お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/06/04

TOEICの得点をとにかく上げたい

TOEICの得点をとにかく上げたい

フィリピンTOEIC留学について

○○○様

お世話になっております。
フィルイングリッシュの新井と申します。

TOEICの得点を上げることが第一目標の場合、
フィリピンの英語学校の中では、TALK ENEセンターが最有力候補となります。
その理由は、フィリピン最高水準に位置する運営プログラムにあります。

TALKの最大の特徴は平日毎日のTOEIC模試・単語テストと、翌日マンツーマン授業6時間のうち4時間を使った復習にございます。

一般的な他校のTOEICコースでは、週1回の模試実施が平均的です。
しかし、TALKはTOEIC研究が最も進んでいる韓国の教材を中心に、圧倒的な問題集・テストセットを取り揃えております。
そのため、毎日のTOEIC模試を受験することが可能となっております。
TOEICの問題構成自体は非常にシンプルですので、ある程度の基礎力がある学生は、試験を受け続け、
解けなかった問題を中心に知識の整理をしていくことで、確実に、そして高速に得点を向上させることが可能です。
また、模試の復習については、マンツーマン授業4時間を充てておりますので、1対1で、しっかりとわからない点を解消することができます。
さらに、TOEIC高得点のためには、単語力の増強が必要となってまいりますが、
各国の発音も含め、毎日の単語テスト40問でしっかりと単語力を補強することが可能です。

弊社の最新の情報によりますと、8週基準で平均200点の得点向上率が見込まれております。
他校のTOEICコースでもこれ以上の得点向上を果たす学生はおられますが、
いろいろなタイプの学生を含めた平均で200点向上が見込めるTALKの運営プログラムはフィリピンでは圧倒的かと思われます。
必然的に、日本人学生を中心に、なんとしてもTOEICの得点UPが必要な学生が集まります。

TALKは治安の良い場所にあり、民族的な色使いが特徴の寮施設は清潔です。
食事はフィリピン英語学校の中では、とても美味しい部類に入るかと存じます。
あえて欠点をあげるとすれば、学習強度が非常に高いため、毎日の学習量は必然的に多くなります。
そのため、TOEIC学習に対する真剣度が求められ、なんとなくTOEICの学習もしたい学生にはあまり適していない学校です。
また、食事は韓国料理が中心となるため、辛いものが苦手な人には慣れるまでつらいかもしれません。
ご参考までに、学習に集中する環境をつくるため、お部屋でのWIFI使用は不可となっております。

余程基礎力のない学生を除いて、授業の聞き取りについては問題ないかと存じます。
授業初日に授業が聞き取れないとショックを受ける学生も多いですが、1週間後にはどなたも慣れます。
また、TALKはマンツーマン授業主体のため、講師の聞き取れないセンテンスは何度でも聞きなおすことが可能です。

ご不明な点・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ありがとうございました。

英語初心者のTOEIC 800点獲得方法

英語初心者のTOEIC 800点獲得方法

最善を尽くす学校が期待以上の結果をもたらしてくれます。

フィリピン留学を計画される方の中でTOEIC(Test of English for International Communication)を考慮される方が多いです。ではどの学校を信じればいいですか?その信頼度の基準は何ですか?

>>>TOEIC初心者800点取得方法を見る

TOEICスコアアップ 留学プランTOEICスコアアップ 留学プラン

TOEICはアメリカの非営利団体ETSが開発した非英語圏の方の英語力を測定する試験の一つです。世界150カ国で年間約700万人の受験者。2014年度の日本人受験者は240万人。日本人はTOEIC受験者人口全体の34%を占めているので日本で特に影響力のある英語検定試験と言えます。

>>>TOEICスコアアップ留学プランを見る

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube