛られる雰囲気ではありません。こちらもEVに劣らず施設・食事のクオリティ、管理者の対応はホテル並みです。 Intensive Englishコースは、マンツーマン5時間+グループ2時間で構成され、こちらもグループ授業は参加しなくても大丈夫です。(事前要相談) 〇学生レポーターが調査!施設とWifi環境は? フィリピン留学 : 今回はCPI寄宿舎についての説明とWI-FIにつ 〇学生レポーターが調査!気になる食事は? 【CPI】気になる食事や健康面について   以上3校のお見積もりを添付致します。ご確認お願い致します。 また、そのほかにもご要望がございましたらお知らせ頂ければご紹介させて頂きます。 ご検討宜しくお願い致します。 バギオに行くにはピックアップを利用したかったので、今回は紹介していただいた、EVアカデミー(セブ島)にしようかと思います。 心配なことは、先生方のやる気の問題です。バギオは全員間違いなしでした。 ぜひスピーキング力を伸ばしたいです。EVアカデミーのアピールを、もう一言、私に発信していただけると行く気、やる気が倍増するのですが…。 よろしくお願いします。 ————————————————————————————————- 講師のレベルについて、正直申し上げますと平均的に見てセブエリアの講師はバギオに比べて低下します。 他の地域を経験した方達はバギオ講師の発音や指導力面のすばらしさを実感します。 […]

>> More
現在初級レベル、50万円以下で12週留学を検討しています

現在初級レベル、50万円以下で12週留学を検討しています。英語の基本を身に付けたいです。地域の希望はありませんが、学習雰囲気の良い環境を紹介してください。   お問い合わせ頂き誠にありがとうございます。 初級レベルという事で、12週間で会話を中心に英語のベース(リスニング・リーディング・ライティング・リーディング)を満遍なく 学べるコースに特化したおすすめの学校を地域別にご紹介させて頂きます。 日本資本の学校は日本人の比率が高く英語を使う環境として学習雰囲気の面で低下するので今回は除かせて頂きます。ご了承ください。 以下学校詳細をご参照くださいませ。 ■CPI《セブ》 セブ島で最も人気のある学校。CPIは月~木曜日は外出禁止のスパルタ校です。 ただし顧客サービスを重視する学校なので、ルールに縛られる雰囲気ではありません。 授業運営・教師の質・食事・施設全てのクオリティにおいて他校より群を抜いて最高レベルです。 経営理念として『ホテルのようなサービス』と『会話中心の細かいカリキュラム』を掲げており、 ‘‘学校施設が良い‘‘ というだけでなく、授業と生活面に関する学生へのケアが整っています。 平日外出禁止ですが、付帯設備が整っており、授業の後校内でも十分に充実した時間を過ごせます。 現在の日本人の割合は約20%ほど。 お見積もりはGeneral Englishコース4人部屋です。女性専用6人と4人部屋の費用は同じです。 〇学生レポーターが調査!施設とWifi環境は? フィリピン留学 : 今回はCPI寄宿舎についての説明とWI-FIにつ 〇学校訪問インタビュー セブCPIの管理責任者(General Manager)インタビュー ■CELLA UNI《セブ》 平日外出が可能なセミスパルタの学校ですが、在学生の勉強に対する雰囲気が良い環境です。 多めのマンツーマン授業ながら廉価な授業料と自分の目的や要望によりカスタマイズできるカリキュラムが当校の特徴です。 慣れてきて自分の弱点が見えてきた時に自分の強くしたい部分に焦点を当てれます。 施設は中級レベルなので施設を重視する場合CPIのような豪華な作りではありませんが、清潔感があり食事や生活面で不便はありません。 セブ中心地まで車で約10分程で授業後いつでも気軽に外出できます。 現在の日本人の割合は30%ほど。 お見積もりはマンツーマン授業が多いPower Speaking 6コースです。 〇学生レポーターが調査!授業の内容と講師のレベルは? CELLA UNI校で最も効果のあった授業とその内容や効果的な勉強法について 〇学校訪問レポート CELLA UNI 学校見学レポート ■BECIメイン《バギオ》 一度フィリピンで他の地域を経験した方達が教師レベルに信頼を持つバギオ地域の代表校の1つです。 おすすめはスパルタESLコース。 マンツーマン5時間+グループ3時間+ナイトクラス3時間(必須)の11時間みっちり勉強コースです。 当校では、スピーキングに重点を置いた学校独自のプログラムを用いており‘‘考える‘‘ではなく‘‘体に身に付ける‘‘学習を行います。 スピーキング面で成果を出しやすい効果的なプログラムです。 当校は自然の中に位置し、セブの様に誘惑が多くありません。その為、施設内は充実しており勉強にしっかり集中したい方には最適な環境です。 現在の日本人の割合は30%ほど。 お見積もりはスパルタESLコースです。 ※バギオ地域は学費割引の制限があり割引率が低くなります。(他社も同様)ご理解お願い申し上げます。 〇2分でわかるBECIの全て!(動画) ■We […]

>> More

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube