お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/01/18

半年留学でPINESかTALKかで悩んでいる①

baguiopinestalkcompare

Q: バギオへの留学を考えており、PINESとTALKで悩んでいます。 4ヶ月~6ヶ月ほど滞在予定です。留学の最大目標は日常会話を出来るようになる事なのですが、それだけでは勿体無いと思いTOEICの点数UPも希望して います。予算は1ヶ月10万円程で生活出来たら良いなと考えています。

A:○○さまがご希望の2つの学校はすでに検証済みの学校です。当社にはクレームが多く、その対処を怠っているような学校を紹介しないとする原則があります。その点両校とも問題ありません。

PINESはバギオで一番認知度が高い学校です。日本人在学生の6割くらいは当社を通じ登録された方々ですが、現地のお客様から共通して聞こえて来る声は 『発音がネイティブと変わらない、授業運営がうまいので頭によく入る』などです。スパルタ学校なので平日外出不可ですが学校1階に大型スーパーマーケット があり、スーパーやコーヒーショップをいつでも利用可能です。スパルタですが閉じ込められているというイメージはありません。PINESは学生のレベルに よりクイサンキャンパスとチャピスキャンパスで教えます。英語初級者の場合ホテルが宿所となっているクイサンキャンパスからスタートする事になります。1 日10時間ときつめのスケジュールを『絶対ここなすんだ!』という事前の覚悟さえあれば、留学生活が満足でき、英語のレベルが劇的に上がるでしょう。24 週を考えるのであれば、最初の12~16週をPINESで基礎固めをし、残りの期間を新たな方向性で決めた方がいいと思います。たとえばIELTS(試験 点数=英語の実力、の世界では主流になっている英語検定試験)やTOEIC(日本の企業の絶対的英語尺度)コースに進む、あるいは第2段階で流暢な英語を しゃべれるように目標を設定するなど。

次はTALKについて説明いたします。TOEICの点数を上げたいのであれば、断然ここがいいです。実は1ヶ月前に僕はTALKに行ったんですよ。当社が ご案内したお客様のひとりが8週間で340点から720点まで380点アップしたという話を本人から直接聞きました。TOEICコースをとっている人たち は7割くらいだとの事ですが、全員緊張した顔つきをしているとの事です。そして次の日のマンツーマン授業で採点してどこがいけなかったのか復習します。毎 日そんな事を繰り返していれば当然点数がぐっと伸びます。

TALKで専門コースに入りたいのであれば最低450点くらいは持っていないとだめですね。ついていけないからです。このお客様(30代男性)は強い希望 を示していたので300点台でもTOEICコースに入れてもらえましたが案の定ついていけませんでした。1週間も立たず僕に連絡が来て学校をやめて転校し たいと言ってきました。それを学校側に通知した所、TALKマネージャー達がかわるがわるお客様に近寄って声をかけて励まし続けました。結局一番苦しい所 を踏ん張って8週間やり遂げてて恐ろしいほどの点数的飛躍を成し遂げたのです。

別の話になりますが、こういうところが中小規模の語学学校のいいところなのです。すぐに人が対応してくれます。大きな学校はさすがに一人一人に気を使う事はできません。規則やルール、システムで学校を運営します。

○○様の場合TOEICコースにはESL12週か16週をへて入るという仮定をしているのでそれまでに最低でも500点台~600点台の実力は保持してい ると考えていいでしょう。というか保持していなければ問題です。TOEICコースへ入るからには卒業するときに800点台は持っていないと留学の成果だと は言えません。TALKに入るとしたら卒業する時絶対800点台を獲得するという覚悟を持ちましょう。マイナス点としては専門コースに入ると点数アップが すべてですから、点数は大幅にアップしますが、スピーキング力があまり伸びなくなる点ですね。

補足しますが、だからと言って中小学校が大型学校より絶対いいと言っているのではありません。大型学校にはスケールメリットがあります。例えばPINES は宿所がホテルですし、ジムがあります。食事はフィリピンでは一番美味しいと言われていて8皿くらいのおかずがでます。料理にうるさい日本人でも8皿の内 3皿くらいは口に合うものがあるでしょう。

予算について

PINESはフィリピン全土でトップ3には絶対入る優秀校ですが、価格も廉価です。12週~16週を最初に決めてしまえば割引が適用されるので学費は月○○○○○○円くらいでしょう。TALKはおそらく学費○○○○○○円くらいと思われます。

現地費用について

学費(寄宿舎代、食費、授業料)以外に現地でかかる費用があります。ビザ、学生許可証、外国人登録証、電気代、教科書代など)。最初の月が3~4万、2ヶ月目から1万5千~2万5千円くらいかかるという点、ご了承くださいませ。

PINESは土曜日の夜と日曜日の朝はご飯がでません。自分でなんとかしなければなりません。


A:PINES16週とTALK8週のお見積書を送付させていただきます。

PINES現地費用(目安、上下します)
ビザ10,050ペソ
SSP(学生許可証)6,300ペソ
I-Card 3,300ペソ
教科書代 約4,000ペソ
電気代  約4,000ペソ

16週総額現地費用27,650ペソ→63,595円(本日レート基準)

TALK現地費用(目安、上下します。)
ビザ4,660ペソ
SSP(学生許可証)6,000ペソ
教科書代 約2,000ペソ
電気代  約2,000ペソ

8週総額現地費用14,660ペソ→33,718円(本日レート基準)

TOEFL対策オススメ校

TOEFL対策オススメ校 HELPマーティンスのTOFLEコースを受講しようと思うんですが、大丈夫でしょうか?アドバイスお願い致します。 フィリピンはIELTSとTOEICは非常につよいですが、TOEFLを教える学校が非常に少ないです。 TOEFL受講者の人口が少ないからです。 ただHELP Martinsは大丈夫だと思います。Martinsは今IELTSにすごくちからを入れております。 学生の半数くらいはIELTS受講者と聞いております。TOEFL受講生はかなり少ないでしょう。たぶん10人以下なはずです。 ただしMartinsは長年に渡りTOEFLに非常に力を入れてきた学校です。なので今IELTSを指導している先生はTOEFL講師出身が結構います。需要により彼らがTOEFLも教えます。 ですのでTOEFL指導は問題ないと見ています。   >>>HELP Martinsの学校詳細を見る 学校のタイムテーブルについて マーティンスは朝から晩まで型にはまったスケジュールを次から次ぎへぴっちりはめ込む典型的なスパルタ学校ではありません。ある程度授業間にゆとりがあります。ですので自分のペースで勉強しやすいという部分はあります。マーティンスでは科目は講師と相談して選択、決定できます。このような柔軟性がある部分もこの学校の特徴です。PINESやEVなどの典型的なスパルタ学校は通常決まった科目を学習し、科目変更はあまりできません。それとスケジュールがぴっちり埋まっています。 施設について マーティンスはフィリピンで一番老舗の学校という事もあり、施設の老巧化が目立ちます。Wifiも指定ゾーンです。この学校はジムがありません。学校はお金持ちが集まる集団団地の中にあります。集団団地内にはレストラン、売店、教会などがあります。その敷地内なら自由に歩けます。場所はバギオ中心地からはタクシーで5~10分ほどと近いです。 ご連絡誠にありがとうございます。非常にわかりやすい説明ありがとうございます。 実はPINESの学校にも興味をもっております。私たTOEIC680点でして、目標としていることろがTOEFL80点でございます。 もしよろしければ、PINES のほうの見積もりも出してもらってもよろしいでしょうか。 PINESもHELPと同じフィリピンに2校しかない中級上級学校です。 ここは抜群にESL指導がいいです。施設も非常に綺麗でWifi環境もいいです。 ただ資格はそれほど強くはないです。メインにどーんとESLがあってその他試験対策コースがサブにあるという感じです。 この学校はやる事がいっぱいあります。朝から晩まで授業、宿題、課題がひっきりなしに続き、追い込まれます。ですからこの学校を選ぶのであればなにがなんでも最後までやり通すという覚悟が必要です。その分返ってくるものも大きいです。典型的つめこみ方スパルタ。 朝はオプションクラスがありますがこちらは参加自由です。午前から午後にかけて通常8時間の正規授業をこなします。食後には2時間のオプション授業に義務参加、その後は1時間の強制自習。夜10時くらいまで管理型のみっちりしたスケジュールが組まれます。   >>>PINES Chapis の学校詳細を見る お見積書を送付いたします。ご査収よろしくお願いいたします。  フィリピン留学TOEFLスコアUPプラン TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は、一言で申し上げますとアメリカやカナダなどアメリカ大陸の教育機関に強い非英語圏外国人向けの英語力認定資格です。TOEFLのスコアはアメリカやカナダのほぼすべての大学で認められています。 >>>TOEFLEスコアアッププランを見る

>> More
  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ