お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

一年で英語を極めたい。中初級者②

qaIconQ 梶野さん、本当に詳しく説明してくださってありがとうございます。
実は今年の六月から八月にかけて七週間アメリカに交換留学したのですが日常会話なら少しはこなせるのですが、学術的な話題や自分の哲学的な話題になるとまったく話せないということがありました。
それが悔しくてしょうがなかったので、今回のフィリピン留学ではTOEICの点数もあがればうれしいのですが、英語を可能な限り日本語に近づけることを一 番の目的としています。そして、そのためなら一年程度を費やせるのですがそういう場合どのようなプランが考えられますか?

qaIconAぶっちゃけた話1年で英語を極めたいという話ですか?

ではIELTSをお勧めいたします。

現在世界のメジャーな資格としてはTOEIC、TOEFL、IELTSがあります。

純日本企業で就職をお考えなら一にも二にもTOEICです。国内では圧倒的な力を発揮します。TOEFLはアメリカ、カナダでの大学、大学院入学に必要な 点数です。しかし欧米圏とくにイギリス、オーストラリアあたりではIELTSが物を言います。例えば就職の際7.0を持った人は敬意を持って迎えられ、 6.5でも丁重に扱われるでしょう。6.0でも多分就職できます。6.0以下だとあまり相手にされません。IELTSを持っていればその他永住権を持てた り、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド等の大学や大学院に入れたりします。国際機関などが就職で要求するのもIELTSです。

別にIELTSが国際的に認可されているメジャーな資格に育ったからIELTSをおすすめしているわけではありません。TOEICはフェアな資格ではない んですよ。例えばTOEIC900点持っていれば日本の企業は尊敬しますが、900点持っていてもスピーキングが弱い人はごろごろいます。僕もその類で す。でもIELTSは違うんですよ。7.0持っている人でスピーキングがへたな人は一人もいません。皆達人域です。点数=実力がIELTSの凄みなので す。受験勉強する価値があります。受験代1万8千円くらいなので高いですけど。。。

こんな案を考えてみました。

第一校CIA(Intensive Course) 8週間+第2校SMEクラシックキャンパス(IELTSコース)16~20週間

目指すはIELTS7.0です。

総仕上げでクラークのCIPでネイテイブマンツーマンのIntensive Aコース 8週間~12週間

これでいけると思います。

第一校目はCIA以外ではセブではEnglish Fellaでしょうね。

この学校の講師のレベル、コース運営力は秀逸です。ですが堅苦しい学校です。

toeic_ielts_test


第二校目はセブのSMEクラシックキャンパスでIELTSコースです。

CIAにもIELTSはありますが、SMEのほうがIELTSでは経験豊富です。

当社を通じて20週SME IELTS5.5からスタートした男性の方(30代、TOEIC480点)6.5を目指していたのですが、最後に7.0で優秀の美を飾りました。オーバーオールですけど。

CIPは今フィリピンで一番人気のある学校と言っても差し支えないです。非常に満足度の高い学校です。ここはIELTSも優秀です。

ここでIELTSという選択肢もあります。

こちら先日当社がCIP在学生と一緒に催した焼肉パーテイーの様子です。


大体こんな所ですかね。

基礎8週+IELTS20週+ネイテイブ8週で36週です。

もしご興味を持たれましたら、お見積書を送付いたします。

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ