コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

施設が優秀な学校特集

フィリピン留学は20数年前に韓国の企業家たちが自国の若いビジネス戦士を作り上げる目的でフィリピンに語学学校を次々と設立していったのがその始まり。創成期には男女別の大きなお部屋にそれぞれすし詰めのように押し込むいわば『軍隊方式的な』居住環境でした。

それが2010年代から日本、台湾、中国、ベトナム等様々な国から留学生が増えフィリピンがグローバル規模の英語学習市場に発展するに及び、語学学校サイドではより多くの多国籍学生を誘致するため施設や食事にたくさん投資するようになります。

人間は人それぞれですが一般的に居住環境が人々の生活パターンに影響を及ぼす事は間違いないです。かつてはフィリピンで一世風靡した有名伝統校も現在は施設がより新しくホテル住まいのような環境を提供する新興語学学校に押され気味です。

清潔な生活環境が学習成果にも大きく影響を及ぼすと考えている方が多い事を物語っています。

本日は数ある語学学校の中で施設がとりわけ綺麗で清潔な所をご案内いたします。

施設が優秀な学校特集2選(2020. 4)

フィルイングリッシュの日本、ベトナム、中国のスタッフたちが年間を通して訪問する数多くの語学学校の中から選びだした施設ベスト校は以下の2校となります。

  • CPI

    CPI ★★★★☆セブ中心から20分ほど離れた高台に位置します。リゾートを感じさせる建物、広く開放感のある設計、巨大なプールなど目で見た印象から清潔で爽快感が溢れます。丘の上なので眺めも良く風も吹き抜けとても気持ちがいいです。特に寮のB棟は眺望・サービス・部屋のクオリティともにフィリピン語学学校の内部寮の中でも出色です

    プロモーションを利用すれば上級の施設を廉価で体験できるので満足度を満たすでしょう。

  • EV

    EV★★★★☆CPIと最も比較される学校。CPIがリゾート風であれば、EVはモダンで洗練されたイメージです。教室や付帯施設・設備などはEVの方が整っています。施設内にはジム・シアター・カフェ・プールなどが完備され外出しなくても校内で十分快適に過ごせます。CPIが外出のできないスパルタ校に対し、EVではセミスパルタとスパルタを運営し学習スタイルを選択できるのも様々な学生に適する理由でもあります。

    日本人にとても人気があり、フィリピンの語学学校の中でも最も早く部屋が埋まる人気校です。

施設重視の重要なポイントは?

以下は施設を吟味する上での大まかな基準となります。

施設が優れた学校のチェックポイント

  1. 寮内のクオリティ
  2. 清潔・衛生面
  3. 学校全体の付帯施設や設備(ネット環境)
  4. 食事のクオリティ
  5. その他:空気・水質・眺望など

セブ島EV Academyの3人部屋の様子セブ島EV Academyの3人部屋の様子
▲セブ島EV Academyの3人部屋の様子
人数分のクローゼット、貴重品BOX、多人数部屋でもそれぞれのスペースが確保できるベッド周りやテーブル、深夜にも勉強できるようデスクライトなど細かい配慮がなされています。個人のスペースがない場合テーブルはただの荷物置きになり、外に放置しているだけの状態になのでトラブルの元にもなります。

施設が優秀な学校特集 おすすめ

セブ島留学
セブ留学はショッピングセンターや飲食店などインフラが整っているセブ島と海やマリンスポーツを楽しめるマクタン島で区別され、フィリピン語学学校の中でも最も設備が整っている地域です。
施設が優秀な学校特集 | I.Breeze 学校名 I.Breeze
タイプ セミスパルタ
評価 校舎 ★★★☆☆
★★★☆☆
付帯施設★★☆☆☆
’小さなEV’と呼ばれるI.BLEEZE。EVを手掛けた建築施工スタッフがI.BLEEZEを請け負ったのでそのような愛称で呼ばれます。2校は規模は違いますが非常によく似ています。セブエリアの施設が良い学校の多くは高い授業料なのに対し、こちらは比較的廉価なことからコストパフォーマンスが良いです。
Point ①セブの優れた施設の学校の中で最安値。食事もビュッフェ式でクオリティが高いこともポイント
②普段使用する教室や寮、カフェテリアなどは清潔で広々としており満足度は高いが、みんなでスポーツなどできるようなスペースや、ジムや売店がちっぽけなのがマイナス点。
学校名 QQ English ITパーク
タイプ セミスパルタ(規則はかなりゆるめ)
評価 校舎★★★★☆
★★☆☆☆
付帯施設★★★★☆
フィリピン留学業界日本進出校のリーダー的存在としてセブ島とマクタン島に2つの学校を運営。ITパークキャンパスはセブで最も大きな繁華街の一つITパーク内の高層ビルにあります。スタッフが多いことから学生のケアやサービスが細かく、日本資本ながら多国籍なことから食事も様々なバリエーションを提供します。
Point ①近くの有名ホテルのプールや運動施設を利用することが可能
②校舎は非常に立派だが、一般寄宿舎は老巧化が目につく。新設されたコンドミニアムスタイルの寄宿舎(ITパーク内)は施設が非常にいいが、学費は高い。
③プールとスポーツジムはない。
学校名 CELLAプレミアム
タイプ セミスパルタ(規則はゆるめ)
評価 校舎★★☆☆☆
★★★★☆
付帯施設★★☆☆☆
寮が広々としたキッチン付きのコンドミニアムタイプになっており魅力的です。特に小さいお子様連れや自宅のようなゆったりとした空間を重視したい方にはおすすめです。

敷地内には一般の軽食を提供するカフェや大きな売店、ジムなどもあり、徒歩2~3分でスーパー、ラーメン屋、スターバックス、セブンイレブン等に行けます。

Point ①2019年より食事を外部業者に委託したビュッフェスタイルに変更。
②学校施設はEVや CPIほどではありませんが、立地はかなり便利です。
学校名 CIJスパルタ
タイプ スパルタ
評価 校舎★★★☆☆
★★★☆☆
付帯施設★★★☆☆
運営されていたホテルをそのまま引き継いでスタートした語学学校。学校の目の前に大海原が果てしなく広がっており、リゾートの雰囲気を醸し出しております。

CIJは英会話指導が基本のスパルタ。朝早くから夜遅くまでタイムテーブルで行動をきっちり管理されます。

学校から徒歩2分の所にガイサノカントリーモールという大手ショッピングモールがあるので生活の利便性はとてもいいです。

Point ①セブのスパルタとしては学費が最廉価に属します。
②場所はセブシティから車で1時間ほどの郊外小都市リロアンに所属。
施設が優秀な学校特集 | セブブルーオーシャン 学校名 セブブルーオーシャン
タイプ セミスパルタ(規則はやや厳しめ)
評価 校舎★★★☆☆
★★★☆☆
付帯施設★★★★☆
こちらはEGIというホテルの中にある語学学校。寄宿舎は一般旅行客が使う部屋と同じタイプです。ホテル住まいの語学学校と言っていいでしょう。立地と付帯施設、共にいいです。目の前は大海原、校門側の陸側には1㎞ほどの大型商店街が続きます。EGIの中に映画で出てきそうなゴージャスなプールが2つありますが在学生は無料で利用できます。
Point ①バカンス気分で英会話を学べる学校と考えたほうが無難かもしれません。

②日本人比率が平均4割と高い。

マクタン島に位置するセブブルーオーシャン
▲マクタン島に位置するセブブルーオーシャン
2つの広々としたプールを完備しており放課後や週末にも利用できリゾート気分を味わえます。短期のリラックス休暇目的の方はマクタン島の学校もおすすめです。

バギオ留学

バギオはセブに次ぎフィリピンで2番目に英語留学活動が盛んな都市。教師の質が良いことで定評があります。施設に関してはセブのデラックス校に及びませんが、大幅リニューアルなどを繰り返しており、清潔さや綺麗さを維持しております。

学校名 PINESチャピス
タイプ スパルタ
評価 校舎★★★☆☆
★★★☆☆
付帯施設★★☆☆☆
学校運営と講師のレベルで非常に高い評価を受けている学校。

施設は新築から7年を経過しているがよく管理されており状態はいい。2019年秋に大幅リノベーションを完工。

EOP(英語のみ使用ルール)を実施。Wifi環境がいい。

Point ①TOEIC, IELTS, TOEFLなどの試験対策専門センター

②場所はバギオの端っこにあり、やや不便な場所に立地。

③日本人比率が平均4割と高い。

学校名 PINESメイン
タイプ スパルタ、セミスパルタ
評価 校舎★★★☆☆
★★★★☆
付帯施設★★☆☆☆
英語の基礎固め指導に定評のあるESL専門学校。

2018年に新築校舎に引っ越し移転したので新しく綺麗。

運営システムは平日外出禁止のスパルタ、平日外出自由のセミスパルタから学生が選択できる。

Point 4人部屋、6人部屋の多人数部屋のスペースは広い。

②立地はバギオ郊外。但し周辺にホテル、有名レストラン、公園があり、人が集まるような有名地区です。

施設が優秀な学校特集 | バギオ MONOL 学校名 MONOL
タイプ セミスパルタ(規則はきびしめ)
評価 校舎★★☆☆☆
★★★☆☆
付帯施設★★★☆☆
PINESと並ぶバギオの名門伝統校。カリキュラムが特に秀逸。指導エリアは英会話、英語基礎固め、IELTS、TOEIC、ビジネス英語等オールマイティー。EOP(英語のみ使用ルール)実施学校。宿題が多い。

学費が安い。講師1名と同性の学生3名がシェアする面白いタイプの部屋があります。

場所は小高い丘の中腹。但しバギオ中心地まではバスで15分とそれほど遠くはない。

施設は新しくはないが大型リノベーションを繰り返しているので綺麗な状態を維持。

Point ①付帯施設が立派でサウナ室、ヨガ室、ゴルフ練習場などがある。

②平日外出時間に繰り広げられる各種スポーツ教室では専属トレーナーが無料でコーチ。

③他の学校ではとびぬけて高い1人部屋がこの学校では安いのでねらい目。

施設が優秀な学校特集 おとコスパがいい

EVやCPIのように豪華絢爛ではなく、セブブルーオーシャンのようなホテルタイプでもないですが施設が新しく綺麗で尚且つ学費が安いコストパフォーマンスがいい学校をいくつかご紹介いたします。

 

学校名 CELLA UNI
タイプ セミスパルタ
学費 13万円前後 / 4週
校舎寄宿舎一体型の建物は2017年と新しく綺麗です。のっぽビルの3階から7階までを校舎および寄宿舎に使っております。

マンツーマン授業中心の英会話指導がメインです。

セブシティから車で20分という地方小都市タランバンに位置します。小規模学校ですので学生たちが仲良くなりやすい雰囲気があります。食事も外注なのでおいしいです。

授業数、施設、食事のクォリティに比べ学費が安いのでコストパフォーマンスが非常にいいです。

キャビンアテンダント養成コースや外国人に英語教えるTESDAという珍しいコースも提供しております。

Point ①セブで最廉価の学校のひとつ。

②週末小旅行が頻繁に主催される。

学校名 TALKアカデミー
タイプ スパルタ、セミスパルタ
学費 12万円前後 / 4週
学校棟は比較的古いが、大型リノベーションが2019年に実施された。

寄宿舎は校舎と一体型の内部寮、外部寮2つがありますが、特に内部寮は学費が安いにもかかわらずかなり立派。外部寮のひとつは日本のマンションタイプです。内部寮はスパルタ、外部寮はセミスパルタになります。

教育の基本は英会話とTOEICの指導です。特にTOEIC指導の評価の高さは全国でも指折り。

場所はバギオ中心地から徒歩15分と立地は悪くない。外部寮受講生は学校がある日は朝晩車で送り迎えしてもらえる。

Point ①綺麗な施設で廉価な学費でフィリピン最高峰のTOEIC指導を受けられる。

②本格的に運動できる環境がない。しょぼい運動施設とちっぽけなバスケットコートのみ。

③食事は韓国風がメイン。

施設が優秀な学校特集 | We Academy 学校名 We Academy
タイプ セミスパルタ
学費 11万円前後/ 4週
立派な施設と高い指導力と廉価な学費のコラボ。

8階建ての校舎寄宿舎は周辺で一番綺麗で立派な建物です。校舎寄宿舎ビルは2019年に建築。

基礎固め、英会話がメインの語学学校です。

平日外出可能ですが平均半数以上の在学生が居残り自習するいい学習雰囲気。

大型ショッピングセンターまで徒歩2分、街の一番の繁華街まで徒歩15分の抜群の立地。

Point ①学校に対する満足度が高くリピーターが平均40~50%を占める。

②日本人比率が平均4割と高い。

③食事は肉中心で野菜と魚が少ない。

施設が優秀な学校特集 | バコロドE-Room 学校名 E-Room
タイプ セミスパルタ
学費 11万円前後/ 4週
マンツーマン授業が多い割に学費がかなり控えめ。

2019年12月に新築キャンパスに移転。新しくかなり綺麗です。ごはんもおかずが豊富で味付けもいい。

コストパフォーマンスがかなりいい学校。

学校の目の前に居酒屋、カフェ、レストラン等があり便利。バコロド中心地まではバスで10分ほど。

Point バコロド留学をお考えの方は最初に注目すべき語学学校。

女性が特にチェックすべき点は?

フィリピンの語学学校の施設の改善が目に見えて良くなっているのは事実ですが、女性視線からこまやかな点で課題をクリアできているかどうかは疑問が残ります。

フィリピン留学で特に女性が確認すべき点
  1. 室内に虫が出るか否か
  2. 多人数部屋の場合、混雑時間帯に不便でないか
  3. クローゼットや棚など個人の荷物を置けるスペースは十分にあるか
  4. 相部屋でも個人のプライバシーが保てる空間があるか
  1. フィリピン留学を控えた多くの女性が懸念している点です。フィリピンではアリなどは5つ星のホテルでも出没するのが事実であり、完全に防ぐことは難しいです。ですが、学校では害虫駆除や清掃に力を入れています。部屋での飲食をしないことにより虫は防ぐことができる事もあります。
  2. フィリピンのほとんどの語学学校ではトイレとシャワーが一緒になっています。特に女性であれば水回りが気になるところ。狭いところだとトイレに水がかかったり、朝の準備に時間がかかるのに誰かが使用していて利用できなかったりと不便に感じることが多いです。中にはトイレとシャワーが別になってたり、トイレ以外にも洗面台が供えられている学校もあるので混雑時には時間削減できます。
  3. 女性の荷物は男性よりも多いです。化粧品・衣類など十分に用意してくる必要があります。もし収納スペースが十分でない場合、確実に部屋の机は物置場になり勉強することができないどころか部屋が散乱することになり快適に過ごすことができないでしょう。実際収納スペースが少なくてそのような状態になっている学校は多いです。学校選定の際は渡航後の生活も考えて細かな部分もチェックしましょう。
  4. 最近改装された学校ですと多人数部屋でもプライバシーが確保できる空間があるようなデザインになっています。2段ベッドで下段が机や収納スペース、上段がベッドになっているような造りが増えてきており個人個人のスペースが仕切られているような形なのでその空間の中で自由に使えます。豪華な学校でなくとも生活の基となるお部屋を重視するのであれば、このようなアイディアのある方が比較的廉価で結果生活しやすい環境であったりします。

I.BLEEZEの夕食
▲I.BLEEZEの夕食
最近では食事をビュッフェ式で提供する学校が増えています。QQイングリッシュが初めてビュッフェ式を導入して以来、EV、CPI、CELLAなど多くの人気学校も続きます。質の違いはあれど、新鮮な生野菜やフルーツなどもバランスよく取れることは特に女性に好評です。

 

運動としてしっかり泳いでいる方の姿を見かけます | Phil English
▲CPI 夕食後のリラックスタイム
みんなでリラックスできるスペースや空き時間にネットが快適に使える環境、運動できるスペースなどもリフレッシュに必要であり付帯施設の面で確認するべきことです。いつも勉強だけでなくリフレッシュする時間が学習へのエネルギーともなります。

 

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor