お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

スパルタ、会話重視、ビジネス英語のマスター

スパルタ、会話重視、ビジネス英語のマスター

qaIconQ 「スパルタ/日本人少なめ/ヒアリング・スピーキング強化」が希望です。


・渡航時期:2013年11月(なるべく早め希望)
・留学期間:3か月間
・その後、ワーホリを考えてます。 現在TOEICは650~700程度。おすすめの学校はありますでしょうか?

qaIconAフィリピン語学学校でビジネスコースを設立しているのは10数校あります。しかしコンスタントに運営している学校はそう多くありません。それはちょっと意外に思うかもしれないですがビジネスコースの需要が少ないからです。

今ビジネスで進められる学校はクラークのCIPでセミスパルタです。
それとTOEIC650~700ですから中初級から中級レベルです。そのレベルを受け入れられる学校も少ないです。フィリピンの語学学校の9割は英語ビギナーのための学校だからです。

上記CIPは中級者対応可能です。

中級者用学校で忘れてならないのはPINESです。ここは中級者の粒が揃っています。ですがここでビジネスを受けるには全部で10段階あるレベル中8のレベルに達していなければなりません。レベル8ですとTOEIC800くらいです。スピーキングを磨く中級者の学校としては最適です。

それでは一つ一つ見ていきます。

バギオのPINESチャピスキャンパス

PINES Chapis
フィリピンでスパルタは結構あります。いい学校もあります。ですがスパルタは基本的に初級を中初級に引き上げるプログラムです。ですからスパルタは○○様 のレベルには合いません。しかし例外があります。PINESのチャピスキャンパスです。ここはスパルタでは唯一中級者上級者用キャンパスとなっています。 学生レベルも高く、学習雰囲気も非常にいいです。コースはSparta Speakingがいいでしょう。マンツーマン4時間、グループ4時間、特別授業 2~3時間で一日10~11時間の授業が進行します。レベル8以上に達した人間のみ4時間のマンツーマンから1~2時間くらいビジネスクラスを選択できま す。

チャピスキャンパスの学生の最低レベルはTOEIC600くらいですから○○様なら入学可能でしょう。

クラークCIP

Clark CIP

アメリカ人、イギリス人、カナダ人、オーストラリア人などネイテイブスピーカーの対比率が学生7.5人に1名の学校です。スパルタではないですが学習雰囲 気はいいです。フィリピンで受付締め切りが一番早い学校でもあります。この学校も他の学校よりは中級者の数が多いです。実は先週CIPに行ってまいりまし た。そこでネイテイブのグループ授業に参加しましたが、アメリカ人講師に対し学生は私を除き2名。上級者のクラスで2人ともTOEIC800点以上を保持 していました。

中級者上級者がいない学校に中級者が入るとグループで自分だけ浮いてしまうという事になります。受講者はほとんどみんなビギナーだからです。この問題はフィリピンのほとんどの学校で発生しています。

推薦コースはIntensive Aコースまたはビジネスコースです。ビジネスコースはマンツーマン4時間(2時間のネイテイブマンツーマンを含む)+ネ イテイブグループ2時間、オプションフリークラス1時間です。Intensive Aはマンツーマン5時間(2時間のネイテイブ授業を含む)+ネイテイブ グループ3時間+オプション1時間です。

この学校は対応が柔軟でスピーキング力を伸ばしたい方にはビジネスコース4時間のマンツーマン授業から1~2時間を通常のESLスピーキングクラスに回す 事もできます。コース選択時ネイテイブ講師の国籍を指名するという事もできます。現在日本人在籍率は55%と高めなのが弱点です

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ