お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

半年留学でPINESかTALKかで悩んでいる③

baguiophilippines

Q:今回ご提案して頂いたプラン:【PINES ESL】4ヶ月+【TALK TOEIC】2ヶ月

TOEICコース中は会話力がほぼ伸びないという事について勿体無いと思い、留学期間全てESLコースにしようかとも考えています。
(1)PINESとTALK、どちが会話力アップに強いと思いますか? ※私見で結構です。
(2)PINESで4〜6ヶ月間過ごし、オプション授業でTOEICを受講しても点数に大きな変化は生まれないでしょうか?100〜200点程度でも上がるなら妥協出来ます

A:①どちらが伸びるどうかという問いに対する私の答えはPINESとなります。その理由はPINESの方がコース運営が秀逸だからだとか、講師の指導が 優秀だからだとかそういう単純な物ではありません。PINESのほうが勉強をする上で苦労と苦痛が多いからです。異国の歴史の刻まれた言葉を簡単にマス ターなどできません。フィリピン留学が世界で一番効率的な英語上達方法だと僕は思います。ですがそんなに甘くはないのです。苦労しなければあまり上達いた しません。
僕はアメリカの大学を卒業しています。ですがスラングオンパレードの戦争映画やアクション映画などを見ると半分くらいしか聞き取れません(TOEICの点数は900くらいありますけどね)。他国の言葉を習得するというのは通常のアプローチでは難しいです。

②通常TOEICコースを主催する学校はオプションでTOEIC科目を提供いたしません。商売に響くからです。PINESもTALKもTOEICコースを主催しています。両校でTOEIC科目を勉強できるのはTOEICコースを受講しているもののみの特権です。

③第三の選択
スピーキングを伸ばしたいのがメインな目的なら第二の学校をスピーキングメインの学校に変えればいいです。セブのCELLA、ダバオのEDA、バコロドの ILP、マニラのAPCなど一日6時間くらいのマンツーマンレッスンと1時間くらいのグループレッスンを提供してくれます。
上記学校を挙げた理由はマンツーマンが多いということもありますが、マッチ式だからです。マッチ式とは自分で自由自在に科目を編成できる方式です。たとえ ば文法が強い日本人は文法をばっさり切り捨てて、その分スピーキングの時間を増やすなどが可能です。特にCELLAとEDAはオプションでTOEICを科 目に入れることもできます。

④第四の選択
IELTSを勉強する。現在日本の企業が絶対視しているのはTOEICです。ですが世界の主流はIELTSです。世界のいろんな国々でIELTSの点数を 要求している所が多いです。IELTSがTOEICとはっきり違うのはテストの点数=実力という点です。点数が上がれば上がるほど実力が上がるのでモチ ベーションも維持できます。但しIELTSは読む、聞く、書く、しゃべるの4部門のテストなので、スピーキングだけを特化してうまくさせる勉強ではないで す。フィリピンの3大IELTS学校はバギオのPINES,CNS2、セブのSMEクラシックセンターです。

⑤第五の選択
一番いい方法は現地で様子見ですね。まず最初の1校だけを8~12週間決めておく。そしてフィリピンの語学学校の現実を見て、近場の学校も見学して、自分 の進度を確かめながら方向性を決めていくのが一番理想的です。その際注意しておかなければいけないのは、最初はきびしめ、2校目もきびしめの組み合わせ、 あるいは最初きびしめ、2校目はゆるめの組み合わせだと結構うまくいくのですが、最初ゆるめ次がきびしめだと適応できなくて失敗する例が結構あるという事 です。それと最初の学校を気に入ってそこを延長しようとした場合、延長ですとあまり割引が利かないという点もご留意くださいませ。現地で学校を決める場合 でもきちんと相談にのり、日本への出国までしっかりケアさせていただくのでご心配なく。

A:フィルイングリッシュ梶野です。本日は公平を期すためTALKについてちょっと説明いたします。

前述したようにバギオ地方はスパルタ学校の密集地です。スパルタの最たる特徴は平日外出禁止、強制夜間自習、ボリュームいっぱいの授業時間、厳しめの規定 等です。そうした意味でバギオの異端児はTALKなのです。この学校はセミスパルタです。ESLを取れば正規授業が17時50分に終わり、夜中12時まで 外出自由です。(TOEICコースは外出不可)

ごはんはまあまあです。昔は辛い味一辺倒でしたが、日本人の学生から文句を言われて改善しました。めしのレベルは上級の中くらいです。(他の学校と比較し た場合です。ちなみにセブの学校の平均は私の判断では中の下くらいですね。)もちろん日本のレストランなんかよりは全然かなわないですけど、普通に美味し くたべられると思います。

TalkのGeneralコースは一日マンツーマン5時間、小グループ授業2時間、特別授業1時間で構成されています。特別授業は正規授業ではありません ので参加自由です。授業編成であらかじめ学生がスピーキング能力向上を中心のカリキュラムに変えてくれと要請すれば通ります。こういう所が小さい学校のい い所です。スパルタや大型学校ではこのような要求は通りません。

IELTSに強く、予算は12週で50万円

IELTSに強く、予算は12週で50万円       : IELTSに強く、設備の整っている環境で集中的に勉強できるIELTS学校を探しています。現在のIELTSスコアは5.5で、目標は6.0です。予算は12週で50万円以内だと助かります。おすすめの学校と、良い点、悪い点をそれぞれ教えてください。   : フィルイングリッシュ梶野 章と申します。 お問い合わせありがとうございます。   IELTSが強い学校というのは実はフィリピンではあまり多くありません。難易度が高いので学校自体が指導に力を入れる方針を持っていなければならず、講師も鍛えておかなければなりません。   セブですとEV、Philinter、 SMEAGクラシック 、CIAなどが有名ですが、費用は高いです。バギオに比べると3割増しくらいになります。学費は60万円を超えるはずです。   なので今回はバギオでIELTSに強い学校に限定してご紹介させて頂きます。   おすすめなのは、CNSII、PINESチャピス、HELPマーティンスです。どの学校でも12週あれば5.5から6.0に引き上げることは可能だと思います。   以下に各学校の特徴等についてご説明させて頂きます。     ・CNSII   フィリピンで唯一のIELTS専門学校CNSII。ここはどちらかと言えば男性向きです。がさつな事が多少ございます。 施設は老朽化が進んでおりますし、ごはんもあまり評判は良くありません。マネージメントもがさつでケアも上手とは言えないでしょう。少人数の学校ですので、グループ授業でレベル違いの学生が混じる事も頻繁にあります。点数さえ取れればあとは目をつぶるという感覚でないとこの学校はおすすめできません。平日外出不可のスパルタ。夜に長時間にわたる強制自習時間があり、自習時間中の自分の机も決められています。   授業面で見ますと、フィリピン唯一のIELTS専門学校なだけあり指導経験は豊富ですし、先生も生徒もすべてIELTSの点数獲得に目を向けています。   先生が暇な時間に頼めばスピーキングテストのリハーサルにも応じてくれます。もし行かれるのであればこの制度を上手く活用された方が得策と言えます。   フィルイングリッシュのお客様でも、文句を言わず一生懸命勉強した人たちは結果を出し続けています。たまに8週で6.0から7.0などびっくりさせられるような事もあります。 そして値段が安いのも魅力です。     ・PINESチャピス     本日紹介する学校の中では一番バランスがいいです。 施設はかなり綺麗です。Wifi環境もいいです。EOP(英語のみ使用ルール)が徹底的に実施されております。   ですが、この学校はやる事がいっぱいあります。朝から晩まで授業、宿題、課題がひっきりなしに続き、追い込まれます。 この学校を選ぶのであればなにがなんでも最後までやり通すという覚悟が必要です。その分返ってくるものも大きいです。まさしく典型的なつめこみ方スパルタ学校でしょう。 朝はオプションクラスがありますがこちらは参加自由です。午前から午後にかけて通常8時間の正規授業をこなします。食後には2時間のオプション授業に義務参加、その後は1時間の強制自習。夜10時くらいまで管理型のみっちりしたスケジュールが組まれます。ごはんはそこそこ評判良いです。   PINESは朝から晩まで管理型ですが、マーティンスは管理型学校ではありません。ある程度授業間にゆとりがあります。正規授業とオプション授業を含めた授業総数はPINESより少ないです。夜の自習時間は設けられておりますが、基本的には学生に判断を委ねています。頭を押さえつけられるような指導パターンではなく、自分のペースで勉強されたい方に向いています。     ・PINESチャピスとHELPマーティンスの比較     こちら最近書きましたチャピスとマーティンスの記事です。だいたいどんな感じか把握できると思います。 […]

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ