お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

日本人少なめで留学費用が安い学校、2ヶ月留学

ILP

qaIconQ①日本人が少ない ②英語スピーキングの向上をはかりたい ③比較的留学費用が安い
留学期間が2か月のため、スパルタの学校を考えております。上記条件にあてはまる学校を何校か教えていただけますでしょうか。 英語は中学生レベルです。
(2013年10月)

qaIconA お客様は価格が廉価(8週で20~25万円)を希望され、日本人が少なく、短期の英語のコミュニケーション力アップを目指したいという事ですね。

まず価格部分の部分に触れます。現在当社ホームページで掲載している各学校の学費は公式学費です。お客様が選択される学校、留学期間によりその学費に当社独自の割引率が適用されます。

一般的に価格が高価であれば他より施設、講師、宿所および食事のレベルなどでベターな傾向にあるのは間違いありません。しかし学費が高いからと言って必 ずハイクオリテイというわけでもありません。例えばフィリピンの約20%の学校は教育サービスはまったく同じものを提供しながらも、日本人にだけ普通では 納得がいかないほどの高めの学費設定を実行しております。つまり同じ内容なのに日本人は学費千ドル、その他外国人は650ドルという不条理が実際に発生し ています。それと学費は高め設定ですが、内容は普通の学校よりも低いというケースもあります。高ければ間違いないだろうと思いがちな日本人の心理を逆手に 取っています。

一方で価格は安くても上質な学校もあります。コストパフォーマンスが高い学校を強いてあげるとすればバコロドのILP、クラークのCIP、ダバオのE&G、EDA、セブのCELLA、EV、バギオのPINES等があります。

次は日本人比率について触れます。大体日本語のウェブ検索に引っかかるフィリピンの語学学校の定員の2割くらいは日本人だと見てもいいでしょう。ですから日本人比率が少ない学校と言っても大体定員25%以内なら日本人がすくないと言えます。日本人が25%未満の学校は セブのSMEAGスパルタキャンパス、EV、ELSA、CEBU STUDY、CIJ、JIC、NLSがあります。バギオではMONOL、バコロドではJELS、イロイロではMK、Dream、マニラではParamountという学校がその代表格ですね。

日本人比率、学費などは入学を決める大きな要素となっております。ですが学校を決めていざ入学してしまうと割引をいくらしてもらったか、国籍比率はどれくらいかなどはあまり重要でなくなってきます。学校で学生を公平に扱い、講師が学習面で感動を与え、英語使用環境や学習熱環境がキャンパスを包み、生活をするにおいて快適さを与えているかどうかがポイントとなってきます。

日本人比率が高ければ英語学習環境が日本人にとって不利だと言えます。しかし日本人比率が高くてもそのマイナス点を軽く吹き飛ばすくらいマネージメント力がある学校も一部ではありますが存在いたします。

英語コミュニケーション力アップに特化したいとの事ですね。フィリピン語学学校のいくつかはお客様の希望に合わせた科目選定でプログラムを編成できるマッ チ式で授業を進行させる事も可能です。ですが授業は一切変更させず自分たちが積み上げた経験とノウハウをベースにしたプログラムをそのまま実施するところ もあります。典型的な学校はバギオのPINESやセブのEVなどがあります。上記2校はスパルタ学校ですが、スパルタ学校は基本的にマンツーマン授業内容の変更はいたしません。授業変更が出来ないからといって悪いというわけではありません。お客様の年齢や思考、希望などによりいい場合も多いです。

整理いたしますね。現在学費が廉価でありながらも(もちろん在学生の評判がよくなければなりません)日本人比率が低く、会話中心のプログラムの学校としてセブのCELLA、CIJ、バコロドのILP、JELS、ダバオのE&G、クラークのCIPがあります。その他価格は若干高めですがSMEAGクラシック(ESL-2コース)、CIA(Inensiveコース)などもおすすめです。

上記学校からILP、CELLA、CIPの8週お見積書を送付いたします。ご検討よろしくお願いいたします。

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ