お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/08/14

月曜日授業があり、土日追加授業が受けられる学校を探している

qaIconQ 1週間の短期留学ですので月曜日にも授業があり、土日追加料金でマンツーマン授業を受講できる学校を教えてください。

qaIconA1週間無駄なくみっちり授業を受けたいとのご希望ですね。
土日追加授業を行っている学校はフィリピンではほとんどありません。そして月曜日に授業を実施する学校も全体の2割~3割くらいでしょうか。月曜日は通常レベルテスト、規則説明、買い物、両替などで終わります。
この両方の条件を満たす学校が2校あります。セブのCELLAとクラークのCIPです。
両校とも1週~2週の短期留学者に限り午後からフィリピン人講師によるマンツーマン授業2~3時間を提供いたします。

土曜日、日曜日は追加料金で4時間セットのマンツーマン授業を受講可能です。
両校の土日授業追加料金は以下となります。

CEBU CELLA:

CELLA

フィリピン人講師4時間。土曜日2,000ペソ。日曜日3,500ペソ。

CELLAは授業単位が1時間60分と長いです。人気コースのPower Speaking6を選択なされば一日マンツーマン授業6時間とネイティブのグループ授業1時間を受講できます。

CLARK CIP:

CPI

フィリピン人講師 土曜日 4時間1,500ペソ 日曜日 4時間2,500ペソ
ネイティブ講師 土曜日 4時間3,000ペソ 日曜日 4時間4,000ペソ

CIPはコース選択によりネイティブ講師のマンツーマン授業を受講できるメリットがあります。人気コースはIntensive Aコース(ネイテイブマンツーマン2時間, フィリピンマンツーマン3時間, ネイテイブ小グループ2時間)とStart Learner コース( フィリピン人マンツーマン5時間, ネイテイブ小グループ2時間)です。この他CIPは平日毎日2クラス参加自由型のネイティブオプショングループ授業を提供しております。

1週留学の場合日曜日入寮され次の日曜日午前中から昼頃まで追加レッスンを受けた後に帰国するというパターンが理想的です。このパターンですと一日もかかさずレッスンを受けられます。

短期留学のチェックポイントは研修期間中にフィリピンの国家休日が一日でも該当しているか否かです。国家休日はそのまま学校が休みとなり特に補填授業や払い戻しなどもないので学習期間の選択は注意しなければなりません。

フィリピン短期留学プラン

フィリピン短期留学プラン

フィリピン留学は移動時間が欧米圏より少なく、その分勉強に時間を割くことが出来ます。
また、最短1週間から留学が出来るのは世界の中でもフィリピン留学だけ。仕事を辞めずに、休学をせずに休暇を利用しての語学留学が可能です。

>>>フィリピン短期留学プランを見る

クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか?

[通学留学] クラークCIP校の1か月留学 の費用を教えてもらえますか? CIPを含むフィリピンの語学学校は【授業料+寮+食費】がセットとなっているのが一般的です。そして、入学後に現地で電気代・SSP・管理費・送迎費等を納付して頂きます。一般的に留学エージェントはこのような形態でご案内しています。 ただし、いくつかの学校は、通学を許可し授業だけ受けれる学校もあります。このような形態をローカル学生と呼びます。 ローカル学生に関していくつか説明致します。 まず、ローカルの登録は、寮と食事は提供されず基本授業だけを受講します。毎日少なくともマンツーマンクラスを1~2時間、多くて4~5時間受ける方もいます。 レッスンは1時間当たりで計算されます。学校指定のコースでなく、CIPの教師によるマンツーマンの授業は1時間につき4週間で6500ペソです(本日のレートで13500円) 校内で食事をしたい場合は、食費を追加お支払いいただきます。ローカル学生は通常昼食を選択します。 1回あたり150ペソで4週間当たり3000ペソです(約6300円) ローカル学生も寮を使用していなくても現地費用をお支払い頂く必要があります。 ⇒ 教材費・SSP 発給費・ IDカード ローカル方式で登録する場合、費用は約25%~35%ほど高くなります。ローカル学生は授業料が高く設定されるからです。また、外部で滞在する場合の宿泊施設と通学費用が多く発生します。 ローカル登録は、ホテル以外で近くの知人の家に宿泊できる方におすすめです。もちろん規定がある学校の寮を嫌ってこの手段を選ぶ方もいますが、逆にコストが高くなります。よってローカル登録は、高くても学校の管理に縛られたくないという方のみに適格です。 下記は、語学学校CIPのローカル学生の為の受講料リストです。この表には、授業料のみ記載されているので生活や通学に必要な費用(月2万~4万ペソ、個人の金額の差は大きいです)が追加で発生します。 語学学校CIPのPower Intensiveコースは毎日マンツーマン7時間のコースです(見積り参照)ローカルで検討している方はコースの場合と費用を是非比較してみて下さい。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ