お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2014/08/14

月曜日授業があり、土日追加授業が受けられる学校を探している

qaIconQ 1週間の短期留学ですので月曜日にも授業があり、土日追加料金でマンツーマン授業を受講できる学校を教えてください。

qaIconA1週間無駄なくみっちり授業を受けたいとのご希望ですね。
土日追加授業を行っている学校はフィリピンではほとんどありません。そして月曜日に授業を実施する学校も全体の2割~3割くらいでしょうか。月曜日は通常レベルテスト、規則説明、買い物、両替などで終わります。
この両方の条件を満たす学校が2校あります。セブのCELLAとクラークのCIPです。
両校とも1週~2週の短期留学者に限り午後からフィリピン人講師によるマンツーマン授業2~3時間を提供いたします。

土曜日、日曜日は追加料金で4時間セットのマンツーマン授業を受講可能です。
両校の土日授業追加料金は以下となります。

CEBU CELLA:

CELLA

フィリピン人講師4時間。土曜日2,000ペソ。日曜日3,500ペソ。

CELLAは授業単位が1時間60分と長いです。人気コースのPower Speaking6を選択なされば一日マンツーマン授業6時間とネイティブのグループ授業1時間を受講できます。

CLARK CIP:

CPI

フィリピン人講師 土曜日 4時間1,500ペソ 日曜日 4時間2,500ペソ
ネイティブ講師 土曜日 4時間3,000ペソ 日曜日 4時間4,000ペソ

CIPはコース選択によりネイティブ講師のマンツーマン授業を受講できるメリットがあります。人気コースはIntensive Aコース(ネイテイブマンツーマン2時間, フィリピンマンツーマン3時間, ネイテイブ小グループ2時間)とStart Learner コース( フィリピン人マンツーマン5時間, ネイテイブ小グループ2時間)です。この他CIPは平日毎日2クラス参加自由型のネイティブオプショングループ授業を提供しております。

1週留学の場合日曜日入寮され次の日曜日午前中から昼頃まで追加レッスンを受けた後に帰国するというパターンが理想的です。このパターンですと一日もかかさずレッスンを受けられます。

短期留学のチェックポイントは研修期間中にフィリピンの国家休日が一日でも該当しているか否かです。国家休日はそのまま学校が休みとなり特に補填授業や払い戻しなどもないので学習期間の選択は注意しなければなりません。

フィリピン短期留学プラン

フィリピン短期留学プラン

フィリピン留学は移動時間が欧米圏より少なく、その分勉強に時間を割くことが出来ます。
また、最短1週間から留学が出来るのは世界の中でもフィリピン留学だけ。仕事を辞めずに、休学をせずに休暇を利用しての語学留学が可能です。

>>>フィリピン短期留学プランを見る

スパルタ語学学校ってどのようなものですか

スパルタ語学学校ってどのようなものですか ? スパルタって何? :短期間なのでスパルタ式のカリキュラムの方が良いのかと考えていますが、イメージがわかず、その辺りを詳しく教えていただきたいです。 スパルタ=カリキュラム   : それではスパルタというものがどういうものか簡単にご説明いたします。簡単に言いますとスパルタ=カリキュラム主体の学校と規定できます。これくらいやらせればこれくらい伸びるという緻密な計算をベースに学生たちにスケジュールを消化させるスケジュールを組みます。一日の生活全体をひとつの単位で考えております。 スパルタ学校では基本平日外出ができません。科目変更も不可です。自分たちのいう事を聞いていれば実力をあげてあげるというスタンスです。なので授業をさぼったり、規則を破ったりしてルールに従わない学生は罰せられます。平日外出自由のセミスパルタより規則が厳しいです。 セブで多くみれるマンツーマン授業主体のセミスパルタタイプは科目変更が自由自在です。このような学校は自分の弱点を強化させたい人や英会話に特化して学びたい人たちにとって都合がいいです。ピンポイントで学べます。カリキュラムよりは個人選択主義的意味合いが強いです。 スパルタが学校主導スタイルであるのに対し、セミスパルタは学生主導スタイルと言えるでしょう。スパルタでは学校の敷いたレールの上をまっすぐ突き進み、セミスパルタでは学生が自分で考えて臨機応変に学習パターンを決めて行きます。 英語がある程度できるが、会話力だけめっぽう弱い。このような方はセミスパルタのほうが効果的です。一方試験対策や欧米大学留学など長期プランで英語学習をお考えの方は読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語育成を目指すスパルタのほうが効果的です。 スパルタ学校でもスピーキング力アップを望む学生が多いので近年は英会話指導にも力を入れていますが、あくまでも読む、書く、聞く、話すの英語基本部分の育成を前提といたします。

>> More

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-FAQ

フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

Facebook

Youtube