お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2018/02/05

IELTS高得点取得のためのオススメ校

qaIconA
フィリピンの語学学校の中でIELTS7.0以上が取得できるお勧めの学校を教えてください。

qaIconQ
バギオ3校、セブ1校です。

バギオ CNSII

CNS2の建物

この学校がフィリピンIELTSでは最強です。フィリピン唯一のIELTS専門学校です。
フィリピンIELTS指導歴も一番古いです。8週で6.0から7.0、TOEIC940からIELTS初チャレンジで8週で7.5など結構すごい結果をコンスタントに出し続けています。
特にスピーキングとライティングが強いです。

ここの先生たちは何をなれば点数を取れて何はやらなくても点数にひびかないという事をよく知っているように思えます。

ただこの学校は施設がかなりボロいです。マネージメントもがさつでケアも上手くありません。少人数学校ですのでグループ授業でレベル違いの学生が混じる事も頻繁にあります。ただIELTSの点数をあげるという面ではピカイチです。点数さえ取れればあとは目をつぶるという感覚でないとこの学校はおすすめできません。平日外出不可のスパルタ。

先生が暇な時間に頼めばスピーキングテストのリハーサルに応じてくれます。もし行かれるのならどんどん活用したほうがいいです。

>>>CNS2 の学校詳細を見る

バギオMONOL

MONOLの建物

IELTSブームが来る前からIELTSの可能性を見極め積極的に指導を推進していった学校は3つ。CNSII、SMEAGクラシック、そしてMONOLです。3校とも10年くらいの指導歴史があります。MONOLはバランスのいい学校です。施設が綺麗、Wifi環境がいい、ゴルフ練習場、ヨガ教室、サウナなど施設が充実。そして学費が安い。かなりコストパフォーマンスがいいです。ESL教育でも定評があり特にカリキュラムの秀逸さで定評があります。IELTS受講者も通常30人前後と在籍数が安定しています。平日夕方5時から夜9時まで外出可能ですが宿題や課題が多いので結構時間に追い込まれます。EOP(英語のみ使用ルール)を実施学校。

>>>MONOLの学校詳細を見る

バギオ HELPマーティンス

help マーティンスの建物

バギオのHELPマーティンスは英語力中級者、上級者専門学校です。英語力中級者、上級者専門学はフィリピンではHELPマーティンスとPINESチャピス校の2校しかありません。両校に入るためには入学試験をパスしなければならないので学生水準は非常に高いです。周辺の学生から刺激を受けるので学習に対するモチベーションが高まるでしょう。ESLに強いPINES、試験対策コースに強いHELPとよく言われます。

HELPマーティンスは近年特にIELTSに力を入れています。最近では在学生の半数くらいがIELTS受講者だという話を聞きました。施設はCNSII同様かなりぼろいです。EOPが徹底されています。ただこの学校は入学基準が高く最低でもTOEIC700点くらいの英語力を持っていないと入学試験にパスできないと言われています。

>>>HELPマーティンスの学校詳細

セブ SMEAGクラシック

SMEAG クラシックの建物

セブでIELTSと言えばSMEAGクラシックです。

IELTSセンターを兼任しておりブリティッシュカウンシルから定期的に研修を受けているのでIELTS試験情報に明るいです。この学校はボリュームが多いのが特徴です。朝早い時間と夜8時35分まで続く90分の強制スパルタ授業に義務参加です。
施設が比較的綺麗で指導経験や実績が豊富にあり、バランスの取れた学校です。セブシティの真ん中に立地。

この学校は昨年までは平日外出自由のセミスパルタでしたが今年から外出不可のスパルタ学校になりました。

バギオ3校の学費が比較的廉価であるのに対し、SMEAGクラシックは値段が結構いたします。セブは全体的にお値段が高いです。

>>>SMEAG クラシックの学校詳細

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube