2014/01/18

1週間留学でビジネス英語を勉強したい。

business_english_school

正直ビジネス学科の需要は少ないんですよ。ビジネスをきちんと教えていると認識している学校はマニラのC21、クラークのCIPくらいですね。どれも1週間留学が可能です。

ビジネスコースの特徴

フィリピンのビジネスコースは欧米圏のビジネスコースとちょっと違います。ESLコースの中高級~高級過程とビジネスの混合タイプと見たほうがいいです。 ビジネス関連教材を使い各学校の一番の先生が教えるという共通点はあります。ですが欧米圏のようなビジネスフィールドで豊富な経験をした講師あるいは外来 招待講師などによる授業、実践的な経験に基づいた授業ではないでしょう。

フィリピンのビジネスコースは教材を土台としたビジネス表現法を習うと考えたほうが無難だと思います。ビジネスコミュニケーションや各種書類作成関連テキストを忠実に守るといった感じでしょうか。

ビジネスコースの参加レベル

ビジネスコース参加レベルは中高級レベル(TOEIC600~)くらいは必要だと思います。ないとついていけなさそうです。それとビジネスコースはビジネス表現法を勉強するのであって、一般会話は全く上達しない点ご留意くださいませ。

代案としてはスービックのEDTがあります。フィリピン人オーナーのネイテイブを中心とした学校です。ここにビジネスを教えられるネイテイブ講師とフィリ ピン講師がいるのでマンツーマンクラスから2科目くらいを自由にまわせます。EDTはマンツーマン時間が5時間、ネイテイブグループ3時間、オプション2 時間と英語漬けのスパルタです。規則はゆるめですけど。追加料金でグループをネイテイブマンツーマンに変えたりできます。
EDTはマッチ式といい、自分が勉強したい科目があれば、その科目でコースを自由に編成できるメリットがあります。

【リピーターの方よりお問い合わせ】

【リピーターの方よりお問い合わせ】 マンツーマン多めでスピーキングを集中的にできる学校の紹介をお願いします。 以前ご利用頂き誠にありがとうございます。 まずはご指定頂いたMONOLについてご回答いたします。 ■ MONOL 全てマンツーマン授業をご希望なのでOne on Oneコースをおすすめ致します。 正規授業はマンツーマン5時間で構成され、午前と午後に行われるオプション授業3時間半は参加自由となっております。 本コースですと課題も少なく全体的に学業強度は高くない為、授業以外の時間を自分のペースで予習や復習の時間に割り当てられます。 平日の外出も時間は決まっていますが可能で、比較的ゆるい校風です。 マニラ空港への指定ピックアップ日が決まっており、指定日以外ですとピックアップができない為個人で学校へ向かって頂きます。 以下スピーキングに特化したセブ島の学校をご紹介致します。 ■ EVアカデミー スパルタコースとセミスパルタコースの両方を運営。スピーキング中心であればPower Speaking コースに定評があります。 ほとんどがマンツーマンで構成されスピーキングを中心とした授業です。 Power Speaking6はマンツーマン6時間+グループ2時間で構成されますが、グループが必要でなければ参加しなくてもペナルティはありません。(事前要相談) スピーキング、発音矯正、ディスカッション、リーディング(会話力のためのリーディング授業)、プレゼンテーションなどの授業があります。 ライティングとリーディングの授業はほとんどありません。 〇 授業構成に関してはコチラ https://phil-english.com/wp-content/uploads/2016/07/Power-Speaking.pdf 綺麗な施設、管理者の対応、食事のクオリティは他の学校とその差は別格であり、フィリピン語学学校の中で最も優れていると言えます。 今年の予約はすでにほぼ埋まっている状態なほど人気校です。 セブの中心地までも車で10~15分程なので気軽に出かける事ができます。また、外出しない場合でも付帯設備が整っており、室内でも充実した時間をお過ごしいただける事でしょう。 〇学生レポーターが調査!施設とWifi環境は? 学校施設とインターネット環境について ■ CPI EVと同レベルの学校。違いはEVは放課後の外出が可能ですが、CPIは月~木曜日は外出禁止のスパルタ校です。 ただし顧客サービスを重視する学校なので、ルールに縛られる雰囲気ではありません。こちらもEVに劣らず施設・食事のクオリティ、管理者の対応はホテル並みです。 Intensive Englishコースは、マンツーマン5時間+グループ2時間で構成され、こちらもグループ授業は参加しなくても大丈夫です。(事前要相談) 〇学生レポーターが調査!施設とWifi環境は? フィリピン留学 : 今回はCPI寄宿舎についての説明とWI-FIにつ 〇学生レポーターが調査!気になる食事は? 【CPI】気になる食事や健康面について   以上3校のお見積もりを添付致します。ご確認お願い致します。 また、そのほかにもご要望がございましたらお知らせ頂ければご紹介させて頂きます。 ご検討宜しくお願い致します。 バギオに行くにはピックアップを利用したかったので、今回は紹介していただいた、EVアカデミー(セブ島)にしようかと思います。 心配なことは、先生方のやる気の問題です。バギオは全員間違いなしでした。 ぜひスピーキング力を伸ばしたいです。EVアカデミーのアピールを、もう一言、私に発信していただけると行く気、やる気が倍増するのですが…。 よろしくお願いします。 ————————————————————————————————- 講師のレベルについて、正直申し上げますと平均的に見てセブエリアの講師はバギオに比べて低下します。 他の地域を経験した方達はバギオ講師の発音や指導力面のすばらしさを実感します。 […]

>> More
現在初級レベル、50万円以下で12週留学を検討しています

現在初級レベル、50万円以下で12週留学を検討しています。英語の基本を身に付けたいです。地域の希望はありませんが、学習雰囲気の良い環境を紹介してください。   お問い合わせ頂き誠にありがとうございます。 初級レベルという事で、12週間で会話を中心に英語のベース(リスニング・リーディング・ライティング・リーディング)を満遍なく 学べるコースに特化したおすすめの学校を地域別にご紹介させて頂きます。 日本資本の学校は日本人の比率が高く英語を使う環境として学習雰囲気の面で低下するので今回は除かせて頂きます。ご了承ください。 以下学校詳細をご参照くださいませ。 ■CPI《セブ》 セブ島で最も人気のある学校。CPIは月~木曜日は外出禁止のスパルタ校です。 ただし顧客サービスを重視する学校なので、ルールに縛られる雰囲気ではありません。 授業運営・教師の質・食事・施設全てのクオリティにおいて他校より群を抜いて最高レベルです。 経営理念として『ホテルのようなサービス』と『会話中心の細かいカリキュラム』を掲げており、 ‘‘学校施設が良い‘‘ というだけでなく、授業と生活面に関する学生へのケアが整っています。 平日外出禁止ですが、付帯設備が整っており、授業の後校内でも十分に充実した時間を過ごせます。 現在の日本人の割合は約20%ほど。 お見積もりはGeneral Englishコース4人部屋です。女性専用6人と4人部屋の費用は同じです。 〇学生レポーターが調査!施設とWifi環境は? フィリピン留学 : 今回はCPI寄宿舎についての説明とWI-FIにつ 〇学校訪問インタビュー セブCPIの管理責任者(General Manager)インタビュー ■CELLA UNI《セブ》 平日外出が可能なセミスパルタの学校ですが、在学生の勉強に対する雰囲気が良い環境です。 多めのマンツーマン授業ながら廉価な授業料と自分の目的や要望によりカスタマイズできるカリキュラムが当校の特徴です。 慣れてきて自分の弱点が見えてきた時に自分の強くしたい部分に焦点を当てれます。 施設は中級レベルなので施設を重視する場合CPIのような豪華な作りではありませんが、清潔感があり食事や生活面で不便はありません。 セブ中心地まで車で約10分程で授業後いつでも気軽に外出できます。 現在の日本人の割合は30%ほど。 お見積もりはマンツーマン授業が多いPower Speaking 6コースです。 〇学生レポーターが調査!授業の内容と講師のレベルは? CELLA UNI校で最も効果のあった授業とその内容や効果的な勉強法について 〇学校訪問レポート CELLA UNI 学校見学レポート ■BECIメイン《バギオ》 一度フィリピンで他の地域を経験した方達が教師レベルに信頼を持つバギオ地域の代表校の1つです。 おすすめはスパルタESLコース。 マンツーマン5時間+グループ3時間+ナイトクラス3時間(必須)の11時間みっちり勉強コースです。 当校では、スピーキングに重点を置いた学校独自のプログラムを用いており‘‘考える‘‘ではなく‘‘体に身に付ける‘‘学習を行います。 スピーキング面で成果を出しやすい効果的なプログラムです。 当校は自然の中に位置し、セブの様に誘惑が多くありません。その為、施設内は充実しており勉強にしっかり集中したい方には最適な環境です。 現在の日本人の割合は30%ほど。 お見積もりはスパルタESLコースです。 ※バギオ地域は学費割引の制限があり割引率が低くなります。(他社も同様)ご理解お願い申し上げます。 〇2分でわかるBECIの全て!(動画) ■We […]

>> More

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube