お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/06/03

TOEIC 915、IELTS 6.5点取得のため学校選びに困っています

TOEIC 915、IELTS 6.5点取得のため学校選びに困っています

qaIconQ  現在TOEIC915点、IELTSは受験歴なしです。 8週間〜12週間滞在し、IELTS 6.5取得を目指したいのですが学校の情報を教えていただきたくメールしました。 こちらのホームページで、SMEAGと、バギオのPINESチャピスキャンパス、HELPマーティンスキャンパス、CNS2がお勧めとのことですが、具体的に各学校にどのようなメリットとデメリットがあるか、比較したいのですが教えていただけますでしょうか? まず8週間の申し込みにして現地で延長することは可能ですか? 8〜9月にスタートしたいのですが、8月の夏休みシーズンは混む、などということはありますか? ご回答よろしくお願いします。

qaIconA まずTOEIC 915点ですから8週から12週で6.5点は十分狙えるでしょう。7.0でもいけるかもしれませんが、TOEICのカテゴリーにないライティングとスピーキングにてこずりそうですので6.5点が適正なターゲットだと思います。

学校について説明いたしますね。

フィリピンの語学学校で一番優秀な講師陣と優秀な学生が揃っているのはPINESチャピスとHELPマーティンスでしょう。ですがそれは総合力という意味です。ここでも十分がんばれますが、さらに欲深く点数重視でしたらやはりCNS2かSMEAGがいいと思います。

CNS2とSMEAGクラシックをおすすめする理由は専門学校だからです。PINESやHELPが一流商品を扱う総合デパートだとするとCNS2とSMEAGは専門店です。いつもIELTSばっかり考えて時を過ごしてきた人間たちの集団だという事です。

受講者の数も違います。現在PINES、HELPのIELTSコース受講者は8~9人です。

CNS2やSMEAGですと50名からそれ以上の受講者がいます。善意の競争心という部分でも上回ります。

それではCNS2とSMEAGの違いについて説明いたします。

CNS2は学生がぎらぎらしています。授業以外強制自習が終わるのが夜の10時20分です。その後夜の12時までほとんどだれも図書館を離れません。夜中1時くらいには半分以上いなくなります。ですが3時くらいまで毎日がんばる人もいるそうです。切実な理由がある人たちなんでしょうね。おそらく猛勉強する雰囲気はこの学校がフィリピン全部の語学学校で一番です。

SMEAGは基本強制はありません。自分のペースで勉強するというパターンです。強制的な雰囲気がないのでのびのびと勉強できます。

講師のレベルについて

おそらくIELTSで一番精通している先生はCSN2の講師です。フィリピンで一番最初にIELTSを教え始めたのはCNS2です。(2006年)そしてその最初にスタートした講師の半数以上が今も残ってます。講師の平均点数は8.5点です。SMEAGはどれくらいの点数か教えてくれませんが、おそらくそこまでいかないと思います。ですがSMEAGも統計的な実績は残しております。

その他の問題について

CNS2は2人部屋と3人部屋しかありません。そして新入生は3人部屋から入らなければなりません。それ以外チョイスがないです。SMEAGは1人部屋から5人部屋までチョイスがあります。

学費はSMEAGがかなり高いです。この学校はもともとの学費が高い上にエージェントの学費割引を禁止しております。12週ですとCNS2とでは10万円くらい差がつくかもしれません。

施設はSMEAGが立派です。CNS2はぼろいです。

比較的廉価で施設がよく1人部屋をお考えであればPINESチャピスを推薦いたします。HELP Martinsの1人部屋は全室窓がありません。10月末までバギオは雨季ですから、湿気が多く、窓がついてないときついです。

8月のシーズンにいきなり混むという事はないでしょう。PINESが夏に30名の大学生を団体で取りますが、ほとんどクイサンですから、チャピスとは関係ありません。

延長ももちろん可能です。ですが8週+延長4週と最初から12週登録では学費割引が変わります。その点ご了承くださいませ。

補足情報ですがMartinsとチャピスはEOP(英語のみ使用ルール)が徹底されておりますが、CNS2とSMEAGでは母国語が飛び交います。

お問い合わせありがとうございました。

セブ留学 SMEAG クラシック
セブ留学  SMEAG クラシック

SMEAGクラシックキャンパスは、フィリピンでは数少ないIELTSの専門フィリピン英語留学スクールであり、IELTS公式試験センターです。IELTS専門フィリピン英語留学スクールであることは下記のようなメリットがあります。

>>>SMEAG クラシック 学校詳細を見る

バギオ留学 CNS2

バギオ留学  CNS2

CNS2は日本から来る留学生より、オーストラリア、ニュージーランドでIELTS専門学校に通っていた留学生が、点数が上がらなくて来るケースが多いです。CNS2は純粋に留学生の評判によって成り立っていると言ってもいいでしょう

>>>CNS2 学校詳細を見る

 バギオ留学 HELP Martins

バギオ留学  HELP Martins

 

HELP Martins は平日外出ができない、スパルタ校ですが学校が位置しているビレッジ内ではいつでも軽い散歩に出かけることが出来ます。そして、HELP Martinsでは入学者のレベル制限として、TOEIC650点以上またはIELTS4.0の英語力を提示しなければなりません。

>>>HELP Martins 学校詳細を見る

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ