お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

英会話とゴルフをしたい。

davao_eng_golf

平日もゴルフ三昧の英語学校がひとつあります。週4回18コースのグリーンフィールドに出ます。週末も学校がメンバーを集めてくれますからご希望なさればコースに出れます。
平日は午前中4時間のマンツーマン授業を受け(科目は学習者の希望に合わせる)、午後にコースに出かけます。勉強とゴルフがセットになっているのでその度にわざわざ手続きをするわずらわしさがありません。

学校はフィリピンで唯一海の真ん前にあるので、ゴ ルフが終わった放課後は海辺のバンガローハットで潮風にあたりながらビールを片手に時を過ごす贅沢さもあります。週末には学校前の波止場から小さな船に 乗って10分くらいにある離れ孤島などに行って時をすごせたりします。マリンスポーツも盛りだくさんです。

この学校はダバオにあるE&Gです。この学校はシニアの方など比較的のんびりした速度で
勉強と余暇を過ごしたい方々に好まれています。
詳細はこちらをご覧くださいませ。
南国のでっかい太陽、青い海と空、ヤシの実と亜熱帯高気圧。南国の楽園という代名詞がぴったり合う町がダバオです。マニラ、セブに次フィリピン第3の都市であるダバオは国内で一番治安がいい街です。

ゴルフ練習場はタクシーで15~20分(タクシー 代約120ペソ=300円)で、一回で5~6ボックス打ったとして350ペソ(880円)くらいになります。別途入場料などはかかりません。学校にも小規 模ながら練習場はあります。使用料は無料ですがあまりいい施設ではありません。

ラウンドゴルフは週末に他の在学生と一緒に回る場 合が多いです。ダバオには18ホールのゴルフ場が5つくらいありますが、一番有名なのはPALOS(パロス)ゴルフ場です。フィリピンのクラークにある MIMOSAゴルフ場と並び同国では一番いいゴルフ場として知られています。実際行かれてみれば感じられると思いますが、グリーンの状態は非常にいいで す。費用は他のゴルフ場よりは高めで2,500~3,000ペソ(6,250円~8,000円)です。グリーン、カート、キャデイーフィーも含まれていま す。

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ