お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/10/16

子供のフィリピン短期留学!ジュニア留学おすすめ語学学校は?

子供のフィリピン短期留学

qaIconQ子供を一人で留学させたいです。治安の良い場所や、子供を安全に留学させられる学校はどこでしょうか? 短期留学は可能ですか?

qaIconAお問い合わせありがとうございます。フィルイングリッシュの神谷です。 グローバル化が進む今、子供に生の英語や異文化に触れさせたいと考えられる保護者様が増えています。

英語の吸収が速い子供のうちに、ある程度まとまった期間(約3カ月程度)を留学させたいと考える 保護者様が増えていますが、中には一週間の超短期留学を選択される方もいらっしゃいます。

例え短期留学だとしても、かわいい我が子を一人で留学させるには大きな決断と勇気が必要でしょう。

大切なお子様の事を一番に考えますと、次の2つが最も重要な要素であると判断します。

1つめは、お子様に必要な英語教育が何であるかを知り、それに対応出来るカリキュラムを選択する事です。英語を楽しく身につけるうえで本当に大切なことは 「会話」です。 スピーキング力のみを向上させる必要があるのか、また英語の基礎となる文法、語彙を勉強しながら スピーキング力を向上させる必要があるのかを確認する必要があります。 希望を仰っていただければ、私達は学校側へ伝達し、それぞれのお子様にあった最適なカリキュラムと 講師陣の準備をします。

2つめは、治安水準と学校環境です。基本的には、空港到着後すぐにピックアップをし、学校へ移動します。 留学中の外出も学校側が管理をする必要があります。 できれば平日外出が出来ないスパルタ校がいいのですが、短期留学の場合は、かなり選択枠が少なくなります。平日外出が可能な学校であれば、学校関係者が厳 重に管理している学校の選択が必要です。 もちろん、留学終了後も安全に空港まで送迎し、帰国便に乗るところまで管理する必要があります。

その他は、日本人のマネージャーの有無についてです。 慣れない海外生活でのお子様のケアや生活面でのアドバイスなど、 日本人マネージャーの存在は大きな助けになります。 ルームメイトについては、非喫煙者や、お酒を飲まない大人がいいでしょう。 
女性のお子様であれば、女性管理者と一緒のお部屋にするのも良いですね。

なお、今回の条件でおすすめ出来る学校は以下のとおりです。

クラークCIP

CIPネイティブ学校

マニラから車で1時間30分ほどの距離にある学校です。 
弊社クラーク支社に比較的近い場所に立地してるため、万が一お子様に何かあれば迅速な対応が可能です。 CIPはネイティブ講師の在籍数が多く、最も評判の良い学校の1つです。 
マンツーマン授業も多めで個人の要望に合った授業編成が可能となっております。 
日本人が50%以上と多いですが、日本人マネージャーの対応も優れており学生の満足度は高いです。 豊富なネイティブ環境により、自然な英語の言い回しと発音矯正が可能です。

セブELSA

ELSAセブ

セブ市内から1時間離れた郊外に位置するリゾート型学校です。スパルタ学校のため、基本1週間の短期留学はいたしかねますが、 もしご希望でしたら、学校側に要望を出すことも可能です。 平日外出不可ですが、リゾートスタイルの雰囲気で、24時間安全に留学生活を送る事が可能です。 周囲の治安は非常に安定しており、15分圏内にショッピングモール、飲食店などが揃っております。 元リゾートホテルを利用しているため、部屋の造りはとても広く、浴槽もございます。 洗濯・掃除は平日毎日実施されるため、とても清潔感のある留学生活を送ることが可能です。 リラクゼーションの一環として、大型プールだけでなく、バスケットボールコート、 ジョギングコート、卓球台などの運動施設も充実しています。

**************

学校に到着してからは、学校側で3食の食事・カリキュラム・寮生活などの面倒を見てくれますし、 CIPでは講師1名が保護者様と緊密に連絡を取り合い、学習内容と学習量に関して意見交換を通すなど 責任講師制度(Buddy Teacher System)を運営しております。

フィリピンは世界で3番目に英語が話されている国です。

最近では、日本からの交通の便とコストの安さ、また気軽に行ける留学先として注目を集めております。快適でホスピタリティの溢れる南国の島フィリピンで、お子様に英語学習の経験をさせてみてはいかがでしょうか。

お子様、保護者様のご要望に合わせて、学校と宿泊手配をアレンジさせていただきます。

親子留学オススメ語学学校一覧

親子留学オススメ語学学校一覧

近年、親子留学のお問い合わせ、そして実際に留学に行かれる方が増えています。お子様一人で外国に留学に行かせることが心配で、親が一緒についていくというケースは以前にもありました。しかし、フィリピン親子留学の最大のメリットは、お子様だけでなく、ご両親も同じ時間帯に授業を受けることが可能という点です。子育てをしながら留学に行ける機会は殆どないのが現状です。

>>>親子留学オススメ語学学校を見る

ネイティブ講師からマンツーマン授業が受けられる英語スクール

ネイティブ講師からマンツーマン授業が受けられる英語スクール

フィリピン英語スクールに留学される留学生のおよそ60~80%は初心者~初級者となり、ほとんどのスクールではフィリピン人講師からマンツーマン授業及びグループ授業を受講することになります。フィリピン人講師は第2言語として英語を学んでいます。

>>>ネイティブ講師英語スクール詳細を見る

IELTSに強く、予算は12週で50万円

IELTSに強く、予算は12週で50万円       : IELTSに強く、設備の整っている環境で集中的に勉強できるIELTS学校を探しています。現在のIELTSスコアは5.5で、目標は6.0です。予算は12週で50万円以内だと助かります。おすすめの学校と、良い点、悪い点をそれぞれ教えてください。   : フィルイングリッシュ梶野 章と申します。 お問い合わせありがとうございます。   IELTSが強い学校というのは実はフィリピンではあまり多くありません。難易度が高いので学校自体が指導に力を入れる方針を持っていなければならず、講師も鍛えておかなければなりません。   セブですとEV、Philinter、 SMEAGクラシック 、CIAなどが有名ですが、費用は高いです。バギオに比べると3割増しくらいになります。学費は60万円を超えるはずです。   なので今回はバギオでIELTSに強い学校に限定してご紹介させて頂きます。   おすすめなのは、CNSII、PINESチャピス、HELPマーティンスです。どの学校でも12週あれば5.5から6.0に引き上げることは可能だと思います。   以下に各学校の特徴等についてご説明させて頂きます。     ・CNSII   フィリピンで唯一のIELTS専門学校CNSII。ここはどちらかと言えば男性向きです。がさつな事が多少ございます。 施設は老朽化が進んでおりますし、ごはんもあまり評判は良くありません。マネージメントもがさつでケアも上手とは言えないでしょう。少人数の学校ですので、グループ授業でレベル違いの学生が混じる事も頻繁にあります。点数さえ取れればあとは目をつぶるという感覚でないとこの学校はおすすめできません。平日外出不可のスパルタ。夜に長時間にわたる強制自習時間があり、自習時間中の自分の机も決められています。   授業面で見ますと、フィリピン唯一のIELTS専門学校なだけあり指導経験は豊富ですし、先生も生徒もすべてIELTSの点数獲得に目を向けています。   先生が暇な時間に頼めばスピーキングテストのリハーサルにも応じてくれます。もし行かれるのであればこの制度を上手く活用された方が得策と言えます。   フィルイングリッシュのお客様でも、文句を言わず一生懸命勉強した人たちは結果を出し続けています。たまに8週で6.0から7.0などびっくりさせられるような事もあります。 そして値段が安いのも魅力です。     ・PINESチャピス     本日紹介する学校の中では一番バランスがいいです。 施設はかなり綺麗です。Wifi環境もいいです。EOP(英語のみ使用ルール)が徹底的に実施されております。   ですが、この学校はやる事がいっぱいあります。朝から晩まで授業、宿題、課題がひっきりなしに続き、追い込まれます。 この学校を選ぶのであればなにがなんでも最後までやり通すという覚悟が必要です。その分返ってくるものも大きいです。まさしく典型的なつめこみ方スパルタ学校でしょう。 朝はオプションクラスがありますがこちらは参加自由です。午前から午後にかけて通常8時間の正規授業をこなします。食後には2時間のオプション授業に義務参加、その後は1時間の強制自習。夜10時くらいまで管理型のみっちりしたスケジュールが組まれます。ごはんはそこそこ評判良いです。   PINESは朝から晩まで管理型ですが、マーティンスは管理型学校ではありません。ある程度授業間にゆとりがあります。正規授業とオプション授業を含めた授業総数はPINESより少ないです。夜の自習時間は設けられておりますが、基本的には学生に判断を委ねています。頭を押さえつけられるような指導パターンではなく、自分のペースで勉強されたい方に向いています。     ・PINESチャピスとHELPマーティンスの比較     こちら最近書きましたチャピスとマーティンスの記事です。だいたいどんな感じか把握できると思います。 […]

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ