お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

IELTSスコア 5.5から7.5に引き上げたい。

ielts_guide

IELTSコースを扱っている学校は多いです。セブのCIA、SMEAGなど5~6学校があり、バギオにPINES、CNS2があります。この中で特定するのであればSMEAG クラッシック、PINES、CNS2です。IELTSは点数獲得を目標とするコースであり、それに対する講師の知識と講義スキルが必要となります。さらにもうひとつ、試験情報を提供 する、勉学の雰囲気が熱い学校でなければなりません。(質問は2013年3月)

SMEAG セブ唯一のIELTS専門教育センター
3日前にオーストラリアからのSMEAGクラッシック 6.0コースの入学手続きを代行しました。SMEAGはオーストラリアで宣伝活動を活発行っているようで、よくオーストリアから来られる日本人の方のSMEAG 代行手続きを行います。SMEAGグラッシックは英国文化院主幹のIELTS公認試験センターです。毎月1~2回の公認試験がキャンパス内 で実施され、クラッシックキャンパスのほとんどの学生がIELTS点数のためだけに入学しているので雰囲気も熱いです。野外休憩空間、宿所スタイル、体育 施設等学業以外の評判もすごく高いです。

在学生の2割が7.5以上の点数取得を目指しています。セブではこの分野の第一人者でしょう。マイナス点はマンツーマン授業が少ない事。

コース運営が卓越したバギオPINES
IELTSスコアアップを目指す方はPINESの新キャ ンパス(3月30日オープン)を利用できます。スパルタプログラムをフィリピンで最初に導入した学校で講師のレベルとプログラム運営はフィリピン全土で トップでしょう。在学生の30%がIELTSコースを選択しています。SMEAGやIELTSのように全校生がIELTS一色ではないですが、この学校のプロ グラム運営ノウハウは無視できません。食事のレベルもフィリピンでトップでしょう。とにかくたくさんおかずがあります。日本人のために日本人食事コー ナーも設けています。マイナス点はバギオという立地です。ここはマニラからバスで6時間と不便です。学校でピックアップしてくれます。

IELTS高得点専門学校バギオCNS2
PINESとともにバギオに位置するちいさな学校 です。この学校の在学生は主に20代後半から30代中盤です。オーストラリアでIELTSの点数を上げられなかった人がこの学校によく集まります。半分く らいの学生がIELTS 6.0以上の実力を備えていて、毎月正規試験でIELTS 7.5~8.5獲得者を世に送り出す比率はこの学校の在学生が一番多いで す。ですから自然と高得点を目指す学校になってしまいました。この学校のプラス面、マイナス面は両極端です。プラス面はIELTS専門講師のレベルが高 く、勉学の雰囲気が他より断然いい事です。食事しながら本を読んでいる生徒を見かけるのはここくらいです。在学生の80%は自分が目標にした点数を取得し ます。最初は施設面の不便だと感じる面もあるでしょうか(他の学校より劣化している)、留学終了時には笑いながら学校を去る所がCNS2です。マイナス点 は先ほど述べたように施設が他の学校より劣るという点です。部屋は寝るところ、シャワーする所、着替える所、トイレする所でそれ以外の時間学生は自習室 や、講義室で勉強しています。

優劣を分けるのは難しいです。3校ともいい学校です。何よりも『きちんと検証済みの学校』であります。IELTS高得点を習得するためにはどの学校がどれだけ高得点者を送り出しているかどうかでしょう。

3校のお見積もり書をお送りいたします。16週基 準のお見積もり書をお送りいたします。現在IELTS 5.5レベルなら7.5まで一般的に16週間の留学生活が必要でしょう。SMEAGは他の学校とは異なり、現在のスタートレベルでコース価格が変わってきます。まずIELTS 5.5でお見積もり書をお送りいたします。

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ