お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2018/01/29

フィリピン親子留学について

qaIconQ
ビーチの近くで、綺麗な海を眺められるキャンパスでTOEICの点数をあげたい。

親子留学

4歳と1歳の2人を連れて渡航予定です。 下の子に離乳食を作りたいので、キッチン付きがマストです。 私が授業を受けている間、可能であればプラスその他の時間でもベビーシッターをお願いしたいです。生活のサポートをしてもらう方がいると助かります。グループレッスンでも、楽しんで英語で遊ぶような環境希望。 午前中のみか、午後の早い時間まででお願いしたいです。 キッズルームやプールがあるような環境だと嬉しいです。 近くにコンドミニアム等を借りて通うスタイルでも可能です。 どこか適した学校があればご紹介をお願い致します。

qaIconA

フィリピン語学学校は基本キッチンを付けません。防災予防のためです。例外としてCIJクラシックという学校がございます。但し結構値段はいたします。

セブ CIJジュニア

CIJ Class

CIJジュニアセンターはセブ中心に位置する親子留学専門学校です。宿舎はコンドミニアム方式でリビングとキッチンは共有、お部屋は2つか3つありその中の一つを利用します。冷蔵庫もついてます。

4歳のお子様は一日4時間のKinderコースを推薦いたします。それ以上のコースもありますが小さな子供には負担がおおきいと思われます。

お母様はガーディアンコースを受講可能です。追加授業(4週1時間追加で150ドル)も可能です。

授業詳細はこちらをご参照お願いいたします。

ベビーシッターの雇用も可能です。一日7~8時間。7~8時間勤務で4週8千ペソ程度だそうです。約18,000円くらいです。

何人か候補を紹介されお母様が直接選びます。学校はそれ以上の事は関与せず、責任もとらないとの事です。

CIJスパルタは1歳の幼児でも食事を取るとらないに関係なく4週800ドルの寄宿舎費用を請求いたします。

CIJは施設の面で見ますとセブトップクラスです。かなりいいです。

>>>セブCIJジュニアの学校詳細

クラークCIPジュニア

CIP Classic

もしキッチンの部分で妥協できるのであればその他条件は満たすCIPという学校もおすすめです。親子留学専門学校ではないですが経験は豊富です。

この学校は1歳以下のお子様には寄宿舎費用を請求いたしません。食事をなされても請求されません。

お子様にはネイティブスピーカー1時間+フィリピン講師マンツーマン3時間のCコース、お母様はガーディアンコースとしてマンツーマン3時間+小グループ1時間を推薦できます。

お母様が一般コースを受講する事も可能です。

CIPでもベビーシッターの臨時雇用可能です。

CIPはマニラ北70kmで移動が2時間30分ほどかかるのがマイナスポイントです。クラーク国際空港からですとすぐですが、航空費用は高くなります。

>>>クラークC IPジュニア学校詳細

お見積書を送付いたします。ご検討よろしくお願いいたします。

※重要

フィリピン留学経費にはお見積書の納付額(=学費=授業料、寄宿舎費、食費、掃除代、洗濯代)の他に現地で発生する現地費用(お見積書ペソ部分)があります。現地費用には光熱費、テキスト代、ビザ更新費、フィリピン政府が発行しすべての語学学校学生に取得義務のあるSSPという特別学生認可証費などが含まれます。(お見積書ペソ部分)現地費用は学校にペソで直接支払います。現地費用総額はどの学校でも発生し、金額はどこのエージェントを通しても全く同じです。ペソを日本円に換算したい場合には本日のレートですと2.3掛けくらいです。1,000ペソですと2,300円になります。

現地費用は光熱費の使用量や為替レート、選択する授業科目や授業数等により若干上下いたします。

寄宿舎保証金は部屋の破損などがなければ最後に戻ってきます。

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube