お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/10/16

子供のフィリピン短期留学!ジュニア留学おすすめ語学学校は?

子供のフィリピン短期留学

qaIconQ子供を一人で留学させたいです。治安の良い場所や、子供を安全に留学させられる学校はどこでしょうか? 短期留学は可能ですか?

qaIconAお問い合わせありがとうございます。フィルイングリッシュの神谷です。 グローバル化が進む今、子供に生の英語や異文化に触れさせたいと考えられる保護者様が増えています。

英語の吸収が速い子供のうちに、ある程度まとまった期間(約3カ月程度)を留学させたいと考える 保護者様が増えていますが、中には一週間の超短期留学を選択される方もいらっしゃいます。

例え短期留学だとしても、かわいい我が子を一人で留学させるには大きな決断と勇気が必要でしょう。

大切なお子様の事を一番に考えますと、次の2つが最も重要な要素であると判断します。

1つめは、お子様に必要な英語教育が何であるかを知り、それに対応出来るカリキュラムを選択する事です。英語を楽しく身につけるうえで本当に大切なことは 「会話」です。 スピーキング力のみを向上させる必要があるのか、また英語の基礎となる文法、語彙を勉強しながら スピーキング力を向上させる必要があるのかを確認する必要があります。 希望を仰っていただければ、私達は学校側へ伝達し、それぞれのお子様にあった最適なカリキュラムと 講師陣の準備をします。

2つめは、治安水準と学校環境です。基本的には、空港到着後すぐにピックアップをし、学校へ移動します。 留学中の外出も学校側が管理をする必要があります。 できれば平日外出が出来ないスパルタ校がいいのですが、短期留学の場合は、かなり選択枠が少なくなります。平日外出が可能な学校であれば、学校関係者が厳 重に管理している学校の選択が必要です。 もちろん、留学終了後も安全に空港まで送迎し、帰国便に乗るところまで管理する必要があります。

その他は、日本人のマネージャーの有無についてです。 慣れない海外生活でのお子様のケアや生活面でのアドバイスなど、 日本人マネージャーの存在は大きな助けになります。 ルームメイトについては、非喫煙者や、お酒を飲まない大人がいいでしょう。 
女性のお子様であれば、女性管理者と一緒のお部屋にするのも良いですね。

なお、今回の条件でおすすめ出来る学校は以下のとおりです。

クラークCIP

CIPネイティブ学校

マニラから車で1時間30分ほどの距離にある学校です。 
弊社クラーク支社に比較的近い場所に立地してるため、万が一お子様に何かあれば迅速な対応が可能です。 CIPはネイティブ講師の在籍数が多く、最も評判の良い学校の1つです。 
マンツーマン授業も多めで個人の要望に合った授業編成が可能となっております。 
日本人が50%以上と多いですが、日本人マネージャーの対応も優れており学生の満足度は高いです。 豊富なネイティブ環境により、自然な英語の言い回しと発音矯正が可能です。

セブELSA

ELSAセブ

セブ市内から1時間離れた郊外に位置するリゾート型学校です。スパルタ学校のため、基本1週間の短期留学はいたしかねますが、 もしご希望でしたら、学校側に要望を出すことも可能です。 平日外出不可ですが、リゾートスタイルの雰囲気で、24時間安全に留学生活を送る事が可能です。 周囲の治安は非常に安定しており、15分圏内にショッピングモール、飲食店などが揃っております。 元リゾートホテルを利用しているため、部屋の造りはとても広く、浴槽もございます。 洗濯・掃除は平日毎日実施されるため、とても清潔感のある留学生活を送ることが可能です。 リラクゼーションの一環として、大型プールだけでなく、バスケットボールコート、 ジョギングコート、卓球台などの運動施設も充実しています。

**************

学校に到着してからは、学校側で3食の食事・カリキュラム・寮生活などの面倒を見てくれますし、 CIPでは講師1名が保護者様と緊密に連絡を取り合い、学習内容と学習量に関して意見交換を通すなど 責任講師制度(Buddy Teacher System)を運営しております。

フィリピンは世界で3番目に英語が話されている国です。

最近では、日本からの交通の便とコストの安さ、また気軽に行ける留学先として注目を集めております。快適でホスピタリティの溢れる南国の島フィリピンで、お子様に英語学習の経験をさせてみてはいかがでしょうか。

お子様、保護者様のご要望に合わせて、学校と宿泊手配をアレンジさせていただきます。

親子留学オススメ語学学校一覧

親子留学オススメ語学学校一覧

近年、親子留学のお問い合わせ、そして実際に留学に行かれる方が増えています。お子様一人で外国に留学に行かせることが心配で、親が一緒についていくというケースは以前にもありました。しかし、フィリピン親子留学の最大のメリットは、お子様だけでなく、ご両親も同じ時間帯に授業を受けることが可能という点です。子育てをしながら留学に行ける機会は殆どないのが現状です。

>>>親子留学オススメ語学学校を見る

ネイティブ講師からマンツーマン授業が受けられる英語スクール

ネイティブ講師からマンツーマン授業が受けられる英語スクール

フィリピン英語スクールに留学される留学生のおよそ60~80%は初心者~初級者となり、ほとんどのスクールではフィリピン人講師からマンツーマン授業及びグループ授業を受講することになります。フィリピン人講師は第2言語として英語を学んでいます。

>>>ネイティブ講師英語スクール詳細を見る

TOEFL対策オススメ校

TOEFL対策オススメ校 HELPマーティンスのTOFLEコースを受講しようと思うんですが、大丈夫でしょうか?アドバイスお願い致します。 フィリピンはIELTSとTOEICは非常につよいですが、TOEFLを教える学校が非常に少ないです。 TOEFL受講者の人口が少ないからです。 ただHELP Martinsは大丈夫だと思います。Martinsは今IELTSにすごくちからを入れております。 学生の半数くらいはIELTS受講者と聞いております。TOEFL受講生はかなり少ないでしょう。たぶん10人以下なはずです。 ただしMartinsは長年に渡りTOEFLに非常に力を入れてきた学校です。なので今IELTSを指導している先生はTOEFL講師出身が結構います。需要により彼らがTOEFLも教えます。 ですのでTOEFL指導は問題ないと見ています。   >>>HELP Martinsの学校詳細を見る 学校のタイムテーブルについて マーティンスは朝から晩まで型にはまったスケジュールを次から次ぎへぴっちりはめ込む典型的なスパルタ学校ではありません。ある程度授業間にゆとりがあります。ですので自分のペースで勉強しやすいという部分はあります。マーティンスでは科目は講師と相談して選択、決定できます。このような柔軟性がある部分もこの学校の特徴です。PINESやEVなどの典型的なスパルタ学校は通常決まった科目を学習し、科目変更はあまりできません。それとスケジュールがぴっちり埋まっています。 施設について マーティンスはフィリピンで一番老舗の学校という事もあり、施設の老巧化が目立ちます。Wifiも指定ゾーンです。この学校はジムがありません。学校はお金持ちが集まる集団団地の中にあります。集団団地内にはレストラン、売店、教会などがあります。その敷地内なら自由に歩けます。場所はバギオ中心地からはタクシーで5~10分ほどと近いです。 ご連絡誠にありがとうございます。非常にわかりやすい説明ありがとうございます。 実はPINESの学校にも興味をもっております。私たTOEIC680点でして、目標としていることろがTOEFL80点でございます。 もしよろしければ、PINES のほうの見積もりも出してもらってもよろしいでしょうか。 PINESもHELPと同じフィリピンに2校しかない中級上級学校です。 ここは抜群にESL指導がいいです。施設も非常に綺麗でWifi環境もいいです。 ただ資格はそれほど強くはないです。メインにどーんとESLがあってその他試験対策コースがサブにあるという感じです。 この学校はやる事がいっぱいあります。朝から晩まで授業、宿題、課題がひっきりなしに続き、追い込まれます。ですからこの学校を選ぶのであればなにがなんでも最後までやり通すという覚悟が必要です。その分返ってくるものも大きいです。典型的つめこみ方スパルタ。 朝はオプションクラスがありますがこちらは参加自由です。午前から午後にかけて通常8時間の正規授業をこなします。食後には2時間のオプション授業に義務参加、その後は1時間の強制自習。夜10時くらいまで管理型のみっちりしたスケジュールが組まれます。   >>>PINES Chapis の学校詳細を見る お見積書を送付いたします。ご査収よろしくお願いいたします。  フィリピン留学TOEFLスコアUPプラン TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は、一言で申し上げますとアメリカやカナダなどアメリカ大陸の教育機関に強い非英語圏外国人向けの英語力認定資格です。TOEFLのスコアはアメリカやカナダのほぼすべての大学で認められています。 >>>TOEFLEスコアアッププランを見る

>> More
  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ