お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

スパルタ、会話重視、ビジネス英語のマスター

スパルタ、会話重視、ビジネス英語のマスター

qaIconQ 「スパルタ/日本人少なめ/ヒアリング・スピーキング強化」が希望です。


・渡航時期:2013年11月(なるべく早め希望)
・留学期間:3か月間
・その後、ワーホリを考えてます。 現在TOEICは650~700程度。おすすめの学校はありますでしょうか?

qaIconAフィリピン語学学校でビジネスコースを設立しているのは10数校あります。しかしコンスタントに運営している学校はそう多くありません。それはちょっと意外に思うかもしれないですがビジネスコースの需要が少ないからです。

今ビジネスで進められる学校はクラークのCIPでセミスパルタです。
それとTOEIC650~700ですから中初級から中級レベルです。そのレベルを受け入れられる学校も少ないです。フィリピンの語学学校の9割は英語ビギナーのための学校だからです。

上記CIPは中級者対応可能です。

中級者用学校で忘れてならないのはPINESです。ここは中級者の粒が揃っています。ですがここでビジネスを受けるには全部で10段階あるレベル中8のレベルに達していなければなりません。レベル8ですとTOEIC800くらいです。スピーキングを磨く中級者の学校としては最適です。

それでは一つ一つ見ていきます。

バギオのPINESチャピスキャンパス

PINES Chapis
フィリピンでスパルタは結構あります。いい学校もあります。ですがスパルタは基本的に初級を中初級に引き上げるプログラムです。ですからスパルタは○○様 のレベルには合いません。しかし例外があります。PINESのチャピスキャンパスです。ここはスパルタでは唯一中級者上級者用キャンパスとなっています。 学生レベルも高く、学習雰囲気も非常にいいです。コースはSparta Speakingがいいでしょう。マンツーマン4時間、グループ4時間、特別授業 2~3時間で一日10~11時間の授業が進行します。レベル8以上に達した人間のみ4時間のマンツーマンから1~2時間くらいビジネスクラスを選択できま す。

チャピスキャンパスの学生の最低レベルはTOEIC600くらいですから○○様なら入学可能でしょう。

クラークCIP

Clark CIP

アメリカ人、イギリス人、カナダ人、オーストラリア人などネイテイブスピーカーの対比率が学生7.5人に1名の学校です。スパルタではないですが学習雰囲 気はいいです。フィリピンで受付締め切りが一番早い学校でもあります。この学校も他の学校よりは中級者の数が多いです。実は先週CIPに行ってまいりまし た。そこでネイテイブのグループ授業に参加しましたが、アメリカ人講師に対し学生は私を除き2名。上級者のクラスで2人ともTOEIC800点以上を保持 していました。

中級者上級者がいない学校に中級者が入るとグループで自分だけ浮いてしまうという事になります。受講者はほとんどみんなビギナーだからです。この問題はフィリピンのほとんどの学校で発生しています。

推薦コースはIntensive Aコースまたはビジネスコースです。ビジネスコースはマンツーマン4時間(2時間のネイテイブマンツーマンを含む)+ネ イテイブグループ2時間、オプションフリークラス1時間です。Intensive Aはマンツーマン5時間(2時間のネイテイブ授業を含む)+ネイテイブ グループ3時間+オプション1時間です。

この学校は対応が柔軟でスピーキング力を伸ばしたい方にはビジネスコース4時間のマンツーマン授業から1~2時間を通常のESLスピーキングクラスに回す 事もできます。コース選択時ネイテイブ講師の国籍を指名するという事もできます。現在日本人在籍率は55%と高めなのが弱点です

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube