お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2018/01/29

費用を抑えてフィリピンの地方都市でゆったりとフィリピン留学

qaIconQ
フィリピンの地方都市、セブやマニラ付近以外で自分のペースで費用を抑えて(12週30万程度)アットホームな環境で英語を学びたいです。

qaIconA
フィルイングリッシュ梶野章と申します。お問い合わせありがとうございます。
フィリピン語学学校で12週で30万円を切る学校は非常に少ないです。多人数部屋としても探せる地域はバコロド、イロイロに限定されます。
現在英検3級という事ですので12週あれば日常生活では不自由しないくらいの英会話力は身につくと思います。

それではイロイロからWe Academy、バコロドからILPとJELSという学校をご紹介させていただきます。

イロイロ We Academy

イロイロ We Academy

マニラから国内線で1時間ほど。街はフィリピンでは一番安全な地域の一つです。治安の心配をしなくていいのが大きなメリットの一つです。
We Academyは講師レベルが非常に高いです。それと廉価な価格でネイティブ講師からマンツーマン授業を受講可能です。
学費はフィリピンでは最安値グループに属します。コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。
施設は老朽化してきていますが学校スタッフのケアが行き届いているので生活に不便はないと思います。
韓国資本ですが日本人学生比率は通常3~4割くらいです。
イロイロ市はかなり大きい街です。決していなかではありません。We Academyはイロイロ市中心部からバスで30分くらいのすこし離れた郊外にあります。
学校の前にはコンビニや地元の商品店などが並んでいます。
お部屋にシャワー完備です。結構まじめな学生が集まります。
学生数は30名未満とアットホームな環境です。

>>>We Academyの学校詳細を見る

バコロド ILP

バコロドILP

次ぎはバコロドのILP。
この学校は手品師みたいな学校です。あまり苦労せずなんとなくみんなと遊びながら英会話で意思疎通が出来るようになるタイプです。英語勉強で挫折した人には特に有効です。
この学校の特徴はオールマンツーマンである事。学費がフィリピンスタンダードで比べるとだいぶ廉価である事。立地が便利で生活しやすい事などがあげられます。ですが最大の特徴は日本、台湾、韓国人たちの放課後の交流会です。あっちこっちで講師を交えた飲み会がしょっちゅう開催されます。多国籍飲み会ですので使用言語は当然英語。昼間は正規マンツーマンで正当な授業を受け、夜は遊びながら英語を実践させていくというスタイルです。
このような方法を邪道とお考えになる方には向いてません。ただ楽しく遊びながら英会話力を伸ばしたいという方には極めて有効です。
バコロドはフィリピンでも特に物価が安い地域ですので1回500円もあれば十分たります。
こういうタイプの学校はフィリピン全土で他に知りません。
学生比率は日本人3~4割、韓国人2~3割、台湾人3~4割くらいです。時期により上下いたします。
施設のレベルは普通です。特にぼろくもなく特別綺麗でもないです。
立地はバコロド繁華街のど真ん中。バコロドという街は小さいスペースに繁華街が凝縮されている感じです。学校から徒歩5秒でマッサージショップやカフェ、徒歩圏内に大型スーパー、スターバックスなどがあり、大変便利です。
ただこの学校の食事の評判はあまりよくありません。
この学校は英会話力のみに学習の焦点を当てたい方にはあっています。学校の規則はゆるいです。放課後いかに自習時間を確保していくかが課題です。
バコロドまではマニラ空港かセブ空港から国内線飛行機に乗り換えます。治安はまあまあです。トイレシャワーは室内についています。
留学生20~30名のアットホームな環境です。若い人が多いです。

>>>バコロド ILPの学校詳細を見る

バコロド JELS

バコロドの JELS

最後は同じバコロドのJELS。
施設は結構きれいです。立地はバコロド市の市庁舎の前の繁華街。徒歩圏内にスーパーや遊技場、レストランなどが並びますので生活には非常に便利です。
規則もぬるいです。講師のレベルはILP同様それほど高くないです。ゆっくり丁寧な英会話指導をおのぞみの方に向いております。
バコロドまではマニラ空港かセブ空港から国内線飛行機に乗り換えます。治安はまあまあです。トイレシャワーは室内についています。
留学生20~30名のアットホームな環境です。若い人が多いです。
本格的に英語を勉強されたいならWe Academy、リラックスしながら英会話力を磨いていくならILPかJELSです。
12週お見積書を送付いたします。ご検討よろしくお願いいたします。

>>>バコロドJELSの学校詳細を見る 

※重要

フィリピン留学経費にはお見積書の納付額(=学費=授業料、寄宿舎費、食費、掃除代、洗濯代)の他に現地で発生する現地費用(お見積書ペソ部分)があります。現地費用には光熱費、テキスト代、ビザ更新費、フィリピン政府が発行しすべての語学学校学生に取得義務のあるSSPという特別学生認可証費などが含まれます。(お見積書ペソ部分)現地費用は学校にペソで直接支払います。現地費用総額はどの学校でも発生し、金額はどこのエージェントを通しても全く同じです。ペソを日本円に換算したい場合には本日のレートですと2.3掛けくらいです。1,000ペソですと2,300円になります。
現地費用は光熱費の使用量や為替レート、選択する授業科目や授業数等により若干上下いたします。
寄宿舎保証金は部屋の破損などがなければ最後に戻ってきます。
現地費用は通常12週ですと6~7万円くらいです。学費と現地費用を合算すると12週ですと31~33万円くらいになると思います。

4週間10万円以下の語学学校

4週間10万円以下の語学学校

「フィリピン留学は、格安で留学できる」という噂を聞いてフィリピン留学を知った人は多いのではないでしょうか。今でこそ、人気のセブ島は物価上昇などにより、留学費用が比較的高くなってきてはいますが、まだまだフィリピン留学は格安なんです。

>>>4週10万円以下の語学学校一覧を見る

フィリピン語学留学で1ヶ月にかかる費用はどれくらい?

フィリピン語学留学で1ヶ月にかかる費用はどれくらい?

「フィリピン留学は安いんだよ!!」友人や知人からそう聞いてフィリピン留学を知った人は多いと思います。もしかしたらこの記事を読んでいただいているあなたも、ひょんなキッカケでフィリピン留学を知ったのではないでしょうか。

>>>フィリピン留学費用詳細を見る

IELTSに強く、予算は12週で50万円

IELTSに強く、予算は12週で50万円       : IELTSに強く、設備の整っている環境で集中的に勉強できるIELTS学校を探しています。現在のIELTSスコアは5.5で、目標は6.0です。予算は12週で50万円以内だと助かります。おすすめの学校と、良い点、悪い点をそれぞれ教えてください。   : フィルイングリッシュ梶野 章と申します。 お問い合わせありがとうございます。   IELTSが強い学校というのは実はフィリピンではあまり多くありません。難易度が高いので学校自体が指導に力を入れる方針を持っていなければならず、講師も鍛えておかなければなりません。   セブですとEV、Philinter、 SMEAGクラシック 、CIAなどが有名ですが、費用は高いです。バギオに比べると3割増しくらいになります。学費は60万円を超えるはずです。   なので今回はバギオでIELTSに強い学校に限定してご紹介させて頂きます。   おすすめなのは、CNSII、PINESチャピス、HELPマーティンスです。どの学校でも12週あれば5.5から6.0に引き上げることは可能だと思います。   以下に各学校の特徴等についてご説明させて頂きます。     ・CNSII   フィリピンで唯一のIELTS専門学校CNSII。ここはどちらかと言えば男性向きです。がさつな事が多少ございます。 施設は老朽化が進んでおりますし、ごはんもあまり評判は良くありません。マネージメントもがさつでケアも上手とは言えないでしょう。少人数の学校ですので、グループ授業でレベル違いの学生が混じる事も頻繁にあります。点数さえ取れればあとは目をつぶるという感覚でないとこの学校はおすすめできません。平日外出不可のスパルタ。夜に長時間にわたる強制自習時間があり、自習時間中の自分の机も決められています。   授業面で見ますと、フィリピン唯一のIELTS専門学校なだけあり指導経験は豊富ですし、先生も生徒もすべてIELTSの点数獲得に目を向けています。   先生が暇な時間に頼めばスピーキングテストのリハーサルにも応じてくれます。もし行かれるのであればこの制度を上手く活用された方が得策と言えます。   フィルイングリッシュのお客様でも、文句を言わず一生懸命勉強した人たちは結果を出し続けています。たまに8週で6.0から7.0などびっくりさせられるような事もあります。 そして値段が安いのも魅力です。     ・PINESチャピス     本日紹介する学校の中では一番バランスがいいです。 施設はかなり綺麗です。Wifi環境もいいです。EOP(英語のみ使用ルール)が徹底的に実施されております。   ですが、この学校はやる事がいっぱいあります。朝から晩まで授業、宿題、課題がひっきりなしに続き、追い込まれます。 この学校を選ぶのであればなにがなんでも最後までやり通すという覚悟が必要です。その分返ってくるものも大きいです。まさしく典型的なつめこみ方スパルタ学校でしょう。 朝はオプションクラスがありますがこちらは参加自由です。午前から午後にかけて通常8時間の正規授業をこなします。食後には2時間のオプション授業に義務参加、その後は1時間の強制自習。夜10時くらいまで管理型のみっちりしたスケジュールが組まれます。ごはんはそこそこ評判良いです。   PINESは朝から晩まで管理型ですが、マーティンスは管理型学校ではありません。ある程度授業間にゆとりがあります。正規授業とオプション授業を含めた授業総数はPINESより少ないです。夜の自習時間は設けられておりますが、基本的には学生に判断を委ねています。頭を押さえつけられるような指導パターンではなく、自分のペースで勉強されたい方に向いています。     ・PINESチャピスとHELPマーティンスの比較     こちら最近書きましたチャピスとマーティンスの記事です。だいたいどんな感じか把握できると思います。 […]

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ