Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
Quick Email
お急ぎメール
2016/09/02

バギオのCNSIIは過剰評価されてませんか?

baguio_cns2_ielts_study

風のウワサですが、バギオCNSIIの評価と実情のギャップがすごいと聞きました。昔はベテラン講師が多かったが、今は信頼できるベテラン講師は次々と辞めており、今は昔ほどよくない等きいたことがあります。学校の実情をお伺いしたいです。

前回はフィルイングリッシュを通しPINESにご登録いただき誠にありがとうございました。今回再度IELTS関連のお問い合わせありがとうございます。
昨年の秋ですがPINESチャピスでIELTSを勉強していた方がCNSIIに移ったのですがグループメンバーのレベルがバラバラ、EOP(English Only Policy)が実施されていない、先生の実力にばらつきがあると言って怒って途中退学して再度チャピスに戻って行きました。

講師の姿勢、EOPの徹底度、きちっとしたレベルの区分けなどどれをとってもチャピスが優秀に見えます。ただ点数伸び率という結果で見るとやはりCNSIIの方が上を行く感触を持っています。その秘密は先生が後輩の先生にどうすれば点数を上がらせる指導ができるかの秘密を継承伝達し続けているからなのかもしれません。部分部分で見ればいろいろ目に付く学校です。

ですが他の学校に比べ実績が圧倒的に強いです。不思議にも思えますが、実際にここに送り予想値より早いスピードで目標点数を到達する人たちがぽこぽこ出続けているのを目撃してきました。IELTS 5.5から8週か12週で6.5までなど。

ネットでいろいろ悪口が書かれているのは把握しております。部分的には事実かも知れません。ベテランが2年前に比べ少なくなったのも本当です。ですが今でも実績を出し続けているという一番重要な部分が言及されておりません。

この学校は先生全体がどこを勉強すれば点数を取れて、どこの分野は点数と関係ないので切り捨てるべきという事をよく把握しているように見えます。

CNSIIは紹介するのが難しい学校です。特にPINESを経験した人に対しては。『点数が上がるならその他の事は全部目をつぶる』と最初から割り切っている人でないとだめです。はまれば最強、はまらなければドツボです。うがった見方で表現するのであればギャンブル性があります。いいという人といやだという人とはっきり分かれます。

CNS2 学校詳細

CNS2はIELTS 6.0以上の高得点取得を留学生が多く集まる英語スクールです。最近、欧米圏大学への入学や就職でIELTS点数を希望していらっしゃる方が多くなっています。CNS2は日本から来る留学生より、オーストラリア、ニュージーランドでIELTS専門学校に通っていた留学生が、点数が上がらなくて来るケースが多いです。

>>>CNS2 学校詳細を見る

IELTS スコアアップ ガイドライン

ELTS(アイエルツ、International English Language Testing System)とは非英語圏の人間が英語圏で生活するのに必要な英語力を計る検定試験の一つです。IELTSは創設からの歴史は浅いですが、その実用性と審査基準の公正さから世界各地で急速に普及され、国際英語力認定基準の大きな柱となりつつあります。

>>>IELTSスコアアップ特集を見る

よく読まれている留学体験記