お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

お見積書の安さにびっくりです。何故そんな事ができますか?

schoolfee

こんにちは。フィルイングリッシュです。

弊社は高いコストパフォーマンス!最低価格の留学費用実現を目指します。もちろん廉価の学校案内が最終目的ではありません。評判と信頼のある学校を安い費用でご案内し、モニタリングを通し顧客満足度が低い学校はご案内しないとする原則を打ち立てています。

今回のお問い合わせの内容が学費割引に関する事ですのでそちらについて言及いたします。
これは世界共通ですがエージェント業は1)相談及び情報提供、2)ご予算と目的に 合わせた学校のご案内、3)入学決定及び手続き、4)入学後のケアです。そして入学手続きをする事により学校から紹介手数料(コミッション)を頂く事にな ります。コミッションは学校や留学期間により差がありますが、一般的に学費の約20~30%に該当いたします。

弊社はコミッションの中から一部を学割という名目で返金する営業を行っております。割引率は運営費、人件費、税金、そして最小限の営業利益を除いた金額で策定し、割引率を高めております。弊社がお客様に案内する割引率はケースにより差がありますが12~20%程度です。
割引額でお客様に満足をしていただくため不要な経費を最大限に削減し、クレジットカード決済や郵便物案内なども行っておりません。

弊社の学費割引方式は日本を除くほとんどのアジア圏留学ビジネス業界で慣例となっ ております。しかし日本のほとんどの留学エージェントは割引をほとんど行いません。結果、弊社の割引幅が大きいと受けとめられます。割引しているから評価 が低いのではないか、入学後提供される教育サービスが違うのではないか、現地費用(入学後納付するビザ費用、教材費用等)で金額が増加されるのでないかな どの不安をもたれる方がいらっしゃいます。しかし答えは否です。エージェント別で教育サービスや現地費用を差別化する事は学校の運営上不可能です。

弊社は特定の学校と独占契約も結んでいないので学校案内において何の足かせやしが らみもありません。自由に当社がいいと判断する学校を紹介できます。例えば『厳選ベスト語学学校』コーナーでは満足度が低下したと判断する学校はリストか ら削除し、大したビジネス関係がなくともいい学校と学生から評判を得れば積極的に宣伝紹介いたします。弊社は『特定の学校へ導く営業』は一切いたしませ ん。お客様の意見を傾聴し、ご希望と方向性にマッチした学校を紹介するのみです。

学費割引はそれ自体が目標になってはいけません。カウンセリング段階でお客様に一 番マッチする学校を一番低廉なコストで入学に導く事は重要です。しかし学校に入学した段階に入ると学校のケアとエージェントのサポートが非常に重要になっ てきます。多くの方々が過去フィルイングリッシュの割引率に対して驚きを隠しませんでした。フィルイングリッシュはお客様への割引率をあげるためにコミッ ションの多い学校を集中的に紹介しています。ですがフィルイングリッシュの最大の力は有効な学校選びと現地サポートにおいて発揮されます。

フィルイングリッシュの学費割引幅が大きいので逆に疑念を抱くお客様もいらっしゃ います。弊社はそのようなご心配を取り払うため学費後払いシステムや分割払いシステムを設立いたしました。そして弊社ホームページコンテンツに『運営ガイ ドライン』と『学費保証及び現地サービス』等を次々に発表し、お客様とのお約束を守れるよう努力してまいりました。
お客様の期待以上の関心の高さに感謝しながらも、お客様一人ひとりのアドバイスを運営に反映する姿勢を決して忘れません。ありがとうございました。

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube