お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

1週間留学でビジネス英語を勉強したい。

business_english_school

正直ビジネス学科の需要は少ないんですよ。ビジネスをきちんと教えていると認識している学校はマニラのC21、クラークのCIPくらいですね。どれも1週間留学が可能です。

ビジネスコースの特徴

フィリピンのビジネスコースは欧米圏のビジネスコースとちょっと違います。ESLコースの中高級~高級過程とビジネスの混合タイプと見たほうがいいです。 ビジネス関連教材を使い各学校の一番の先生が教えるという共通点はあります。ですが欧米圏のようなビジネスフィールドで豊富な経験をした講師あるいは外来 招待講師などによる授業、実践的な経験に基づいた授業ではないでしょう。

フィリピンのビジネスコースは教材を土台としたビジネス表現法を習うと考えたほうが無難だと思います。ビジネスコミュニケーションや各種書類作成関連テキストを忠実に守るといった感じでしょうか。

ビジネスコースの参加レベル

ビジネスコース参加レベルは中高級レベル(TOEIC600~)くらいは必要だと思います。ないとついていけなさそうです。それとビジネスコースはビジネス表現法を勉強するのであって、一般会話は全く上達しない点ご留意くださいませ。

代案としてはスービックのEDTがあります。フィリピン人オーナーのネイテイブを中心とした学校です。ここにビジネスを教えられるネイテイブ講師とフィリ ピン講師がいるのでマンツーマンクラスから2科目くらいを自由にまわせます。EDTはマンツーマン時間が5時間、ネイテイブグループ3時間、オプション2 時間と英語漬けのスパルタです。規則はゆるめですけど。追加料金でグループをネイテイブマンツーマンに変えたりできます。
EDTはマッチ式といい、自分が勉強したい科目があれば、その科目でコースを自由に編成できるメリットがあります。


よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube