お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/07/08

フィリピン留学ではなく欧米留学を勧められた

philippines_vs_australia

フィリピン留学 vs 欧米留学

qaIconQ ここにきて欧米への留学も考えるようになりました(香港人にフィリピンは「ない!」と言われています)。
フィリピンを選ぶかどうかは個人次第かと思いますが、もし留学後に転職などを考える場合は、欧米留学の方が見栄えはいいのでしょうか?

qaIconA 実は私はアメリカの大学を卒業しております。そして現在はフィリピン留学の斡旋を職業としております。ですから双方から物事を見れると思います。

欧米留学はどんな人に向いているか

ずばり英語がある程度できる方で大学や大学院で勉強される方です。この方たちは飛躍的に伸びるポテンシャルがあります。

では語学学校はどうか。残念ながら有意義なシステムが確立されているようには思えません。マンツーマン授業はなくネイティブ講師1人に対し数名~10名くらいのグループ授業となります。私が出会ったアメリカ滞在日本人留学生は数十人おりましたが、誰一人まともに英語はしゃべれませんでした。中には滞在1年、2年の方もおられます。
スピーキングがうまくならない理由はいろいろありますね。まず白人が基本的に冷たいです。損得関係がなければ仲良くなる事はまれです。(大学ですと違いますが)すると日本人サークルだけで行動するようになります。意思が強い人も流されるようです。ホームステイという手もありますが、体系的な指導教育を受けているわけではありません。
ようするに画期的に英語を伸びさせる環境が整っていないという事です。中には自分から積極的に強引に地元に人に溶け込んで、英語がうまくなる人がいます。それとアメリカ人のお店でバイトする(違法ですが)人も英語は結構うまくなります。ですが問題はそういう人達が少数派という事です。

フィリピンの場合には授業に参加するという意思があればあとはほぼ強制です。マンツーマン授業ですから相手を避ける事もできません。フィリピンでは初心者が12週から16週語学学校で一生懸命勉強すれば、日常生活では不自由しない英語力が備わります。若い人でまじめに勉強する人なら過半数がそうなります。現在世界中でそのようなシステムが確立されているのはフィリピンだけです。フィリピンの語学学校もPINESのようなトップクラスの学校もあれば、評判がよくない学校もあります。ですがたとえ末端にある学校といえどもマンツーマン授業を受講できるのですから一生懸命勉強すればそれなりの結果に帰着します。

欧米留学は確かに聞こえはいいですが、英語初心者にとっては実が少なく見えます。聞こえは悪いですがフィリピン英語留学には実が多いです。現在弊社を通して留学される方は日本在住の日本人のみならず、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアからも毎週います。初心者にとっては欧米圏留学は学習にとって厳しい環境なのです。

ネイティブ講師からマンツーマン授業が受けられる英語スクール

ネイティブ講師からマンツーマン授業が受けられる英語スクール

フィリピン英語スクールに留学される留学生のおよそ60~80%は初心者~初級者となり、ほとんどのスクールではフィリピン人講師からマンツーマン授業及びグループ授業を受講することになります。フィリピン人講師は第2言語として英語を学んでいます。

>>>ネイティブ講師英語スクール詳細を見る

フィリピン語学留学で1ヶ月にかかる費用はどれくらい?

フィリピン語学留学で1ヶ月にかかる費用はどれくらい?

「フィリピン留学は安いんだよ!!」友人や知人からそう聞いてフィリピン留学を知った人は多いと思います。もしかしたらこの記事を読んでいただいているあなたも、ひょんなキッカケでフィリピン留学を知ったのではないでしょうか。

>>>フィリピン留学費用詳細を見る

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube