フィリピン短期留学(1〜4週間)

短期間の休暇を利用して留学を検討している場合、断然フィリピン留学がおすすめです。オーストラリアやアメリカなどの欧米圏とは異なり、フィリピンはビザなしで入国可能で、フライト時間も4時間程度なのでパスポートさえあればいつでも出発できます。何よりもカスタマイズできるマンツーマン授業を運営する学校が多く、個々に合った理想の授業を提供し短期間で効果的な成果に繋がります。その為短期でのフィリピン留学は信頼性が十分にあると言えるでしょう。

目次

なぜ短期留学はフィリピンが良いの?

フィリピン留学は移動時間が欧米圏より少なく

決心次第すぐに留学が実現!

短期留学専門コースを持っているフィリピン語学留学は

短期留学専門コースで
効率よくスキルアップ!

ガッツリ勉強したい方には

自分に合った留学
スタイルが見つかる!

フィリピンまでのフライト時間が短く、30日までであればノービザで滞在可能なので気軽に渡航できます。また、最短1週間から留学が出来るのは世界の中でもフィリピンだけ。仕事を辞めたり休学せずに休暇を利用しての留学が可能です。 スピーキング特化、試験対策、英語のベース固めなど目的は様々ですが、個々の条件や目的に合わせた授業内容で効果的に成果を出せます。 ほとんどの短期留学生は勉強だけでなく休暇も楽しむことを目的としています。フィリピンには様々なタイプの学校がありどの条件でも満足できる学校が見つかります!

短期生必見!事前チェックポイント

フィリピン短期留学-philippine-short-term

フィリピンで短期留学を検討中の方は学校選定の前にまずはこの4つのポイントをチェック!これさえ適した学校であれば『失敗のない留学』は保証できるでしょう。

1. 空港からアクセスの良い学校

フィリピンでは、マニラ・セブ・クラーク国際空港があります。短期留学生にとっては時間の節約が大事!直行便で行けるだけでなく学校までの移動時間も短くしたいものです。その為バギオ・セブ郊外・バコロド・イロイロ地域は4週間未満の方は慎重に考えましょう。

セブ島留学 / マニラ留学 / クラーク留学

2. 月曜日から授業開始の学校(1~2週間の短期留学)

入学後、最初の月曜日にテストとオリエンテーションを実施し、火曜日から正規授業を開始するのが通常です。月曜日の1日分授業が行われないのは短期生にとってダメージは大きいです。いくつかの学校では月曜日の授業や週30時間の授業保証などを実施しています。少しでも多く学習するためにここは見逃せません。

3. 留学期間の祝日を事前チェック!

イースターや年末年始などには連休もあります。せっかく来たのにほとんど祝日で授業がない…ということが無いように学校選定の前に必ず確認しましょう!また、祝日分の補講を行ってくれる学校も要チェック!

4. 自分のレベル・ニーズに適した学校選定

自分の英語のレベルや目的をよく考えてみてください。初級者の方は、主にスピーキングをメインに短期間で英会話に慣れることが最優先であり、中級レベル以上の方は教育の実績が高い学校、専門科目に特化している学校、学生のニーズに応じた科目編成が可能な学校選定が成果のカギとなります。

授業充実の注目学校(2019. 9)

フィリピンの語学学校の中で9割の学校は最初の月曜日の授業がありません。その日はオリエンテーション・テスト・生活必需品の購入等を行い正規授業は火曜日から進行します。留学期間が長ければ問題ありませんが、短期生からするとその1日も無駄に感じてしまうでしょう。祝日の授業保証や最初の月曜日にも授業を進行する短期生の為の体制が整ったおすすめの学校をご紹介します!

  • EV Academy

    EV / セブフィリピンの語学学校の中で最も人気が高い学校。しかし、人気になった今でも教育プログラムの更なる改新と学生サポートに努めています。2019年からは短期留学生の為に学校規定を改善し、祝日補講・放課後の無料マンツーマン授業など短期留学生が授業面で充実できるようになりました。短期留学生のおすすめコースは、マンツーマン授業を中心にスピーキングメインの内容で編成されたPower Speakingコースです。

  • セセブ CPI

    セブ CPIEVと負けず劣らずの施設クオリティを備えた学校です。EVは正規授業後外出が可能なのに対し、CPIは月~木曜日の外出は禁止されています。短期留学生にはマンツーマン授業の多いIntensive English、毎日模擬テストが行われるIELTS Intensive、祝日などでも授業数を確保するRapidコースをおすすめします。

  • CNNケソン

    CNNケソン / マニラマニラ留学の中で主要学校であり、発音・表現法・講義方式など教育面でかなり好評な学校です。10年近く勤める教師が多数在籍し、どのパターンの学生にも指導のノウハウを熟知しています。寮が一般寮と英語寮に分かれており、授業以外の生活でも英語漬けにできるので短期間でしっかり成果を出したい方には適しています。またセブに比べて費用が20~30%ほど安価なこともポイントです!おすすめコースはオーダーメイドで編成されるCustomized6 Hoursです。

 


 

フィリピン短期留学 厳選!おすすめ学校

フィリピンの短期留学ではセブ島が選ばれる割合が非常に高いです。しかし他の地域でも、‘‘低コスト‘‘ や ‘‘講師・カリキュラムのレベルの高さ‘‘など目的にあった学校は多数あります。各地域ごとに短期留学生向けの学校のサービスや利点を比較してみましょう!

 

セブ島短期留学

ほとんどの学校は空港からアクセスしやすい場所に位置し、環境や治安が良く、またマリンスポーツや旅行などの娯楽も合わせて選ばれる条件が豊富です。また立地だけでなく授業面も保証が様々で学習と休暇を両方充実できます。

学校名 特徴 入退寮日 授業開始日
EV 施設とサービス面で圧倒的に優れた学校。2019年より短期留学生を誘致する為月曜日から授業を開始し、祝日の無料補講・放課後無料マンツーマン授業など短期生も充実できる内容を提供。 土・日曜日入寮 / 土曜日退寮 火曜日の午前

(※1~2週間の短期生は月曜日の午後から開始)

CPI EVと同様施設とサービス面のクオリティが高く上位を争う学校。短期学生にはマンツーマンの数が多いIntensive English・IELTS Intensiveが人気。
✔授業数保証のRapidコースもCheck!
土・日曜日入寮 / 土曜日退寮 火曜日の午前

(※Rapid対象者は月曜日の午前から開始)

CELLA UNI セブの中で比較的安価な授業料の学校をお探しの方におすすめ。短期生の為に授業数を保証するExpresserコースだけでなく、学生の目的や要望に合わせて科目編成できるPower Speaking5・6コースもおすすめ。
✔授業数保証のExpresserコースもCheck!
日曜日入寮 / 土曜日退寮 火曜日の午前
(※Expresserコース対象者は、月曜日の午前から)
QQ English-Seafront 学業だけでなく、レクリエーションも重視する方におすすめ!セブ、マクタン島の広大なビーチが目の前なので、勉強の後はのんびりとリゾート気分を味わえます。
《point》祝日に通常授業を進行!
日曜日入寮 / 土曜日退寮 月曜日の午後
セブブルーオーシャン(CBOA) QQシーフロントのすぐ近くに位置し、同じくレクリエーションも充実させたい方におすすめ。学業面にも力を入れたい方にはQQよりも当校が適している。約60%の教師をバギオから選抜しているので教師が高いことも利点。 土・日曜日入寮 / 土曜日退寮 月曜日の午前
QQ English-IT Park セブの中心地IT parkに位置し授業後はセブを満喫できます。セブエリア最大の日本資本学校。多めのマンツーマン授業で短期の方でも効果的!
《point》祝日に通常授業を進行!
日曜日入寮 / 土曜日退寮 月曜日の午後
CEBU STUDY セブ留学で最も手頃な価格のシングルコスト。ESLを受講しながらTOEICやビジネスも選択できるので他のコースにも興味がある人にはお試しにおすすめ。
《point》平日(月~金)入学可能!
土・日曜日入寮 / 土・日退寮 月曜日の午後
I.BREEZE 2019年の初めにオープンした新築の施設なので清潔であり食事のクオリティも高いながらも比較的安価でコスパが高い。マンツーマン中心で弱点に短期集中。 土・日曜日入寮 / 土曜日退寮 火曜日午前
PHILINTER セブの短期留学で定評のある学校。学生の約3割は短期留学生が占めている。スピーキング中心のESLコース・IELTS・ビジネスがおすすめ。 土・日曜日入寮 / 土曜日退寮 火曜日午前
SMEAG Capital ETS主催のTOEICとTOEFL公認試験センターであり、試験対策コースの教材とノウハウが豊富。セブの短期留学の中で試験対策コースの信頼性が高い。毎日約10時間のハードな授業数の中で、TOEIC・TOEFLを学びながらスピーキングの向上にも繋がるカリキュラムを運営。 日曜日入寮 / 土曜日退寮 火曜日午前
GENIUS セブブルーオーシャンのすぐ隣に位置し、リゾート気分を味わえる学校。ネイティブ講師や他国の学生との交流の機会が多く、授業以外でも日常で頻繁に英語を使用できる環境。短期生が多く在籍するので短期生向けの指導ノウハウを持つ。 日曜日入寮 / 土曜日退寮 火曜日午前

 

マニラ・クラーク短期留学

マニラとクラーク空港は航空券の安さと、空港から学校までの交通の利便性の良さで費用を抑えることができる地域です。

学校名 特徴 入退寮日 授業開始日
CNNケソン 長所と短所の明暗が分かれ、施設は古いが教師陣のレベルが高いうえに学費が比較的安価。英語寮(EOP規定)や短期でも成果に繋がる、科目編成が自由なCustomizeコースやビジネスコースに定評がある。
《point》1〜2週間の留学時には、SSPの発給費用(約14,000円)は学校負担
土・日曜日入寮/土、日曜日退寮
※平日入可能
月曜日午後(平日入学の場合は翌日から授業開始)
CIP ネイティブスピーカー最多数在籍の学校。フィリピン講師と混同で授業編成され、マンツーマン・グループ・オプションクラスでネイティブ授業を受けれるのはここならでは。初級者~テスト対策の方までレベルによってコースも様々なのでどんな人でも充実した学習が保証されます。
✔授業数保証のRapidコースもCheck!
日曜日入寮/土曜日退寮 月曜日午前 
HANA Academy CIPと共にネイティブが多数在籍する学校。6週間以下の割合が高い学校で、主にスピーキング中心のコースを選択する割合が高い。個人の自由な時間を十分に確保できるので親子留学やシニアにも適している。
✔1週間の留学時SSP費用(約14,000円)免除
土・日曜日入寮/土曜日退寮 月曜日午後

 

バギオ短期留学

バギオは、留学プログラムと勉強環境、教師のレベルにおいて最も高い評価を得ている地域です。 マニラからバギオまでの距離が遠いため、これまで短期留学の需要はあまり多くなかったですが、講師のレベルの高さが徐々に浸透しバギオを希望する学生が増えている傾向です。バギオの短期留学は最低でも2週間以上がおすすめです。

学校名 特徴 入退寮日 授業開始日
MONOL 比較的安価な授業料で提供。教育運営・教師のクオリティ・食事・管理者サポートなど全ての点で満足のいく学校。一般英語ESLコースとIELTSコースに定評がある。女性専用のGymが運営されているなど女性のためのケアが良い。 土・日曜日 (毎週月曜日開講。ただし、空港送迎サービスは2週間単位) 火曜日午前

(※1~2週間の短期生は月曜日の午後から開始)

WALES バギオ語学学校の中で最も自由度が高い学校。授業後に自由な時間が確保でき、マンツーマンの授業数も多いことから短期生の割合が多い。調理可能なコンドミニアムタイプの寮も人気! 火曜日午前

(※1~2週間の短期生は月曜日の午後から開始)

TALKヤンコー フィリピン教師とネイティブの授業が混同で編成される。内部と外部寮で放課後の外出不可が選択できるので留学スタイルに合わせられる。WALESと共にバギオの中で学校からの干渉が少ない。 火曜日午前

 

フィリピン短期留学の注意点

  1. 短期留学の方は事前に祝日を確認する必要があります。学校により補講の有無が異なりますので学校選定の前にお問い合わせください。▷▷フィリピン祝日
    https://phil-english.com/philippines-knowledge/
  2. 特にイースターと年末年始(12月24日~1月3日)の期間は、フィリピンの文化的な理由もあり補講を受けることが困難な場合があります。
  3. 土曜日または祝日にも追加の授業(有料)が学校によりできます。希望の際は登録前にご確認ください。
  4. フィリピン語学学校の多くは土・日曜日に入室し月曜日からプログラムが開始しますが平日入寮を認める学校もいくつかあります。期間が短く平日入寮でなければいけない方は学校選定の際にお知らせください。

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube