お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/06/04

TOEICの得点をとにかく上げたい

TOEICの得点をとにかく上げたい

フィリピンTOEIC留学について

○○○様

お世話になっております。
フィルイングリッシュの新井と申します。

TOEICの得点を上げることが第一目標の場合、
フィリピンの英語学校の中では、TALK ENEセンターが最有力候補となります。
その理由は、フィリピン最高水準に位置する運営プログラムにあります。

TALKの最大の特徴は平日毎日のTOEIC模試・単語テストと、翌日マンツーマン授業6時間のうち4時間を使った復習にございます。

一般的な他校のTOEICコースでは、週1回の模試実施が平均的です。
しかし、TALKはTOEIC研究が最も進んでいる韓国の教材を中心に、圧倒的な問題集・テストセットを取り揃えております。
そのため、毎日のTOEIC模試を受験することが可能となっております。
TOEICの問題構成自体は非常にシンプルですので、ある程度の基礎力がある学生は、試験を受け続け、
解けなかった問題を中心に知識の整理をしていくことで、確実に、そして高速に得点を向上させることが可能です。
また、模試の復習については、マンツーマン授業4時間を充てておりますので、1対1で、しっかりとわからない点を解消することができます。
さらに、TOEIC高得点のためには、単語力の増強が必要となってまいりますが、
各国の発音も含め、毎日の単語テスト40問でしっかりと単語力を補強することが可能です。

弊社の最新の情報によりますと、8週基準で平均200点の得点向上率が見込まれております。
他校のTOEICコースでもこれ以上の得点向上を果たす学生はおられますが、
いろいろなタイプの学生を含めた平均で200点向上が見込めるTALKの運営プログラムはフィリピンでは圧倒的かと思われます。
必然的に、日本人学生を中心に、なんとしてもTOEICの得点UPが必要な学生が集まります。

TALKは治安の良い場所にあり、民族的な色使いが特徴の寮施設は清潔です。
食事はフィリピン英語学校の中では、とても美味しい部類に入るかと存じます。
あえて欠点をあげるとすれば、学習強度が非常に高いため、毎日の学習量は必然的に多くなります。
そのため、TOEIC学習に対する真剣度が求められ、なんとなくTOEICの学習もしたい学生にはあまり適していない学校です。
また、食事は韓国料理が中心となるため、辛いものが苦手な人には慣れるまでつらいかもしれません。
ご参考までに、学習に集中する環境をつくるため、お部屋でのWIFI使用は不可となっております。

余程基礎力のない学生を除いて、授業の聞き取りについては問題ないかと存じます。
授業初日に授業が聞き取れないとショックを受ける学生も多いですが、1週間後にはどなたも慣れます。
また、TALKはマンツーマン授業主体のため、講師の聞き取れないセンテンスは何度でも聞きなおすことが可能です。

ご不明な点・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ありがとうございました。

英語初心者のTOEIC 800点獲得方法

英語初心者のTOEIC 800点獲得方法

最善を尽くす学校が期待以上の結果をもたらしてくれます。

フィリピン留学を計画される方の中でTOEIC(Test of English for International Communication)を考慮される方が多いです。ではどの学校を信じればいいですか?その信頼度の基準は何ですか?

>>>TOEIC初心者800点取得方法を見る

TOEICスコアアップ 留学プランTOEICスコアアップ 留学プラン

TOEICはアメリカの非営利団体ETSが開発した非英語圏の方の英語力を測定する試験の一つです。世界150カ国で年間約700万人の受験者。2014年度の日本人受験者は240万人。日本人はTOEIC受験者人口全体の34%を占めているので日本で特に影響力のある英語検定試験と言えます。

>>>TOEICスコアアップ留学プランを見る

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ