お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

50代、60代、70代のフィリピンシニア留学


日本からフィリピンに語学留学される方の大半は20代。全体の7~8割くらいを占めます。

ですがミドルやシニア世代の参加者も決してすくなくありません。
英語がしゃべれるようになる願望をお持ちでも『今からだと難しい』と判断され最初からあきらめてしまうシニアの方がいらっしゃいます。ですが一度試しに体験されて、そこで外国人たちと英語のコミュニケーションをする楽しさをおぼえ、どんどん会話力を成長させていかれる方たちもいらっしゃいます。
実際フィルイングリッシュには一年にかならず1~2度フィリピン留学に定期的に参加される『レギュラー組』のシニアの方が十数名いらっしゃいます。その中の4名の方は70代です。

レギュラー組の方たちはすでに外国人と英語のコミュニケーションをとる事に問題はありませんのでより円滑で自然な英会話などさらなる高みを目指されております。
若い方に比べて記憶力が劣るので上達スピードは20代の方たちのようにはいきません。ですが今からでも遅くはありません。4週~8週の短期間でもほとんどの方が海外旅行に一人で行かれすべて一人で対応できるようになりますし、定期的に行かれる事で自由自在に操れる英語水準までもっていく事ができます。
本稿は50代以上の方のためのシニア留学についてご案内いたします。

sernior

シニア留学、学校選びの基準

20代の留学生たちのフィリピン語学学校選びの基準は講師の指導レベルの高さ、学業面での満足度の高さなどがあげられます。

ですが50代以上の英語初級レベルのシニアの場合には居心地のよさ、生活の快適さが優先されます。まずはフィリピンという日本と全く環境の違う場所に身を置かれても日本と変わらない生活リズムを維持できるかどうかが大きなポイントです。
なににこだわるかは人それぞれ違いますので一概に言えませんが一般的にはお部屋の状態、食事のレベル、立地および周辺環境、校内ルール、空港から語学学校までのアクセスのスムーズさがあげられます。

講師のレベルや語学学校のカリキュラムが高いに越したことはありません。シニアの方で英語レベルが高い方はそのような基準で学校を選ぶべきですが英語初級者の場合には講師の丁寧さ、親切さ、我慢強さ、わかりやすさのほうが講師のレベルの高さよりはより大切です。

学校の運営ルールに関してもチェックする必要がございます。若者を統率、管理指導するために設けられた規則と罰則でがんじがらめにする学校よりは自由気ままに余暇も過ごせる学校のほうが傾向としては向いております。
もしリゾート気分で学習されたいのであればセブのマクタン島にあるリゾート地域の語学学校をおすすめいたします。

QQEnglish IT パーク/ セブマクタン島

中高年者の入学に制限がある学校は特にありません。シニア向けのコースも運営しています。自分の留学目的に合った学校タイプを決めることが第一歩です。学業に専念するか、それとも勉強も遊びも楽しみたいのか?

シニア留学おすすめフィリピン語学学校

留学費用、授業レベル、施設、周辺環境など各分野で強みがある学校を地域別にご案内します。下記の学校はシニア受け入れ実績を持つ学校で、経験者からの評判がよろしいところです。

セブブルーオーシャンアカデミー(CBOA)/セブ留学
おすすめな点 施設と学業、両方を重視する方なら!
学校タイプ セミスパルタ。
立地 セブ・マクタン島のEGIリゾート敷地内に位置。学校の外は、観光客で賑わう場所で、徒歩圏内に様々なお店あり。
コース General ESL、Light ESL、IELTS入門
寸評 – 海を眺めるホテル部屋が宿泊。放課後、屋外プールやビーチなどホテル施設の利用が可能でクオリティが高い。清潔で、女性にも人気。
– バランスのとれた5〜6カ国の学生国籍と勉学ムード、ベテラン講師など授業面でも教育レベルが高い。
– 宿所は、内部の1,2,3人部屋と共に外部ホテルも運用。
– 食事は韓国料理中心、和食にこだわる方はご注意。
– セブ中心街のショッピングモールやITパークまでは車で約40分距離なので週末などお休みの日に出かける方。
GENIUS /セブ留学
おすすめな点 自由な校風で、様々な国籍の学生と交流
学校タイプ セミスパルタですが自律型に近い
立地 セブ・マクタン島のEGIリゾート敷地内に位置。学校の外は、観光客で賑わう場所で、徒歩圏内に様々なお店あり。
コース General-A、Native General-A
寸評 – アメリカとオーストラリアのネイティブ講師が5〜6人在籍し、ネイティブ授業が受けられる。
– 他の学校であまり見れないロシア、ヨーロッパの学生がいて、放課後は様々な国の学生とアクティビティーを通じて交流。
– 規定が緩く、自律型に近い学校。プライベートな時間を重視する方に最適。
– 上記のCBOAと同じ敷地にあるので屋外プールやビーチはシェア。ただし、宿所と校舎は別々。(部屋はオーションビューの1人室利用可能)
– セブ中心街のショッピングモールやITパークまでは車で約40分距離なので週末などお休みの日に出かける方
PHILINTER /セブ留学
おすすめな点 充実した授業
学校タイプ セミスパルタ。ただし、出席や学業については厳しい
立地 セブ・マクタン島。空港から5分くらい
コース General ESL、IPS、ビジネス
寸評 – セブ留学の草分け的存在。独自の科目や教育システム運営。学術面での評価は学生ばかりでなく他のフィリピン語学学校の中でも非常に高い
– 学校運営をサポートする裏方的なスタッフが多い
– 施設は普通レベルで、費用も高めという欠点はあるが、学術面での信頼性は非常に高い

EV /セブ留学
おすすめな点 他の学校と比べて施設クオリティが格段に良い
学校タイプ セミスパルタ。
立地 セブ都心から車で15分のTalamban
コース ESL Classic、MTM Extended、Power Speaking
寸評 -フィリピン最高レベルの学校施設。清潔でモダンな雰囲気が特徴。
-講師陣、カリキュラム、食事(ビュッフェ)、施設などすべての面で高い評価。ただし、シニア留学生の割合は、以前から高くない。
– 4週未満の短期留学おすすめ。英会話はPower Speakingコース、英語全般の学習はESL Classic、MTM Extendedコースおすすめ。
-授業が終わる午後5時から外出可能。セブ中心街のショッピングモールやITパークに出かけたり、校内で自習。
セブスタディ(Cebu Study)/セブ留学
おすすめな点 安価な費用の全室1人部屋
学校タイプ セミスパルタ。
立地 セブ中心地Maboloの住宅街に位置。店までは徒歩10分距離
コース General、Premium
寸評 – セブ地域の学校の中で30代以上の割合が最も高い。これはすべての部屋が1人室で、学費も安いから
– 学校のサポートも充実し、プライベートな時間を重視する傾向
– ESLコースでTOEIC、ビジネス英語の授業リクエストも可能
- 最大のメリットは、セブ島で1人部屋が一番安い点
- その代わり部屋のクオリティーが落ちる。トイレとシャワーは共用。
BAYSIDE プレミアム/セブ留学
おすすめな点 清潔でこじんまりとした小さなリゾートで短期留学!
学校タイプ セミスパルタ。ただし、規定は緩い
立地 セブ・マクタン島のホテルが並ぶエリア。学校の近くには商店などがなく、車で5分程度の距離にある。
コース General、Relax、ビジネス
寸評 -実際のリゾートを買収して、学校に改装。ロビー、カフェテリア、食堂で海を眺めることができる。フィリピン語学学校では珍しくお酒の注文可能。
-日本資本で学生の9割は日本人。学校運営と食事面で日本人向けのサービス充実。
-学費は高めなので4週以下の短期留学おすすめ。
-セブ中心街のショッピングモールやITパークまでは車で50分くらいなので主に週末や休みの日に出かける
QQ English ITパーク校/セブ留学
おすすめな点 日本資本のレベルの高い自律型学校
学校タイプ 門限なし、ルールが非常に緩い
立地 セブ市の繁華街ITパーク内。フィリピンの若者が集まるホットスポット
コース ライトプラン、レギュラープラン
寸評 – 日本資本のフィリピン英語学校の中で最大規模。設備、講師陣、食事などクオリティー高い学校
– マンツーマン授業中心、学生のご要望に応じて需要のカスタマイズ可能。4週間以下の短期留学でマンツーマン中心の授業をご希望する方におすすめ
– 発音/英会話力の向上に特化されたCallan Method授業導入
– 講師陣はセブ最高レベル。他校に比べ給料が50%ほど高い
– 放課後は徒歩10分のWaterfrontホテルのジムやプール無料利用
– 宿所や学校が離れていて通学の際にシャトル車両を利用する点は不便
QQ Englishシーフロント校/セブ留学
おすすめな点 オーションビューのリゾート
学校タイプ 門限なし、ルールが非常に緩い自律型
立地 セブ・マクタン島。リゾートホテルが並ぶ地域で、観光客が多い
コース ライトプラン、レギュラープラン
寸評 – QQイングリッシュの第2キャンパスで、ホテルを買取して学校に改装
– 日本資本の学校なりにきめ細かなサービス+ホテル施設でゆっくり休養
– 全般的な授業運営はITパーク校と同じですが、シーフロント校ではESLコースでTOEIC、IELTS学習可能。
CIP /クラーク留学
おすすめな点 合理的な学費設定のネイティブ最多学校
学校タイプ セミスパルタ
立地 住宅街に位置、隣に売店あり。ショッピングモールまでは車で5分距離。
コース ESL Standard、TOEIC、IELTS、ビジネス
寸評 – ネイティブ専門学校で中級以上の学生が多い
– ネイティブ講師15人以上在籍。フィリピン人講師のレベル上がり、校内で自然な英語使用の雰囲気
– セミスパルタ校でありながら授業は厳しい。シニアに対して柔軟な姿勢
– クラーク地区には有名なゴルフ場が3〜4か所あり、週末や祝日ラウンディングやゴルフ練習場利用可能
MONOL /バギオ留学
おすすめな点 復習中心のプログラム。充実したESLコース!
学校タイプ セミスパルタ
立地 バギオ所在。車で10分距離にお店やショッピングモール
コース Regular ESL、マンツーマンESL
寸評 – 4週もしくは8週以上の留学希望者におすすめ。マニラから車で約4時間離れているが学業に専念したい方なら満足できる学校。
– 体系的な教育システムには定評がある。 4週間10冊の教材を使用し、毎日の課題もかなり多い方。(ただし、マンツーマンESLコースは課題少なめ)
– 最近改造した安価な費用のセミ1人室の評判も良い。ただ、トイレとシャワーは二つの部屋がシェア。
– 管理者のきめ細かいサポートも評判が高いのでシニア留学おすすめ
WALES /バギオ留学
おすすめな点 綺麗な施設の学校で、自由な雰囲気
学校タイプ セミスパルタ。規則は緩い方
立地 バギオのダウンタウン、リガルダ(Rigarda)ロードに位置。徒歩圏内にレストランやコーヒーショップなどあり
コース ESL Flexible、ESL、ビジネス
寸評 – バギオ学校の中で中高年層が最も多い学校。その理由は、繁華街隣接、清潔な施設、シニアに柔軟な対応など
– セミスパルタだが、ゆったりとした雰囲気。学校の対応も厳しくない
– コースはマンツーマン授業中心で、英会話力の向上に重点を置いたカリキュラム編成。
EDA /ダバオ留学
おすすめな点 授業と食事面で質の高いケアをご希望する方
学校タイプ セミスパルタ。
立地 ダバオ空港に隣接(徒歩移動可)。近所にコンビニや様々なお店あり
コース ESL、IELTS、TOEIC
寸評 – 小規模学校で学校側のサポートと応対が優れている
– 授業や食事においてリクエスト可能。特に、看護学、薬学など専門分野の英語学習可能。食物アレルギーがある方には、別途の献立を提供。
– 伝統的に日本人の割合が低い。 10%以内
– 直行便がないのでマニラまたはセブで国内線利用
E&G /ダバオ留学
おすすめな点 4週以上の留学。フィリピンの趣が漂う海辺の学校
学校タイプ セミスパルタ。
立地 目の前が海。徒歩圏内にコンビニ、お店、ホテルレストラン
コース English + Golf、Comprehensive。
寸評 – 綺麗な海辺に立地。安らかな感じの校風で、規定もそれほど厳しくない
– 学校前の小さな船着場から目の前にある島のリゾートまで15分。週末は安い費用でリゾート地で休養可能
– 改装した一部の1人部屋はオーシャンビュー。登録時にリクエスト必要
– ゴルフで有名なダバオでは、一般ESLコースでも週末を利用してゴルフを楽しめる
– 直行便がないのでマニラまたはセブで国内線利用

シニア留学の際に留意点

    1) 心血管疾患を有する方が医薬品を携帯する場合、フィリピン入国時の医師診断書(英語)を持参する必要があります。フィリピン現地の大学病院で診断と薬の処方をしてもらうことができます。医薬品の大半は米国の輸入品です。

    2) 消化器疾患および慢性疾患患者は、弊社に病名を通知してください。念のために、学校側にも関連情報を知らせなければなりません。

    3) ベジタリアン、または食物アレルギーを持つ方もカウンセラーにご相談ください。対応できる学校を調べます。

    4) シニアの方には早朝から夕方まで授業が多く、ルールが厳しい学校はおすすめしません。通常授業以外は自由参加(セミスパルタ及び自律型学校)で、規則の適用に柔軟性ある学校をおすすめします。

senior

シニア留学だからといって他と異なる点はありません。特別に用意するものもありません。入学すると親切に対応して頂きます。

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ