お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

IELTSスコア 5.5から7.5に引き上げたい。

ielts_guide

IELTSコースを扱っている学校は多いです。セブのCIA、SMEAGなど5~6学校があり、バギオにPINES、CNS2があります。この中で特定するのであればSMEAG クラッシック、PINES、CNS2です。IELTSは点数獲得を目標とするコースであり、それに対する講師の知識と講義スキルが必要となります。さらにもうひとつ、試験情報を提供 する、勉学の雰囲気が熱い学校でなければなりません。(質問は2013年3月)

SMEAG セブ唯一のIELTS専門教育センター
3日前にオーストラリアからのSMEAGクラッシック 6.0コースの入学手続きを代行しました。SMEAGはオーストラリアで宣伝活動を活発行っているようで、よくオーストリアから来られる日本人の方のSMEAG 代行手続きを行います。SMEAGグラッシックは英国文化院主幹のIELTS公認試験センターです。毎月1~2回の公認試験がキャンパス内 で実施され、クラッシックキャンパスのほとんどの学生がIELTS点数のためだけに入学しているので雰囲気も熱いです。野外休憩空間、宿所スタイル、体育 施設等学業以外の評判もすごく高いです。

在学生の2割が7.5以上の点数取得を目指しています。セブではこの分野の第一人者でしょう。マイナス点はマンツーマン授業が少ない事。

コース運営が卓越したバギオPINES
IELTSスコアアップを目指す方はPINESの新キャ ンパス(3月30日オープン)を利用できます。スパルタプログラムをフィリピンで最初に導入した学校で講師のレベルとプログラム運営はフィリピン全土で トップでしょう。在学生の30%がIELTSコースを選択しています。SMEAGやIELTSのように全校生がIELTS一色ではないですが、この学校のプロ グラム運営ノウハウは無視できません。食事のレベルもフィリピンでトップでしょう。とにかくたくさんおかずがあります。日本人のために日本人食事コー ナーも設けています。マイナス点はバギオという立地です。ここはマニラからバスで6時間と不便です。学校でピックアップしてくれます。

IELTS高得点専門学校バギオCNS2
PINESとともにバギオに位置するちいさな学校 です。この学校の在学生は主に20代後半から30代中盤です。オーストラリアでIELTSの点数を上げられなかった人がこの学校によく集まります。半分く らいの学生がIELTS 6.0以上の実力を備えていて、毎月正規試験でIELTS 7.5~8.5獲得者を世に送り出す比率はこの学校の在学生が一番多いで す。ですから自然と高得点を目指す学校になってしまいました。この学校のプラス面、マイナス面は両極端です。プラス面はIELTS専門講師のレベルが高 く、勉学の雰囲気が他より断然いい事です。食事しながら本を読んでいる生徒を見かけるのはここくらいです。在学生の80%は自分が目標にした点数を取得し ます。最初は施設面の不便だと感じる面もあるでしょうか(他の学校より劣化している)、留学終了時には笑いながら学校を去る所がCNS2です。マイナス点 は先ほど述べたように施設が他の学校より劣るという点です。部屋は寝るところ、シャワーする所、着替える所、トイレする所でそれ以外の時間学生は自習室 や、講義室で勉強しています。

優劣を分けるのは難しいです。3校ともいい学校です。何よりも『きちんと検証済みの学校』であります。IELTS高得点を習得するためにはどの学校がどれだけ高得点者を送り出しているかどうかでしょう。

3校のお見積もり書をお送りいたします。16週基 準のお見積もり書をお送りいたします。現在IELTS 5.5レベルなら7.5まで一般的に16週間の留学生活が必要でしょう。SMEAGは他の学校とは異なり、現在のスタートレベルでコース価格が変わってきます。まずIELTS 5.5でお見積もり書をお送りいたします。

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube