お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2018/02/06

バギオのTOEIC対策校

バギオのおすすめTOEIC学校

qaIconA
4週間で TOEIC 800点台から900点まで持って行きたいです

qaIconQ
フィリピンの語学学校はTOEICが強いところがいくつかあります。

大体4週で65点あげて900点以上は確保したいですね。

お客様は4週で105点アップで900点超え。

800点から900点は難易度が上がりますので500点から600点よりはだいぶハードルが高くなります。

いい学校を一つご紹介いたします。TOEICが強い学校群の中でこの学校がひとつ頭が出ている印象を受けます。


バギオ TALK ENE


talk ene 外観

TOEIC専門校としては名高いです。実績も豊富です。TOEIC500点から4週で200点アップなどもゴロゴロいます。
フィリピンのTOEICが強い学校には点数保証コースというものがあります。12週単位です。通常800点保証コースですと入学前提条件はTOEIC600点保有ですが、この学校は500点から受け付けています。結構自信を持っています。

この学校は月曜日から金曜日までやる事が多いです。
毎晩19時からTOEIC単語試験があります。20時から22時まで本番と同じ時間配分のTOEICを実施します。月曜日から金曜日まで毎晩です。授業はマンツーマン6時間だけの構成。4時間はTOEIC関連および前日試験のレビューになります。残り2時間は自由選択で学生の意思で決定できます。毎日自分の弱点を浮き彫りにさせ補強していく。試験対策学習としては非常に効果的です。そしてこのシステムがあるからこそコンスタントに学生にいい結果を残させているのでしょう。

この学校は遠いです。マニラから片道バスで7時間程度。2週に一度の団体ピックアップ指定日があります。その日にマニラ空港に到着されれば待ち合わせ場所でスタッフ合流し、一緒に学校まで移動です。ピックアップ指定日を外すと自力で学校まで移動しなければなりません。施設はまあまあ綺麗です。7階建てくらいののっぽビルです。ただエレベーターがないので階段を使うことになります。5階寄宿舎、2階食堂、6階講義部屋など。

3週間ほど前に学校に学生構成を聞いたところ韓国人55%、日本人30%、残りは中国人とベトナム人だそうです。

入学日について

バギオの語学学校は2週毎の土日に入学です。その日にマニラ国際空港に到着され、待ち合わせ場所で学校スタッフと合流し、一緒に学校まで移動します。
土日ですのでご希望の2月16日(金曜日)は不可です。2月17日土曜日が入学指定日ですのでその日マニラ空港到着なら大丈夫です。

費用について

ご予算が4週13万円との事。お見積書のTALK学費は4週、3人部屋、TOEICコースは131,400円。ほぼ13万円です。ですがこれだけでは留学はできません。
現地費用が発生するからです。

131,400円の内訳は 授業料、寄宿舎費、食費、掃除代、洗濯代 などのコアな部分です。 現地費用にはテキスト代、ビザ更新費、フィリピン政府が発行しすべての語学学校学生に取得義務のあるSSPという特別学生認可証費など生活に必要な実費が含まれます。(お見積書ペソ部分) 現地費用はお小遣いではありません。
TALKの場合、現地費用が大体3万5千円くらいいたします。つまり 131,400円+35,000円かかるという事です。35,000円の現地費用の中に寄宿舎保証金3,000ペソ(6,600円)が含まれます。
こちらは退寮の際にお部屋に損傷などがない場合にはそのまま返金されます。

現地費用はフィリピン語学学校のどちらに行かれても必ず発生いたします。現地でペソで学校に支払います。

TOEIC名門校の学費 131,400円という金額はかなり安いほうだと思います。通常は15万円はします。ただし現地費用の相場は32,000円くらいです。TALKは若干高いです。

その他質問、疑問点、要求事項などがございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

ありがとうございました。

TALK ENEセンター関連資料

学校HPコンテンツ
https://phil-english.com/school/baguio-talk-ene-center/

 

訪問記
https://phil-english.com/correspondent/toeic-talk-ene-center-report/

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube