お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

半年留学でPINESかTALKかで悩んでいる④

baguio-city-life

Q:今さらなのですが、1点迷いがあります。

以前、梶野様より「TALKのTOEICコースでは会話力UPは望めない」と実直な意見を教えて頂いたのですが、
PINESのHPを見ると、PINESのTOEICコースでは会話力も継続してUPするようで、TALKではなくPINESのTOEICコースを受講しようかとも考えています。

点数アップだけを考えるのであればTALKだと理解しているのですがPINESのESLへ4 ヶ月行っただけの英語力がどれだけになるのか不安な為、継続して会話力をUPさせる方法を選択すべきでは、と考えた次第です。
(私の英語力は恥ずかしながらおそらくTOEIC400点程度だと思います)

もしご存知でしたら、PINESとTALKのTOEICコースそれぞれの実績を教えて頂けないでしょうか?
「2か月間で平均●点UP」のように2校を比較できる情報が欲しいです。

A:さて、PINESのお話しですね。PINESのTOEICコースの内容比率はTOEIC関連が75%、残り25%がESL関です。○○様がご指摘のようにスピーキングも強化はできます。

PINESはいい学校です。学費は安いですし、クレームは少ないですし、卒業生の満足度は高いですし、講師とコース運営のレベルはトップクラスですし、め しもうまいです。他に比較が出来る学校がないほどです。親戚の子供がフィリピンで勉強したいというのであれば迷わずPINESに送ります。
しかし心配事の一つはあのきつい体制の中で24週耐えられるかという点です。セミスパルタでもなくスパルタで長期留学するのは厳しい面があります。TALKをお勧めした理由もそこにありました。
○○様に受け入れられる選択肢として以下の案を提示いたします。

①TALKでTOEICを受講しながら6時間のマンツーマン授業の中から2~3時間をESL科目に変更してもらう。

②PINESで24週頑張る。PINESで24週するのをちょっと心配はしていますがまったくだめだと言っているわけではありません。PINESには2つ のキャンパスがありますから最初をホテルの中にあるクイサンで基礎を固め、後半を中級レベル専門キャンパスであるチャピスで新スタートを切るという考え方 もありでしょう。

③クラークにあるCIPでTOEICコースを受講しながらも、一日1時間ネイテイブからマンツーマン授業を受ける事も可能です。CIPもESLを取り扱い ながらTOEICを進行させます。ESLでアメリカ人とかイギリス人からマンツーマンを教わりながらTOEICを勉強するのもありですね。

TOEICの点数が全てならTALKでしょう。個々人の能力にもよりますが、PINESやCIPよりいいでしょう。ただPINESやCIPでも8週くらい やれば200点くらい上げる事は可能です。ですから最初のPINES PowerSpeakingで自力をTOEIC600点台まで引き上げておいて、800点台を狙うのは十分可能だと判断いたします。800点までは紹介し た学校であればどこでもいけると思っております。ただ800点以上となると結構むずかしくなってきます。850点とか狙うのであればやっぱりがむしゃらに TALKしかなさそうですが、スピーキングで失う物もありますね。

ちょっと長くなりましたがまだまだ時間はあります。じっくり考えてください。

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ