お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2015/04/08

カナダの大学進学のためにIELTS点数が必要です。

カナダの大学進学のためにIELTS点数が必要です

qaIconQ   現在カナダで大学進学のためのESLに1年程通っており、IELTSは5.0です(1月現在)。進学するため6.0が必要なため厳しい環境でIELTSのスコアアップをしたい考えています。見積もりと学校別のIELTS 5.0から6.0までのかかる平均的な期間が知りたいです。

カナダの大学進学のためにIELTS点数が必要です qaIconA フィリピンの語学学校ではどこも近年のIELTSブームの便乗してどこもかしこもあわててIELTSコースをインスタントに開設したケースが多いと感じざるをえません。どこの学校も自分の所で勉強すればすぐに伸びるような宣伝をいたしますが、非常に疑わしいです。

そんな中でIELTS分野で実績と信用があるのはセブのSMEAGクラシックキャンパスとバギオのCNSIIとなります。どちらも創設9年と歴史があります。両校ともIELTS専門学校です。IELTSのみを専門的に教えるキャンパスはこの二つだけです。IELTSばっかり教えてるわけですからこの学問に対する精通度が高いです。IELTSだけを勉強したいとする学生の数もある程度そろってます。

次にいい学校としてはPINESチャピスMONOLあたりですかね。この両校はESL分野ではほぼ全国トップ学校です。MONOLは特設フロアをIELTSだけのために設けているのでかなり力をいれています。PINESも最近のIELTSの注目度に合わせ力を入れだしました。値段の順番としてはSMEAGが高め、CNSIIが平均のESL相場より若干高め、MONOLとPINESは同じくらいで、ESLやIELTS学校の相場よりは安いです。

現在IELTS5.0くらいの実力との事ですので大体8週間から12週間くらいフィリピンで勉強なされれば6.0(オーバーオール)は取得できるのではないかと予想されます。

各学校に対する注意点

一番点数が早く上がる学校は恐らくCNSIIです。ここは創立時からの講師が半分以上の残っているので講師のIELTS精通度と実力は一番高いです。それとここは絶対にIELTSの点数が必要な人間が集まる傾向にあります。ですから学生達の学習欲はものすごいです。自分もつられて勉強せざるを得ないという雰囲気がこの学校にはあります。それとIELTS6.5や7.0など高得点を目指す学生もよくこの学校に集まる傾向にあります。但し注意しないといけない面はこの学校は施設がぼろぼろという事。汚いとかではないですがぼろいです。昭和のボロホテルのイメージですかね。ですから短期間に点数を上げる事意外他に興味がない、小さな事は気にしないという方に向いてます。お姫様タイプは無理だと思います。

SMEAGは古くからBritish Councilから直接指導員から指導を受けているので情報に明るいです。CNSIIは平日外出禁止のスパルタですがSMEAGは平日放課後は自由のセミスパルタです。学生の自主性を尊重するのびのびタイプです。施設もきれいです。ですがここは学費が高め設定である事。エージェントの学費割引を禁止している事などから出費は他の学校よりかさみます。

SMEAGもCNSIIも12週ですとIELTS公認試験が一回無料になります。CNSII、MONOL、PINESは現在イベント中ですので今月中のご登録でしたら現地費用に含まれるSSP(16,000円)が免除されます。

PINESとMONOLは総合的に英語を教えていてその一部としてIELTSも教えます。ですからIELTSしか教えないCNSIIやSMEAGに比べるとやはり若干劣ります。ですが講師のレベルは非常に高いので6.5くらいまでの目標でしたら十分にいけると思います。PINESに入るためにはスカイプによるインタビュー試験に合格しなければなりません。MONOLの場合IELTS4.0点の公式点数が入学前に必要となります。一方CNSIIやSMEAGは公認点数、あるいは入学前のレベルテストで受講するコースレベルが違ってきます。

IELTSスコアアップガイドライン

IELTSスコアアップガイドライン

IELTS(アイエルツ、International English Language Testing System)とは非英語圏の人間が英語圏で生活するのに必要な英語力を計る検定試験の一つです。IELTSは創設からの歴史は浅いですが、その実用性と審査基準の公正さから世界各地で急速に普及され、国際英語力認定基準の大きな柱となりつつあります。

>>>IELTSスコアアップ記事を見る

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ