お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/02/13

英検準1級、ネイテイブの授業を受けたい

eiken

qaIconQ  マンツーマン授業が1日5コマ以上ある。スピーキングに力を入れている。ネイティブスピーカーの授業が受けられる。日本人の割合が50%以下。TOEIC対策がある。それ以外に、英語を使ったアクティビティ(英語を利用して発表だったり、ニュースを見る、映画を見る等)がオプションクラスとしてあれば是非受けたいと考えています。

qaIconA さてフィリピンで留学しますと一見どこの学校に行ってもネイテイブスピーカーからマンツーマン授業を受けられるような印象を受けますが、実情はそうではありません。200人の定員にネイテイブ1名などの学校が普通ですし、ネイテイブがいない学校のほうが圧倒的に多く全体的には8割以上を超えるでしょう。

ですがマニラから北100kmくらいにあるアンヘルスクラーク地帯だけは例外です。この地域は元米軍基地があった場所でもあり欧米圏ネイテイブスピーカーが密集して住んでおります。そのような背景もあり、クラーク、アンヘルスの語学学校にはアメリカ人、イギリス人などが多く在籍いたしております。

本日はネイテイブからの授業を受講されたいとのご希望でしたのでネイテイブからマンツーマン授業を受けられる3つの学校を紹介いたします。

クラークフィリピン留学院、AELCクラーク、CIPの3校です。

クラークフィリピン留学院

一番一般的なレギュラーコースを選びました。マンツーマン授業3時間、小グループ2時間、オプション授業1.5時間の構成です。授業はすべてネイテイブスピーカーが担当いたします。オプション授業とは参加フリーの無料授業の事です。クラークフィリピン留学院は日本人経営です。生徒は全員日本人となります。この学校は生徒数が非常に少なく常時5~10名です。この学校のネイテイブ以外の売りとしては食事です。昼と夜のご飯を隣にある『湯布院』という日本料理やで食べます。もちろん学費にこの部分が含まれております。朝食は自己管理しなければなりません。フィリピンの語学学校のごはんはどこにいっても評判が悪いです。食事とネイテイブを最重要課題に掲げるのであればおすすめできます。歩いて4分くらいの所にクラークSMという大きなショッピングモールがあります。

AELCクラーク

AELC

基本オールネイテイブです。お見積書はネイテイブマンツーマン3時間、ネイテイブグループ2時間、ネイテイブオプション2時間のESLコースとネイテイブマンツーマン4時間、ネイテイブグループ2時間、ネイテイブオプション2時間のIntensiveコースを選びました。この学校は正直よくわからないです。つい最近日本人を受け入れ始めました。日本人マネージャーはおりますが日本人は数えるほどしかいないので、サバイバル的な環境は間違いないです。この学校の施設の優秀さは恐らくフィリピン語学学校の中ではトップ10に入るでしょう。それほど立派です。

CIP

CIPクラーク

フィリピン人講師中心の学校ですがネイテイブスピーカーが15人います。ネイテイブの数はここが一番です。それと学生8名に対しネイテイブ1名とネイテイブ対比率も一番です。ここはフィリピン人講師の良さとネイテイブスピーカーの良さを混合させたシナジー効果を演出いたします。お見積書はネイテイブマンツーマン2時間、フィリピン講師マンツーマン3時間、ネイテイブグループ2時間、ネイテイブオプション2時間のIntensiveAコースとネイテイブマンツーマン4時間、ネイテイブグループ2時間、ネイテイブオプション2時間のPremiumコースを選びました。すべてがネイテイブだからいいというわけではありません。分野によってはフィリピン人のほうが教え方がうまいです。聞き取りや発音などがそうです。何故かというと彼らは持ってうまれたネイテイブではなく日本人と同じ学習者出身だからです。どこで悩むかよく知ってます。

上記3校の中ではCIPが一番洗練された学校です。部屋には本棚やスタンドなども置いてます。部屋でのネット環境は日本並みにいいです。一見当たり前のように思えますがそうではない学校が普通です。2校目に来なければこの学校のよさには気づかないでしょう。但し日本人が6~7割と多めです。日本語が飛びかう状況が多いので流されないように注意しなければなりません。

上記3校はマッチ式といい基本的に自分で習いたい科目を事前申請すれば希望通りに科目を編成してくれます。マンツーマン授業とライテイングだけで授業構成も可能です。但しTOEICは学べません。TOEIC科目は上記学校でTOEICコースを受講している学生のみ享受できる特権だからです。

AELCにもCIPにもTOEICコースはあります。マンツーマンはほぼフィリピン講師で正規グループ授業はネイテイブという構成です。ご興味がおありでしたらお見積書を作成いたします。

その他フィリピン人講師マンツーマン中心でその中から1~2時間TOEIC授業を受講できるというパターンもあります。

お客様は準一級をお持ちです。ですから学校選びは慎重にならなければなりません。ウェブの宣伝を見ると自分の学校は優秀だとみなうたっていますが実際は9割以上がたいした事のない学校です。たいした事がないという学校は初級者専門学校で中級者、上級者は対応があまりできないという意味です。それは実際留学生の9割が初心者だという事情と関連いたします。

お客様に対応できるフィリピン人中心マンツーマンでTOEICが学べる優秀校はセブのCELLAかダバオのEDAです。値段もネイテイブ学校よりはずーっと安いです。もし興味がございましたらお見積書を送付いたします。

IELTSに強く、予算は12週で50万円

IELTSに強く、予算は12週で50万円       : IELTSに強く、設備の整っている環境で集中的に勉強できるIELTS学校を探しています。現在のIELTSスコアは5.5で、目標は6.0です。予算は12週で50万円以内だと助かります。おすすめの学校と、良い点、悪い点をそれぞれ教えてください。   : フィルイングリッシュ梶野 章と申します。 お問い合わせありがとうございます。   IELTSが強い学校というのは実はフィリピンではあまり多くありません。難易度が高いので学校自体が指導に力を入れる方針を持っていなければならず、講師も鍛えておかなければなりません。   セブですとEV、Philinter、 SMEAGクラシック 、CIAなどが有名ですが、費用は高いです。バギオに比べると3割増しくらいになります。学費は60万円を超えるはずです。   なので今回はバギオでIELTSに強い学校に限定してご紹介させて頂きます。   おすすめなのは、CNSII、PINESチャピス、HELPマーティンスです。どの学校でも12週あれば5.5から6.0に引き上げることは可能だと思います。   以下に各学校の特徴等についてご説明させて頂きます。     ・CNSII   フィリピンで唯一のIELTS専門学校CNSII。ここはどちらかと言えば男性向きです。がさつな事が多少ございます。 施設は老朽化が進んでおりますし、ごはんもあまり評判は良くありません。マネージメントもがさつでケアも上手とは言えないでしょう。少人数の学校ですので、グループ授業でレベル違いの学生が混じる事も頻繁にあります。点数さえ取れればあとは目をつぶるという感覚でないとこの学校はおすすめできません。平日外出不可のスパルタ。夜に長時間にわたる強制自習時間があり、自習時間中の自分の机も決められています。   授業面で見ますと、フィリピン唯一のIELTS専門学校なだけあり指導経験は豊富ですし、先生も生徒もすべてIELTSの点数獲得に目を向けています。   先生が暇な時間に頼めばスピーキングテストのリハーサルにも応じてくれます。もし行かれるのであればこの制度を上手く活用された方が得策と言えます。   フィルイングリッシュのお客様でも、文句を言わず一生懸命勉強した人たちは結果を出し続けています。たまに8週で6.0から7.0などびっくりさせられるような事もあります。 そして値段が安いのも魅力です。     ・PINESチャピス     本日紹介する学校の中では一番バランスがいいです。 施設はかなり綺麗です。Wifi環境もいいです。EOP(英語のみ使用ルール)が徹底的に実施されております。   ですが、この学校はやる事がいっぱいあります。朝から晩まで授業、宿題、課題がひっきりなしに続き、追い込まれます。 この学校を選ぶのであればなにがなんでも最後までやり通すという覚悟が必要です。その分返ってくるものも大きいです。まさしく典型的なつめこみ方スパルタ学校でしょう。 朝はオプションクラスがありますがこちらは参加自由です。午前から午後にかけて通常8時間の正規授業をこなします。食後には2時間のオプション授業に義務参加、その後は1時間の強制自習。夜10時くらいまで管理型のみっちりしたスケジュールが組まれます。ごはんはそこそこ評判良いです。   PINESは朝から晩まで管理型ですが、マーティンスは管理型学校ではありません。ある程度授業間にゆとりがあります。正規授業とオプション授業を含めた授業総数はPINESより少ないです。夜の自習時間は設けられておりますが、基本的には学生に判断を委ねています。頭を押さえつけられるような指導パターンではなく、自分のペースで勉強されたい方に向いています。     ・PINESチャピスとHELPマーティンスの比較     こちら最近書きましたチャピスとマーティンスの記事です。だいたいどんな感じか把握できると思います。 […]

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ