お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

一年で英語を極めたい。中初級者②

qaIconQ 梶野さん、本当に詳しく説明してくださってありがとうございます。
実は今年の六月から八月にかけて七週間アメリカに交換留学したのですが日常会話なら少しはこなせるのですが、学術的な話題や自分の哲学的な話題になるとまったく話せないということがありました。
それが悔しくてしょうがなかったので、今回のフィリピン留学ではTOEICの点数もあがればうれしいのですが、英語を可能な限り日本語に近づけることを一 番の目的としています。そして、そのためなら一年程度を費やせるのですがそういう場合どのようなプランが考えられますか?

qaIconAぶっちゃけた話1年で英語を極めたいという話ですか?

ではIELTSをお勧めいたします。

現在世界のメジャーな資格としてはTOEIC、TOEFL、IELTSがあります。

純日本企業で就職をお考えなら一にも二にもTOEICです。国内では圧倒的な力を発揮します。TOEFLはアメリカ、カナダでの大学、大学院入学に必要な 点数です。しかし欧米圏とくにイギリス、オーストラリアあたりではIELTSが物を言います。例えば就職の際7.0を持った人は敬意を持って迎えられ、 6.5でも丁重に扱われるでしょう。6.0でも多分就職できます。6.0以下だとあまり相手にされません。IELTSを持っていればその他永住権を持てた り、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド等の大学や大学院に入れたりします。国際機関などが就職で要求するのもIELTSです。

別にIELTSが国際的に認可されているメジャーな資格に育ったからIELTSをおすすめしているわけではありません。TOEICはフェアな資格ではない んですよ。例えばTOEIC900点持っていれば日本の企業は尊敬しますが、900点持っていてもスピーキングが弱い人はごろごろいます。僕もその類で す。でもIELTSは違うんですよ。7.0持っている人でスピーキングがへたな人は一人もいません。皆達人域です。点数=実力がIELTSの凄みなので す。受験勉強する価値があります。受験代1万8千円くらいなので高いですけど。。。

こんな案を考えてみました。

第一校CIA(Intensive Course) 8週間+第2校SMEクラシックキャンパス(IELTSコース)16~20週間

目指すはIELTS7.0です。

総仕上げでクラークのCIPでネイテイブマンツーマンのIntensive Aコース 8週間~12週間

これでいけると思います。

第一校目はCIA以外ではセブではEnglish Fellaでしょうね。

この学校の講師のレベル、コース運営力は秀逸です。ですが堅苦しい学校です。

toeic_ielts_test


第二校目はセブのSMEクラシックキャンパスでIELTSコースです。

CIAにもIELTSはありますが、SMEのほうがIELTSでは経験豊富です。

当社を通じて20週SME IELTS5.5からスタートした男性の方(30代、TOEIC480点)6.5を目指していたのですが、最後に7.0で優秀の美を飾りました。オーバーオールですけど。

CIPは今フィリピンで一番人気のある学校と言っても差し支えないです。非常に満足度の高い学校です。ここはIELTSも優秀です。

ここでIELTSという選択肢もあります。

こちら先日当社がCIP在学生と一緒に催した焼肉パーテイーの様子です。


大体こんな所ですかね。

基礎8週+IELTS20週+ネイテイブ8週で36週です。

もしご興味を持たれましたら、お見積書を送付いたします。

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube