お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2018/12/28

英語初級者はフィリピン渡航前に単語暗記しておくことが重要

qiestion:フィリピン留学前に学習面でどんな事を準備しておけばよろしいでしょうか?私の現在の英語レベルはまったくの初心者です。

英語初級者はフィリピン渡航前に単語暗記しておくことが重要

簡単な英単語の暗記作業が一番重要

英語初級者がフィリピン留学前になによりも先に優先させなければならない学習準備は簡単な基本レベルの英単語暗記です。単語数にして1,000~1,200個です。辞書などで見ると最重要英単語には星4つか5つくらいのマークが付けられています。
英文法ができなくても、英文を読み書きできなくても英会話は成立します。ですが最重要英単語を知っておかなければ何も始まりません。

単語暗記しないとフィリピン留学で苦労する

英語初級者はフィリピン渡航前に単語暗記しておくことが重要

フィリピン留学の代名詞とも言えるマンツーマン指導は講師1名、生徒1名で授業が進行いたします。
マンツーマン授業の1コマの時間数は45分~50分。隔離されたマンツーマンブースでの二人きりのやりとりですので密度が濃く、時間がゆっくり進みます。
フィリピン講師はビギナーに対しては一番簡単な単語を使ってゆっくり話しかけてきます。ですがそれすらできないと先生の話している事がまったくわからず苦痛の時間が続きます。

留学時間がもったいない

本来単語暗記は自分の家でできます。ですが単語をあまり暗記していない状態でフィリピン留学に参加すれば、最初は単語暗記に多くの時間を費やさなければならなくなります。家でできる事をフィリピンで行うというのは効率が悪いですし、お金がもったいないです。

スタートダッシュが可能

一番基礎的な英単語が身についている状態でフィリピン留学に臨めば先生が言っている事が吸収しやすいですし、たとえ一つの単語しか発せられなくてもそれだけで講師とのコミュニケーションをなんとかこなしていけます。この状態でも相手に通じるという事がわかりますので授業が楽しくなりますし、授業の時が過ぎるのが早くなります。

どれくらい、どの程度まで英単語を学習すべきか

英語初級者はフィリピン渡航前に単語暗記しておくことが重要

どれくらい単語を暗記しておくべきか

アメリカのトランプ大統領は英単語を1,500個しか会話に使わないそうです。もちろん彼が備える語彙数は1万個を超えると思われますが、簡単で相手にわかりやすいコミュニケーションを信条とされているようです。

イギリスの有名な言語学者チャールズ・オグデン博士は最も基本的な英単語850個を使いこなせれば英会話に不自由しないと唱えております。Ogden:s Basic Englishと呼ばれています。
こちらオグデン博士の850個の英単語リストです。http://www.manythings.org/vocabulary/lists/l/words.php?f=ogden

最も基本的な英単語は中学校で習う基礎英単語です。大体1,000~1,200個です。これを徹底的に暗記して使いこなせるようになるのであれば外国人との英語の意思疎通は問題なくできるようになります。

どのくらい徹底して暗記するか

暗記してもすぐに忘れてしまうのが英単語です。うろ覚えで暗記する事はそれほど難しくないですが、理想ではどの中学英単語も日本語が出れば即時英単語を口に出せるレベルまでもっていきたいです。
暗記というよりは訓練といった方が正確かもしれません。毎日訓練を積めば4~5か月で到達できるレベルです。

まとめ

英語初級者はフィリピン渡航前に単語暗記しておくことが重要

フィリピン留学する前に自宅で中学レベル基礎英単語1,000~1,200個を徹底的に暗記する。
こちらが英語初級者がフィリピン留学を大成功に導く土台となります。
中学英単語を徹底暗記した英語ビギナーのフィリピン8週留学のほうが、単語を暗記しないで12週留学される方より断然英語力が上がるはずです。
たとえ英語初級者でも基礎英単語を武装する事によりフィリピンでは暗記した単語をどのようなシチュエーションでどのように使うかを学びに行く一段ステップアップした留学を目指します。


スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube