コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

フィリピン留学から始めるビジネス英語

欧米圏とは異なり、フィリピンの語学学校が提供するビジネス英語は、安易に入門しやすい点が特徴だと言えます。基本的に英語でコミュニケーションが取れる中級者レベルであればビジネス英語へ移行することができます。現場でディスカッションやプレゼンをするレベルまでは難しいかもしれませんが、ビジネス全般で使用できる実用的なものは取得できるでしょう。また、学校によっては各自の目的に合わせて授業を進行してくれます。

ビジネス英語は、欧米圏ではESLコースのAdvanceレベルでないと授業内容が難しく実習も含まれている為ついていくのが難しいですが、フィリピンでは短期留学を中心に中級者以上の方の受講が一般的で、欧米圏に比べ難しくありません。それは上級者でビジネスコースを受講する学生が非常に少ないためです。< 英語で実際に資料を作成し教師・学生の前でプレゼンを行う 上級レベルの方はビジネスコースではなく会話中心の一般コース(またはネイティブ)を選択する傾向にあります。

 

フィリピン留学 ビジネスコース事情(2020.6)

対象者 フィリピン語学学校のビジネスコースのほとんどは、求職 / 仕事を開始する方が対象となります。授業内容は入社前の履歴書の書き方や面接の実践、電話のかけ方や就職後の実務の内容などを行ないます。もし現在の仕事の中で使える実践的な内容に特化したい場合は、学生の要望に合わせて指導ができる学校の選定をする必要があります。レベルに合わせてミーティングやプレゼン、レターなどより深みのある内容を扱う学校を検討してください。
入学レベル 英語の知識があるビジネスコースを初めて受ける入門者の方が多いです。学校ごとに入学レベルは少し異なりますが、通常は中級者(IELTS3.5~4.0またはTOEIC590点程)であればビジネスコースを受講し理解できるレベルです。
上級者の方へおすすめ 一部の語学学校では上級レベルの方の為のビジネスコースも運営します。代表的な学校はSMEAGキャピタル・PHILINTERです。
短期留学に最適 フィリピン留学のビジネスコースは1・2週間の短期の方から長くても8週間未満で進行します。もし留学期間が12週間以上の場合は、ESLやスピーキング特化コースを受講後4~8週ビジネスコースへ移行することを推奨します。
授業の進行は? 以前に比べて教材とカリキュラムの質は上がっていますが、教育システムよりも教師の実力を重要視する必要があります。ビジネスコースは学校でも経験豊富な実力のある教師が割り当てられます。学校によっては用意された教科書通りにしか進行できずそれ以外は受け付けないところもあります。必要点だけ指導または要望に沿った内容の指導ができる教師がいるか確認が必要です。
留学地域 短期留学生が多いこともあり、ビジネスコースを運営している学校はセブに集中しています。その他では渡航がしやすいクラーク・マニラ、その他一部ですがバギオのMONOLやPINESも運営しています。
SMEAGキャピタル:ビジネスコースのプレゼンの様子
▲SMEAGキャピタル:ビジネスコースのプレゼンの様子

ビジネスコース推薦校

ビジネスコース人気校

ビジネスコース学生の受け入れやカリキュラムの内容など定評のある学校をご紹介致します。

学校名 SMEAGキャピタル
運営スタイル セミスパルタ
対象 中級~上級者
世界基準で英語力を証明できるBULATSを導入しており、より実用的な技能を身に付けられ、日本の大手企業や海外就職に有利です。

授業は10時間のうちマンツーマンが8時間と多めでマンツーマンでビジネススキル、グループでプレゼンなど行ないます。それに加え、4週間はスパルタ授業3コマが義務参加となり学習量がとても多いです。また、当校はBULATS公認試験場に指定されており、毎週行われる模擬テストは実際の試験場で実施し、本番の雰囲気を感じながら臨む事ができます。

POINT 学習量が多いため、短期の方や現地でレベルの向上を見ながらコース変更する方におすすめ
学校名 ZA English
運営スタイル セミスパルタ
対象 中級~上級者
日本資本ながら日本人比率が高くなく比較的廉価で教育運営がタイトなことで知られる学校です。門限と校内の学習雰囲気を阻害する行為に厳しいです。

授業は8時間で、マンツーマンでは一般英語とビジネス英語の要点に焦点をあて、グループでフォーマル・インフォーマルの双方で使える内容やプレゼンなどSpeakingとWritingをメインに実用的なスキルを向上させます。

POINT 学校のキャンペーンを頻繁に実施しており、廉価でセブ留学が可能
学校名 PHILINTER
運営スタイル セミスパルタ
対象 入門~上級者
フィリピン語学学校でビジネス英語の教育で最も認知度が高い学校です。細かいカリキュラムと最新の教材、そしてビジネス専門教師の能力が優れています。英語のレベルと学習内容に応じて5種類のビジネス関連コースを運営しています。短期で特定の分野の実務英語を学習できるFocus Industryと就職前後に必要な内容を学ぶAdvanced Businessコースが最も人気です。
POINT 入門者から上級者まで目的に沿ったカリキュラムを提供
学校名 EV Academy
運営スタイル セミスパルタ
対象 中級以上
施設がクオリティが高いことで有名ですが、それだけでなく教師の質や学校のサポートも優れており、フィリピン全体で最も認知度の高い人気校です。

8時間の授業と1時間の義務自習で構成され、スピーキング中心のコミュニケーションスキルの向上を目指します。中級レベル以上の方を推奨していますが、中級以下の方も受講可能です。

POINT 短期の方に特典あり(祝日の授業保証・マンツーマン無料追加・月曜から授業開始)
Cebu Blue Ocean 6人の留学体験談まとめ 学校名 セブブルーオーシャン
運営スタイル セミスパルタ
対象 中級以上
セブのビーチに近いマクタン島に位置し、学校ではリゾート施設を宿泊施設として使用しており、学業だけでなく休暇も満喫できます。

授業は7時間と少な目です。全体的なビジネスで使うメールの書き方やプレゼンなどを学習し、ワーキングホリデーや海外転職を考えている方におすすめです。

POINT リラックスした環境で休暇も充実させながら自分のペースで学習したい方におすすめ
学校名 IMS Ayala
運営スタイル 自律型
対象 中級者
土地柄、休暇目的や自身の仕事と合わせて学習したいという方に合わせて学習時間や通学など学生の用途に合った自律型の学校です。

ビジネスコースは8時間みっちり学習と、4時間の学習で分かれており学習スタイルにより選択できます。日常会話よりも実務に関連した業務的な内容をスピーキングメインで学びます。

POINT ①セブ最大Ayalaショッピングセンターのすぐ隣の好立地 ②ホテル通学またはバニラッド校からの通学を選択可能
学校名 CIP / クラーク
運営スタイル セミスパルタ
対象 中級~上級者
CIPはネイティブスピーカーの教師が最も多く在籍し、2010年から10年間、BECとLCCIの公認学校としてビジネス関連の資料やノウハウを保有する学校です。

授業は6時間と少なめですが、教育や経験のあるネイティブのマンツーマンとグループも含まれており、よりレベルの高い授業を提供できることは大きな特徴です。

POINT 基本カリキュラムは決められているが、学生の要望により特定の内容を進行することも可能
学校名 MONOL / バギオ
運営スタイル セミスパルタ
対象 中級~上級者
バギオの名門学校で教育・食事・施設などトータルバランスの取れた学校です。EOPが実際に定着している学校は少ないですが、当校は厳しいルールと監視の下実行されています。

当校のビジネスコースの特徴は、面接や履歴書の書き方などを学習する就職前コースと、実際にビジネスの中で使うレターやプレゼンなどを学習する就職後向けの内容でコースが分かれます。授業はマンツーマン5コマと少なめですが、ビジネスに必要な内容を8週間で完了させます。

POINT ①2019年~2020年寮や施設など改装 ②バギオの中で廉価ながら教師やカリキュラムの質が良い

ビジネスコースクラス

 

ビジネス入門者おすすめ校

英語のレベルがまだ中級に達していなくても英語の基礎と合わせてビジネス英語も学習できます。

学校名 CPI
運営スタイル セミスパルタよりのスパルタ
対象 初級~中級者
平日外出が不可なスパルタ校に分類されますが、正規授業後は強制的な学習がなく、学習量は多くありません(入学後4週間のみ義務自習あり)授業後は多様なオプションクラスを提供しており自由な時間を過ごせます。

ビジネスコースは入門者と実務ビジネス英語を学べるGeneralコースに分かれており、入門コースではESLと合わせて進行するので徐々にビジネスについて入門知識を学べます。英語レベルが中級以下の方は入門コースからGeneralコースへ移行することをおすすめします。

POINT 英語初級者でも、基礎を習いながらビジネスにも少しづつ挑戦
学校名 CIA
運営スタイル セミスパルタ
対象 中級者
当校のビジネスコースはTOEIC380点以上の方から受講可能です。企業の研修先ともなっており実績があります。面接やミーティング、プレゼンなど実践的な内容を行いますが、可能な限り要望に沿った内容で進行します。

セミスパルタですが、8コマの正規授業以外に、単語テスト義務自習など学習量は多めです。

POINT 英語で実際に資料を作成し教師・学生の前でプレゼンを行う
セブEV Academy:グループレッスンの様子
▲セブEV Academy:グループレッスンの様子
いくつかの学校ではビジネスコースの入学資格を設定していないところもありますが、授業を効果的に受けるには入門者の方でも最低IELTS3.5~4.0(TOEIC590点内くらい)の英語力があると良いです。

一般英語 + ビジネス

多くの学校では、ESL(一般英語)コースでもビジネス科目を選択することが可能で、体験した後にビジネスコースへ変更する場合もあります。ここではESLとビジネスで評判の良い学校をご紹介致します。

学校名 PINESメイン / バギオ
運営スタイル スパルタ
対象 中級以上
教師の質と教育運営に優れたスパルタ学校です。当校ではセミスパルタとスパルタを選択でき、スパルタだと平日外出不可で、正規授業以外に義務自習とオプションクラスの参加が義務付けられ、セミスパルタだと平日2回の外出ができ、正規授業以外は自由なので自身の学習スタイルに合わせられます。

当校では正規のビジネスコースは運営していませんが、Premium ESLコースはマンツーマンだけで編成される為ビジネス科目もレベルにより要相談で受講可能です。一般英語をメインに学習しながらビジネス英語の体験ができます。

POINT ①学生達の学習雰囲気が良い ②40代以上の方の為のPremium Senior ESL7もおすすめ
学校名 セブスタディ / セブ
運営スタイル 自律型に近いセミスパルタ
対象 中級者以上
セブエリアで廉価な1人部屋専門の学校。ESLのみ運営する学校ですが、希望であればビジネスやテストコースなどの科目選択も可能です。公にはされていませんが、スピーキング+ビジネスを受講している方も多く、入門知識から実用的なものまで指導可能です。5年以上指導経験がある教師・アットホームな雰囲気・信頼のケアに定評があり円著率が高いです。
POINT 廉価で1人部屋を求める方・自由な雰囲気で自分のペースで勉強したい方におすすめ
学校名 QQイングリッシュITパーク / セブ
運営スタイル 自律型に近いセミスパルタ
対象 中級者以上
セブ最大の日本資本の語学学校であり、有名な繁華街の一つであるITパーク内に位置します。

授業は8時間の授業で進行し、電話対応やメール、プレゼンなどの実践的なビジネス英語と共に当校の特徴であるカランメソッドでスピーキングも強化することができます。

POINT 多めのマンツーマンを希望する短期の方におすすめ
学校名 CNNケソン / マニラ
運営スタイル セミスパルタ
対象 中級以上
設立20年以上のフィリピン留学の先駆者と言えるCNNは、長年勤める教師の質が高く、学生から評価が高いです。セミスパルタの学校ですが、学習スタイルによりスパルタ形式を選択することも可能です。

ビジネスコースは8時間で構成され、スパルタを選択すると夜間の補習授業と義務実習が参加必須となります。マンツーマンは学生の要望に沿ってスピーキングや特定の内容に指定することも相談次第で可能です。定期的に企業の研修先ともなっており、個々の再登録の割合も高いです。

POINT ①基礎作りからビジネス専門の内容まで信頼の高い教師と指導 ②学校と寮が離れておりバスで通学
One on One Class
フィリピン留学はどの学校もマンツーマンを中心に運営しており、多くの学校では学生の要望や目的に合わせて進行したり、学生それぞれのペースに合わせて1人1人に適した指導法を教師が見出し、無理なく楽しく勉強できるよう努めています。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor