お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/10/17

留学費用が安くてマンツーマン授業が多い語学学校は?

cebubacolodiloilomap

qaIconQ どこか安くてマンツーマン授業が多い語学学校を探している。おすすめの学校の特徴なども知りたい。

qaIconA 廉価でマンツーマンの多い学校はバコロドとイロイロに集中しております。バコロドのJELS、ILPやイロイロのDREAM、We Academyあたりですと12週でセブなど地方の学校と同じ条件で比べた場合金額にして10万から15万円程差がでてきます。

上記学校は基本マンツーマン授業を6~8時間提供しております。
金額的には似たよったものですが、バコロドとイロイロの街や学校のカラーはかなり違います。そのような部分を踏まえて学校を選定なさればと思います。

フィリピン留学の学生たち

立地部分

バコロドは地方小都市であり、小さな都市部にお店や施設が密集している特徴があります。そしてバコロド都市部のど真ん中に位置するのがILPとJELSです。両校とも学校を一歩出れば各種ショップやショッピングモールなども徒歩圏内にありますので生活は非常に便利です。
一方イロイロは市内に大学が45~46ある学園都市で、街や道路は大きいです。移動は基本ジプニー(個人バス)かタクシーになります。DREAMやWe Academyの周辺(DREAMとWe Academyは半径300mくらいの所に位置します。)学校周辺に小規模スーパーマーケットやサリサリ(フィリピン人経営小規模雑貨店)、フルーツ小売店などがありますが、本格的な買い物をしたいのであれば学校の前を巡回しているジプニー(1回20円くらい)に乗って20分くらい移動すれば最大手ショッピングモールであるSMの玄関まで連れて行ってくれます。
バコロドは徒歩圏、イロイロは車移動という立地です。

物価の部分

物価でいうとバコロドは最安値地域だと思います。レストランからフルーツ露店に至るまでセブより3割は安いので夜や土日はあまりお金をかけずとも遊べます。イロイロは月並みです。セブの物価とあまり変わりません。

治安の部分

フィリピンで深夜女性が一人で歩いても大丈夫な街と言われているのがダバオとイロイロです。(絶対お勧めいたしませんけど。)イロイロは基本治安の事は心配しなくていいです。日本の田舎都市の治安と思っていただければ間違いないです。
バコロドも深夜一人で歩く、貧民住宅街の奥にどんどん入っていくなどの無茶をしなければ問題はないでしょう。少なくともマニラやセブよりは治安がはるかにいいです。

学生の国籍比率

伝統的にバコロドの学校には台湾人が多く在籍いたします。これは今から10年以上も前からバコロドの学校達が台湾に目を向けコンスタントに誘致活動を行ってきた結果です。
通常JELSやILPには台湾の学生が構成比率にして3~4割は在籍しています。その他韓国人3~4割り、日本人2~3割といった具合です。ですが構成比率はめまぐるしく変わるのでチェックが必要です。
DREAMは韓国人7~8割、日本人2~3割です。We Academyは一定しておりません。台湾人が5割いたり、日本人が5割いたり、韓国人が6割いたりその時その時によって構成が変わります。

講師のレベル部分

DREAMとWe Academyの講師のレベルは全国レベルです。他のどの優秀校にもひけをとりません。学費が特別安くても初級者、中級者はもちろんの事上級者にも十分対応できる学校です。学習面を最重視する方にとってはコストパフォーマンスが一番高い学校だと判断いたします。DREAMとWe AcademyはTOEICも強く、マンツーマン授業の中からTOEICを2科目くらい組み入れる事も可能です。
JELSやILPは特に際立って優秀と言えるほどではありません。ですが英語初心者が12週くらい勉強して日常生活で支障をきたさないレベルに育ててくれるという観点ではいい学校です。その理由についてはアフターの部分で補足説明いたします。

アフターの部分

バコロドの学校は面白い伝統があります。台湾、日本、韓国人達学生と講師が入り混じってよく飲みに出歩く文化です。ILPの近くではほぼ毎晩そんなサークルがあります。しかも複数です。使う言語はもちろん英語。昼間はマンツーマン授業を充実させ、夜はみんなと英語を使ってわいわいがやがや楽しみながら実践英語を習っていきます。ちょっと邪道ですが楽しみながら会話を使えるようになる方法がJELSやILPにあります。物価が安いので飲み代も100ペソ(240円)もあれば足ります。週半分は自習して、残り半分は飲みに行って会話力を磨くというやり方もいいかも知れませんね。
それとは対照的にイロイロに集まる学生はまじめな人が多いです。夜一生懸命自習したりします。イロイロ自体ギャンブル施設や夜の街などがなく、繁華街も小さいので遊ぶ場所があまりないという立地条件も影響しているとは思います。ですが昼間習った事を夜復習しておいて忘れなくするという部分は学習において一番重要な姿勢です。

レジャーの部分

バコロドもイロイロもセブやダバオのようにすぐ身近にエメラルド色の海があるわけではありません。車で2~3時間くらい移動しなければならないのでマリンスポーツの利便性はそれほどよくありません。但しバコロドには車で1時間の所にマンボカルという有名な山があります。ハイキング、温泉、登山などの目的でセブやマニラからも人がやってきます。イロイロのあるバナイ島にはフィリピン屈指のリゾートボラカイがあります。イロイロの学校に通う学生は一度はここで2泊3日から3泊4日の小旅行をするのが定番となっております。イロイロ市内から車で5~6時間。ちなみにバコロドからイロイロまでは高速船で1時間。バコロドの学生もよくボラカイに行きます。

施設の部分

施設は4校ともある程度立派です。JELSは見栄えも部屋の中も新しく綺麗です。施設ならこちらが一番いいです。ILPは外から見た建物は立派ですが、寄宿舎の部屋自体はそれほどゴージャスではありません。けっしてぼろくはないですが普通レベルです。DREAMは外からの見栄えはちょっと老巧化が目立ちますが部屋はスペースが広めで綺麗に手入れされております。We Academyは校舎はすこし古さが目立ちぼろいですが、寄宿舎は新築で新しいです。

航空券の部分

バコロドとイロイロはマニラについて一度乗り換えますが、フィリピン航空やセブパシフィックを利用すれば同じラインでいけるので値段的にはあまり差はありません。年末年始や夏は高くなりますが、通常は5~6万円台でいけます。

上記で興味を持たれた学校がございましたら学校名、留学期間、選択コース、部屋のスタイル(部屋人数のスタイル)等ご記入の上メールくださいませ。24時間以内にお見積書を送付いたします。お問い合わせありがとうございました。

4週間10万円以下の語学学校

4週間10万円以下の語学学校

「フィリピン留学は、格安で留学できる」という噂を聞いてフィリピン留学を知った人は多いのではないでしょうか。今でこそ、人気のセブ島は物価上昇などにより、留学費用が比較的高くなってきてはいますが、まだまだフィリピン留学は格安なんです。

>>>4週10万円以下の語学学校一覧を見る

フィリピン語学留学で1ヶ月にかかる費用はどれくらい?

フィリピン語学留学で1ヶ月にかかる費用はどれくらい?

「フィリピン留学は安いんだよ!!」友人や知人からそう聞いてフィリピン留学を知った人は多いと思います。もしかしたらこの記事を読んでいただいているあなたも、ひょんなキッカケでフィリピン留学を知ったのではないでしょうか。

>>>フィリピン留学費用詳細を見る

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ