お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

日本人少なめで留学費用が安い学校、2ヶ月留学

ILP

qaIconQ①日本人が少ない ②英語スピーキングの向上をはかりたい ③比較的留学費用が安い
留学期間が2か月のため、スパルタの学校を考えております。上記条件にあてはまる学校を何校か教えていただけますでしょうか。 英語は中学生レベルです。
(2013年10月)

qaIconA お客様は価格が廉価(8週で20~25万円)を希望され、日本人が少なく、短期の英語のコミュニケーション力アップを目指したいという事ですね。

まず価格部分の部分に触れます。現在当社ホームページで掲載している各学校の学費は公式学費です。お客様が選択される学校、留学期間によりその学費に当社独自の割引率が適用されます。

一般的に価格が高価であれば他より施設、講師、宿所および食事のレベルなどでベターな傾向にあるのは間違いありません。しかし学費が高いからと言って必 ずハイクオリテイというわけでもありません。例えばフィリピンの約20%の学校は教育サービスはまったく同じものを提供しながらも、日本人にだけ普通では 納得がいかないほどの高めの学費設定を実行しております。つまり同じ内容なのに日本人は学費千ドル、その他外国人は650ドルという不条理が実際に発生し ています。それと学費は高め設定ですが、内容は普通の学校よりも低いというケースもあります。高ければ間違いないだろうと思いがちな日本人の心理を逆手に 取っています。

一方で価格は安くても上質な学校もあります。コストパフォーマンスが高い学校を強いてあげるとすればバコロドのILP、クラークのCIP、ダバオのE&G、EDA、セブのCELLA、EV、バギオのPINES等があります。

次は日本人比率について触れます。大体日本語のウェブ検索に引っかかるフィリピンの語学学校の定員の2割くらいは日本人だと見てもいいでしょう。ですから日本人比率が少ない学校と言っても大体定員25%以内なら日本人がすくないと言えます。日本人が25%未満の学校は セブのSMEAGスパルタキャンパス、EV、ELSA、CEBU STUDY、CIJ、JIC、NLSがあります。バギオではMONOL、バコロドではJELS、イロイロではMK、Dream、マニラではParamountという学校がその代表格ですね。

日本人比率、学費などは入学を決める大きな要素となっております。ですが学校を決めていざ入学してしまうと割引をいくらしてもらったか、国籍比率はどれくらいかなどはあまり重要でなくなってきます。学校で学生を公平に扱い、講師が学習面で感動を与え、英語使用環境や学習熱環境がキャンパスを包み、生活をするにおいて快適さを与えているかどうかがポイントとなってきます。

日本人比率が高ければ英語学習環境が日本人にとって不利だと言えます。しかし日本人比率が高くてもそのマイナス点を軽く吹き飛ばすくらいマネージメント力がある学校も一部ではありますが存在いたします。

英語コミュニケーション力アップに特化したいとの事ですね。フィリピン語学学校のいくつかはお客様の希望に合わせた科目選定でプログラムを編成できるマッ チ式で授業を進行させる事も可能です。ですが授業は一切変更させず自分たちが積み上げた経験とノウハウをベースにしたプログラムをそのまま実施するところ もあります。典型的な学校はバギオのPINESやセブのEVなどがあります。上記2校はスパルタ学校ですが、スパルタ学校は基本的にマンツーマン授業内容の変更はいたしません。授業変更が出来ないからといって悪いというわけではありません。お客様の年齢や思考、希望などによりいい場合も多いです。

整理いたしますね。現在学費が廉価でありながらも(もちろん在学生の評判がよくなければなりません)日本人比率が低く、会話中心のプログラムの学校としてセブのCELLA、CIJ、バコロドのILP、JELS、ダバオのE&G、クラークのCIPがあります。その他価格は若干高めですがSMEAGクラシック(ESL-2コース)、CIA(Inensiveコース)などもおすすめです。

上記学校からILP、CELLA、CIPの8週お見積書を送付いたします。ご検討よろしくお願いいたします。

IELTSに強く、予算は12週で50万円

IELTSに強く、予算は12週で50万円 : IELTSに強く、設備の整っている環境で集中的に勉強できるIELTS学校を探しています。現在のIELTSスコアは5.5で、目標は6.0です。予算は12週で50万円以内だと助かります。おすすめの学校と、良い点、悪い点をそれぞれ教えてください。 : フィルイングリッシュ梶野 章と申します。 お問い合わせありがとうございます。 IELTSが強い学校というのは実はフィリピンではあまり多くありません。難易度が高いので学校自体が指導に力を入れる方針を持っていなければならず、講師も鍛えておかなければなりません。 セブですとEV、Philinter、 SMEAGクラシック 、CIAなどが有名ですが、費用は高いです。バギオに比べると3割増しくらいになります。学費は60万円を超えるはずです。 なので今回はバギオでIELTSに強い学校に限定してご紹介させて頂きます。 おすすめなのは、CNSII、PINESチャピス、HELPマーティンスです。どの学校でも12週あれば5.5から6.0に引き上げることは可能だと思います。 以下に各学校の特徴等についてご説明させて頂きます。 ・CNSII フィリピンで唯一のIELTS専門学校CNSII。ここはどちらかと言えば男性向きです。がさつな事が多少ございます。 施設は老朽化が進んでおりますし、ごはんもあまり評判は良くありません。マネージメントもがさつでケアも上手とは言えないでしょう。少人数の学校ですので、グループ授業でレベル違いの学生が混じる事も頻繁にあります。点数さえ取れればあとは目をつぶるという感覚でないとこの学校はおすすめできません。平日外出不可のスパルタ。夜に長時間にわたる強制自習時間があり、自習時間中の自分の机も決められています。 授業面で見ますと、フィリピン唯一のIELTS専門学校なだけあり指導経験は豊富ですし、先生も生徒もすべてIELTSの点数獲得に目を向けています。 先生が暇な時間に頼めばスピーキングテストのリハーサルにも応じてくれます。もし行かれるのであればこの制度を上手く活用された方が得策と言えます。 フィルイングリッシュのお客様でも、文句を言わず一生懸命勉強した人たちは結果を出し続けています。たまに8週で6.0から7.0などびっくりさせられるような事もあります。 そして値段が安いのも魅力です。 ・PINESチャピス 本日紹介する学校の中では一番バランスがいいです。 施設はかなり綺麗です。Wifi環境もいいです。EOP(英語のみ使用ルール)が徹底的に実施されております。 ですが、この学校はやる事がいっぱいあります。朝から晩まで授業、宿題、課題がひっきりなしに続き、追い込まれます。 この学校を選ぶのであればなにがなんでも最後までやり通すという覚悟が必要です。その分返ってくるものも大きいです。まさしく典型的なつめこみ方スパルタ学校でしょう。 朝はオプションクラスがありますがこちらは参加自由です。午前から午後にかけて通常8時間の正規授業をこなします。食後には2時間のオプション授業に義務参加、その後は1時間の強制自習。夜10時くらいまで管理型のみっちりしたスケジュールが組まれます。ごはんはそこそこ評判良いです。 PINESは朝から晩まで管理型ですが、マーティンスは管理型学校ではありません。ある程度授業間にゆとりがあります。正規授業とオプション授業を含めた授業総数はPINESより少ないです。夜の自習時間は設けられておりますが、基本的には学生に判断を委ねています。頭を押さえつけられるような指導パターンではなく、自分のペースで勉強されたい方に向いています。 ・PINESチャピスとHELPマーティンスの比較 こちら最近書きましたチャピスとマーティンスの記事です。だいたいどんな感じか把握できると思います。 https://ryugaku-philippines.com/2018/07/30/comparison-between-chapis-and-martins/ ・入学指定日について CNSII、PINESとHELPは入学指定日が決まっています。2週毎です。その日にマニラ空港に到着し、指定場所で関係者又はBESA(バギオ語学学校連盟スタッフ)と合流し、一緒に学校まで移動いたします。 以下今年の入学指定日となります。 ※ CNSIIとPINES 7/7, 7/8、7/21, 7/22、8/4, 8/5、8/18, 8/19、9/1, 9/2、9/15, 9/16、9/29, 9/30、 10/13, 10/14、10/27, 10/28、11/10, 11/11、11/24, 11/25、12/8, 12/9、12/22, 12/23 ※ HELP Martins 5/13、5/27、6/10、6/24、7/8、7/22、8/5、 […]

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ